2008年08月

2008年08月31日

東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)
東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)

千葉県香取郡にある東庄ゴルフ倶楽部をラウンド。早朝予報では雨時々曇。ゴルフ場への道中もずっと雨が降っていて、初めての雨天ラウンドを覚悟したが、到着と同時にピタリとやんでどんどん回復。結果的に一滴も雨の降らない予想外に暑い一日となった。

本日のスコア
51(19)+52(19)=103(38) +54(19)

アウト→イン(→イン)・ホワイトティー・6,439Y

東庄ゴルフ倶楽部のスコア(2008/08/31)
※当日の実際のヤード表示に修正済み。

今日はオーバーラッピンググリップに変えてからの初ラウンド。大袈裟な表現ではあるが自分としては実際にインドアレンジでしか試していないので、自分の打つ球に興味津々だった。結果は、スライスがほとんどなくなり、注意しないとフックボールが出る感じ。大怪我するほどのフックボールは出なかったが。

前半は、ボールと自分との距離がしっくり来ずしばらくアドレス時に違和感を持ちながらラウンドすることになった。そして傾斜よりもマウンドがポイントとなっていたグリーンに悩まされた。スタート3ホールがトリプル、ダボ、トリプルでどうなることかと思ったが、それぞれ途中でなんとか修正&学習が効いてそんなに大叩きせずに済んだ。

東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)

前半の極め付けは8番ホールのチップインパー。ウェッジを使ったチップインは初めて。グリーン奥のセミラフから腿高くらいの砲台グリーン。グリーンエッジまで約3〜4メートル、エッジからピンまで約7〜8メートルの下りのフックライン。AWで考えてた場所よりやや右目にボールが落ちたが結果オーライとなった。

後半は「後悔先に立たず」という結末。パーオンが3回でいずれもパーを取れたが、いずれもバーディーが取れたかも知れないと思えるパット距離だった。それが尾を引いたのかパーの次ホールはいずれも大叩き。雑誌に「パットがラウンドのリズムを作る」とあったけれど、後半の自分に言いたいのは「勝って兜の緒を締めよ」ということわざ。パーを取って浮かれている場合じゃないということだと思う。

東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)

2時半に18ホールを終えて天気も良く、追加ラウンドが2,500円もいう事で再びOUTを回ることになったが、学習能力がまったくないスコアに。実際かなり疲れていて途中まではだらけまくり。体にムチ打っただけの追加ラウンドにしてしまった。次から無茶するのはよそう(笑)。

★今日のミス

つま先あがりのキツイ勾配の土手からUTを握ってしまいクラブの先にカス当たり。10ヤード右前方へOBを打ってしまった。つま先あがりは最も苦手とするライなのに…。そして相変わらずティーショットのチョロ率が高すぎる。100ヤードにも満たないティーショットが18ホールで5回。ティーアップ時の意識修正が必要だと思った。

★今日のまぐれ

欧米のツアーでよく見るロースピンをよく遊びで練習するのだけれど、2段グリーンを駆け上がってピンそばでピタッと止まらないかな?と思って打ってみたらその通りになった(笑)。たぶん今後数十回やってもこうは行かない。あと25メートル上りフックラインのロングパットを「3パット覚悟」で寄せるパットをしたら10センチ真横まで行った。こんな距離感は練習した覚えがないので大まぐれ(笑)。

いずれのまぐれも偽ポテンシャルとして記憶に刻まれ「自信」として残るだろうけど、「出来る」と勘違いして要らぬところで誤った冒険をしてしまわないようにせねば(笑)。


2008年08月30日

左足強化

本日予定していた東都飯能カントリー倶楽部でのラウンドは木曜にキャンセルを決めた。代わりに日曜日に予約した板倉ゴルフ場も「明日は冠水のためクローズ」と午前中に連絡が。

しかしどうしても来週のジュンクラシックの前にラウンドを入れたかったので、ネットで探して千葉の東庄ゴルフ倶楽部を予約。明日の千葉方面は天気の回復が早そうなのでなんとかなるかな。結果的に直前予約という事で良質コースが格安で取れて少しラッキーだった。

ということで今日は予定がなくなったのでレッスンへ。まずグリップ変更のアドバイスを受けてスイングチェック。勢い良く振れるようになったのはいいけれど、やはり以前から課題の左足の向きを矯正されることに。

左足強化

左肩の向き、頭の残し方なども合わせてチェックされながら、左足に外側に向かない器具をはめながら猛練習。これはきつい。開始30分くらいで2時間くらい練習したようなバテ方をしてしまった。力が入りすぎということもあって、途中でレンジにある2番アイアンを持たされ「これで150Yくらい打つような感じで」と言われ数回スイング。直後に7番アイアンに持ち替えるとスムーズにスイングできるようになった。

確かに左足に体重が乗るだけでなく、これに我慢も利くと正確で勢いのあるボールが出る。自分ではポーラ・クリーマーのようなスイングになってるような感じさえしてくるほどきつかった。実際は全くそんなことはなく単に体が硬いだけという事実(笑)。

明日のラウンドでは新グリップに加え、試したい事がいくつかある。いつもラウンドではスコアメイクのために新しい試みを先延ばしにしがちだけど、今回は思い切って練習のつもりで色々やってみるつもり。幸いにもフェアウェイが狭くバンカーが多い難しめのコースなのでスコアを気にせずチャレンジ出来るかもしれない。


2008年08月29日

練習用ゴルフマット練習用ゴルフマット

夏の間は自宅のカーペットを敷かなくなるので、アプローチの自宅練習がおろそかになっていた。ゴルフショップで時々マットを探すのだけれど納得いくものがなかった。ちょうどパターを新調した事もあって、自宅練習はパター練習のみになっていたが「そろそろアプローチ練習も再開したい」と焦りを覚えてヤフオクで探したのがこれ。

大きさ、質感、消音性ともに探し求めていたイメージとピッタリ。耐久性だけを求めた縮れナイロン製とは全く異なる心地良い感触。大き過ぎず小さ過ぎずでサイズも自分の理想。細くて長めの繊維がビッシリ敷き詰められて、しっかり感を出すために根元には縮れ繊維が織り込んであり、それでシッカリ感とソフト感の両方が備わった感じになっている。

「かなり整備されたターフの上にボールがちょこんと乗っている」という感じなのでシチュエーション敵に万能とは言えないが、跳ね返りが少ないのでミスが良く分かる。また天然芝同様身体にも優しい感触と言えるかもしれない。練習場へ持参する人もいるそうだけど、「ダウンブローにショットしターフを飛ばした時と近い打感」が味わえるのだとか。

贅沢を言うと、これの凸凹バージョンやラフバージョンも欲しいけど、1ロット数百万するそうなので無理っぽい要望かな。ヤフオク以外での購入方法を訊ねたら在庫あと2個らしく次回ロットも未定とか。

これでまた毎日のアプローチの練習が楽しくなりそう(^ω^)v


2008年08月28日

アイアン

昨日グリップをインターロッキングからオーバーラッピングに変更したが、ここは「集中的に練習しなければ」と思い豪雨にめげず今日もインドアレンジへ出向いた。昨日当たりがイマイチだったこともあって今日は謙虚に番手を下げ、6番から7番アイアンに戻して仕切り直し。

昨日の練習後も自宅で「ボトル de スイング」を使って何度も復習。帰宅してから寝るまでずっとグリップを握ってた感じ。それが功を奏したか今日は見違えるような捕まり具合。逆に捕まり過ぎを意思的に注意しないと行けないくらい。そう言えばチーピンに悩む人がインターロッキングを試すという話を聞いたことがあるなぁ。

UT

続けてUT22度も振ってみたが、こちらは7番アイアンと比べるとまだ70%くらい。5Wはもう少し下回って55%くらいだろうか。クラブが長くなると力が入るせいもあるけれど、まだ不慣れな感じが顔を出してしまう。そしてそれとは対照的にAW、SWのしっくり感がたまらなかった。PWも持って来れば良かったなぁ。

ちょうどパターのグリップを交換した時のような楽な感じ。これでアプローチもスイング時に自分にかかるプレッシャーから少し開放されるかもしれない気がした。まあこればかりは実際にゴルフ場に立ってみないと分からない。効果があればいいなぁ。

それと練習の後半に思い出したようにインターロッキングで握ってみたのだけれど、変えて2日目だというのに心なしか気持ち悪かった(笑)。しかしこのまま勢いに任せて練習していると、どんどん右手が勝ってしまうような感じも覚えたので注意が必要かもしれない。今週は土曜日がレッスン、日曜日がラウンドなので今回ばかりはラウンドデビューした頃を思い出して、練習のつもりでチャレンジしてみようと思う。


2008年08月27日

オーバーラッピングデビュートップの確認

今日の練習でグリップをオーバーラッピングにしてみた。1年間インターロッキングで続けてきたのでまだ違和感としっくり感が混同している感じ。今週末からまた2周連続のラウンドを控えている状況だけど、そんなこと考えていたらずっとタイミング来ないのであえて今日にした。

グリップ変更の理由は、自分が行いたいスイングがインターロッキングだと難しいと思えたから。具体的に書くのは難しいけれど、左手1本でスイング練習した直後のインターロッキングに違和感があること。インターロッキングだと右手の親指と人差し指がどうしても開いてしまうこと。自由度が制限されてしまうことなど様々。

実は挙げた理由の中には「インターロッキングの良さ」も含まれている。最終的に決定に至ったのは、世のゴルファーの多数決、飛距離、プロや周囲の上級者など見本が多いなどが後押しに。

しかし、調子が悪かったせいかグリップを変えたせいか、今日は比較的当たりが悪かった。仕方なく途中からハーフスイング中心の練習に切り替えた。「今さら」という考えもあるけれど、長く続ける予定の自分のゴルフの将来を考えると「早い方が良い」と決断。しかしまだ少し迷ってるのも事実。ちなみにドライバーだけ当たりが良かった。

ラウンド予定の土曜は天気が悪そうなので日曜に延期して、土曜はレッスンを入れてそこで相談してみるか。変えるにしても正しいグリップとそのスイングを学んだ方が良さそうだ。


2008年08月25日

パッティング練習

パターを新調してからパットが楽しくてしょうがない。楽しいとは言っても目に見えて上手になったわけではないのが悔しいけれど(笑)。ラウンドでもパッティングにあまりプレッシャーを感じなくなった。これはパターを新調したことでほぼ毎日練習するようになったのと、極太グリップに替えて安心してストローク出来るようになったおかげ。

あともうひとつ。これが重要。それは、合計パット数を気にしなくなったこと。もちろんパット数は毎回36以内を目標にしているし、グリーンに乗らなかったら寄せワンで上がれるよう狙いたいし、ショートパットは常に1発で決めたいとは思っている。

ある日、自分のこれまでのスコアカードを見ていてある事に気付いた。1パットホールの多くがダボやトリプルなのだ。1パットはある意味上出来だけどスコア的には失敗。最近のスコアだけ見てもそう。100を切ったラウンドよりも切れなかったラウンドの方がパット数が少ない。

プロのツアーで計算する1ホールあたりの平均パット数は「パーオン時」のものだけを算出していると聞く。まあ考えて見れば当たり前で、プロの場合パーオンに失敗してグリーン周りから打つことになった場合、明らかにパット数が少なくなるべく寄せられるのだから。

小見川東急ゴルフクラブ

ということで「自分のパーオン時平均パット数も計算してみよう!」…と思ったけれどパーオンなんかほとんどないので(笑)最近10ラウンドでボギーオン以内の平均パット数で計算してみた。

ボギーオン時(対象101H)→2.22

やっぱり多い(笑)。ちなみにパーオン時は対象が17ホールで2.06だった。しかしパーオン時の方が優秀とは不思議。振り返ってみれば自分で一番パットが良かったと感じたのは前回のマスターズGC(32パット)と6月の小見川東急GC(37パット)。感触的にはほぼ同じくらいの出来なんだけど、大きな違いはマスターズGCが2グリーンでグリーンが小さく、小見川東急GCは1グリーンでグリーンが超デカかった点。

グリーンの大きさでもパット数が大きく違ってくるということかな。スコアアップを目指すためには「まずパット」なのは間違いないけれど、、自分のスコアを分析するためには「グリーン周りから何打で上がったか」という数字も必要なのかなぁ。どうすれば良いんだろう(笑)。

ある程度のレベルになれば、こうして切り取るところを変えないと統計の数字として意味が違うものになってしまう。まあ、まだまだ100前後叩いてしまうわけだし、当面は「ボギーオン時2.0以下、ラウンド全体で34以内」を目標に頑張ろう。


2008年08月23日

プッシュアウトを防ぐトップ

今日のレッスンは「プッシュアウトを修正したい」と申し出るつもりだったが、最初のスイングチェックで「フェースが開いてカット気味に入っている」と指摘を受けその修正に終始することになった。

まずは、ハーフスイングをインパクトで止めてフェースの向きを正していく方法。この一瞬の小さなスイングでもハンドファースト、左手の甲を外に折らないなどの指摘を受ける。左手の甲を外に折ってしまうとトップの原因になる他、これだけでスライスを生み出してしまうとか。

クラブのフェイスを真っ直ぐ出す

次にボールを写真の一番右側の位置に置いて何球か打ち、直後に真ん中にボールを置き換えて右側に置いてあるつもりで打つ。すると途端に真っ直ぐ打てるように。手の感触も抜群。これは驚き。要は写真の3球のボールを全て真っ直ぐ打てるフェース向きでなければならないということ。これは折りしも北の武器商人さんのスイングムービーで発見したばかりのポイントだった。

それからトップ時の左手甲の向きも修正を受ける。先生に「トップで止めてみて」と言われて左手甲の向きを「こっち」と少しいじられただけでボールへの当たりが著しく変化した。これも驚き。知らないうちに様々な癖がついてくるものだということも実感。こっちはすぐにでも身に付きそう。早速5Wに持ち換えて試したが効果抜群だった。


2008年08月20日

インドアレンジで6番アイアンを練習

久しぶりのインドアレンジ。振り返ると毎月平均10〜15日くらいレンジに通っているけれど、今月は今日でまだ4日目という少なさ。ラウンドが続くと練習日が奪われるというジレンマ。今週末は久しぶりにレッスンも入っているのだけれど、翌週からまた2周連続でラウンド。じっくりスイング作りたいんだけどなぁ。

今日も6番アイアンのハーフスイングを100球ほどこなした後に気分よくスイング。案の定今日もプッシュアウト多発。ラウンドであまりプッシュアウトが出ないのは、怪我にならない程度の微妙なヘッドアップと相殺してるからなのだろうか。

プッシュアウトは少し意識を変えれば即座に直せるのだけれど、これをいずれ無意識にというか体に染み込ませなければ。土曜のレッスンと翌日の日曜にもレンジへ通って、来週は週末のラウンドまでに2度ほどレンジを入れて叩き込んでみよう。来週末のラウンドはスコア度外視で練習の続きのつもりで徹底してみるとするか。

更に翌週はジュンクラシック。これは大阪からTJ師匠がリベンジを果たしに上京してくるのでこちらに照準を合わせよう。


2008年08月19日

小見川東急GC

現在の自分の目標は「ベスト90切り&アベレージ100切り」としているけれど、マスターズゴルフ倶楽部をラウンドしてみて「この目標は意味があるのだろうか?」と考えさせられてしまった。

はっきり言ってコースの難易度によってスコアは大きく違ってくる。同じコースでも平日と土日では異なるだろうし、ラフの深さ、グリーンの速さ、コース設計、距離など様々。という事で「ベスト90切り&アベレージ100切り」という目標設定をやめて新たなる目標を設定。

・100を叩かないゴルフ
・高レートのゴルフ場を節目にする。

実は言い方が変化しただけで内容は同じ(笑)。要するに「最高記録を求める」という言葉を使わなくなっただけ。90切りはしたいけれどそれは結果論であるようにするという感じ。今の感じだと月2回ペースのラウンドだけれど、スコアばっかり追うと「次は!次こそは!」ばかりになってなんとなく練習にも気が入らない。

今年の残されたラウンドでは「100を叩かないゴルフ」が出来るように努めたい。そして年2〜3回はマスターズGCや石岡ゴルフ倶楽部のような厳しいゴルフ場をラウンドするようにして、そこでのラウンド内容が良くなるように目標を置きたい。「100を叩かないゴルファー」になってきた時に、具体的な数字を出した目標をまた設定すればいいかな。


2008年08月16日

マスターズゴルフ倶楽部玄関(2008/08/16)マスターズゴルフ倶楽部(2008/08/16)

兵庫県三木市にあるマスターズゴルフ倶楽部をラウンド。言わずと知れたマスターズGCレディースの開催コース。昨年の優勝は古閑美保。この日は使用コースもトーナメントと同じ中コース→西コースで、使用ティーも特別にトーナメントとほぼ同じとなるブルーから回ることに。キャディ付き&仲間内のコンペだったからOKが出たのだろうか。

本日のスコア
53(16)+53(16)=106(32)

中コース→西コース・ブルーティー・6,569Y

マスターズゴルフ倶楽部のスコア(2008/08/16)

不満点は多々あれど、今の実力からすれば上出来。そして「今までのゴルフは何だったの?」と思わせてくれるほど超難しかった。距離もさることながら、一番シビレたのは足首が簡単に隠れるほどの鬱蒼としたラフと「これでもかっ!」とそびえ立つ超砲台グリーン。ラフに関しては特にグリーン周りがきつく草の間からようやくボールが見える程度のところも多々。SWで上からロブ気味に打ち込むしかないような感じ。

序盤のホールでは百戦錬磨の同伴者がグリーン横10ヤードくらいから2回も3回も叩いていた。アプローチに関してはすぐに考えを改めさせられ、ほぼSW1本の勝負となった。ティーショットにしてもラフに入ると全員諦めムード。自分もフェアウェイから2打目を打ったのが4度のみ。それ以外は早々に2オンを諦めさせられ、ラフはそこで終わらないのでグリーンまで延々その戦いが続く感じ。

マスターズゴルフ倶楽部(2008/08/16)マスターズゴルフ倶楽部(2008/08/16)

3ホール目までは「なんだよこれ…」だったけど、4ホール目くらいから妙に楽しくなってきて「む?これこそがゴルフじゃないか」と思っている自分がいたから不思議。気持ちだけはトーナメントに出場しているようにフェアウェイを歩いてた(笑)。

中でも最もシビレたのは西コース8ホールの203ヤードショート。キャディのお姉ちゃんに「アゲインストなので210〜215ヤード打って下さい。」と言われた(笑)。ドライバーを握った同伴者もいたが自分はスプーンを選択。5ヤードほど右にあるサブグリーンに落ちてメイングリーンとの間の深いラフへ。距離がピッタリだったのは嬉しかったがボールのライを見たとたんに奈落の底へ…。

マスターズゴルフ倶楽部(2008/08/16)マスターズゴルフ倶楽部(2008/08/16)

この日は全てにおいてややプッシュアウト気味にボールが出た。特にここのグリーン狙いでのプッシュアウトはまさに致命的で苦労させられた。ティーショットに関してもラフが怖いだけに、進むに連れてフェアウェイが狭く見えてくる始末。

パットは32と少なくは済んだものの、これはグリーンが小さかったのとキャディが「絶対落としてはいけない場所」をよく教えてくれたおかげ。ラインは自分で考えたかったので自分のは言わないようお願いした…が、2度だけ聞いた(笑)。

終わってみると大変やっかいなコースだったけれど、今までで最も「ゴルフっぽかった」ラウンドだった。マスターズゴルフ倶楽部を良く知っている友人がラウンド前に「10〜20打は多く叩きますよ」と言われたが、まさにそんな感じ。

同伴者全員のスコアを振り返っても「謙虚にラウンドした人」は普段より10打増し。「ヤケになってしまった人」は20打増しとハッキリ現れていたような気がした。コンペの結果はネットでは賞に当たらなかったけれど、ネットでは3番目に潜り込めた。

ゴルフをするにあたっての目標は常に設定しているけれど、具体的には来年の同時期にここで90前後のゴルフが出来るようにしたい。それまでのラウンドは全て練習だ(笑)。ついでにこれが鍛錬になって他のゴルフ場が優しく思えてくると楽なのだけど…。


2008年08月13日

雲雀丘ゴルフ倶楽部(2008/08/13)

今日から子供を連れて大阪の実家へ帰省。そしてその日の夜に雲雀丘ゴルフ倶楽部をナイターラウンド。ここはPAR60のミドル&ショートコースながら全盛期の会員権が300万もした一応メンバー制のコースで、昨年ゴルフを始めるきっかけとなった思い出の場所。宝塚市の高級住宅街に隣接していて設備は古いが一応全て整っている。

本日のスコア
43(16)+39(20)=82(36)


雲雀丘ゴルフ倶楽部スコア(2008/08/13)

ここはとにかくトリッキー。いや、トリッキーという言葉では片付けたくないほどで、まるで「虎の穴」のようなコース。行った人がみんなそう言うから間違いない。普通こういうコースは嫌われるけれど大阪の中心部から30分で来られるこのコースにハマる人も多いとか。ミドルは短いけど超打ち上げに超打ち下ろし、そして極狭。ショートもどちらかに10ヤード外せば即OBで前進もほとんどなし。

もうひとつの特筆は100万ドルの夜景。関西では六甲山からの眺めが有名だけど、ほぼ同じ景色がここからも楽しめる。去年はあまりそういった余裕がなかったけど、ゴルフを止めてうっとり眺めていたいほど。

雲雀丘ゴルフ倶楽部(2008/08/13)

幸いこの日は、最初こそプッシュアウトの連続だったけれどOBも2度しかなくスコア的にはまとまった。私にゴルフを始めさせた師匠的存在のTJさんは、このラウンド用に調達したロストボール10球を全滅させていたので、かろうじてスコアを上回れて恩返しが出来た。この日はPWでのアプローチを実験的に多用。グリーン脇からのアプローチはAWよりこっちの方が良いと今さら実感。

最終ホールはカートをティーグラウンド下に止めて人間だけ登って行って打つのだけれど、ここで大きなミスを犯してしまう。なんと私がこの日のリモコン係だったのだけどティーショットの後カートを送り過ぎて全員パターが使えなかった(笑)。おかげで自分もカードバンカーに入れて目玉になっていたボールをPWで出し、これが奇跡的に2mほどに寄ったが、そこからパター代わりのPWで3回叩いてしまった。

武器商人さん直伝の「PWのパター打ち」が発揮できず終了…。


2008年08月10日

シチズンプラザ・ゴルフレンジ

明朝、クラブを大阪へ送るので今日からしばらくお別れ。水曜日から帰省して13日(水)に雲雀丘ゴルフ倶楽部(兵庫県宝塚市)をナイターでプレーした後、16日(土)にマスターズゴルフ倶楽部(兵庫県三木市)をラウンドするため。もちろんマスターズGCがメイン。

雲雀丘ゴルフ倶楽部は本コースではないけれど、ちょうど1年前にもラウンドしたパー60のショート&ミドルコースでナイターラウンド。去年ゴルフ開始のきっかけをつくってくれたコースに再会することになる。でも去年は夢中で回ったのでほとんど覚えていない(笑)。

今日は軽く150球ほど練習。6Iのハーフスイングで感触を整えた後、5Wのジャストミート練習。右手をたたみこむようにグリップを体の近くを通るように意識して、しっかりフィニッシュする。思えばしばらく以前のようなフルスイングしていない。というか今のスイングがフルスイングみたいになってきたのかな。

ラウンドでミスショットする時って、そのほとんどが「力加減」と「自信なさ」が原因なのでその練習にはなっているだろうと思う。結果論だけど自分の場合「うっ!」と声が上がるくらい力が入ってると概ねミス。ナイスショットの時は「ふっ!」と少し息が出る程度の時が多い。


2008年08月09日

シチズンプラザ・ゴルフレンジ

今日もいつものインドアレンジへ。午後イチで行ってみると誰もいない。今日はここの合宿日なのでスクールは休講。それにしても誰もいないとは。最近にしては涼しい日中だったので北京オリンピックが始まったせいもあるのかな。

今日は合計380球を打ち込んだ。5Wと7Iで各120球ずつをハーフスイングに費やして基本練習。5Wでは体の近くにグリップを通してインパクトを迎える点を最重視。7Iではダウンブローを意識してヘッドを走らせボールを捕らえることに集中。

ハーフスイングのテイクバック

以前から「ハーフスイングを毎回数百球行えば上手になるんだろうか」という好奇心があった。グリップを体の近くで通す特訓のために今日は集中して行えたのだけど、ハーフスイングをやたら連続することでこんなに集中力が増すものかと発見。思えばこの右肩から左肩の高さまでのスイングの中に、スイングで重要なことの大半が詰まってるのだから今後も続けるべきだと感じた。

ハーフスイングのインパクト

不思議なことにハーフスイングを連続することで、その後のフルスイング時に「フィニッシュだけを考えたスイング」が出来るようになった。これで「素振りは綺麗だけどボールがあるとフォームが崩れる」というもうひとつの悩みが少し改善されるのかもしれない。なにげない練習から突然発見が現れることもあるんだなぁ。


2008年08月06日

インドアレンジでスイングトレーニング

全英女子オープンの申智愛プロ、不動裕理プロを見ていて大変勉強になった。この2人の共通点はダウンスイングからインパクトにかけてのグリップ位置が限りなく体に近いこと。まるでグリップエンドとヘソが繋がっているかのような。申智愛は豪快で正確。不動はキレがある。そして2人とも弾道が半端じゃなく安定している。

今日、久しぶりにインドアレンジへ出向いた。ラウンドが4週続いたので本当に久しぶり。やっとじっくりトレーニングが出来るという感じ。持参は5W、6I、PW、AWの4本。今日の練習は、ラウンド続きのスイングを再確認して整えるという意味もあったが、全英女子オープンの彼女たちのようにヘソで打てるよう意識してみようと試みる。

インドアレンジでアイアン練習

動画は6番アイアンでのスイング。アイアンの場合はまだマシだけど、ウッドを持つと途端にグリップが大きく体から離れてしまう。「常にグリップエンドがヘソを差すように」なんてすぐには出来そうにない。柔らかいダウンスイングでとにかくインサイド、そして後方からグリップとクラブが出てくるように心掛け、インパクト時に右手で押し込んで大きくフォロー。考えるのは簡単だけどこれが難しい…。

どのクラブも真っ直ぐ打てるようになりたい…。

ラウンド量もそうだけど、練習量が少ないとどうしても「せっかくだから」と目的から反れた方向へ走ってしまう。これ以上ラウンドを増やすことは経済的にも無理があるけど、飽きるほどの練習量で「都合の良い練習」ではなく「必要な練習」を続けたい。しかし一夜にして画期的に上手になるコツはないものだろうか(笑)。


2008年08月05日

コースガイド

一応ラウンド前には写真のようなコースガイド的なものを自作して数日前からあれこれ考える。プロが使うヤーデージブック的なものではなく、ひとつは知っておくことの安心感。もうひとつはざっくりとしたシチュエーション想定のため。ただ高低差やライの状態、障害物の表示などがほとんどないため少しの材料にしかならない。

ティーグランドでの風景

ティーグラウンドでも一応攻め方を考えるようにしているけれど、狙った位置にティーショット打てる腕前がないので、2打目はほとんど新しい作戦が必要になる。今回のラウンドで何度も感じたのが「目の前に花道がない」こと。それだけ理想とは遠い位置からグリーンを狙うことになってしまっているということ。

練習で出ていたアイアンのプッシュアウトが今回のラウンドでは大きく出ず、ほぼ真っ直ぐかやや右に出てドロー回転がかかっているという安心できる球筋だった。今回のようにアイアンショットが調子良いと自分のボールの場所がすごく気になる。

ラフ奥からのアイアンショット

2打目、3打目を狙いやすい位置に…。

例え写真のような位置からになっても、その次の自分を信じた場所へ打つことが大事。当然グリーン周りの巧みさがスコア短縮への一番の近道。でもその前にグリーンを狙うショットをどこから打つか…。これを考えるだけでボギーオン率くらいは各段にアップするような気がした。自分を信じないとレイアップも出来ない。まずはここから進歩したい。


2008年08月02日

水戸レイクスカントリークラブ(2008/08/02)水戸レイクスカントリークラブ(2008/08/02)

茨城県水戸市にある水戸レイクスカントリークラブをラウンド。曇り時々晴れのゴルフ日和で追加ラウンドを含めて27ホールをプレー。朝、出かける時間を誤ってスタート時間ぎりぎりのゴルフ場到着となりそうだったが、直前に電話をして20分ほどスタートを遅らせてもらった。時間変更のおかげでINスタートがOUTスタートになってラッキー。

本日のスコア
48(21)+51(19)=99(40) +49(18)

FWキープ率(35%)・パーオン率(22%)・ボギーオン率(44%)
※追加ラウンド除く。

水戸レイクスカントリークラブスコア(2008/08/02)

※スコア表の距離表示は当日の設定に修正済み。

池とバンカーの多い美しいコース。景観は決して狭くないのに、クラブを持ってボール位置に立つとタイトに感じさせる…そんなコースだった。名前の通り池が多く、特にグリーン周りの池はプレーや目を楽しませてくれた。グリーンがブラインドになるように植えられたフェアウェイにある木も憎かったし、その木と池とセットのようなバンカーにもよく捕まった。特にバンカーの管理が最高だった。

一日を通して凄く安心して振れたのがバランス調整したウッド3本。ドライバーはもともと上手じゃないので良かったとは言えないが、スタートホールでいきなりドライバーを握ったのは今回が初めて。それだけ「うまく打てそうな」イメージを与えてくれているということだと思う。

水戸レイクスでのドライバーショット(2008/08/02)水戸レイクスでのアイアンショット(2008/08/02)

ウッドのバランスを調整して自分自身の余計な運動量が減った。あと自分の打順になってから打つまでが早くなった。これが収穫。ティーショットに関してはドライバーが5回、スプーンが9回。最近の中で最もナイスショットが多い日となったが、林の中やフェアウェイバンカーなどのやっかいな場所からのセカンドショットも多い一日だった。

水戸レイクスでのトラブルショット(2008/08/02)水戸レイクスでのトラブルショット(2008/08/20)

写真左はボールがバンカーの端っこで自分が急傾斜という最悪のパターン。レッスンする「左足1本で打つ」をイメージして最も慣れた6Iでハーフショット…のつもりだったが後で写真を見るとかなり振ってる。一応これで80Yほど出たのでラウンド中は「よし!」って感じだったのだけどこんなに振らなくても良かった。写真右はバンカーの土手に埋まった時のもの。これはPWで50Yほどだけ出した。

他にも林の中から6Iで低いインテンショナルフックを試して140Yほど先を狙ったが、ドフックのつもりで打ったのが少しのドローしかかからず焦った。今日のコースはラフの状態がタフだったので概ねアイアンで堅く行った。この判断はラフが深い来月のマスターズGCで生きるかな?いや、その前に真っ直ぐ打てるようにならねば(笑)。

水戸レイクスカントリークラブ(2008/08/02)

パット数は再び40台に逆戻り。15m〜20mのパットが4度あったとは言え多い。1mと30cmのパットも1回ずつ外した。自分でも「自信のなさ」が一番の原因と考えているのでこれを払拭できるよう練習量でカバーしたい。同伴した友人が「グリーンに貼りついたように転がって球が伸びますね」と何度も言ってくれた。これはあきらかに道具のおかげ。


2008年08月01日

Dynamic Gold HL X100

先日工房から帰ってきたAWのシャフトシールをよく見てみると「X100」となってる。依頼したのは「S300」。「S300」が挿さってるSWと比べてもあまり違いがなさそうなので心配はしていなかったが一応工房に電話。そしてシールの貼り間違えが判明(笑)。「すぐ貼り替えるから持ってきて欲しい」と言われたが、これも面白いのでしばらく付けておくことにして、また寄った時に貼り替えてもらうことに。

さて明日は茨城県水戸にある水戸レイクスカントリークラブ。今まで2度予約したことがあるのだけれど、2度ともに雨で直前キャンセル。3度目の正直となる。

公式HPにはレギュラーティーで6,635Yとあったのでワクワクしたが、一応確認のためゴルフ場に確認したところ白ティーは6,221Yとのこと。この距離は公式HPでフロントティーとしてある。残念さが半分、ホッとしたのが半分(笑)。あと名前のわりにコースレイアウトにウォーターハザードが少ないのでこれも調べたら、公式HPに記されていない池が沢山あった。ちゃんと更新してくれよ(笑)。

次にGDOのスコア入力画面でレートを確認しようと思ったら、この6,221Yのティーを選ぶ選択肢がなかったので不明。フロントを選ぶとレディースティーの合計距離になってしまう。こういう場合どうすれば良いんだろう。レギュラーで入力しちゃうと400Yも違ってしまう…。ちなみにレギュラーティーだと70.6とあるから2〜3引いた感じかな。なんか気持ち悪いのでゴルフ場にちゃんと説明聞いて、もし改造されているのならGDOに申請しよっと。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事