2008年12月

2008年12月31日

今年はじめの自分の様子

腰痛でのラウンドキャンセルから始まった2008年だったが、概ね予定通りに過ごせた有意義な一年だった。

年頭に掲げた目標

。隠娃言擇蠅鬘灰薀Ε鵐鼻
年間15ラウンド。

これらはいずれも達成。今となっては目標が緩すぎた感じがするけれど、それまでのベストスコアが125だったので精一杯だった。よく「100あたりまではすぐだよ。」と言うし、今となってはそうだと思うが年頭の自分にはまだ想像すら出来なかったのが正直なところ。

以下、2008年のまとめ。

2008年の全記録

ラウンド数:26ラウンド
レッスン日数:31日
レンジ日数:95日

平均スコア:101
平均パット数:37
フェアウェイキープ率:43.2%
パーオン率:10.3%
ボギーオン率:51.3%

バーディー数:7(1.4%)
パー数:48(9.9%)
ボギー数:164(33.7%)
ダブルボギー数:149(30.7%)
トリプルボギー数:81(16.7%)
+4以上:19(3.9%)

2008年スコアベスト3

09/27 90 水戸レイクスカントリークラブ
06/15 94 アジア取手カントリー倶楽部
09/15 95 イトーピア栃木ゴルフ倶楽部
10/05 95 小見川東急ゴルフクラブ

2008年スコアワースト3

04/06 115 グランディ那須白河ゴルフクラブ
03/08 112 セブンハンドレッドクラブ
02/16 109 アジア取手カントリー倶楽部

2008年・ポイントとなった事柄

01/04 腰痛でプレー断念。キャディ役で同伴。
02/10 自宅でアプローチ練習開始
02/16 人生初のパー奪取
02/19 スチールシャフトのアイアンに気合いの変更。
03/12 初心者という言葉を使うのを自主的にやめる。
04/12 108達成。
05/18 人生初のバーディー奪取。
06/04 年頭目標の108切り×3ラウンド達成。
06/15 94で100切り達成。
06/29 工房でクラブ調整初体験。
08/27 グリップをオーバーラッピングへ変更。
09/27 ベストスコア90達成。
11/21 北の武器商人さん、hinoe_uma66さん達とラウンド。

今年は本当にいろいろあった。でも全て楽しいことばかり。来年も熱く楽しいゴルフライフを送ることができますように。


大晦日の外レンジ練習

今日は外のレンジへ出かけた。場所は、先般開通した地下鉄で10分ほどの小竹向原駅徒歩1分にある古いレンジで約100ヤード。副都心線開通のおかげで、練習場の多い板橋や練馬へのアクセスが容易になって、今回初めて電車で練習に出かけてみたが、合計しても30分もかからずに行けて、しかも待ち時間なく打席に入れて幸せ。

持参クラブは、ドライバー、5W、6I、PW、AWの5本。何故か全クラブがすこぶる調子良く、100球の予定が150球打った。やはり練習は正直でテーマに沿って続けざまに反復することの大切さを知った。

今日のレンジで最も試したかったのはドライバー。ここ最近、過去に例がないほど重ねて練習してきたのでその成果が欲しかった。ところがこの練習場のボール、かなり古く痛んだコースボールを使用しているので黒ずんでいるものが多く弾道が全く追えない。

相変わらず地を這うような球が出ているのか、右のネットに突き刺さっているのか?一体ボールはどこへ?そしてしばらく打ち込んでいるうちに原因が判明。目線を飛球線方向にやる頃にはもう向こうのネットに直撃していたのだった。これはかなり嬉しかった。

だからと言ってそんなに凄い球を連打していたわけではない(笑)。自分のドライバーショットの弾道に慣れていないだけ。しかもこんなに続けて前方向に高く飛ぶ経験も初めてなので、しばらく実感すら沸かない状態。やっとこれでコースで使える。

他クラブの調子もまずまずで、インドアレンジで最近続けてやってきたことがここに来て実を結んでくれた。しかし調子に乗って気を許すとフックボールが出る。これは外レンジならではの力みでコースに出た時にも通ずる。これも含めていい練習が出来た大晦日となった。

向原モダンゴルフ

向原モダンゴルフ

小竹向原駅徒歩1分の古いレンジ。すぐ隣に向原ゴルフというライバルレンジがあり、ここより綺麗で距離も30ヤードほど長い。しかし隣同士でレンジが並んでいるとは凄い状況。受付時に「混んでますか?」と聞いたら「今日は混んでますね。」という回答が来たが、1階も2階も空き打席があって、日頃の苦戦ぶりが覗えた。

フロントの建物も営業中と思えないほど古く、レンジも歪(いびつ)。当然設備も古く、地面があるのは中央部分の一部だけでそれ以外はネットが敷いてあり、その下に駐車場や倉庫みたいな建物があるという不思議なレンジ。韓国でもこういうレンジを見た。

老夫婦と若夫婦に見える4人で営業されていて、これがとてもアットホーム。皆さん親切で設備は古いが綺麗にしてあって、打席毎にあるタオルをお母さんが小まめに交換されていたり、2打席を希望した自分達を親切に案内してくれたお父さん。人間味溢れる良いレンジで、なぜかこれらのエピソードだけでファンになってしまった。

今後も時々ここを使うことにしよう。


2008年12月30日

5球連続スイング

今日もいつものレッスンレンジへ。今週からレッスンが休みなので営業時間は短いけれどめっちゃ空いてる。年末年始は休みなしで格安営業してるので、通い詰めちゃいそう。

インドアレンジは言うまでもなく距離がないので、スイングの練習にはなっても飛距離や球筋は見えない。でもこれだけ慣れてくるとそれが見えなくても感じることは少し出来てくる。今のところほとんどの練習がインドアでもそう困ると感じることはない。

練習ではレッスンで以前習った球筋の打ち分けを時々する。正確には「打ち分けられているはず」の練習(笑)。ドロー、フェード、ストレートを想像して順番に打つ。これが大きなレンジやコースに行った時の調整に役立つ。つまり外へ出た時用の保険のようなもの。

でもこれ、まだウッドでは雰囲気すら出せない。特にドライバーなんかは打ちなれていないせいか、インドアで打っていてもどんな弾道になっているのか想像がつかない。ドライバーやウッドでもこの保険練習が出来るくらいになってくれば相当面白いだろうなぁ。また、もっと上級を目指す時は外のレンジじゃないと練習出来ない技もあるだろうなぁ。

上の動画はリズム良く打つための連続打ち練習。撮影用に気合い入れてスイングしたので、どうも硬い(笑)。


2008年12月28日

午後からレンジへ。今日はレッスンに通いたいという取引先の人がいたので、その人を連れていつものレッスン場の方へ。全くの初心者なのでレッスンが回ってくるまでストレッチや基本スイングを教え、ひと通り面倒見たところで自分の打席へ入る。

昨日いい感じだった腰を入れたスイングを復習。しかしフルスイングだとまだまだ芯を喰う確率が低い。それと昨日のレッスンで右手薬指にマメを作ってしまったので、アイアンのフルスイングはやめて今日はショートスイングでの腰を使い方を覚えることに決めた。

ショートスイング(クリックで動画再生)

上の動画はその序盤の様子。ゆっくりテイクバックとクラブを手で上げない練習はどこいった?みたいな感じになっているが(笑)この動画で気付いてすぐさま修正。でもこんな小手先のスイングでも腰を入れると以前よりかなり勢いのあるボールが出るもんだ。ちなみに使用クラブは7Iでパンチショット気味に低く出て少しフック回転が強いかも。

感触はすごぶる良いので、正月休みはこれをモノにしよう。

しかし、ずっとマメが出来そうでなんとか耐えていたのに、昨日張り切りすぎて完全にマメが出来てしまった。右手のグリップが緩すぎてスイング中に遊んでしまうからだろう。スイングは左手主導だとしても、もっと右でも親指と人差し指のVゾーンでしっかり引っ掛けなければ。

右手のマメ

今日は、薬指も左手の上に被せてグリップしてみたりしたが、これでも打てるんだということも発見。いろいろしているうちに、前述のVゾーンでしっかり決まればマメに影響がないことも判明。怪我の功名。



2008年12月27日

レッスン道具と打席の様子

今日のレッスンでは、先生から課された2つのドリルががっちり自分の的を得た。初めて右腰右足でボールを押すというか腰を切るという意味を体感した日となった。

「下半身で打つ」「腰を切る」「右足で蹴る」などの言葉はもちろん知っていたし、よく出てくる言葉だけど今までよく分からなかった。しかし今日そのきっかけをかじってみて「下半身を使うとこんなに勢いのあるボールがしかも真っ直ぐでるのか」と久しぶりの感動を覚えた。

飛球線方向を見て打つ

最初に、ボールにクラブをセットしたら目線を的の7の数字に向けてボールは見ないで打つというドリルを行った。目を閉じて個人練習を試してみたことはあるけど当たるのだろうか?と不安だったけど、これが見事に当たってしかも真っ直ぐ出る。「なんだこれ?」って感じ。

目線を先に置くことで、ボールに対してもプレッシャーもなくなって、フォローがスムーズに出せるようになった気がした。先生は「これで右脇が閉まったスイングになる」と説明してくれた。体が開き気味にならないかと心配してしまうドリルだけれど、かたくなに腰と肩のラインをボールに平行にしてしまう自分向けのドリルだったのだろうか。

重いものをクラブで押す

写真手前に見えるピンクのボール。柔らかいボールなのだけれど、砂かなにかが入っていてかなり重い。これをクラブにセットしてそのまま前に押し出すドリル。腕だけで押そうとしても全く動かないし、クラブが開いても動かない。右腰を入れて下半身で押して行くとやっと前に出せる。

次にゴルフボールでテイクバックなしでそのままボールを捕まえて前に上げるドリル。これも腰を入れてクラブが被っていないとボールが上がらない。ボールを捕まえるという練習になる。

この2つのドリルをミックスさせて実行すると、真っ直ぐはもちろん凄く勢いのあるボールが出だした。ボールを凝視しすぎない、という点でもスイングがかなり楽になった。最初はアイアンで行ったが、その後フェアウェイウッド、ドライバーと持ち替えても効果抜群。

これは早速明日から反復練習して染み込ませよう。これまで目線と身体のラインがボールだけに集中しすぎていたのかもしれない。スイング前のルーティーンでも、的を見ながら素振りしてアドレス→スイングでこれらのことが再現できるようだ。

ただ、ヘッドアップ癖がある人には向かないドリルなのかもしれない。


2008年12月26日

ドライバー練習

フニャフニャクラブのおかげで、少しはヘッドを感じて走らせることやシャフトのしなり具合を感じながらスイング出来るようになってきた。今日もドライバーを多めに練習。少しずつだけど進歩してるように思える。

再び会社の会長が同伴してくれる来月中旬のラウンドでは、ドライバー多用宣言をしているので、ミスしてもめげずにどんどん使う予定。スコアは完全に二の次。緑色のターフが戻ってくる頃には一皮向けたいからあえてそうする。そして秋からは堂々と月例にも積極的に参加できるようにまで進化して行きたい。

しかし今年一番の寒さの中、スポーツクラブのレンジでは半袖半パンツ。それでも汗をかくほど暑い。昨年の冬は腰、肋骨、手を順番に故障してテーマを置いた練習がじっくりできない冬を過ごしたけれど、今年はしっかり目的を持った充実の冬にしたい。


2008年12月25日

後日談になるが、去る20日(土)のレッスン後にスクールの忘年会があった。スクールは基本的に個別レッスン形式なので、他のレッスン生の方とはそんなに交流があるわけではないので良い機会となった。普段はじっくりと話すことのない先生ともいろんな話ができた。

スクールという括りがありながら、男女・年齢・職業はもちろんバラバラ。しかし「ゴルフがうまくなりたい。」という部分だけは激しく一致するという楽しい組み合わせ。層としては30歳前後の女性が最も多いんだなぁと改めて知った。

歓談を中心に、ルール&歴史クイズ大会も実施。女性陣から「難しい」「そんなの分かるわけない」などのブーイング多数(笑)。「クラブは14本」「ドライバーは2本あっても良し」などの初歩的な問題にも「へ〜知らなかった」「勉強になる」など、スクールに通っているわりには「?」な部分も多々あって少々驚き!雰囲気的には微笑ましかったけれど、一般的にもこんなもんなんだろうか(苦笑)。

先生の1人から「ブログ見てますよ!」と言われ一瞬焦ったが(笑)、「自分の立場からも参考になる部分がある。」と言ってもらって嬉しかった。先生からすると、発展途上のゴルファーの試行錯誤がヒントになることもあるのだろう。


2008年12月24日

テイクバック

始動からテイクバック、そしてトップの改良を始めてからちょうど1ヶ月。途中で他の部分が気になったりと寄り道もあったけれど、日曜日のラウンドでようやく成果が出てきたと思えることが多々あった。パーオンが6回というのも新記録。

まだまだぎこちない動きもあるけれど、徹底して反復したおかげで同伴の友人からも「スイングが変わりましたね。」と言ってもらえた。普通、自分では大改造してるつもりでも他人から見ると「特に何も変わってない」ということがほとんど。クラブがトップへ辿り着くまでに約3〜3.5秒かかっているので、少しゆっくり過ぎるかもしれないけれどしっくり自然に固定されるまでラウンドでもこれを続けるつもり。

コースで実践することで、そんなに急いで勢いをつけないでも飛距離が落ちないことが分かったし、なにしろミスが大幅に減って方向性も安定する。しかしまだ手でクラブを上げすぎているし、クラブを真っ直ぐ後方に引くことを意識しすぎて左脇が開きクラブが体から離れ過ぎている。

前回のラウンドでは、ここまでゆっくり上げているのに切り返しからいきなり力んで特に前半のティーショットはミスを繰り返してしてしまった。このまま気持ち良くフィニッシュまでクラブヘッドを走らせるだけで真っ直ぐ勢いの良いボールが出るというのに。

腕で振ろうとすればするほど。力が入れば入るほどヘッドは走らない。腕やグリップをいくらせっかちに動かしても、肝心のボールを弾くヘッドが走らなければ意味がない。ゆっくり大きく全身を使ってヘッドを加速させるのだ。


2008年12月21日

イトーピア栃木ゴルフ倶楽部(2008/12/21)

イトーピア栃木ゴルフ倶楽部をラウンド。正会員なのでホームコースということになるのだけれど、狭くてグリーンが小難しいのであまり好きじゃない(笑)。でも練習にはなる。自分としてはベストスコアを持っている水戸レイクスカントリークラブの方が好き。しかし何故か同伴者にスコアを崩す人が多く評判が悪い。確かに池は多いけれどあんなに広くて平坦なのに…。相性なのだろうか。

本日のスコア
51(18)+47(20)=98(38)

IN→OUT/White Tee/6,272Y
快晴/微風/6℃→14℃
ノータッチ

イトーピア栃木ゴルフ倶楽部のスコア(2008/12/21)

朝イチは少々冷え込んだけれど、終始ポカポカ陽気で薄着して行って大正解。11月あたりのラウンドよりも今日の方が絶好のゴルフ日和だったかもしれない。最近は前半がとにかく当たらないので、今日もウォーミングアップと練習を入念に行った。

天気も絶好、準備も万端。しかし気合いが空回りでいきなりのチョロスタート。まあ朝イチのこういう結果は慣れているのでそう凹むことではないけれど、同伴者全員ミスショットだったので今回だけは凹んだ。なんと格好悪いパーティーなんだろう(笑)。

イトーピア栃木ゴルフ倶楽部(2008/12/21)イトーピア栃木ゴルフ倶楽部(2008/12/21)

前半はこういうことの繰り返し。幸いミスが2回続くことがあまりないので、合計の数字はそう大崩れというわけではないけれどかなり中途半端。110Y以内のショットだけはゴルフになっていたのでそれだけを糧に我慢できた。ただネックはショートパット。50cmを外すとかなり凹む。と思えば5mのかなりのフックラインを1発で沈めたり…。

なんかどうも短いのがダメみたい。しっかり打てない。

後半は全般的にショットも落ち着いてきた。かなりラッキーあったが運も実力のうちってことで(笑)。修復出来た理由は、後半スタートのティーグラウンドで連続素振りをやっている時に昨日のレッスンのフニャフニャクラブを思い出し「力が入りすぎ」が修正できたという単純な結論。

イトーピア栃木ゴルフ倶楽部(2008/12/21)イトーピア栃木ゴルフ倶楽部(2008/12/21)

とは言えスコアは前半と4つしか違わない。きっと他人から見れば大した違いはないだろう。テイクバックとトップがまだしっくり決まってないこともあり、迷いながら&確認しながら始動しクラブを上げているのも気持ち悪い。良く言えばレンジさながらの確認スイングになっているだけなのだろうけど、早く形に慣れてスムーズなスイングにならなければ。

今日のポイント

7th HOLE 471Y PAR5
2打目以降が下りで右ドックレッグの短いPAR5。ティーショットがうまくキックしてフェアウェイ左の絶好の位置。5Wで残り220Yの左足下がりを低いボールでショーットカット気味に残り30Yの位置へ。カップ位置はかなり手前。花道にマウンドがありそこから急激に下っているので、SWで段差のマウンドに当てる選択をしてそこから転がすもピン奥5mへ。下って上るスライスラインのパットがうまくラインに乗ってナイスバーディ。2打目以降を考え抜いた結果だったので嬉しいバーディだった。


8th HOLE 352Y PAR4
谷越えのティーショットはフックでどんどん左に行くも、カート道を激しく跳ねて花道から真っ直ぐの残り85Yの位置まで転がる。しかしAWでこすってしまい横2段グリーンの上段の右端にオン。下段のカップまで約10mの下りフックラインはうまく読めたがカップ右7〜8cmをかすめて2mオーバー。そこからビビって2パットのボギー。

1mもないパットが届かなかったり弱すぎて切れるということが4〜5回あっただろうか。これは自宅練習で改善されるかもしれないので、毎日継続してみっちりやるしかないか。

2008年12月20日

練習器具

身体全体がヘッドを待てずに突っ込んでしまう癖。グリップ、左足、右肩全てが突っ込み気味。左脇を胸前に締めてインパクトする、左足の内側に重心を置いてインパクトするなどいくつかの修正点を指摘され、そして最後にこの器具が登場。平べったいアイアン型の練習クラブ。

これでボールを打つドリルなのだけれど、最初はヘッドがどこを走っているのか全く解らずボールにも全然当たらない。悔しいので何度も何度も素振りを延々と繰り返すこと数分。やっとコツが摑めてきた。ボディーターンを使ってクラブのしなりを充分に利用して、インパクトでは逆にしなるのを待ちつつヘッドを走らせる。

これらをやることで、さっきの突っ込み過ぎ修正点が全て補えてきた。直後に本物のクラブで打つとこれが効果てき面。以後これを繰り返して反復に次ぐ反復。これ欲しいなぁ。でも最近はホース状のものが主流になっていて、今ではもう手に入らないみたい。

最後にホース状のものも試してみたけれど、コイツほどしっくりこなかった。スイングプレーンや打ち急ぎの修復にはホース状でも良いみたいだけれど、インパクトゾーンの練習にはコイツの方が俄然しっくりくる。

どこかで似たようなものがないだろうか。

練習器具スイング1練習器具スイング2
練習器具スイング3練習器具スイング4
練習器具スイング5練習器具スイング6


2008年12月18日

パターグリップ

昨日に引き続いて今日はパターのグリップをゴシゴシ。パターのヘッドは自宅練習する度にオイルでケアしているのでいつも綺麗。でもグリップがかなり汚れていたので入念に。

しかし改めて太い。道具は使い易さもさることながら見た目の格好良さも大切。だけどコイツだけは唯一格好良さを度外視して選んだ。本当はパターのグリップは遊び心を持ってお洒落に決め込みたかったのだけど、ちょうどパッティングがおっかなくなってきた頃に思い切ってコイツに替えて随分楽になったことを思い出す。

パターのグリップは細くて軽い方がヘッドの重みを感じられて良いのは解っているので、いずれ細いものに戻したいけれどいつになるやら。


2008年12月17日

手の手入れ

石川遼プロの手が荒れていたのを見つけた青木功プロが「ゴルファーにとって、手先は命だ。こまめにハンドクリームを塗らなきゃだめだ。」とアドバイスした記事を読んで以来、自分もハンドクリームを毎日欠かさず塗るようになった(笑)。おかげで荒れ気味だった手も毎日キレイに。

アイアンのお手入れウェッジのお手入れ

そして今日は思い出したようにクラブの手入れ。自分の手先も大切だけど、ある意味手先となってくれるクラブも大事。ラウンド後は欠かさず、練習後も簡単に手入れはしているけれど今日は念入りに。念入りにやり過ぎて疲れたので今日は鉄系だけ。

手入れして気付いたけれど、グリップが思いのほか汚れていた。思えばヘッドとシャフトは汚れが目に見えるから綺麗にする癖が付いているけれど、グリップの汚れはそう目立たないのでおろそかになっていた。グリップが汚れているとしっくり握れずそれがショットに影響することも多いとか。気をつけよう。


2008年12月16日

ドライバー練習

ドライバーにもだいぶ慣れてきた。こうして毎回振っているとヘッドもそう大きく感じなくなってきた。よく言われる「大きいから安心、小さいと不安」という感じはまだ解らないけれど、違和感はかなり薄れた。

今日はテイクバックとトップの形に集中していたので当たりの方はイマイチ。ゆっくりと確認しながら肩、腕、手首の形を地面と水平になるまで保ちながらクラブを引いて行く。すごくゆっくり確認しながらやっているので、ムービーを見ているとスロー再生のよう。ちょっとゆっくり過ぎるかもしれない。それにヘッドを目で追いながらテイクバックしているので、これが癖になってしまう前にマスターしないと。

今日はウッドの当たりが良く、アイアンが良くなかった。こういう時は大抵右に重心が残って掃い打ちになっている。コースでも時々こういう時があって練習ではマシだがコースではトップばかりする。アイアンもウッドも同じようにもっとダウンブローに打てるようになりたいものだ。

それも考えることなく自然に。


2008年12月15日

CIMG4419

自宅でのアプローチ練習。以前ほどやらなくなったせいか、最近コースでもダフったりする凡ミスが時々。どうやら数ヶ月前にロースピンなるものを打ちたいと変な練習を始めたあたりから、アプローチがシンプルじゃなくなってきた感がある。

低く出て3〜4バウンド目でキュキュっと止まる。数回上手くいっただけで「あの再現をもう一度」とやってしまうあたりはまさに“上手にならないゴルファーの定番”である(笑)。フェースと左足を少し開いてあまりクラブを上げずにヘッドを加速させてクラブ面積を多く使って鋭角に打ち込む。こんな芸当がすぐにモノになるわけもなく…。

その弊害か、掃い打ちっぽくなることが時々。ランを出したい時はこれで良いのだろうけど…。ということでシンプルに距離計算できるよう、クラブの入れ方を一定する練習。ここ数回はライと状況が許せば限りなく低く打ち出すことに慣れてきたので、スイングの基礎となる腰→腰も含めて小さいスイングを徹底的に固めよう。


2008年12月14日

MIZUNO MP425 DRIVERMIZUNO MP425 DRIVER
MIZUNO MP425 DRIVERMIZUNO MP425 DRIVER

MIZUNO MP CRAFT 425
このドライバー気に入った!でも高すぎる。

気になっていたので散歩がてら新宿のヴィクトリアで実物拝見。ヘッド体積425cm3というのが気になって数日前から「一応見るだけでも見ておきたい」と思っていた。ミズノ公式サイトで写真は見ていたけれど実物の方が顔が良くみえた。そして構えた感じが最高でバランスも良さそう。

構えただけで「これならすぐにでも使えそう」と思わせてくれた。ドライバーでそう思ったのはこれが初めてかもしれない。

だけど欲しくなるので試打はしなかった。クラブが自分がひとつの道具にかけられると考える予算を大幅にオーバーしている。現行商品のうちに試打しておかないとショップで試打クラブがなくなってしまうので、そのうち打ってしまうだろうけど…。


2008年12月13日

レッスンでのドライバーショット

4週間ぶりのレッスン。最近は練習もスポーツクラブのゴルフレンジを使っているので、ここに来るのも久しぶり。しかし今まで最も使ってきたレンジなのでやっぱり打ちやすい。ということはやっぱり慣れたレンジばかりでなく、あちこちのレンジを使うのも実践的かもしれない。

ということで久しぶりにスイングを見てもらうが、いきなりクラブヘッドがまだ開いて下りて来ていると指摘を受ける。あれだけ練習したのにまだダメなのか。クラブはインから振れているのだけど、クラブの下ろす過程で開きながらボールコンタクトを向かえるらしい。まあ多少プッシュアウトする分には怪我は少ないから頑張って反復練習を続けよう。

次にダウンスイング時の左膝の開きを指摘される。これは前からの癖でずっと直らない。というか最近忘れていた。そこで左足をターンテーブルの上に乗せてスイングさせられ、このきつい状態で開かないように打つ練習。これは重心をかける位置が左膝ではなく左股関節であることを留意させるためのドリルだろうか。しかし相当きつかった。だって開きやすいような状態をあえて作ってやるのだから(笑)。

最後にフェアウェイウッド。球筋がバラバラなので安定させたい。プロはヘッドのどこでボールを捕らえるかまで考えてコントロール出来るらしいが、自分は救い上げているとのこと。打痕の残るシールを貼って試すとヘッドの下方向で捕らえることが多いのが分かった。

そこで今よりダウンブロー気味に捕らえて球筋を安定させるように言われる。そして高めにティーアップしてダウンブロー気味に打ち込み、ヘッドの上側でボールを捕らえる反復。確かに手応えが良い。上側で捕らえるとスピン量もほど良く安定した球筋になると言う。上っ面を叩くとスピンがかかって弾道が不安定になるらしい。

ティーアップして練習するとよく解る。


2008年12月12日

5Wのトップオブスイング

レンジは丸一週間ぶり。とは言ってもその間に2度ラウンドがあったので久しぶりという感じはしなかった。持参クラブはドライバー、5W、7I、PW、AWの5本。相変わらずクラブを開かないように正しくインパクトするプレーンを作るための反復練習。

この練習を開始してからはコースでも練習のように考えながらクラブを振らねばならないラウンドを続けてきたけれど、月曜日のラウンドではだいぶスイングも落ち着いてきて、頭で考えないといけないことが減ってきた。それに合わせてボールも徐々に真っ直ぐ出るようになってきた。

写真は5Wのトップオブスイング。以前は縦に振ることを強く意識した形になっていたけれど、肩のラインと平行に近い形に上げて左手甲を天井寄りに向け右肘も高くなるのを抑えて脇も締め気味。こうすることによってフェースも開かず方向性と当たりも安定する。

残る課題はこのトップにくるまでの過程。まだテイクバックを腕で上げすぎているし、コックも使いすぎで随分余計な動きが多い。このへんがスムーズになってきた時に、今より更に何も考えないスイングがコースで再現出来るようになると思う。しかしスポーツクラブのレンジは暑い。半袖短パンでも汗だく。

スイングが落ち着いてきたところで、明日からまたレッスン再開。ここ最近はレンジへドライバーを持参するようにしているので、明日のレッスンにも持参しよう。実はレッスンにドライバーを持って行くのは明日が初めてになる。自分でも驚き(笑)。


2008年12月08日

サミットゴルフクラブのパット練習場

会社関係の人達とサミットゴルフクラブをラウンド。今日のお相手は自社の会長と取引先の社長。会長とは以前から「100切ったら連れて行ってやる」と言われていたのでこれが念願の初同伴。スタートホールのティーショットではさすがに緊張したが、上級者に囲んでもらってとても気が楽でスムーズなラウンドだった。

本日のスコア
50(20)+48(20)=98(40)

OUT→IN/White tee/6,340Y
晴れ→曇り→晴れ/微風/8℃→11℃
ノータッチ

サミットゴルフクラブのスコア(2008/12/08)

久しぶりに100が切れて正直ホッとした。一昨日の102から4打しか違わないけれど、アイアンの捕まる感じが戻ってきたのが嬉しかった。逆にこの日はティーショットの飛距離が不安定で左右ブレることも多く、距離もあるコースだったのでなかなかパーオンが狙えない場面が続いた。

女子プロのQTでも使用することがあるコースらしく、整備の行き届いた素晴らしいコース。フェアウェイも人によっては狭いと感じるかもしれないが、広い所もあってメリハリがある感じ。凄く難しいという感じではないけれど簡単には狙わせてくれないという粋な設計。

サミットゴルフクラブ(2008/12/08)サミットゴルフクラブ(2008/12/08)

中でもグリーン周りは大変考えさせられるコースで、アゴが強烈に効いたバンカーが結構あってシビれた。大きな1グリーンで芝が密集しているわりには早く、アンジュレーションがきつくて同伴者も苦労していた。平日ということもありティーの位置は全てスコアカード通り。カップもいやらしい位置に切ってあることが多かった。

自分としてはかなり上手にラウンドした感触があるのだけれど、スコア的にはそう伸びず、正直なところレイアップに逃げたホールもいくつかあった。残り距離が150Y以上というホールが続いて6I、5I、7Wを多用した一日となりかなり練習になった。グリーン周りでは、砲台グリーンを横からアプローチするというシチュエーションであまり寄せ切れないことが多かった。これは課題。

サミットゴルフクラブ(2008/12/08)サミットゴルフクラブ(2008/12/08)
サミットゴルフクラブ(2008/12/08)サミットゴルフクラブ(2008/12/08)

今日のポイント

9th HOLE 499Y PAR5
3Wのティーショットがプッシュアウトし右林へコツーン!そのまま隣ホール土手下のラフへ。5Iで低く林を潜らせようとボールを右に置いてパンチショットするも少し上がってしまって再びコツーン。これをあと2回繰り返しながら隣ホールを徐々に進み5打目でやっと生還するもアゴの高いバンカー。6オンの2パット。

10th HOLE 381Y PAR4
3Wのティーショットはフェアウェイ左端のつま先下がりへ。残り165Yの5Iがいい感触で捕まりピン左4mにオン。最も苦手なやや下りのスライスラインが予想以上に切れて2パットのパー。後半いいすべり出し。

14th HOLE 361Y PAR4
3Wのティーショットがシャンクし右前方の林の木に当たり正反対の左林OBに強烈に抜ける。残り115Yの前進4打をPWでピン左下6mの乗せ2パット。時々出るティーショットの大ミス。今日もやってしまった。

16th HOLE 147Y PAR3
池越えやや打ち下ろしでカップは2段グリーンの下段中央。ティーグラウンドはややアゲインストの風だったので7Iで打つも上段一番奥へ。大股歩測で約18歩の下りを転がすもどんどん転がり落ちカップから4mほど下へ。グリーンにはぎりぎり残る。返しを打ち切れずに1オン3パットのボギー。自分の飛距離に自身をもつべし!と反省。

平日に熟練ゴルファーのお2人と3サムでリモコンカート。最高にリズム良くラウンドが出来た。天気もコースも最高で、スコアも数字以上に納得。もう少しどうにかなったと思える場面もあったけれど、4回連続で100以上だったので今日はこれで上出来。パット40は多いけれど、今日は36とかで済む気がしなかった。


2008年12月06日

水戸レイクスカントリークラブ(2008/12/06)

4回目の水戸レイクスカントリークラブは冬晴れ。予想されていた強風もあまり吹かず、一気に冷え込むとの予報も一日中陽射しがあったのでゴルフをするにはちょうど良い陽気。遅めスタートだったせいもあるかもしれないけれど、この時期においては充分なゴルフ日和。

本日のスコア
50(20)+52(22)=102(42)

OUT→IN/White Tee/6,264Y
晴れ/弱風/8℃→10℃
ノータッチ/パットOKなし

水戸レイクスカントリークラブのスコア(2008/12/06)

ショットに関しては、パーオン2+ボギーオン9は自分の平均点よりも上。良くも悪くもなかったというのが正直なところ。ミスしてすぐに修正し次はナイスショット、しかしまた別のミスが出て修正を繰り返す一日だった。ちょうど今の練習内容がそのまま出た感じ。まさに実力通り的な内容で、練習でのショットをそのままゴルフ場へ持って来た感じで、いろんな意味で「自分らしい」ゴルフだった。

しかし今日はパッティングが締まらなかった。悪そうに見えて結構速いグリーン。4回目なのでライン読みにそう困ることはないが概ね強すぎる傾向。今までミスと言えばショートしてしまう事が多かったのに、なんでいきなりこんなに強気になったのだろう。なんか今日は不思議とガツガツしたパットをしていた。

水戸レイクスカントリークラブ(2008/12/06)水戸レイクスカントリークラブ(2008/12/06)
水戸レイクスカントリークラブ(2008/12/06)水戸レイクスカントリークラブ(2008/12/06)

ティーショットは、ドライバー使用が2回であとはスプーン。もっとドライバー多用を考えていたのだけれど、ラウンド前の練習で当たりがすこぶる悪かったのと、序盤からスプーンの当たりが連続して良かったため。スコアに余裕がなかったという事もある。

ドライバー使用は最後の2ホール。17Hでは右前方40ヤード先へのチョロ。18Hではガツンと叩けたが右方向。緩やかなドローだったがフェアウェイまでは戻って来ず。飛距離は推定約220ヤード。スプーンとほぼ同じ。まだまだ練習と経験が必要。「使えなくはないが別段なくても良い」というのが今日の感想だけど、もっとどんどん使って行こう。


2008年12月05日

ドライバーのトップアイアンのトップ

反復練習を妨げる最大の敵。それは日々の開眼。今週は仕事が忙しかったこともあってゴルフのことを考える暇もなく、前回の練習の続きという感じで臨めた。そう考えると「開かないトップ作り」を目標としてから結構寄り道したなぁ。

今日はそんなこんなで前回から引き続きの反復練習。おかげで特にドライバーを含めたウッド系のトップがしっくりくるようになってきた。全く迷いなくテイクバックからトップに持っていけるわけではないけれど、確実にスムーズになってきた感じ。

写真は左がドライバーのトップで右がアイアンのトップ。今日ようやく少し進歩した感触を得た。アイアンはまだ写真の通りヘッドを開いて上げてしまう時があるが、何度か本番で失敗と成功を繰り返してサマになってくるかな。



2008年12月02日

ドライバー練習ドライバー練習

留守にしていた週末に撮り貯めしてあった男女プロツアーの録画を集中して観ているうちになんだか無性にドライバーが振りたくなった。そして今日は珍しくクラブケースにドライバーを詰め込んでレンジへ。

ゴルフを始めてこんなことは初めて。三日坊主になるかもしれないけれど、こんなことは滅多にないので今日はドライバーを多く練習。気持ちといのは大切なんだなぁと思うほど今までになく心地良くドライバーが振れた。こんなことも初めて。

これまでドライバーをほとんど練習しなかった理由は沢山ある。簡単に言うと100前後のゴルフをするのにあまり必要性を感じなかったこと。あと、14本のクラブの中で最もアンバランスで美しくない(笑)。しかもあのパカーンという打音と感触も気持ち悪い。

もうひとつのきっかけは、北の武器商人さんのEPONのドライバーと、大阪の友人のタイトリストのドライバーを振らせてもらったのこともあるのかもしれない。この2本はシャフトも含めて美しいクラブで自分にとってのドライバーへの印象を変えてくれた。

最近またラウンドでドライバーを封印し始めているので、今週末のラウンドは思い切って多用してみようかな。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事