2008年04月

2008年04月29日

そうぶファミリーゴルフそうぶファミリーゴルフ

GW後半に2ラウンドを控えてのショートコースラウンド。場所は3回目の訪問となるそうぶファミリーゴルフ(東京都町田市)で、丘陵地に設計してある面白いコース。全12ホールを2周してパー72という設定。

天候は快晴。気温は16→22度の好天気。朝9時半頃のスタートだったけど朝から半袖でオッケーという陽気。半袖のゴルフウェアを2枚重ねで着ていたのでちょっと暑いくらいだった。この季節は高麗グリーン使用のはずが今日はベントグリーン使用とのことでラッキー(^ω^)v

本日の結果(ベントG使用)

そうぶファミリーゴルフ・スコアカード(2008/04/29)
バーディー:1
パー:10
ボギー:9
ダブルボギー:3
トリプルボギー:1

パーセーブ率:41.6%
パーオン率:25.0%
パット:42(平均パット数:1.75)

本日の総評

1オンが1周目と2周目でそれぞれ3回の計6回しかなく少々不満。本コースでのプレーを考えるとここでは半分は贅沢としても5回ずつの計10回は乗せたかった。それでもスコアが割とまとまったのは、乗らずともパターでアプローチ出来る位置だったから。

アプローチはパターを多用した1日。グリーンが小さい事もあって練習中のPW使用は1度のみ。AW(52度)で低めに転がすアプローチを多用して比較的上手くいった。砲台グリーンで上げるアプローチは、突っ込み不足が目立ち反省材料。距離感と力加減の再確認が必要。

パットは数字だけ見ると随分良くなったが、全てパー3でグリーンが小さい事を考えれば凄く良いわけではない。距離感はそう悪くなかったが芯で捕らえられていないパットが数回あった。芯に当てて真っ直ぐ転がす自宅練習を増やしてここを強化だ!

そうぶファミリーゴルフ(はるるスイング確認)
スイングを確認する私(咥えタバコは良くない…)



2008年04月27日

シチズンプラザ・ゴルフレンジ

近所に住む友人がゴルフを始めたいと言うので、自分の通うインドアスクールへ連れて行った。もちろん自分のクラブも持参。昨日覚えたポイントを反復練習して体に叩き込むのだ。

レンジに到着後、友人を先生に預けて自分は打席へ。「今日は付き添いだから料金貰わないので適当に遊んでって下さい。」と言われ無料で1時間半も打ち込むことが出来た。ラッキー!まあ払ったとしてもここは30分400円なんだけど「無料」ってのがなんとも嬉しかった(笑)。

ゆっくりトップまで上げて、右脇腹に右ヒジをストンと落とし、左手の甲を地面側に返しつつ手首をクロス気味に返してインパクト。そしてフォローをそのまま飛球線方向へ出す。これだけ右手の仕事が多いと逆に右手に力が入らなくていい。

少しずつではあるけれど下半身始動も相まってクラブヘッドが体の後ろから出てくる感じに慣れてきた。別の言い方をするとインパクト直前までなかなかヘッドが視界に入って来ない感じ。これに手首の返しが重なるとなんとも心地良い打感が得られる。

深堀圭一郎のフォロースイング
深堀圭一郎のスイング


3ヤードのインドアなので詳しいボールの行方は不明だけど、方向にややバラつきがある感じ。ボールの回転からスライスは解消されたように思うが、時々ボールがやや左方向に出るときがある。これは左肩に注意すれば直るので一連の動きを体が覚えたら今度はこっちに重点を置いて練習することを覚えておこう。

2008年04月26日

1番アイアン

「もっと生きた球をカッコ良く打ちたい。」ということでまたまた本日4回分のレッスンを申し込んだ。最近はスコアこそまとまってきたものの、それは現時点の実力を上手に使えるようになっただけで、物理的な実力が上がったわけではないから。

まず気合いを入れるためにレッスン場にあった年季の入った1番アイアンを3球ほど打ち込んだ。ちなみに全くうまく打てなかった(笑)。

今日のレッスン内容は最も大きな課題であり是非マスターしたいダウンスイング。どうしてもアウトサイドから下ろしてしまう現在のスイングから脱却せねば。スライスをなくし、ダウンブローをマスターしてダフリを減らし、このアイアンで「生きた球」を打ちたい。

ダウインスイングレッスン

まずはアウトサイドから振り下ろさないために効果的なアウトサイドにテイクバック。そこから手首の角度を直角に保ったまま右ヒジを右腰にぶつけるように下ろす。この動作を2〜3回繰り返した後、実際にボールを打ってフォローまで。とにかくこれをしつこく反復。

バックスイングで上がった手は、ダウンでの足の動き、腰のひねり、体の回転が入って始めてインサイドに下りる。そしてここで注意しなければならないのが以前にも出てきたグリップのローテーションである。「右ヒジを腰にぶつけるように下ろす」ばかりに気を取られているとどうしてもクラブのフェースが開いて下りてくる。ダウンスイングしながら右手の甲を地面に向けるローテーションがキーポイント。

ダウンスイング初動時の体重移動も不可欠で、骨盤を思いっきり左に移動させながらダウンスイングに入る。そしてインパクトを過ぎたあたりで始めて右ヒジを伸ばして左右の手をクロスさせるように返す。

最初はなかなか難しかったけれど、反復を続けているうちに感触に変化が!そう、素晴らしい打感を得られる率が劇的にアップした。だがインドアスクールなのであくまで感触だけ。だけどここがインドアの良いところ。ボールの行方を気にすることなく反復練習に打ち込める。

そしてもう1つ。インパクト時もしくは直後に左ヒジを横に抜いてしまうクセのためのワンポイント。左脇にグローブなどを挟む方法もあるけれど、ヒジを前面に向けることで横に抜けなくなる。

深堀圭一郎のインパクト
深堀圭一郎のスイング


特にティーショット時に力むと左ヒジが曲がってしまうので、本番ではアドレス時に意識的に左ヒジをグッと前向き入れる動作を最初に入れて、それからスイングを開始するの方法も効果があるとか。

90分のレッスン終了後、打席に空きがあったので更に60分自主トレ。もちろん今日の反復練習を体に覚えこませるため。明日も距離のあるレンジへ行くのはやめてここで練習しよう。レッスン生割引で30分400円打ち放題なのでこういう特訓にはもってこいなのだ。


2008年04月24日

公和ゴルフセンター

先週末も東京は雨だったけどちょうど韓国へ飛んでいたので自分にとっては久しぶりの雨。そんな雨の中レンジへ向かった。持参クラブは3W、UT22度、6番&8番アイアン、PWの5本。今日はPWのアプローチを多めにやるつもりで来たので、あえて大好きなAWは持参しなかった。

ということで、PWを使って狙った場所にボールを落とす練習。ここの練習場は天然芝ではなく地面全体がマットなのでボールが着地してからの転がり方は参考にならない。とにかく狙った場所に落とすことだけを考えて練習。ボールは右足よりに置く低い弾道と中央よりに置くやや高めの弾道を試してみたけど、AWとの併用ならPW使用の場合は今のところ右足よりの低い弾道だけでいいかなと思った。

トップオブスイング(2008/04/24)フォロースイング(2008/04/24)

フルスイングでは、最近はボールをやや近めにセットするようになり、以前よりは上から見下ろすような形になった。クラブを縦に上げて縦に下ろす感じ。ウッドもこの方法で打てるようになってきたし、アイアンもスチールシャフトになってからはこの方が良さそうな気がするから。

しかし課題の下半身をうまく使ってのスイングはやっぱり難しい。今週末からまたレッスンに入る予定にしているので、夏くらいを目標にじっくりマスターして行きたい。100切りを目標に掲げられるようになるのはこのへんが格好付いてきてからだと思う。


2008年04月23日

YONEXのマイシューズOakleyのマイシューズ

「ゴルフをプレーするにあたって最も重要なアイテムはシューズである。」これはどこかで目にした言葉で請け売り。理由は、今でこそ乗用カートが当たり前だけど、基本的にはゴルフは歩く競技。私の場合は走ることの方が多いけれど(笑)。

日頃からの運動を怠っているとラウンドの後半は必ず足にくる。そしてそれをかばうために腰にくる。そのうちスイングが乱れ集中力も散漫になる。スイングのサポートをするという意味のシューズ選びよりもまずはスムーズに歩けて走れるシューズ選びが基本のように思う。

しかしこれはショップでフィッティングして数歩あるいた程度では判別不能。もともと陸上をやっていた時からのクセなのか、シューズを選ぶ際に注意する点が「いかに素足に近いか」なのでちょっとゴルフ的じゃないかもしれないけれど、自分が気にするのが主に以下の点。

・デザインがシンプルであること。
・靴底に「最新○○○」などを唄った余計な細工がされていないこと。
・くるぶしへの感触が優しいこと。
・長さは少々余っても横幅で合わせること。

これを超簡単にひとことで言うと「安いシューズ」ということになる(笑)。最初に購入したヨネックスの白いシューズは、売り場の中で最も靴底がシンプルで一番安い値段がついていた。良くも悪くもかなり質素な作り。とても5回しかラウンドしていないようには見えない傷み具合だけど、これは練習でもしょっちゅう履いていたせい。

写真右の黒いのは、友人のTJさんからゴルフ開始祝いにもらったオークリーのシューズ。「あげましょうか?」と連絡を頂いた際に「シンプルかどうか?」だけをクドく聞いた。たしかにシンプルで気に入ってるのだけれど、靴底が少々ゴツくて重みがある。しかしこれはこれで冬場に大活躍。重さが不安定なスイングをかなり支えてくれたような気がした。

DryJoys(#53511)
FootJoy DryJoys TECH Design


↑本当はこういうオシャレでカッコイイのも履いてみたいんだけども、ショップで見たり試着するとあまりの仰々しさにいつも買い控えてしまう。そして値段も高い。シンプルさだけを極限に追求したシックでお洒落で歩きやすさを1番に考えられたいいシューズってないものかな。


2008年04月20日

ホテルインターブルゴホテルインターブルゴ・パー3ゴルフ

ソウルや釜山ならともかく、ほとんど日本語が通じない大邱(テグ)。ホテルや交通網でもかなり苦労して面白かったが、ショートコースをプレーするにあたってもこの申し込みに大変苦労した(笑)。行ったのはホテルインターブルゴ内にある合計6ホールのショートコース。出発前に航空写真で見つけたゴルフ場の写真は隣の別コースで間違っていた(笑)。

合計6ホールは約45〜90ヤードで典型的なショートコース。そして上の写真を見てわかるように距離がメートル表示だった。計算しながらラウンドすれば良いのだけれど、なぜか大きめに打ってしまう。料金は彼女と2人で3万ウォン。今回のレートで約3200円という安さ。しかも日没まで回り放題で途中休憩も自由にOKという設定。

ホテルインターブルゴ・パー3ゴルフホテルインターブルゴ・パー3ゴルフ

もちろんゴルフのフロントのお兄さんや、前後のプレーヤーとは会話は通じない(笑)。でもゴルフのいいとことは全国でルールやマナーが徹底されている点。言葉は通じなくてもいとも快適にラウンドすることが出来た。ゴルフって素晴らしい!

最初の2ホールくらいはまじめに1球のボールでプレーしていたんだけれど、よく前後を組を見ていると1人で何球も打ってるのを発見。空いてるせいもあってか、かなりのんびりした雰囲気。前後の組の状況を判断しながら好きなだけティーショットを打ったり、何度もアプローチやパターしたりしてる感じ。これで1人1600円とは。

ホテルインターブルゴ・パー3ゴルフホテルインターブルゴ・パー3ゴルフ

ということで、早速自分たちもこのスタイルに合わせ自由きままに時間と体力の許すまま、ラウンドというよりはショートゲームの練習を徹底的に楽しんだ。午前10時半頃からプレーを開始して、昼前くらいには朝からのプレーヤーが引き上げ始めたのでそうなると1人で3〜4球ずつ打って更にグリーン周りをひたすら練習するといった感じ。

今回はゴルフ旅行ではないので、クラブは現場で借りた。PW、SW、パターの3本。持参はゴルフ用ポーチにボール、グローブ、ティーを入れたもののみ。シューズはレンタルがなかったので普通の運動靴でプレー。しかし貸してくれたのはPWがスチールシャフトのマッスルバッグで、SWがカーボンという超適当なセッティング(笑)。仕方なく1周目はSWで、2週目以降はPWをメインに「打ち分け」をテーマに回った。そしてPWのアプローチがこんなに心地良いという事をこの瞬間に学んでしまった。韓国でこんな収穫を得られるとは…(^ω^)

ホテルインターブルゴ・パー3ゴルフホテルインターブルゴ・パー3ゴルフ

全体的に綺麗なコースではあったけど、グリーンはやや放置に近い状態の高麗芝。だけどこれが案外速かった(笑)。普段はマレット型のパターを使用しているが、今回借りたのはピン型。武器商人さんやTJさんの影響で、最近気になってはいたものの今日のラウンドでピン型パターにもハマってしまったかも(笑)。

ということで完全に「遊び」のつもりだったのだけど、意外に得るものがあった今回のショートコースラウンドとなった。そして「ゴルフは万国共通。ゴルファーは皆兄弟」という事も学んだ(^ω^)


2008年04月19日

羽田→金浦(キンポ)の飛行機窓から

昨日から友人の結婚式列席のため韓国へ来ている。出発の日の東京はあいにくの大雨だったけども雲の上も韓国も晴れ。さて機内での約2時間をどう過ごそうかと考えてると機内番組にゴルフレッスンがあるのを発見。「深堀圭一郎のシンプルイズベスト」という番組で、お題は「距離の打ち分け」。

ANA国際線機内のゴルフレッスンビデオ

タイトルから想像した内容とは少し異なったけれど、要は「様々な距離を打ち分けできる得意クラブがあると便利ですよ」というもの。自分の周囲にはたまたまか8番アイアンが得意クラブという友人が多いけれど、深堀プロは昔よくPWを主な練習クラブとして使用していて、このクラブ1本で様々な打ち方を会得。最も得意なクラブらしい。自分は「安心して振れるクラブ」というのはあるけれど、「得意」とまで言えるクラブはまだない。

目的地に到着しホテルに入ったのはすでに夜の11時。韓国は地上波が3局しかない代わりにCATVが昔から発達している。このホテルでもCATVが見られ、その中で「JGOLF」というゴルフ専門のチャンネルを発見。言葉がほとんど分からないので、部屋にいる間はずっとこのチャンネルを見ることに(^ω^)

韓国のゴルフチャンネル「JGOLF」

ちょうど韓国で行われているKLPGAツアーの録画がノーカットで放送されていた。先日のPRGRレディスカップで優勝したシン・ジエも出ていた。びっくりしたのは初日とはいえギャラリーがほとんどおらず中継が寂しかったこと。韓国ではゴルフはかなり高価な趣味とはいえ、これほど冷めてるのかって感じ。

あと、ヨーロピアンツアーの映像も続けて夜通し放送されていた。これは韓国人プレーヤーが多く参戦しているせいかな。日本のゴルフチャンネルみたいに、レッスン番組があったり各国のツアーを流したりというよりは、この2つのツアーを垂れ流し状態で繰り返し放送していた。

土曜日の日中は韓国の女子ツアーをライブ放映した後、日本のライフカードレディーストーナメントを放送していた。韓国語の実況の裏で日本語が小さく聞こえていたから、日本から映像をそのままもらって実況と解説を付けている感じ。各選手へのインタビューだけはオリジナル映像みたいだった。CMもほとんど入らず編集なしでじっくり見られた。

韓国の放送は番組間や30分〜1時間おきにしかCMが入らないのだけれど、自分のアイアン(MIZUNO MX-25)のスポットCMが凄く格好良く流れていたのは感動した(笑)。


2008年04月17日

韓国・大邸(テグ)

明日から日曜日までの3日間は友人の結婚式参列のため韓国に。韓国第3の都市と言われる大邸(テグ)という街まで行くのだけれど、ソウルから韓国の新幹線と言われるKTXで約1時間40分。韓国で地下鉄以外の鉄道に乗るのはこれが始めて。

ボトル de スイング

もちろん練習道具は持って行く(笑)。以前に買ったペットボトルを挿せばスイング練習が出来るというボトルdeスイングとグローブを持参。ところでペットボトルのキャップサイズって世界共通なんだろうか?一抹の不安を抱えながらスーツケースへ詰め込む。

そして今日テグの街をGoogleマップの航空写真で眺めてたらショートコースらしきものを2件ほど発見!早速韓国の友人に聞くと、自分が宿泊するホテルからタクシーで400円くらいでいけるホテル・インターブルゴに本格的なショートコースがあるらしい。おまけに友人が会員だということで早速手配してもらうことに。

韓国・インターブルゴ・ショートコース

空撮写真で見ると確かに9ホール確認できるのだけれど、一番長いところで300ヤードくらいある。これショートコースなんだろうか?公式サイトはハングル文字と英語でよく分からなかったけれど、「PAR3 GOLF」って書いてあるのになぁ。週末ということもあって取れるかどうか未定だけど楽しみにしておこう。


2008年04月16日

公和ゴルフセンター

ショートコースも合わせると3週連続でラウンドしたことになるので、久しぶりに目の前にラウンドのない環境でじっくり球を打てる。持参したクラブは5W、6&8番アイアン、PW、AWの5本。

暖かくなってさすがに混んでいたので目当ての打席は確保できなかった。ここは新宿区にあるレンジなのでお世辞にも客層が良いとは言えず、打席以外のスペースもコンパクトなため、時々客層の悪さで集中力が殺がれることがある。よって打席選びは人をも見なければならないという面倒さ(笑)。

今日はラウンドのせいで中断していたスイング作りの続き。トップと同時に下半身をインパクトへ向け始動させるフォーム作り。と思ったけれど、なんかぎくしゃくしてポイントが掴めない。そうしているうちにインパクト時のグリップの通り道がやけに体から離れてる点が気になりはじめ、急遽練習テーマを替えてしまった(笑)。

悩むのは良いことだろうけど、知識や予習もなくいきなり新しい事を練習して、その後に繋がったことなど1度もないのに(笑)。ということでアプローチ練習以外はあまり身にならなかったような、何をしに行ったのか?みたいな練習になってしまった。

公和ゴルフセンターのサービス券

今日は3コイン135球打ち、これでこのレンジのポイントカードが満タンの100ポイントになった。100ポイントでもらえる5コイン分のサービス券をゲットし、不満を残した練習内容とは裏腹に気分良く帰宅(笑)。

ふっきり(というか開き直り)が早いのが自分の取柄だけど、今週末は友人の結婚式で韓国へ飛ぶので次のレンジは来週だなぁ。GWは5日にラウンドが入ってるけど、これ以外は徹底的に練習するとするか。


2008年04月15日

スニッカーズ

今回のラウンドの後半、最も役に立ってくれたアイテムがこのスニッカーズだった。別にスタミナ補給のために用意したのではなく、少し前のTVでポーラ・クリーマーがラウンド中にスニッカーズみたいなものをワイルドにかじっていたのを見て「かっちょいいなぁ」と思って真似してみようと思った。ただそれだけ(笑)。

ラウンド前日のショッピングで10キロ近く歩いた疲れが残っていたので、正直今回のラウンドはスタミナが心配だった。そこで後半バッグに隠しいれていたスニッカーズを思い出し、後半6ホールはこれを時々かじりながらプレーした。

腹の足しにもなるし、カカオの効果で覚醒、スタミナ補給、ストレス解消が期待できる。果たしてどの程度の効果があったのかは定かではないが(笑)。アゴを動かしながらプレーするというのも良かったのかもしれないけど、これも定かじゃない(笑)。でも後半はコレで持ったのは事実。

JOHN DEERE CLASSIC CAPPGA TOUR スイングゴルファーロゴ
JOHN DEERE CLASSIC CAP

そしてこの日のために新調したUSAプロツアーのロゴ入りキャップ。ウェアはシューズ以外アディダスが多かったのだけれど、キャップは良いのがないので探していた所こいつに遭遇。実際にJOHN DEERE CLASSICというトーナメントは知らないのだけれど(笑)、デザインと色と形が気に入って衝動買い。

サイドに刺繍されているPGA TOURのスイングゴルファーロゴがまた格好良い。ネットの写真で見るとイマイチなのだけれど実物は超グッド。キャップでゴルフをするわけではないけれど、とにかくお気に入りを身につけて気分良くラウンドできるに越したことはない。

⇒スニッカーズ
⇒JOHN DEERE CLASSIC コントラストキャップ


2008年04月14日

パット

今回のラウンドは自己ベストだった数字とは対照的に、今まででもっとも課題を残したというか感じたラウンドだった。ただ漠然とグリーンに近づくために前進して寄せて入れるだけのゴルフから、具体的に考えるゴルフになってきた証しか。

パット

スタート前の練習グリーンは凄く状態が良く、自分のフィーリングに合っていてちょうど前週のグランディと同じような芝状態だった。「これはいい感じだなぁ」と思っていたけれど、コースに出ると全く違うグリーンが待っていた。前面に敷き詰められるように撒かれていた砂…後付けの言い訳だけど前半はほぼ全てショート気味。グリーンの状態をすぐ把握してパッティング感覚をすぐ修正すべきだったと反省。

アプローチ

今回はテスト気味にPW、9番アイアンも併用。悪くないアプローチもあったけれど、この併用の感覚の鈍さが気持ち悪かった。おかげでAW、SW使用の際にショートしてしまう事が多く、バリエーションの練習&経験不足を痛感。他を差し置いてもこれは最重要課題か。

ティーショット

ティーショットの目標

今回は全てスプーンで臨んだ。ドライバーを使う気持ちもあったのだけれど、昨秋ラウンドしたロックコースほどフェアウェイが広くなく、自分の腕では今回ドライバーを使えるホールがなかった。結果は大成功だった。

距離が出るようになってスライスに悩む今日この頃なので、ドスライスだけは出ないようにスタンスやスイングに気をつけて、とにかく怪我の少なさそうな方向をターゲットに向けて主にティーグランドの右端から対角線上に振りぬいた。自分の想定は180〜200ヤード先なのだけれど現場の表示では240〜250ヤード地点まで届いてしまう事もあり冷やりとした。ゴルフ場表示のトリック?も考えなければと反省。

しかし左を狙うのは現状における対策でしかなく、今後はもっと真っ直ぐ打てるように練習したい。本当は出来ればドローが打ちたいのだ(苦笑)。そしてこの対策は左ドッグレッグのホールではキツかった。結果は顕著で、左ドックレッグのホールでは狙いどころに迷いがあるままティーショットして、全てミスショットとなった。やっぱり真っ直ぐ打ちたい(笑)。

ショットとショートホール

ロックヒルゴルフクラブ(IN04)ロックヒルゴルフクラブ(IN06)
ロックヒルゴルフクラブ(OUT02)ロックヒルゴルフクラブ(OUT07)

ショートホールは、最初のホールこそ右の谷が怖くて左に行ったが、その他は全て手目の土手に当たってハネて戻るパターン。この傾向は前回のグランディからずっと。原因はスライス球のせいか、スチールシャフトアイアンに変更してからの飛距離の把握が間違っているせいかよく分からない。かと言って番手を上げるのは怖い。まあこれも真っ直ぐ飛んでいれば問題ないのかもしれない(;´Д`)

この傾向はグリーン狙いのセカンド&サードショットにもある。最終ホールなんぞは、セカンドを残り115ヤードに付けて距離感も合っていたはずなのになぜかグリーン土手で大きくハネて、おまけにカート道で再度ハネてすぐ右のV字型に割れて生えてる木の間に(笑)。アンプレ宣言してアプローチするも悔しさのあまり短いアプローチをショートする始末。真っ直ぐ打つ他に己の精神も鍛えねば…。


2008年04月12日

ロックヒルゴルフクラブをラウンド

再びベント芝のフェアウェイにチャレンジということで、ロックヒルゴルフクラブ・レイクコースに挑戦。先週に引き続きかなりの快晴に恵まれ後半は思わず半袖でプレ^したほど。暖かいと体のコンディションもよく、のびのびとラウンドできた。

今日もスタートホールで恒例の一番クジを引きティーショット。先陣を切るとミスをしないという自分のジンクス通り本日もナイスショットで幕が開いた。しかし今日の強敵はなんと言ってもベントフェアウェイ。前日の雨のせいか放水のせいか地面がじゅくじゅくの部分があり、少しでもダフると全く飛ばないベント芝の洗礼を幾度となく受けた。

本日の結果
55(22)+53(21)=108(43)


ロックヒルゴルフクラブのスコア

一応自己ベストでした。内容的には115の前回、112の前々回よりも不満足度が高かったのに終わってみればの好結果。それだけ感覚が贅沢になってきたということなのか。逆にパットのフィーリングは終始良かったのに、またしても40越えのパット数となってしまった。満足度と数字が比例しないとはこれいかに…。

今日の収穫は、+4以上のホールを前半の1つに抑えられたこと。ティーショットがかなりよくなってきたことの2点。パーも1つとったが、HDCP1のサービスホールでのこと。人生初のバーディーが1センチ及ばずで残念ではあったけど、もっとしっかり距離のあるホールで再度トライできることを願う。

反省点はパット数とアプローチ。今日はいつものAW1本のワンパターンから、シチュエーションごとにSW、AW、PWを使い分けるパターンを試みてみたが、見事に裏目(笑)。もっと練習を積むべきかAW中心のスタイルで固めるべきか、これからじっくり考えることにしよう。

ロックヒルゴルフクラブロックヒルゴルフクラブ・レイクコース
ロックヒルゴルフクラブ・レイクコースロックヒルゴルフクラブ・レイクコース

今日の傾向は、会心のティーショット後にフェアウェイで大ダフリ、ティーショットミスの後に会心の2打目が出るなど、かなりの凸凹ゴルフ。これはまさに自分との闘いで克服すべきことだろう。パット数が多かった原因のひとつもこれに起因していると思う。パー狙い、ボギー狙いなど「色気」の多いパットが多かったせいか思い切りが悪くなっていたかもしれない。まだまだ先は長いなぁ。


2008年04月10日

ロックヒルゴルフクラブに向かって

土曜日のラウンドは、茨城県のロックヒルゴルフクラブ・レイクコース。写真は昨年秋に同コースをラウンドした時のもの。都心からは遠いけれど、自分とほぼ同じレベルのゴルファーが3人集まるのでフェアウェイが広め&体験済みのここに決めた。

最近はコースレートが高いコースを狙って選んでるのだけれど、ロックヒルのレギュラーティーはロックコースが69.5、レイクコースが69.8(ともにJGA基準採用のGDOレイティングによる)とやや低め。なのであえて再度ベントフェアウェイのレイクコースに挑むことに。

最近のラウンドで言うと…

02/16 109(rating:66.0)アジア取手CC
03/08 112(rating:74.2)セブンハンドレッドC
04/06 115(rating:74.0)グランディ那須白河GC

昨秋のラウンド時はロックコースだったけど、1ラウンド後にハーフでレイクコースを体験。その時に残っている記憶では、先週のグランディ那須白河のベント芝よりも葉が大きかったような気がする。

ロックヒルゴルフクラブ
↑昨秋のロックヒルGCでフェアウェイを駆けるキタさん


そしてここはラフが深かった印象がある。まあこの時期だから昨年の秋よりはマシなのかもしれないけど、決して浅くはないと心に留めて謙虚なゴルフに徹しよう。

ちなみにマスターズが開幕する明日4月11日は俺の誕生日!ゴルフの神様が何かプレゼントしてくれないかなぁ。そういえば「春に三日の晴れ間なし」の言葉通り今週に入ってからの関東は雨続き。しかしこの土曜だけはかなりのゴルフ日和となりそう。もしかしてこれがプレゼントなのかな(笑)。まあそうだと思って良からぬ期待はせずに頑張ろう(笑)。好天気の下、フカフカのベント芝を目一杯かっ飛ばすのだ(違)!


2008年04月09日

光ヶ丘ユー・プラザゴルフレンジ

先週に続いて今週土曜もラウンド。そういえば2週続けてラウンドするのは初めて。そして今日はいつもの40ヤードレンジではなく、多少距離が見えて気分良く練習できそうな光ヶ丘ユー・プラザゴルフレンジまで出向いた。このレンジはとにかく綺麗。カフェ、待ち合わせ場所、マット、グリーン全てが綺麗で気分がいい。

当たり前だけど本番を前にして急に何かを求めても無理というもの。ということで今日の練習は体をほぐすように全てのクラブを振ることに重点を置く。そして先週のラウンドでの反省点の中からすぐに出来そうな修復点と、今の状態を考えた中で最善が出るような工夫を考える。

先週は、当てに行ってスライス、トップ、ダフリが時々出たので、まずグリップを中心に柔らかいアドレスをとり、体ゆるやかに使って優しく振りぬくスイングを全番手で行った。こうすることでドスライスがややスライスくらいに落ち着く。今日のところはこれで充分及第と心に唱えながら。

光ヶ丘ユー・プラザコルフレンジ

そして9番アイアンを使って10ヤード、20ヤード、30ヤードをランニングさせる練習を少し集中して感触を固めた。これは、先週こういうシチュエーションが多かったから。転がすための具体的練習をあまり実行してなかったので、先週はほとんどAW(52度)で上げたりPWで中途半端なアプローチをしていた。今日の練習で実際にいい感じが掴めたので今週はこのアプローチを試してみようと思う。

AW(52度)とSW(58度)を使った30ヤード、45ヤード、70ヤードの練習も集中して多めに行った。最後は再度全番手を3球ずつ軽〜く打って終了。中にはミスショットも出たりしたけれど、とにかく気分良く終了。合計約200球なり。

今日のテーマは具体的なイメージを想定するも、ありふれた練習内容でとにかく気分良く練習を終えること。これを心がけて時間を過ごしたので、全く疲れることなくレンジを後に出来た。天気も良さそうだし今週も楽しいゴルフでありますように(^ω^)

⇒光ヶ丘ユー・プラザゴルフレンジ
⇒スコアアップ、体験談、ノウハウの紹介(共通テーマ)


2008年04月06日

グランディ那須白河グランディ那須白河ゴルフクラブ(SOUTH)

土曜日からの宿泊で出かけたグランディ那須白河ゴルフクラブ。噂に違わぬ素晴らしいコースとこれ以上ない快晴下でのラウンドを満喫。ラウンド当日は気温が19度まで上がって半袖でもいいくらいの陽気だった。

1日目の土曜日は練習日に充てた。まず本コースの練習用グリーンでパッティング練習のあと、アカデミーコースという3ホールある練習コースを3周ほどラウンド。その後打ちっ放し練習場へ行き、続けてアプローチ練習とバンカー練習もたっぷり打ち込んだ。明日にラウンドを控えてるというのにすっかり疲れてしまった(笑)。

グランディ那須白河ゴルフクラブグランディ那須白河ゴルフクラブ

そして本番当日。これ以上ない晴天の下、SOUTH→WESTコースをラウンド。SOUTHコースは2年連続で女子トーナメントのINコースに使用されたコースで、見晴らしもレイアウトも美しいの一言。WSETコースは一昨年トーナメントで使用されたものの、狭くてトリッキーなレイアウトが選手に不評で、翌年は使用されなかったクセものコース。右の写真はそのWESTコースの一場面。打ち下ろしのティーグランドから3ホール分のフェアウェイが見えるという豪快さ!難易度も一番高い。

本日の結果
56(22)+59(20)=合計115(42)


スコア(グランディ那須白河ゴルフクラブ)

ティーショット

今日のラウンドでもショート以外は最終を除いて全て3Wを使用。珍しくスタートホールから快心の一撃が出たが、予想通りスライスしてしまう弾道を終始調整しながら打たねばならず狙い目に工夫を強いられた。ショートホールは精度悪く残念ながら1オンなしだったが、アイアンの飛距離がほぼイメージ通りで収穫があった。最終ホールはせっかくなのでドライバーを使用。240ヤードのショートカット目印をめがけて目一杯打ち、芯を食ったように思えたもののかなりスライスして森の中へ(笑)。

フェアウェイショット

ベント芝という事で心配もあったけど、まあ下手なりの及第点かな。ブログを通じてアドバイスも貰ってたので、160ヤード以上はユーティリティを多用しつつ満振りよりも精度を重視する気持ちを大切にした。ラフは全体的にセミラフ程度の長さだったけど粘り気があって見た目以上に難しかった。少しでも手前から入ってしまうとまともに振りぬけない。ショートアイアンでも10〜20ヤードショートすることが多く勉強させられた。

アプローチとパット

グリーンはアンジュレーションがきつく、目下練習中のPWでのアプローチは怖くてほとんど試せず主にAW(52度)を使用。全般的にまずまずのアプローチが出来たが、グリーンがかなり難しかった。平坦な部分がほとんどないウネウネの大きな2〜3段グリーンに終始悩まされパット数がかなり多くなった。苦戦したのとは対照的にすごく楽しいグリーンだったので、いつかこいつを攻略してやりたい。

ラウンドを終えて

練習の甲斐あってアプローチは上達してきたけれど、40ヤード以内の精度とアプローチのバリエーションをもっと増やしたいと思った。あとティーショット(長いクラブ)が苦にならなくなってきたので、今度はその方向性を高める練習を増やさないといけない。全く自信がなかったアイアンは、少し安心して打てるようになってきた。想像している距離が出るようになってきたので更なる練習を重ねたい。

最後にスコアカードを紹介。

グランディ那須白河ゴルフクラブ(スコアカード)


2008年04月03日

グランディ那須白河ゴルフクラブ

今週末は福島県と栃木県の県境付近にあるグランディ那須白河ゴルフクラブまで一泊二日のゴルフの旅にお出かけ。天気もかなり良さそうでリゾートゴルフが堪能出来そう。

グランドエクシヴ那須白河

宿泊はゴルフ場内にある「グランドエクシヴ那須白河・ロッジ棟」で、窓から綺麗なコースが一望できる。到着直後のタイミングで敷地内にある練習コースを予約してあって、3ホールを何周か時間制でプレーできるというシステム。時間が余ったらそのまま練習場へという感じ。

リゾートトラストレディス2007リゾートトラストレディス2007

昨年まで2年間リゾートトラストレディスの開催コースだったところで、実際にトーナメントで一昨年使用されたWEST&SOUTHコースをラウンドする。なんでも一昨年のトーナメントで使用したWESTコースのスコアが振るわなかったらしく、昨年はEASTコースに変更した経緯があるみたいで嫌な予感(笑)。

リゾートトラストの法人会員会社の紹介で予約したので、かなり格安なプランでラッキーなのだけど、うねりの多いグリーン、アンジュレーションの効いたベント芝のフェアウェイ、ほとんどのホールに池がある等、厳しいゴルフとなるのかな(笑)。

当日は友人たちと4人。新幹線でゆったり旅行気分を味わいながら楽しむことに徹するつもり。決して凹みませんように(;´Д`)


⇒グランディ那須白河ゴルフクラブ
⇒リゾートトラストレディス2007


2008年04月01日

練習持参クラブ

今週末はグランディ那須白河ゴルフクラブで宿泊ラウンド。クラブを明日ゴルフ場へ送るのでラウンドまでの打ち納め練習。

持参クラブは3W、UT(4番25度)、7番アイアン、AW(52度)の4本。一昨日のショートコースでは前半迷って結局元のスイングに戻してプレーしてしまったので、腰先行スイングのおさらいも兼ねたレンジとなった。当たり前だけど付け焼刃ですぐに身に付くものではなさそうなので今日も我慢の練習となった。

スイング改造中

地道に続けて梅雨明けくらいにいい感じになればいいかな(笑)。

気が長すぎるかもしれないけれど、焦って得することなど何もないと言い聞かせて頑張ろう(^ω^)

⇒グランディ那須白河ゴルフクラブ

⇒公和ゴルフセンター

⇒ゴルフ好きの寝ても覚めてもゴルフ(共通テーマ)


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事