2008年05月

2008年05月31日

シチズンプラザ・ゴルフレンジ

今日はバランスボールを使ったレッスンを行った。ここのところ意識して行っている下半身でスイングすることの再確認。バランスボールに座った状態でスイングするのだけれど、骨盤をリードさせながらダウンスイングに入りそのままボールを打つ。

ダウンスイングにかけて骨盤を飛球線方向にスライドさせていくようなイメージ。注意点は、左膝は飛球線側に開かず、右足のつま先とかかとは地面につけたまま右膝は前方に出さずに飛球線側へ。バランスボールの上だと骨盤と股関節(特に右)の送り方が良く解る。

この練習はバランスボールを使わなくても、スタンスをかなり広くとり腰をぐっと落としたスイングでも出来る。自分の欠点でもある右肩が前に出てしまう打ち急ぎ対策やヘッドアップ防止にも有効。そして低い位置で構える事になるからクラブが極端にアップライトになるのでよっぽどうまく芯を捕らえないとボールはちゃんと飛んでいかない。

ちなみに持参した9番アイアンでこのスキルを行ったが、バンカーで砂をソケット側で爆発させる練習にもなると学んだ。この直後に普通のスイングをするとあら不思議、体(特に上半身や肩)の力が抜けて先日課題に挙げた「振らないMAX」の状態がすぐに見につきそうな気配。

ただ緩み過ぎる場合もあるので、左の壁づくりも意識的に行って勢いのある球は出さないといけない。力みのないスイングを続けていると「今くらいが一番スムーズでいい感じですね」と、あまり具体的に褒めない先生から久しぶりに褒められた。

例えば7番アイアンを使って力んだスイングで150ヤード飛ぶのなら、スムーズに140ヤードを狙えるスイングを覚えて1本のクラブで30ヤード前後を打ち分けられるように練習するといいですよ。アイアンは飛ばすクラブじゃありませんから。

「振らないMAX」と「打ち分け」。振らないことを覚えるると方向性も安定しそうな気がするし、なにより芯を食ったジャストミート率も増すことは安易に想像できる。今さら感のある言葉だけど、ゴルファーほど盲目な生き物はいないと思う。上手くなったと勘違いして、ある日突然凹む日が来ないようにストイックにやっていこう。


ヤマハインプレスX4.6 ST LONG 販売開始!




2008年05月29日

マイウェッジ達

新潟在住のシングルプレーヤーである友人カツオ君との会話でウェッジの飛距離の話になった。自分が「SWは85ヤード、PWは105ヤード」と言うと疑問を持たれた。そして彼から「自分はSWで82ヤード、PWで110ヤード。振らないように心掛けている」と返ってきた。彼ほどの腕ならてっきりSWで110ヤード、PWで140ヤードなんて意気のいい良い答えが返ってくると思ってしまっていた。

プロのスイングを見ても、ウェッジを首に巻きつくまで振るような人はいない。ショートアイアンしかり。「ウェッジとアイアンは目標を狙うもの」と考えるようにしてきた自分が実はそうじゃなくなっていたとは。練習を重ねて少しは飛ぶようになって調子に乗ってたかも。

「振らない」

意味はよく解る。決して調整するとか加減するという事ではなく、自分の「振らないMAX」を持つべきだと思った。そしてそれが強い武器になるんだろうなぁ。「何ヤード飛ばすか」というゴルフは他人にまかせて自分のゴルフを作らねば。


フォーティーンPMシリーズパター販売開始!




2008年05月28日

ファーストゴルフ(東京都練馬区)

今日は練馬区の平和台駅すぐ近所にあるファーストゴルフまで足を伸ばした。決して近いわけではないけれど、hinoe_uma66さんのブログで何度も紹介されていて一度行ってみたいと思っていた。それとよく行く練馬区内の練習場より実測距離で20〜30メートルほど長いのでドライバーの弾道を見られると思ったから。

車で出かけたのでキャディバッグごと持参。目当てのひとつだったパター練習場は「照明設備がないので昼間のみ」とのことで残念ながらパター練習は断念。今日はいつものアプローチの打ち分け練習をする気がなかったので2階席やや右側にスタンバイ。

向こうのネットまでの距離表示が170ヤードで地図での実測は150ヤード弱というのは事前調べて分かっていたものの、SWで100ヤード表示を軽く超え、PWで150ヤード手前、7Iで170ヤード表示のネット下に直撃という具合。2階席という事を加味してもそんなに飛ぶわけはないので、途中の距離表示も100ヤード以降あたりからは20ヤード前後表示調整してあるんだなぁと少し戸惑った。

とは言っても練馬方面では最も距離のある練習場なので、今日は珍しく長いクラブを中心に練習。やっぱり先のネットの中段あたりに当ててやろうと振ると力が入ってスライスする。以前のようなド級のスライスは出なかったけれど、細心の注意を払わないと心地よく右に曲がって行く。当たり前だけどやっぱ100ヤード以上ないとどれだけ曲がるかは確認できないんだなぁと実感した。

まだまだ未熟なドライバーショット

動画は本日一発目のドライバーショット。まだまだ右手が強すぎて外からクラブが下りているし肩の回転も速すぎ、打球もやや高すぎで当然緩やかに右方向へ。

そこで3Wと5Wも練習しておこうと思ったがちょうど良いティーがなかったので、仕方なくマット上から打つことに。これが今日の大発見で、特に5Wが問題なく打てるようになっていた。ろくに練習もしていないクラブなので今日打てたのはたまたまかもだけど、これが本物なら180〜185ヤード確実に進めるようになったUT22度以上の武器になる。調子に乗って3Wも同じように試したが、こちらそう甘くはなかった…。

最近レギュラーティーのロングはサービスホールと思えるようになってきたので、次ラウンドでは積極的に使ってみたい。とは言っても「思える」だけでパーを量産しているわけでもないのだけれど(笑)。


ポイント増量セール(今週末限り)




2008年05月27日

マイパター

パッティングスタイルを考え始めて数日。手首の角度が一番気になっていたのだけど、単純に一番真っ直ぐ振りやすい形にした。あと精密機械のように振り幅で距離感を分けていたスタイルをビリヤード方式に少し変更。これでショートパットが怖くなくなるハズ。

一時はパターを買い替えようかとも考えたけれど、要は「あまり深く考えすぎない」という所に落ち着く。後はただひたすら真っ直ぐ振る練習と、真っ直ぐボールを押す練習を再開。せっかくパターも含めた短いクラブから練習を重ねてきたのに、いつからかあんまり考えなくなってしまっていた。これは大反省。遠くへ飛ぶクラブは気持ち良いけれどスコアを作るのは短いヤツだと心に刻み直す。

一緒にラウンドしたことがある友人達に言わせると「そんなに叩いてるように見えない」そうだ。おそらくアプローチ、ライン読み、長めの距離合わせが割と上手に出来る事が多く、友人達にはその記憶が残ってるのだろう。実はショートパットをありえないくらい外す。

これは振り子のようにパッティングしているからだと判断。○センチ振り上げれば○メートルみたいな。だから短いとインパクトの時にビビって緩んでしまう。これは実は某動画レッスンの恩恵なんだけど、全て忘れることにする(笑)。

裸?のパット練習

帰宅後、着ているものを全て脱ぐのが日課なので裸で練習しているように見えるけどちゃんと衣類は身につけて練習しています(^ω^)


おすすめ激安クラブ




2008年05月25日

公和ゴルフセンター(2階2番打席)

ここ最近テーマとして取り組み中の「インサイドからのダウンスイング」「下半身で打つ」をはじめとした一連の動き。たまには少し球筋の見える練習場でということで公和ゴルフセンターに出かけた。持参クラブはドライバー、UT22度、7番アイアン、AW52度の4本。

普通は30〜40ヤードしかない練習場だけど、満員の1階席をスルーして2階席に行くと22番打席が空いていた。ここの1〜3番打席は対角線に打てる向きに設置してあるのでこの打席だと100ヤード近く打てることになる。新しいテーマの勉強中にしてはまだ少し長いと思ったけれどちょっと嬉しかったのでドライバーを多めにやることに。

まずは短いクラブから。最初は案の定力んだスイングと緩みすぎスイングが交互にでる(笑)。「何の練習をしに来てるのだ」と自分に言い聞かせ休憩を挟んでやっとナイスショットが出るようになってきた。力みもさることながら、いつも練習開始直後は素振りを何度も繰り返してるのにボールを捕らえてから先のターフを取るというスイングが出来ない。というか意識の中に入っていない。まだ確認作業が多すぎるせいかな。

ダウンスイングに入った瞬間(ドライバー)

そして練習クラブはドライバーに。打球が時々やや右方向に出たりテンプラが出る。ティーが低めなのに時々テンプラしてしまう内容から考えて、ボールの位置をよく聞く左かかと前方に変更した。今までは足ひとつ分中央寄り入れていた。なぜかというとボールが遠すぎるような気がして嫌だったから。でも左足を踏み込み気味に打つようにしてから逆に近すぎると感じてボール位置を変更。これが見事にはまって高確率でジャストミート出来るようになった。

と、ここまでは良かったのだけどよく考えるとクラブが全くインサイドから下りていない。練習を重ねてきた分、意識しないでも以前よりはマシなのだけれど全く忘れて打っていた(笑)。上の写真はダウンスイング開始の瞬間。いかにもアウトサイドからクラブが下りて来る雰囲気プンプン。これじゃきっとここでは見えない100ヤード先からスライスしてるボールもあっただろう。気付いたのが遅かったのでまた今度頑張ろう。今日はボールの位置を発見出来たってことでオッケー。


ドライバーの選び方(2008年版)




2008年05月24日

シチズンプラザ・ゴルフレンジでレッスン

インサイドからのダウンスイング、いわゆるオンプレーンスイングが完成していないので今回は中休みを入れずにレッスンを延長。引き続きグリップを限りなく体に近い所に通してスイングできるか。左手の使い方、右手の使い方を覚えるためにそれぞれ片手でのスイングを交えながら。

正しくオンプレーンスイングしないと片手スイングでは打てない。逆に言うと片手スイングをすると自然にオンプレーンになる。まあ「自然に」は言い過ぎかもしれないけれど、効率よく身体を使う事を考えながら振っているうちにそうなる。

今日は「クラブを柔らかく振る」という点は及第点をもらえた。だがまだダウンスイング初動で右腕に力が入ることがある様子。これがアウトサイドからクラブが下りてしまう根源となる。そこでトップ時の右ヒジの向きを矯正しながら力が入らないように矯正。

トップオブスイング修正前トップオブスイング修正後

写真が暗すぎて分かりにくいが、トップ時の右ヒジの向きを一時矯正。自分的には左写真の形の方が気に入っているのだけど、右写真のように矯正を受けた。要は右肩に力が入りすぎて「これから右手で打ちますよ〜」の気配がプンプンするのだそうだ。右ヒジの向きの矯正はそれを意識的に抜くためのもので、ここからクラブを左手だけで下ろす。

実際にトップで力を抜くと、クラブヘッドは右足後方に落ちてしまうが、そこまで落ちないように左肩で飛球線方向に送っていくイメージ。これで以前にも増して柔らかく振れるようになった。だけどこれだけだとボールが全て右方向に飛んで行くので、左足を踏み込んでダウンスイングを開始し、直後に壁を作ってバシッと受け止める力強さが必要。

しばらくはこの練習に集中!


ゴルフ・ラウンド用小物




2008年05月22日

シチズンプラザ・ゴルフレンジ

今週ずっと自宅で特訓を行ってきた下半身を使ったスイングを確認するために、レッスンで通っているインドアレンジへ出向いた。ダウンスイング時の初動を左足の踏み込みに置くことを覚えこむための練習。この時しっかりと左骨盤に重心を乗せる。覚え方としては「下半身を使ったスイング」ではなく「スイングは下半身で行う」か。

注意点として、膝が飛球線方向に逃げ過ぎないようにすること。右足も飛球線方向にキックするようにとは言うが、今日はこれは練習に組み込まない。というかそこまではまだ考えられない。「体重移動」「重心移動」という言葉があるが、この「移動」というのがクセモノ。左足付け根に体重を預けるという解釈が一番しっくりくる。

同時に注意して行ったのが、グリップを限りなく体に近い位置に通す練習。インパクトにかけては右ヒジはまだ曲げたまま手首を下方向に向け、インパクト直後に伸ばすイメージ。これで自然に手首が返る。左腕は脇を締めるというよりは、左胸を張ってバンッと当てる感じ。

S・K・ホ プロのスイング
S・K・ホ プロのスイング


この反復で300球以上打ち込んだが、アイアンはまずまずの感触もUTとウッドでなかなかうまくいかず苦労した。そこで思い出したのがグリップのローテーション。ダウンスイング時にコックを我慢したまま左手の甲を徐々に早めに地面方向に向けていくことで芯を捕らえる確率が俄然増え、ますますボールとクラブが柔らかく感じてきた。

とは言っても方向性や再現性はまだまだ。前回のラウンドではまだ試すまでに至らなかったが、来月頭のラウンドでは恐れずこの形で打てるようにもっと刷り込ませよう。


フェアウェイウッド・ユーティリティの選び方




2008年05月20日

パターカバーホルダーを自作パターカバーホルダーを自作

今回のラウンドで活躍した自作のパターカバーホルダー。以前からこのパターカバーの置き場に困っていて、グリーン脇に置いたり後ろポケットに入れたりキャディさんに持っててもらったりするんだけど、固定の居場所がなくて気になっていた。

「忘れないため」には場所を固定させる必要がある。グリーン脇に置くのならそれで徹底させるとか。ポケットに入れるにもしかり。ただポケットに入れるには違和感があるし、グリーン脇に置くにもカートから自分でパターを持って行ける場合はいいけれど、他人に持ってきてもらった場合はグリーン脇に投げることになる。やっぱ投げるのは気がひける。

そこで長く付き合いのあるアクセサリー屋から使えそうな部品をもらって組み合わせて自分で作った。市販品でもいいのだけれど無駄な部分が多くてしかも値段が高い。今回は有り合わせの部品なので無料だけども、この部品の組み合わせなら浅草橋で調達すれば100円そこそこで出来るし、東急ハンズで揃えても200円はかからない。

パターカバーホルダーを自作
カラビナ+丸環+クリップで完成!


使い方はクリップ部分を常時パターカバーに挟んでおく。パット時にカバーを外してカラビナをベルト通しに差し込む。逆にパターンでベルト通しにぶら下げておいてカバーを外した時にカバーをクリップで留める方法もあるが、いくらワンタッチクリップを使ってもこっちは面倒。

今回は金属部品で作ったので、留め場所によってはシャフトにカチカチ当たるのでいずれゴムかプラスチックの部品に取り替えようと思う。毎度ベルト通しに差し込むのが面倒と考えるか、グリーン脇に置いてイチイチ忘れずに回収するのが面倒と考えるかが鍵だけど、自分はコレ使ってだいぶグリーン周りの仕事が減ったように思う。

パット数はあまり減らなかったけど(笑)。

参考になったブログ
⇒今日はゴルフ日和。


ゴルフアクセサリー新作入荷!




2008年05月18日

アジア取手カントリー倶楽部(駐車場からの眺め)アジア取手カントリー倶楽部

今日はアジア取手カントリー倶楽部を1.5ラウンドしてきた。河川敷のわりにしっかりしたコースで、近くて安くて平坦で廻り放題が嬉しい。逆に厳しいのは各所に散りばめられた無数のクリーク、フェアウェイを外れるとすぐ黄杭で1ペナ、年中吹く強い風、グリーンはほぼ砲台という条件。

本日の結果
52(19)+49(21)=101(40) エクストラ:55(17)


アジア取手カントリー倶楽部のスコアカード

フェアウェイキープ欄にあるDRの文字はドライバー使用ホール。今回は広めのホールで「試してみても良いかな」と思えたホールで4度使った。ウエストコースは短い分狭くトリッキーなので1度も使用せずバック9で3回使って100ヤードチョロ、230ヤード1ペナぎりぎりスライス、150ヤードのテンプラ。これで一度封印(笑)。エクストラ9の最終ホールも比較的広かったので使用。220ヤード先のフェエウェイにやっとキープ。でもこれじゃスプーンと変わらない。確かに嬉しかったけれど冒険した意味なし?(笑)。挑戦することに意義があったということにする。

そしてここのグリーンは高麗で小さめ。今回からほぼ真上だったパットの目線を少し横からに変更。よって手首の角度も変更。加えて距離の出し方を振り幅からややインパクト重視に。これはスコアを恐れず思い切って徹底させたが吉だったのか凶だったのかよく解らなかった。でも構え方はこちらの方が楽だったのでしばらく続けてみることにする。

初バーディー(カップ距離までの距離)

短いミドルだったが初のバーディーを奪取。パー4を3回で終えるあっけなさを初体験したが意外に大きな感動もなく同伴のキタさんの方が喜んでいた(笑)。これは距離が短かったからかな。あまり実感なくそそくさと次のホールへ向かった。

今日の収穫は、明日へと繋がるであろうドライバーショットをいくつか試せた事と、実験段階のパットでいくつか得るものがあったこと。もちろん反省材料の方が多く、アプローチのシャンクを久しぶりに出してしまった。これは完全にアドレス時の注意不足。重複するが結果(ボール)を追いすぎで、強く意識しないとすぐ体が開いてしまう悪いクセが度々出てしまった。おかげでショートアイアンがやや右側に勢いなく上がってしまうパターンが多くもったいなかった。

河川敷の平坦コースで簡単なはずなのだけど、フェアウェイ両サイドにある1ペナの黄杭が自分にはかなりのプレッシャーで、受け場所のある丘陵コースの方がよっぽど楽な気がする。逆にここはOBの白杭がほとんどないから結局“行って来い”なのかな。

ドライバーは今回の飛距離ではスプーンとほとんど一緒なので、どうせ使うなら240〜250ヤードは打てるようにならないと意味がない。それくらい飛ぶようになればスプーンよりやや確率が悪くてももっと積極的に使おうと思える。しばらくは今日みたいな使い方を続けながら練習あるのみ。上手にならなければいけないショットは他にも山積みなので練習メニューに悩むことになりそう。


春物新作ウェアが早くも値下げ30%OFF!
春物新作ウェアが早くも値下げ30%OFF!




2008年05月17日

シチズンプラザ・ゴルフレンジ

4回申し込んだレッスンの最終日。今日は先週からの課題の続きで、インパクトからフォローにかけて左膝が伸びる修正を確認しながらのスイング。右膝も前に出すぎるとの指摘を受けて、久しぶりにクッションボールを両膝に挟んでのスイングも実施。

体が硬いせいもあってこれらの矯正はなかなか難しいが、トップからの初動で左足を気持ち踏み込むような感じにしてダウンスイングに入ることで少し良くなってきた。今日課にしているダンベル、腹筋のトレーニングも以外にどうやら股関節の柔軟トレーニングが必要っぽい。ネットで方法を調べて今日から取り入れよう。

レッスン通いはゴルフ開始以来すでに20回を超えているが、今回の4回のレッスンでダフリ&トップが減ってミート率がかなり上がった。再びしばらくレッスンは休むが今の課題を克服して次のステップアップのためにまた通うことにする。

明日はラウンド。ラウンド前日にしてはレッスン後に杉並の有賀園杉並店へ試打しに行く等と少しヘビーなスケジュール。明日は練習中のドライバーを使うかどうかは行ってから自分と相談。それより重要課題はパット。意識向上のためにグリップを替え、打ち方も変えるべく練習を積んできたので良い兆しがでることを祈りたい。


在庫一掃!均一価格セール!
在庫一掃!均一価格セール!




2008年05月15日

インドアレンジで練習

レンジに通うお金もバカにならないので、最近はレッスンで通ってるインドアレンジの利用頻度を増やした。スクール生は30分400円で打ち放題だからとてもリーズナブル。ボールの行方は見られないけどその方が良い練習になることも多い。また他人のレッスンが見えたり耳に入ったりして、これが予想外の収穫をもたらすことも。

今日も主にドライバーを使ってのスイング造りと感触確認。長いクラブでもインサイドからクラブを下ろせるようになってきた。ティーは武器商人さんと同様にボールが4分の1くらい出る高さがいい模様。ボールの位置は左足かかと前方よりやや右寄りが良いみたい。

今日は他にUT22度、8番アイアン、AW52度も持参。これもドライバー効果か、ユーティリティがいかに優しいクラブであるかという事が日に日に解るようになってきた。アイアンの感触も引き続き良かった。感覚的にボールとクラブの接触時間が長くなったような気がするが、これは単にボールが柔らかいだけかもしれない(笑)。

MIZUNO MX-25は、5〜7番アイアンだけポケットキャビティになっていて「抜けの良いロングアイアン」ってのがウリみたいなんだけど、最近これは鬱陶しくなってきた(笑)。もちろんポケキャビだから自分みたいな輩でも使えるのだろうけれど、8番と7番の感触を比較すると7番の感触が芯を食っても少しぼやけ気味なのが時々気になる。

かと言ってやっと慣れてきたクラブを一気にMPシリーズに変更するまでの考えはないけれど「7番のポケットを埋める」みたいなカスタマイズなんてあるのだろうか?出来たとしても途端に打てなくなったりして…。


ミズノ・アスリートゴルファー応援キャンペーン!
軟鉄鍛造製法の動画が渋い!




2008年05月14日

ドライバー練習

午前中の雨模様も午後にはスッキリ晴れたが気温はやや低めの1日。そして今日のレンジは怖いくらいガラガラに空いていた。雨降りでも満員の日があるのに今日はなぜこんなに空いてるのか不思議。ゴルファーは気候よりも気温で動くのだろうか。

今日レンジに持参したのはドライバー、スプーン、8番アイアン、52度のウェッジの計4本。ドライバーを練習用クラブケースに入れると他に何本も入らない。スプーンも入れるから余計に窮屈。まあ少ないほうが個々のクラブに対しての集中力が高まるからいいか。それに主にやるのはドライバー練習だし。

今日は「どれくらいゆっくり力を抜いて振ってもいい音を発してボールが出ていくか」をテーマに練習することに決めていた。ゆっくり力を抜いて振るために自分なりの注意点は、充分すぎるウォーミングアップをして体を完全にほぐすこと。不充分なままで脱力スイングをすると体を使わない中途半端な単なる骨抜きスイングになってしまう。

短いレンジなのでボールが上がりきる前にネットに当たってしまうのはある意味残念だけれど、スイング造りと感触を確かめるのにこのレンジは凄く気に入ってる。他人から見るとまだまだだと判断されるだろうけど、今日は満足のいく手応えが多く得られた。

おまけに今日は8番アイアンの手応えが抜群に良かった。生きた球というと生意気だけど、そう思える球が真っ直ぐにグイグイ出た。ゴルフは永遠に「悩みと感動の繰り返し」なんだろ〜な〜と思ってしまうほど。

人気ギア大幅値下げセール!最大92%OFF 冬物ウェア最終値下げ!在庫一掃!均一価格セール!


2008年05月13日

ゴルフボールに顔

小学生の低学年時に隣町の野球チームに所属していた時の刷り込みからか「道具を大切に」という意識が強い。最近は少しマシになったが、グリーン脇にウェッジを置くときもポンと手離しに置けず子供を寝かせるように置いたりする。

子供っぽいせいか、例えばアニメのトイストーリーじゃないけれど自分が寝静まった後、キャディバッグの中でクラブ達がラウンドや練習のあった日に自分達の使われ方や俺の腕の事を愚痴ったり「しかし上手になったよな」「最初はどうなることかと思ったよ」とか話し合ってるような空想さえしてしまう(笑)。

40パットを下回らなくなってしまったある日から、ゴルフボールにラインを引くようになった。誰にも経験があるかもしれないが、ラインを引いてる時にふとイタズラ心から顔を書いたりする。しかしこれが自分にとってアダとなってしまうことに。

ゴルフボールに顔

人形が捨てられないのと同じで、顔があると打てないのだ(笑)。「じゃあ最初から痛そうな顔にしたら?」「悪そうな顔だったら打てるか?」とかいろいろ考えたが、どの顔でもやはり打てない。結局顔を書いてしまったボールは自宅でのパット練習専用になった。

結論。もうボールに顔は書かない…。


ゴルフボール徹底比較!
ゴルフボール徹底比較!



2008年05月12日

オデッセイパターグリップ

パットへの意識向上のためパターを買い換えも考えたけれど、ここはクラブに頼らず自分の意識改革だ!ってことでグリップを交換した。

今までは初期型のイオミックタイプを使ってたのだけれど、グリーン周りに置いた時に枯れ芝とかがくっ付いてとても面倒だった。これは以前ブロガーの武器商人さんにも相談したことがあるのだけれど「いあ、そんなことない」と簡単に片付けられてしまった(笑)。

冗談はさておき「新しいクラブ欲しい症候群」が襲ってきた時にこの「グリップだけ交換する」という作業はとても効き目があるかもしれない。新しい道具が気になったままだと、どうも集中力が欠けてしまうのでそれの解決策&意識を強く持つため。

ちなみに写真左の黄色いのが私ので、右のブルーのは彼女のパター。なぜか彼女のパターの方が長いのが気になるかもだけど、まあお互い今の長さが合ってると考えてのことなので気にしない。

友人で自分でグリップ交換しちゃう人がいるけど、上手になったら結構自分でするもんなんだろうか?自分の場合はスクールでもやってくれるけども、今回はヴィクトリア新宿店の工房で+315円でやってもらった。時間は5〜10分弱くらいとのこと。


グリップ交換にチャレンジ
手軽に出来るクラブチューニング→グリップ交換



2008年05月10日

ジャパンPGAゴルフクラブのヤーデージブック

本日はラウンド予定だったが昨日のうちに延期を決定。そして休む予定だったレッスンへ。レッスン場に行くとジャパンPGAゴルフクラブのヤーデージブックがあったのでしばし閲覧。自分なりに作って持参したことはあるけれど本物を見るのはこれが初めて。

レッスンの方は先週からの課題である「ダウンスイング時のクラブ軌道とフェイスの向きとコック我慢」「インパクト時に左膝を伸ばさない」を再度確認しながらのスイング練習。かなり良くなってきたけれど、体が暖まって少し力が入ってくると左膝を後方に突っ張ってしまう悪いクセが顔を出す。安定して良い球が出せるようにこれを矯正せねば。

諸見里しのぶのフォロースイング深堀圭一郎のフォロースイング
(左)諸見里しのぶ・(右)深堀圭一郎

そして今日いい感じで覚えられたのはインパクト直後にグリップをストップさせてヘッドだけ走らせるドリル。今日初めて教わったわけではないけれど今日になって初めて感じが掴めた。今さらマスター出来そうな感触。ピッタリの写真がなかったけれど上の写真が近い感じ。またこれを意識する事で左腕のしまり具合も矯正できて一石二鳥。

レッスンってのは不思議なもので、同じ指摘でも言い方が違ったり指摘されるタイミングですんなり入ってくる時とそうでない時がある。今日は「なんで今までコレやらなかったんだろ」くらい良い感じで入ってきた。

ヘッドスピードとは、スイングする速さじゃなくクラブヘッドがボールに当たる時の加速だと言うことが良く理解できる。ボールを捕らえた時のなんとも言えない手応えが今までにない高確率得られて幸せな1日だった。明日もレッスン場で練習しよう。


ゴルフ・レインウェア大辞典
雨にも負けないレインウェア大特集!



2008年05月08日

メインレンジにドライバー初持参

メインレンジでもあるここ公和ゴルフセンターにドライバーを持参するのは初めてじゃないだろうか。というかクラブケースにドライバーを入れること自体が初めてかもしれない。ドライバーを入れるとクラブケースの型が崩れなくて良いことを知る(笑)。

他に3W、6I、8I、AWも持参したが今日は全120球のうち半部以上はドライバーで打った。打ってみた感想は「思ったほどひどくない」ってとこ。コースで使えそうなのが3球に1球程度で、甘めの採点でナイスショットと呼べそうなのが7〜8球に1球程度といったところ。

しかしドライバーを練習してみて思わぬ利点が生まれた。スプーンを地面から打つのが苦に感じなくなったのと、ゆっくり振るせいかスイングに必要な体重移動、コックのあり方、スイング軌道、手首の返し、両ヒジの使い方をじっくり意識して練習できるクラブだと感じた。

ドライバーショット

所ジョージのコラムで「ドライバーが打てなくてスプーンに“ドライバー”とマジックで書いてティーショットに使っていたが、ある日なんとなくドライバーを打ってみると打てるようになっていた」というのを見たことがあった。まあここまでは言えないけど近いものを感じたかも。

早速すぎるかもしれないけれど、今週末に練習ラウンドとして予約を入れたアジア取手カントリー倶楽部のバック9あたりから狙えそうなホールではドライバーを使ってみることにしよう。


レインウェア大辞典
梅雨の準備は大丈夫?レインウェアの全てがわかる!




2008年05月07日

ドライバー

スプーンの調子がすこぶる良かったためずっと先送りにしてしまっていたドライバーの練習。思えばこのドライバーをTJさんに頂いてから、ラウンドで使ったのは確か1度のみで自分としてはかなり豪快なスライスOBだった。でもよく飛んだ(笑)。

確率の低いショットをわざわざする必要もないので、すぐラウンドで多用する事はないけれど、ウッドが全く振れなかった時に素振りから始めて振れるようになったようにドライバーも始めることにした。

まずはマンションの中庭での素振りをドライバーで復活。しかし今更ながらシャフトが長くてヘッドもデカい。これはかなりの違和感。思えばユーティリティやスプーンの練習を開始した時も同じように長いと感じていたからそのうち慣れるのだろう。

よく「どのクラブも一緒」と言うけれど、打てない人はこの解釈が大変一番難しい。ユーティリティの時は「7番アイアンだと思って」と言われたがしばらくそう思えなかったし、スプーンの時もずっとそうだった。だがこれも素振りが克服してくれるはずだから頑張って続けよう!


初心者のゴルフクラブ選びのお手伝い
初心者のゴルフクラブ選びのお手伝い




2008年05月06日

セブンハンドレッドクラブのラウンド風景

今回のセブンハンドレッドクラブでの課題はティーショットとパット。どちらも原因がハッキリしているのに放置してきた自分に反省。まず言えるのは練習不足にあると思う。「練習量だけは上手な人に負けないように」と思って頑張ってきたのにこの2つの練習をここ最近省いていた。

理由はどちらも「そこそこ出来るようになってきた」と思ってしまったから。いつか何かで読んだことがある「上達しないゴルファー」のパターンだ。あと思い切りが足りないというか自信のないプレーをしてしまう点。自信は練習から生まれると言うくらいなので結局結論は練習不足。

ティーショットは相変わらず全てスプーンだけど、練習の時はマット上から打ったり指1本入る程度のティーアップで打ったりしているが、本番では指2本分の高さやそれ以上になることも。これは当たらない不安感からどんどん高くなっていく悪い傾向で、先日も最終ホールではかなり高くなってしまっていた。

要はティーの高さが一定でなくいつも迷いがある。1ホール目で快心が出るとその日は迷わずに済むのでここ数回のラウンドでは上手くいったがここにきてモロに弊害が。スプーンはティーアップしなくても打てる練習をせねば。そしてそろそろドライバーの特訓も開始しよう!

パットは短ければ短いほどダメ。先日も1メートルのパットを何度外したことか。これは真っ直ぐ転がす練習を重ねて外すことを恐れないことが課題。長いパットの距離感やライン読みはまあまあだと思っているので、とにかくこれを意識的に克服したい。

上手くなるカップ

あと以前までパット練習に使用していた上手くなるカップは「弱すぎると入らない」という点ではいい練習になるけれど「強すぎても入らない」というのが少々微妙。実際のカップよりも厳しい状況であることは確かかもしれないけれど、これを使った練習で若干ビビるようになってしまった気がする。パットは真っ直ぐ打つ練習に徹して、目標物を置く場合は空き缶にしてそれにカコンと当てるようにするかな。


2008年05月05日

セブンハンドレッドクラブ(1hole)セブンハンドレッドクラブ(14hole)

栃木県さくら市にあるセブンハンドレッドクラブをラウンド。天候は1日中分厚い雲が空を覆う曇り空で、時々の微風も待っていれば止まる程度の天候。過ごしやすさだけで言うとゴルフ日和。気温は長袖ではやや暑く半袖では動いていないと寒い感じで半袖でのプレーを選択。

セブンハンドレッドクラブは、丘陵コースながら林間コース風に設計してある美しい景観が特徴的で、OBが少なく距離がしっかりあるコース。大きなベント1グリーンはほぼ砲台となっていて池やクリークが少ない替わりにバンカーがいやらしい。

本日の結果
52(22)+52(22)=104(44)


セブンハンドレッドクラブのスコア(2008/05/05)

ベストスコアながら反省点ぎっしり。44パットもさることながら、150ヤードにも満たないティーショットがショートホール以外の14ホール中で7発。最もひどかったのはティーショットをシルバーティーにチョロ。そこからUTで約180ヤード進んで160ヤードを6番アイアンで3オン。今日はこういったゴルフが半分ほど(笑)。

今日はとにかく150〜170ヤードがよくグリーンオンしてくれたので、ティーショットは散々だったがショット数は少なく終えられた。しかし逆に10メートル級のパットを残す場面が多くいつもより更にパットを苦戦。またもや40以上叩いてしまう。

アプローチする機会も今日はいつもより少なかったが、ランニングも上げるのも比較的上手くいった。せっかく寄せても2パットと全く生かせない格好になったが(笑)。結局PWは使うことなく今後もアプローチは主にAWとSWでやることになりそう。

ラウンドを終えてクラブ確認しながらふと気付いたんだけれど、今日は使わなかったクラブがたくさん。ドライバーとクリークはいつものことながら、5、8、9番アイアンを1度も使わなかった。というか使う場面がなかった(笑)。PWも1回のみ。グリーン手前の池を嫌って100ヤードのレイアップを狙ったものの池ポチャ(笑)。しかし8、9番アイアンの出番がないなんてこんな日もあるんだなぁ。






2008年05月04日

ツアーステージ新V10(当選ボール)

最近ゴルフスイングとスコアに悩む友人キタさんを連れてレッスン場へ。付き添いということで先週に続き無料で90分打席を借りて無料練習。腰の高さで一旦止めるスイングのせいか、右手親指にマメが出来かけているせいもあって、主に素振りに時間を割きながら50球ほど確認のため打って軽めに終了。

自宅にはツアーステージ新V10キャンペーンに当選したらしく、当選のボールが届いていた。V10はその打感が心地よく今年に入ってからはコレしか使っていない大のお気に入り。応募した時は気付かなかったけどたったの1球だったのか(笑)。

初級ゴルファーでも道具もボールは満足のいくものを!

TOURSTAGE V10


2008年05月03日

ステップインドリル

相変わらずインサイドからクラブを下ろす練習。なんのために腰あたりで一度止めているのかを理解してるつもりなんだけれど、ここが反復練習の盲点か、ついやっつけ仕事みたいになってしまう。

そこでまず今日行ったのは、ボールから離れた写真の位置からトップまで行い、ダウンスイングと同時に左足を大きくステップインして打つというもの。このドリルだと、クラブがアウトから下りてくると確実にミスショットする。というかアウトから下ろそうとしてしまうとスイング出来ない。

今更ここで始めて具体的に「グリップの通り道」を強く意識せざるを得なくなった。また出来るようになった途端に今度は「左ヒジの通り道」も意識するように言われ、宿題がまた山積みになってきた(笑)。

そして以前から指摘を受けていた左足のめくれの矯正。

深堀圭一郎の左足諸見里しのぶの左足
(左)深堀圭一郎の左足/(右)諸見里しのぶの左足

よく言われる「左サイドの壁」とは、左足の内側で感じなければいけない。だから左足の裏がめくれてはいけないとのこと。めくれる原因のひとつに左膝の後方への突っ張りも指摘された。右写真のようにかかとが上がるのは良いらしいが膝を後ろ側に突っ張るのはダメらしい。

ということで、必要以上に左膝をインパクト時に突っ込み気味に意識する練習と、フィニッシュでそのまま中腰までしゃがみ込んでしまう練習。「なんだこの格好悪い練習は!」と思ったけれどこれが効果覿面。実践でもしゃがもうかな(笑)。






2008年05月02日

公和ゴルフセンターでのスイング(2008/05/02)

GWの天気予報はずっと「晴れ」のはずだったのにここにきていきなり崩れるとは。ということで予定していた明日のラウンドはキャンセル。今晩の雨は明日午後には一段落するみたいだけど、プロでも競技でもないので悪天候の中に出かけることもないだろうってことで中止に。

3W、UT22度、7番アイアン、AW52度をバッグに詰めて徒歩約20分のレンジへ。レンジへの道のりは緩やかな上りが続くのでいい運動になる。レンジに着く頃にはすっかり体が温まっている感じ。

最近はスイング作りのために、トップからのダウンスイング時にグリップを腰あたりまで下ろしたところで止めて位置と角度を数回確認。そして少しだけ振り上げてインパクトするという反復を行っているが、今日は腰で止めずに一連の動作を確かめてみた。

なかなか思い通りに行かないものの、少し見えてきた感じ。止めながら振っていたあの好感触が近い将来自分のものに出来そうな感触が垣間見えた。とは言えムービーで確認するとまだグリップが遠くを通り過ぎ。また連続して振っているとどんどん力が入ってくる状態。

軽くしなやかに振った時の方がボールも生きて距離も安定するってことをもっと自分に言い聞かせないといけない。明日は予定がなくなったのでレッスンへ。明後日もこれを練習して1日体を休めて5日はセブンハンドレッドクラブ2回目の挑戦。


2008年05月01日

キャディバッグとクラブ達

ぼちぼちラウンド慣れもしてきた今日この頃。1打ごとのクラブ選択も迷わなくなってきたけれど、ここである弊害が。全く使わないクラブが2本。あんまり使わないクラブが2本あるのだ。

全く使わないクラブはドライバーとクリーク。そして弊害というのは、この2本がなくてもラウンド出来ているせいでほとんど練習していないというか今のところあんまり練習する気がないのだ。ティーショットは全てスプーン。これで180〜210ヤードほど打てて今のところ確率が良く活躍してくれている。ドライバーはいずれそのうちに…という感じ。クリークはフェアウェイからうまく打てないので使いどころが全くないといった始末。

そして次に使わないのがUT25度と5番アイアン。UT25度は165〜170Yくらいのショートがあれば使いたいのだけれど、そういうホールにまだ当たってない。あとはやや深めのラフから脱出して120〜130Yほど前進したい時用。5番アイアンは木の間を抜けないといけない時の低弾道専用となってしまっている。

番手ロ角 フレ長さバラ
DREON SPORTS XF4601 10R45.00 D0
FW EON SPORTS XF-3 15R 43.00D1
520 R42.50 D1
UT MIZUNO ZEPHYR
METAL UF
3 22SR 39.00D0
425 SR38.00 D0
IRON MIZUNO MX-25
N.S.PRO 950GH
5 27R 37.75D0
630 R37.25 D0
734 R36.75 D0
8 38R 36.25D0
942 R35.75 D0
PW46 R35.25 D0
WEDGE FOURTEEN MT-28
J.SPEC
AW52-5 W35.25 D1
SW 58-10W 35.00D2
PTODYSSEY DFX1100

もちろんこれで良いとは思っていないので、ドライバーは将来ガツンと打てるようになってスプーンよりも20〜30ヤード先に置けるようになればもっとゴルフが楽しくなるはず。ということで今一番の考えどころは5W〜5番アイアンのあたり。UT22度はすごくよく使って重宝しているのでUT19度あたりを入れてクリーク不要って考えもあるのかな。

5番アイアンは「男の証」だから練習してこいつで安定して165ヤード前後打てるようになればUT25度はもう要らないということになるのだろうか。アイアンの飛距離は以前にカーボンを使っていた時の感じに戻りつつあるので、もうこれは練習しまくるしかない。

先日のショートコースの3メートルほど打ち下ろしの140ヤードで7番アイアンを選択したらキャリーでグリーンをオーバーしてしまった。そして2周目で8番アイアンに替えたら距離がピッタリ。ティーアップした状態だと8番で135Y、7番で145Yという感じ。

セッティングは、100切りがコンスタントに狙えるようになってきた時に再考の余地がありそう。そういえば友人のキタさんが持つテーラーメイドr5のSシャフトが妙に打ちやすかった。自分のよりもシャフトがやや短めで硬さが心地よかった。ティーショットで振るクラブは柔らかい方が良さそうで、フェアウェイからの場合は硬めの方が打ちやすいってのは当たり前なんだろうか?それともスイングが悪いのだろうか。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事