2009年06月

2009年06月30日

MIZUNO T-ZOID COMP TITANUM DRIVER
MIZUNO T-ZOID COMP TITANIUM
(左)10.5°FLEX-R D1 (右)11.5°FLEX-SR D0


Yahoo!オークションで、T-ZOIDのルール適合ドライバーが出ていたのでなにげに入札したら、それぞれ100円と510円で落札できた。送料などを含めて2本で総額2000円の出費。

思っていた以上に格好良いクラブだった。ワクワクした気分で会社返りに目黒ゴルフ練習場まで出向き早速試してみた。

構えた感じもすごくいいイメージ。これならフェアウェイウッドの延長線上で打てそうな気がした。しかしいざボールを打ってみるとそう甘くはなかった。自分のクラブと余りに感じが違いすぎる。

ボールもなんかイマイチ飛ばない感じ。これなら3W、いやもしかしたら5Wの方が良く飛ぶかもしれない(笑)。このクラブを経験して、ここ数年でクラブは劇的に進化したんだなぁと感心した。とは言ってもまだそんなに多くを経験してるわけでもないので、適当な印象だけど。

目黒ゴルフ練習場(7I)

今日はこれ以外に5Wと7Iしか持参していないので、試し打ちは早々に切り上げて通常の練習に戻った。テイクバック時の右肘、コック開始のタイミング、ヘッドの走らせ方に留意して120球程度。

ウッドは随分楽にスイングできるようになってきた。左肩が左目の前にあるうちにクラブヘッドが体の正面を勢い良く通り過ぎてくれるようなイメージ。太郎さんが言いたいのはこのへんのことだろうか。でもアイアンはそういうわけにはいかず、今日は少し低めのボールが多かった。


2009年06月28日

小見川東急ゴルフクラブの2段グリーン

トーナメント実況によく出てくるピンハイという言葉。ゴルフを始めた当初はピンより高い位置、すなわちピンの奥のことだと思っていた。しばらくすると「どうやら違うみたい」程度には分かってきたものの、ずっとどういう意味なんだろうという疑問があった。

CATVを自宅に引いてからはゴルフ専門チャンネルを見る機会が多くなり、専門チャンネルの実況がよくナイスオンに対して「ピンハイに付けてきました!」などと褒めるように使う。逆に、地上派のアナウンサーは時々その逆で「ピンハイにつけてしまいました。」なんて人もいる。

そして今日、国内男女のトーナメント中継を見ていたら、この2大会で見事に意味の異なった使われ方をしていた。


ミズノオープンよみうりクラシックにて
D・スメイルが放った池超えパー3のショット。ピン奥に転がってぎりぎりグリーン上に止まったショットに対してのアナウンサーの実況。
「いいショットではありますが、ピンハイに行きました。」

プロミスレディスゴルフトーナメントにて
諸見里プロがフェアウェイから3Wでグリーンを狙ったショット。ピンが手前なので花道から転がせたかったところ右のラフへ転がった。ラウンドリポーターがミスっぽい表現をしたが、解説の小林浩美プロが。
「ちょっと右のラフですけど、ピンハイくらいですね。」

ここで慌ててネット検索。

そして、正しそうなものをまとめると、球がホールのほぼ真横に止まった場合に多く使われ、距離がピッタリという意味合いを持つ。英語では、HOLE-HIGH(ホールと同じ高さ)と言う。ピンハイは和製英語。

でもネットではピン奥と解釈される方が圧倒的に多かった。ゴルフの大手ポータルサイトでさえ、ピン奥の方の意味で使っていた。「難しい下りのピンハイからパットをねじ込んだ。」などなど。

英語の意味を考えると、ピンより高いところではなく、ピンと同じ高さというのが正しいみたいだけど、これだけ多くの人がピン奥と認識しているということは、そのうちこっちが正しくなってしまう気も。

またひとつ覚えたから、今度使おう(笑)。


2009年06月27日

トップからの切り返しで、お尻を飛球線方向に突き出し気味に切り、ダウンスイングではそれで空いた脇腹の隙間に右肘を通していく。こう習ってきたけれど、右肘が身体の正面から外れて下りてくるせいでインサイドから出過ぎというスイング軌道を作っていると解析を受ける。

レッスン(ダウンスイング)

右肘は身体の正面からはみ出ないよう。

要するに自分の場合、もっと右肘先行でダウンスイングさせなければならない。上半身の内側に右肘があるように、そして体からもっと遠ざけて下ろすようにも言われた。加えて最近インパクト前後でリストターンを使いすぎる動きが出てきたので、時々大きく右に出て派手に戻ってくるというインテンショナルフックのような素晴らしいドローが出る(苦笑)。

これが言われた通りに出来た時には、肘から先で両腕の一体感を感じることができる。確かにそういう器具もあるくらいだから、この感覚は大切なことに違いない。しかしリストターンの制御には苦労しそう。

ここ最近は、クラブを立てて柔らかくダウンスイングする+ダウンスイングのスイングプレーンを大きくを課題に練習しているけれど、今日の右肘の使い方が加われば、かなりいい感じになってきそう。

先週→今週は、レッスン→レッスンだったので少し頭と身体がコーチのアドバイスに付いていかなかった。やはり最低でもレッスン→練習→レッスンのローテーションがないと頭(知識)の方が重くなってくる。

テイクバックは早めにコック

レッスン(テイクバック)

今日のもうひとつの収穫。肩の回転に合わせて右肘を折るのをギリギリまで我慢するというテイクバックを癖づけようとしていたが、なかなかしっくりこなかった。そこで、右脇を締めたままで早めにコックすることを今日学んだ。これだけでテイクバックがだいぶ楽になった。

レッスン場にあったドライバー

T-ZOID FORGED PLUS 310

レッスン場にはたくさんのレンタルクラブがある。その中にT-ZOID フォージド PLUS 310というドライバーを見つけて打ってみた。古いクラブなのでヘッドが小さくシャフトも短め。自分には劇的に打ち易かった。しかし残念ながらルール不適合クラブ。

しょうがないから、これで直ドラの練習をしばらくやった。帰宅後ネットで調べたら、同系シリーズの中には適合モデルもあるみたいなので今度中古でも探してみよう。もしあればおそらく数千円程度だろうから。


2009年06月25日

JUN2さんのお奨めドリル。左手を真っ直ぐ伸ばしてドライバーのヘッドを上にして杖のように地面につく。右手でクラブを持ってトップから振り下ろしてインパクトで止める。これで肩が開かずにインパクトする感覚が理解できるというもの。自分もレッスンでやったことがある。

上村啓太プロの公開レッスン
パーゴルフ・オンライン
植村啓太プロ監修公開レッスン


このドリルは、スライスに悩む投稿者向けにアップされているものだけれど、トップやダフりの防止、飛距離アップにも通ずると思う。自分のレッスンでも様々なドリルを課されるけれど、常に付いて回るのがインパクト時の肩のライン。次々に新しいことを覚えてその都度開眼して、しばらく「調子が良い」と勘違いしていつも崩れるのもこの部分。

インパクトで止めるというドリルは自分も大好き。ここを大切にしないと次に両手で打った時にきっと左肘を引いてしまうだろうから。

トップで肩の入り方が浅いと開きも早くなるとも書かれていた。これは自分が最近練習を続けている「ダウンスイングの弧を大きく使う」という理屈にも似ている。スリークォータースイングでもハーフスイングでもその振り幅なりにヘッドが走るよう、特に左肩の位置に注意する。振り幅が小さくても強いボールが打てる練習にもなるように思う。

JUN2さんが最近強調されるドリルなので、取り上げてみた。


2009年06月24日

クラブセッティング

昨年の10月から変わらないクラブセッティング。バランス調整、グリップ交換、シャフトカットなどのカスタム的なことはそれ以降もあったけれどクラブに関しては落ち着いてきた感じ。試打に行くことも減った。

ドライバー
相変わらずティーショットで打てないドライバーを握ることはほとんどない。先日のラウンドで、奥さんのドライバーを試したところ凄くいい感じで打てたので、次のラウンドでも試すつもり。しばらく模索してみるつもりだけれど、アンソニー・キムに習ってシャフトカットも考え中。

フェアウェイウッド
バランス調整後しばらく試行錯誤もしたが、やっとスイングテンポがつかめてきたので最近はウッドが好きになってきた。自分のひとつの武器でもあるティーショット用の3Wをはじめ、フェアウェイからの飛距離も想定通りになってきた。でも、7Wの180〜185Yが立て続けにナイスオンしてくれたので、それで気分を良くしているだけかもしれない(笑)。

アイアン
これもバランスを変えてから楽に扱えるようになった。しかしコースではまだ力が入ってしまうことがある。例えば140Yは7Iで楽に届くのに、残り距離の景色でで「あそこまで行くのか?」なんて考えてしまう。最近では「うりゃ!」ではなくて「ほれ!」って感じで打てるとうまく行く。

アイアンは、ライ角とバランスを調整したこの自分のセットが大好き。高価な品ではないけれど、最も大切な6本かもしれない。

ウェッジ
最近、打感がアイアンセットとかなり異なることを知った。なんで今さらこれに気づいたんだろう(笑)。シャフトがDGだからなのか、もっと根本的なことなのかは解らない。これはこれでお気に入りの2本だけど、そこだけが最近きになる点。これは自宅練習で感じること。

パター
品物は良いのに腕と根性がまずい。構えた感じは流行の大きなヘッドの方が打ちやすさがあるのかもしれないけれど、フェース素材のせいかは打感が気持ち悪い。アドレス後もっとすぐに打つ練習しないと。

関連記事
・クラブセッティング


2009年06月20日

微妙にダフって距離をロスしてしまう。前回のラウンドの反省をコーチに相談し、ダフらないようボール手前にマットを敷く。もう何度もやったことのある練習なので、マットがプレッシャーになってまともに打てないということはなくなったが、やはり時々厚めにマットを擦る。

レッスン中のスイング(8I)

続いて指摘を受けたのが、やはりつま先体重過ぎる点。前につっかかった感じでアドレスしてしまう。つま先体重が過ぎるとダフりやすく、同時に右肩も下がりやすい傾向にあるらしい。

そして足の親指を浮かせてアドレスするように言われた。足の指に力を入れて踏ん張る癖があるので、これをすると宙に浮いてるようにさえ思えてしまう。しかしこれを続けているうちに親指の付け根あたりに体重を感じて構えるのがちょうど良いような感じになってきた。

思い返すと、サイドバンカーでダフりまくっていたのも納得。以前はかなりグリップが先行してしまうスイングだったので、こういう練習をすると他の弊害が出たものだけど、今はダウンスイングの弧が大きくなってきたのでやっと素直にボールの先を最下点として振り下ろせる。

トップが怖い時期、ダフりが怖い時期と交互に体験してきたけれど、先日は微妙にダフれども、それが怖いとは思わなかった。この感覚あるうちに、この練習を続けていい感触を得たい。

以前、北の武器商人さんにも教わったが、ボール位置も再考の余地があるかもしれない。これは帰宅してから思い出したのでまた次に。

関連記事
・つま先体重過ぎてもダメ


2009年06月19日

コンビニのゴルフ雑誌

通勤途中にあるセブンイレブン。道路方向に向けて置いてある雑誌に必ずゴルフ雑誌がある。今こっちに向いてるのは写真の3冊。いずれも刊行雑誌のムック本だけど、やけにバランスの良い3冊。

丸ごと一冊ドライバー飛距離アップレッスン
出版:ALBA
発行:2009年5月
価格:650円

丸ごと一冊!絶対に100を打たないアイアン
出版:三栄書房
発行:2009年5月
価格:680円

スコアがよくなる!スイング上達法
出版:ALBA
発行:2009年6月
価格:650円

毎日ここを通る自分に「買え」と言ってるんだろうか(笑)。

ムックって、立ち読みすれば終わる程度のものが多いから、全く興味はないけれど、毎度見出しには感心。人々がゴルフに望むことって案外少ないってことも学べる。「飛距離アップ」「100切り」「スライス克服」が主要3本柱。精神論やゴルファーを皮肉った読み物的な書籍は面白いものが結構あるけど、雑誌はパターン化していてあまり面白くない。

でも時々コンビニで開いてしまう(笑)。

2009年06月17日

以前は、ラウンド序盤でトップすることが多く徐々に当たるようになるということが多かったが、先週のラウンドに限っては微妙にダフることが多かった。飛距離にすると10〜15%減のようなショットが多発。ただ、ボールの上っ面を叩いてしまう大きなミスが無くなったのは収穫。

これも今行っている練習の賜物だと思う。ダウンスイングのイメージをかなり変えて、腕力に頼らないでも結構な勢いでインパクトできるという自信がついたことが大きいと思う。このおかげで力むことが減った。

ただし、正しくインパクトできる確率はまだ低く、この“賜物”のおかげでサイドバンカーやラフでは逆にミスが出て苦労した。クラブをしならせながら立てるようにして落とすことに終始。今日は他のポイントは棚にあげてこの点だけを極端な感じで立て続けに40分ほど。

ダウンスイング(8I)

俗に言う「ウッドは調子良いけどアイアンが悪い。」の一歩手前のような感覚になりつつあるので、今日は5W、6Iを交互に続けて練習。どっちかが良ければどっちかが悪いということのないようにしたい。

掃(はら)うかダウンブローかというよりは、腰の回転を多めに使うか少なめに使うかで打ち分けてみた。今日の練習はボールがどこへ飛んだか?ナイスショットが出来たか?は度外視。でもよくダフった(笑)。


2009年06月15日

笠間カントリークラブでアプローチ練習

今回ラウンドした笠間カントリークラブは、アプローチ練習用のグリーンがあった。そんなに珍しくないかもしれないけれど、今回みたいにじっくり練習ができたのは始めてで、とても有意義だった。

最近はアプローチが怖い時すらあったので、芝の上からじっくり練習したいと思っていたところだった。上の動画はPWで約20ヤード先のカップの狙って打っているところ。カメラ位置はやや右後方。

以前、友人から「せっかくゴルフ場まで行くのだから、普段でも出来るマットの上からのショット練習に時間を割くよりも、グリーンやアプローチを練習せよ。」と言われたことがある。「無料なんだから早めに行くか遅くまで残ってたっぷり練習しなさい。」とも教わった。

これだけのことで、アプローチが怖くなくなってきたし、今後につながる練習になったと思う。以前中止になってしまった石岡ゴルフ倶楽部は、芝から打てるドライビングレンジがあってしかも無料だと言う。少し高価だけど芝の上からの貴重な練習ができるのなら高くないかも。


2009年06月13日

笠間カントリークラブ(2009/6/13)

ひと月ぶりのラウンドは茨城県笠間市の笠間カントリークラブ。予定通りというわけでななく、天気が悪くてここまで延びてしまったもの。その分みっちりと練習ができたので、いくつかの点は成果があった。

本日のスコア
47(19)+48(19)=95(38)

IN→OUT/White Tee/6,548Y
曇時々晴/22℃→27℃

笠間カントリークラブのスコア(2009/6/13)

今回は奥さんと2サム。距離があって戦略的で綺麗でレディスティーがサービスされている、が条件だったので少し高くついたけど、このコースを選択。この日はカートがフェアウェイ乗り入れ可だったので、2人乗りのカートでスイスイとリゾート気分でラウンドできた。

笠間カントリークラブ(2009/6/13)

ドライビングレンジは20ヤードの鳥カゴで、練習に関してはスイング確認程度しかできないが自分には充分。2つのパッティング練習グリーンの横にアプローチ練習用のグリーンがあってこれが重宝した。

今日は身体からは余計な力や抜いて、頭からは余計な欲を取り払って気持ちよくスイングすることがテーマ。具体的にはヘッドを走らせる、アドレスしたらすぐ始動に移るの2点。グリーンもバンカーも同じ。

インコース

笠間カントリークラブ(2009/6/13)

スタートホール。今日もティーショットは3W。これが予想以上にクラブが振れて、いきなり230Y地点のバンカーにイン。これをPWで1回で脱出できずにダボスタートとなったが、このスタートホールが今日を物語っていたようで、最後までフェアウェイバンカーとラフに苦労した。

ティーショットは飛ぶが、ラフやバンカーに捕まってばかり。判断としても難しいライから難しいクラブを選ぶということはしなかったし、レイアップと決め込んで打ったのにミスするという始末。まあ、思ったほどの飛距離はなくても一応レイアップになっているのだから良いのか。

2つのダボ以外、大叩きはなかったがパーもなし。

惜しかったのは410Yの17番ミドル。200Y付近から右にドッグレッグしていてバンカー超えショートカットには230Y必要。自分には無理なので5Wで正面のフェアウェイへ。2打目が185Yも残ったが7Wで花道の狭いグリーンを狙い、これが上手く打て右上5mにナイスオン。下りフックラインを50センチショートし、お先のパーパットを外した(笑)。

アウトコース

笠間カントリークラブ(2009/6/13)

昼休憩が1時間半と長かったので、アプローチ練習用グリーンを使ってアプローチをみっちり練習した。この練習ができたおかげで、最近宿っていたアプローチに対する恐怖感が少し薄れたかもしれない。

スタートホールで早速効果が出た。1打目はOBスレスレの右ラフ。残り170Yで6Iを短く持ってレイアップ。進路のやや右の木が気になったこともあり、少し引っ掛けてグリーン手前左ラフへ。残り30YをSWで手前3m弱に寄せて1パット。今日唯一のパーがこれ。

あとは湿気と紫外線のせいか体力がどんどん消耗。「ゴルフってこんなに疲れたか?」と思うほど最後は足腰がつらかった。前半は大して距離があるとは思わなかったのに、後半はさすがに長いと感じた。ショット自体は悪くなかったので、このテンションの高さで最後まで頑張れた。

笠間カントリークラブ(2009/6/13)

最終ホールで奥さんのレディスドライバーを借りてみた。これが目印のある240Y付近まで真っ直ぐ飛んで自分でもその弾道に驚き。しかし結局3パットしてしまってダボで終了。ルールとしては2打罰ながら、個人記録的には大目に見てもらうことに。このクラブ使える…。

コースの印象

距離があるけどサービスホールもあり、ストレートなホールがあるかと思えばドッグレッグも3ホールほどあってバランスがいい。バンカー多く効果的に配置されていて、随分プレシャーになった。

グリーンは大変綺麗だけど重かった。インコースは左側のOBが多かったが全く気にならなかった。アウトは右側にOBが多く、持ち球がプッシュアウト&ドローで、時々そのまま戻ってこないので神経を使った。

カートはリモコンなし。自分達の2人用は電気だったけど、4人乗りはガソリン車だったように見えた。しかし2人乗りはカートを真っ直ぐ立てて載せるので、クラブの出し入れが辛かった。

笠間カントリークラブ・平日プレー無料券

最後に、ワンオンチャレンジで平日無料プレー券が当たった。平日だからただの販促チケットと言えばそれまでだけど(笑)。


2009年06月10日

目黒ゴルフ練習場

仕事帰りに中目黒にある目黒ゴルフ練習場へ。先月大きな手術をした友人のゴルフ練習再開も兼ねてのお付き合い。持参したクラブは5W、7I、PWの3本のみ。ここ数日の自宅練習でリストターンの良いイメージができていたので、それを確認するような感じの練習になった。

肩のラインがまだ少し後方を向いているくらいの位置からインパクトを迎えるようなイメージで、肘から先をターンしていく。

肩のラインは、これくらいでやっと左足体重過ぎる(突っ込み過ぎ)スイングの軸が安定して上手くヘッドが走ってくれるみたい。右肩、右足が前に出てしまわないというオマケもついてきた。軸も安定してフラつかないでフィニッシュできる。ただこれができるのは2〜3回に1回ほど。

リストターンは、タメを作るスイングばかり練習していたせいで、その惰性から手首が折れてしまうような感じになってしまっていた。これを直すべく今日は体の正面で肘から先をターンさせるよう努めた。

ただしここまで出来るのは更に5〜6回に1回ほどに減る。しかし、スイングが楽、より強いボールが打てる、捕らえる感触が最高など良いことづくめ。しばらくはダフろうがトップしようが、この確率アップに努めよう。

関連リンク
・目黒ゴルフ練習場


2009年06月09日

ゴルフキャップ

現在アクティブに使ってるキャップ達。非アクティブなものも入れると結構な数になるなぁ、なんて思いながらの集合写真。先日右手前のブラックのメッシュキャップを買ったばかりで、まだ一度もコースに出ていないのにまた中央手間の同タイプ白を買っちゃった。

髪が多く剛毛でおでこが狭いせい?か、サンバイザーが全く似合わないので似合う人が羨ましい。バイザーが似合って、キャップ姿も決まるように短髪(スポーツ刈りとか)にしようかと思うこともあるほど。

最近ルコックのキャップが多いのは、前頭部の型がしっかりしているから。これは誰がかぶっても格好良い。頭の大きな人は似合わないかもしれないけれど、スリクソンも同じく格好が良い。

アディダスやキャロウェイは、頭の形通りにかぶるタイプで、昔のアメリカンベースボールキャップみたいな感じ。ツバの形も平たいせいかグイッと湾曲させた方が格好いい。上田桃子もかなりツバを丸まってるように見えるけど、レディスは鉢が小さいからそうなるだけかな。

どっちにせよ、プレーがもっと上手じゃないと格好良くはない(笑)。


2009年06月07日

向原ゴルフセンター

朝起きて少し体に筋肉痛があった。昨日つま先上がり状態でずっと打ち続けていたせいだろうか。特に足腰が疲れている感じ。全体的にも少しだるかったけれど、天気も良かったので予定通り練習へ。

家を出た時は「いい天気だなぁ」なんて空を見上げたものの、いざ練習場の打席に立つと、湿気も多く暑すぎてヤル気が少し低下。最初の数回の素振りだけでいきなり休憩してしまったほど。

今日はフォロースイングのイメージが良くなかったので、練習半ばからハーフスイング、スリークォータースイングに切り替え、気持ちよくインパクトできるよう心掛けた。そのハーフスイングでもダフることがあったほど悪かったけれど、7Iで100ヤード、PWで70〜80ヤード。コースで言うと花道から転がしていくようなイメージだろうか。

汗かきなので、自分1人だけ凄く過酷な練習をしたような感じになってレンジを後にできるのがなんとも心地良い(笑)。


・向原ゴルフセンター


2009年06月06日

ラウンド予定だったけど、雨予報だったので数日前にキャンセルして今日はレッスンに出かけた。中止は残念だけど、最近はレッスンを含めて良い練習が出来ているので、これを続けるのもいいか。

今日は“つま先体重過ぎ”を指摘され、もう少し“かかと体重”でも良いと言われた。でもすぐには出来ずに、そのままレンジにある電動傾斜台に連れて行かれ、そこでつま先上がり傾斜を作って打ってみた。

つま先体重改善のために

レンジには電動傾斜台が設置してあり、使うのは始めて。そこで10度ほどのつま先上がり傾斜でボールを打ってみた。何も考えず普通に打ったが、ナイスショットが続いた。どうやらこれでやっとちょうど良く立てているらしい。自分のスイングによくある“つんのめった感じ”にならないので、体(腰)の回転もスムーズに行えて体が凄く楽だった。

そして自分の打席に戻り、つま先にマットを敷いて続ける。つま先が少し高いのでアドレスした感じは違和感があるのだけど、スイングしてみると意外と普通に打てる。スイング動画を見ても楽そうに見えた。

何事も節度が大切だけど、ゴルフの“ちょうど良い”って難しい。


2009年06月04日

自宅練習

残業もなく練習にも出かけないと平日でも夜は長い。大詰めだった仕事が一段落したので自宅でのアプローチ練習再開。相変わらず怖いイメージがあるので、試しに“なるべく腕を使わないで済むアプローチ”を試してみた。スタンスを狭くして体の回転だけで打つ。

体の回転というよりは、肩から左手首までを一体化させる感じ。腕とクラブも一直線に結んで、ちょうど正面から見て数字の7の形。これを崩さないようにして、あとは頭を残してゆっくり肩を回すだけ。

アプローチの体のライン

久しぶりに連続で気持ちよくボールを捕らえられた気がする。自宅でも怖かった時があったくらいだけど、怖さが消えた。芝生の上にボールがあるとまた違うのだろうけど、ちょっといい雰囲気。


2009年06月02日

ドライバーフィニッシュ

久しぶりにスポーツクラブのレンジで練習。的がすぐそこで打球を気にしなくて良いこともあり、ここ最近のテーマに集中してカタチこだわる。柔らかくグリップして、緩やかに大きく振り抜くことも忘れずに。

テークバック→ダウンスイング→インパクトに集中して練習しているせいで、最近は振り抜くようなフィニッシュを取っていない。どっちかというとインパクト直後にスイングを止めてしまうような感じが多い。今はそれでも良いと思って練習しているけれど、ドライバー練習の時だけ少しフィニッシュを意識して振ってみた。でもあくまでカタチの上だけ。

立てて下ろして遠くへ通す

シャフトを立てて下ろして、グリップが腰のあたりを通過するあたりではグリップが遠くを通るようにする。これを意識してからボールを気持ちよくインパクトできるようになったので、今日もその反復。これまでよりはインパクトゾーンも低く長く取れるようになったのかもしれない。

アイアンショット(1)
アイアンショット(2)

しかし、クラブヘッドの勢いが増したせいか、手首の使い方が間違っているせいか、左手甲が外側に折れる癖が以前にも増してひどくなってきてしまっている。同時にすぐ左肘を折ってしまう。このままだとラウンドではトップすることも多いだろうけど、左肘と左手甲を我慢すると地面にドスンとクラブヘッドが落ちて、右手がクラブから離れてしまう。

今日のところは、その対処方法が分からなかったので課題残し。

ボールを後ろ側から見る

太郎さんにアドバイス頂いた方法。ボールの印刷がある部分が後方になるようにしてやってみた。アイアンとフェアウェイウッドでは斜め後方上向きに、ドライバーでは真後ろに近いくらいに印を置いてみた。

なるほど。特にドライバーで効果があった。これだけのことで、頭の位置がどっしりした(残って)感じというか、軸がぶれないように振り切れるように思えた。印を置くことで本番でも効き目がありそうな予感。

屋外練習では、“球筋ありき”になってしまうので、室内育ちの自分にはこういう練習も欠かせない。ちなみに1時間打ち放題で630円。月会費払ってるんだから無料にしてくれよ!って気もするけど。

関連リンク
・ルネサンス早稲田


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事