ゴルフマニア手帳|初心者からの上達記録

手を出したからには本気でやる!40代から始め、初心者時代からの上達過程を記録中のブログ。練習方法、クラブ、レッスンのことなど。

2008年12月の記事一覧

腰痛でのラウンドキャンセルから始まった2008年だったが、概ね予定通りに過ごせた有意義な一年だった。 年頭に掲げた目標 ①108切りを3ラウンド。 ②年間15ラウンド。 これらはいずれも達成。今となっては目標が緩すぎた感じがするけれど、それまでのベ

今日は外のレンジへ出かけた。場所は、先般開通した地下鉄で10分ほどの小竹向原駅徒歩1分にある古いレンジで約100ヤード。副都心線開通のおかげで、練習場の多い板橋や練馬へのアクセスが容易になって、今回初めて電車で練習に出かけてみたが、合計しても30分もかからず

今日もいつものレッスンレンジへ。今週からレッスンが休みなので営業時間は短いけれどめっちゃ空いてる。年末年始は休みなしで格安営業してるので、通い詰めちゃいそう。 インドアレンジは言うまでもなく距離がないので、スイングの練習にはなっても飛距離や球筋は見

午後からレンジへ。今日はレッスンに通いたいという取引先の人がいたので、その人を連れていつものレッスン場の方へ。全くの初心者なのでレッスンが回ってくるまでストレッチや基本スイングを教え、ひと通り面倒見たところで自分の打席へ入る。 昨日いい感じだった腰を入

今日のレッスンでは、先生から課された2つのドリルががっちり自分の的を得た。初めて右腰右足でボールを押すというか腰を切るという意味を体感した日となった。 「下半身で打つ」「腰を切る」「右足で蹴る」などの言葉はもちろん知っていたし、よく出てくる言葉だけど

フニャフニャクラブのおかげで、少しはヘッドを感じて走らせることやシャフトのしなり具合を感じながらスイング出来るようになってきた。今日もドライバーを多めに練習。少しずつだけど進歩してるように思える。 再び会社の会長が同伴してくれる来月中旬のラウンドで

後日談になるが、去る20日(土)のレッスン後にスクールの忘年会があった。スクールは基本的に個別レッスン形式なので、他のレッスン生の方とはそんなに交流があるわけではないので良い機会となった。普段はじっくりと話すことのない先生ともいろんな話ができた。 スクー

始動からテイクバック、そしてトップの改良を始めてからちょうど1ヶ月。途中で他の部分が気になったりと寄り道もあったけれど、日曜日のラウンドでようやく成果が出てきたと思えることが多々あった。パーオンが6回というのも新記録。 まだまだぎこちない動きもあるけ

イトーピア栃木ゴルフ倶楽部をラウンド。正会員なのでホームコースということになるのだけれど、狭くてグリーンが小難しいのであまり好きじゃない(笑)。でも練習にはなる。自分としてはベストスコアを持っている水戸レイクスカントリークラブの方が好き。しかし何故か同

身体全体がヘッドを待てずに突っ込んでしまう癖。グリップ、左足、右肩全てが突っ込み気味。左脇を胸前に締めてインパクトする、左足の内側に重心を置いてインパクトするなどいくつかの修正点を指摘され、そして最後にこの器具が登場。平べったいアイアン型の練習クラブ

昨日に引き続いて今日はパターのグリップをゴシゴシ。パターのヘッドは自宅練習する度にオイルでケアしているのでいつも綺麗。でもグリップがかなり汚れていたので入念に。 しかし改めて太い。道具は使い易さもさることながら見た目の格好良さも大切。だけどコイツだ

石川遼プロの手が荒れていたのを見つけた青木功プロが「ゴルファーにとって、手先は命だ。こまめにハンドクリームを塗らなきゃだめだ。」とアドバイスした記事を読んで以来、自分もハンドクリームを毎日欠かさず塗るようになった(笑)。おかげで荒れ気味だった手も毎日

ドライバーにもだいぶ慣れてきた。こうして毎回振っているとヘッドもそう大きく感じなくなってきた。よく言われる「大きいから安心、小さいと不安」という感じはまだ解らないけれど、違和感はかなり薄れた。 今日はテイクバックとトップの形に集中していたので当たり

自宅でのアプローチ練習。以前ほどやらなくなったせいか、最近コースでもダフったりする凡ミスが時々。どうやら数ヶ月前にロースピンなるものを打ちたいと変な練習を始めたあたりから、アプローチがシンプルじゃなくなってきた感がある。 低く出て3〜4バウンド目でキ

MIZUNO MP CRAFT 425 このドライバー気に入った!でも高すぎる。 気になっていたので散歩がてら新宿のヴィクトリアで実物拝見。ヘッド体積425cm3というのが気になって数日前から「一応見るだけでも見ておきたい」と思っていた。ミズノ公式サイトで写真は見ていたけ

4週間ぶりのレッスン。最近は練習もスポーツクラブのゴルフレンジを使っているので、ここに来るのも久しぶり。しかし今まで最も使ってきたレンジなのでやっぱり打ちやすい。ということはやっぱり慣れたレンジばかりでなく、あちこちのレンジを使うのも実践的かもしれない。

↑このページのトップヘ