ゴルフマニア手帳

手を出したからには本気でやる!40代から始め、初心者時代からの上達過程を記録中のブログ。練習方法、クラブ、レッスンのことなど。

2009年06月の記事一覧

MIZUNO T-ZOID COMP TITANIUM (左)10.5°FLEX-R D1 (右)11.5°FLEX-SR D0 Yahoo!オークションで、T-ZOIDのルール適合ドライバーが出ていたのでなにげに入札したら、それぞれ100円と510円で落札できた。送料などを含めて2本で総額2000円の出費。 思

トーナメント実況によく出てくるピンハイという言葉。ゴルフを始めた当初はピンより高い位置、すなわちピンの奥のことだと思っていた。しばらくすると「どうやら違うみたい」程度には分かってきたものの、ずっとどういう意味なんだろうという疑問があった。 CATV

トップからの切り返しで、お尻を飛球線方向に突き出し気味に切り、ダウンスイングではそれで空いた脇腹の隙間に右肘を通していく。こう習ってきたけれど、右肘が身体の正面から外れて下りてくるせいでインサイドから出過ぎというスイング軌道を作っていると解析を受ける。

JUN2さんのお奨めドリル。左手を真っ直ぐ伸ばしてドライバーのヘッドを上にして杖のように地面につく。右手でクラブを持ってトップから振り下ろしてインパクトで止める。これで肩が開かずにインパクトする感覚が理解できるというもの。自分もレッスンでやったことがある。

微妙にダフって距離をロスしてしまう。前回のラウンドの反省をコーチに相談し、ダフらないようボール手前にマットを敷く。もう何度もやったことのある練習なので、マットがプレッシャーになってまともに打てないということはなくなったが、やはり時々厚めにマットを擦る。

通勤途中にあるセブンイレブン。道路方向に向けて置いてある雑誌に必ずゴルフ雑誌がある。今こっちに向いてるのは写真の3冊。いずれも刊行雑誌のムック本だけど、やけにバランスの良い3冊。 丸ごと一冊ドライバー飛距離アップレッスン 出版:ALBA 発行:2009年5月

以前は、ラウンド序盤でトップすることが多く徐々に当たるようになるということが多かったが、先週のラウンドに限っては微妙にダフることが多かった。飛距離にすると10〜15%減のようなショットが多発。ただ、ボールの上っ面を叩いてしまう大きなミスが無くなったのは収

今回ラウンドした笠間カントリークラブは、アプローチ練習用のグリーンがあった。そんなに珍しくないかもしれないけれど、今回みたいにじっくり練習ができたのは始めてで、とても有意義だった。 最近はアプローチが怖い時すらあったので、芝の上からじっくり練習した

仕事帰りに中目黒にある目黒ゴルフ練習場へ。先月大きな手術をした友人のゴルフ練習再開も兼ねてのお付き合い。持参したクラブは5W、7I、PWの3本のみ。ここ数日の自宅練習でリストターンの良いイメージができていたので、それを確認するような感じの練習になった

現在アクティブに使ってるキャップ達。非アクティブなものも入れると結構な数になるなぁ、なんて思いながらの集合写真。先日右手前のブラックのメッシュキャップを買ったばかりで、まだ一度もコースに出ていないのにまた中央手間の同タイプ白を買っちゃった。 髪が多

朝起きて少し体に筋肉痛があった。昨日つま先上がり状態でずっと打ち続けていたせいだろうか。特に足腰が疲れている感じ。全体的にも少しだるかったけれど、天気も良かったので予定通り練習へ。 家を出た時は「いい天気だなぁ」なんて空を見上げたものの、いざ練習場

ラウンド予定だったけど、雨予報だったので数日前にキャンセルして今日はレッスンに出かけた。中止は残念だけど、最近はレッスンを含めて良い練習が出来ているので、これを続けるのもいいか。 今日は“つま先体重過ぎ”を指摘され、もう少し“かかと体重”でも良いと言わ

残業もなく練習にも出かけないと平日でも夜は長い。大詰めだった仕事が一段落したので自宅でのアプローチ練習再開。相変わらず怖いイメージがあるので、試しに“なるべく腕を使わないで済むアプローチ”を試してみた。スタンスを狭くして体の回転だけで打つ。 体の回

久しぶりにスポーツクラブのレンジで練習。的がすぐそこで打球を気にしなくて良いこともあり、ここ最近のテーマに集中してカタチこだわる。柔らかくグリップして、緩やかに大きく振り抜くことも忘れずに。 テークバック→ダウンスイング→インパクトに集中して練習し

↑このページのトップヘ