2009年07月

2009年07月30日

涼しい夜。クラブケースを奥さんに持ってきてもらって、会社帰りにレンジへ直行。レンジは空いていたけれど、この段階で1階打席だときっとドライバーショットで力んでしまうだろうから、ということで2階へ。

ドライバー(2009/7/30)

今日は終始肩の力が抜けず、ちょっと張り切りすぎのスイング。解ってるなら直せそうなものだけど、なかなか治まらなかった。そのせいかドライバーはスライス球が多かった。たまに捕まった時も、棒球というかあまり勢いがみられない伸びのなさそうな弾道が多かった。

動画の3球は、どうしても力が抜けないので「テキトーに打つ」という苦肉の策的処方でスイングしたもの。ろくにアドレスもしていない(笑)。最初の2球がスライス、最後の1球が少し開いて構えて真っ直ぐ。

そう言えばこのニュービッグバーサ460を、「フックフェースなのに捕まりはイマイチ」と評した試打インプレッションをネットで見たけれど、そういうクラブなんだろうか。でも打ち方次第なんだろう。

それならいっそ遊びで、左のネット狙いから右のネットへどれだけ曲がるか試してやろうと思い、左狙いでなおかつ左足も少し開いて打ってみると今度は狙った方向へ軽いドローで一直線。左足だけ少し開いてショットするってのもアリなんだろうか?次のレッスンで聞いてみよう。

6番アイアン(2009/7/30)

アイアンは今日も好感触。2階なので6番も8番も天井に当たってしまうけれど、コンパクトトップの成果が出てプッシュアウトなし。ブレも少なくなってきた。アイアンに限っては怖さは全くないので、もうしばらく安定してきたら今度はフェード打ちも覚えたいと思う。


2009年07月29日

MIZUNO MX-25 #6 #8

ここ2〜3ラウンドでアイアンの飛距離が少しだけ伸びていることに気づいた。単にミスショットが減ってきただけなのかもしれないけれど、「手前から」と考えて打ったショットで届くことが多くなった。直前のラウンドなんかはそれを踏まえながら試しのクラブ選択までしてみたほど。

もしかしたら、「手前から」と考えたたことから余計な力みが取れたという結果なのかもしれない。また、アイアンショットに関しては、トップの位置を結構抑えたイメージでショットするようになった。これも余計な部分を排除できているんだろうか。確実に平均飛距離が上がった。

もうひとつの傾向は、最もよく練習する6番、8番アイアンの使用頻度が極めて高いこと。よって7番、9番の出番がかなり少ない。自分のアイアンはミズノのMX−25だけれど、5〜7番がポケットキャビティ、8番〜がキャビディアイアンとなっていて、感触がかなり異なる。

MIZUNO MX-25 #6 #8

他のメーカーでも、アベレージゴルファー向けのクラブはこの7番と8番を境目にして造りを変えてあることが多いとか。買った当初は7番以上のクラブのポケットキャビディの打感が頼りなくて嫌だったけれど、易しさを考えると今は満足している。コーチのMP−30を打たせてもらった時にもつくづくそう感じた(MP−30はMBだけど)。

あと、全く関係ないかもしれないけれどクラブの呼び方というのか、それを変えてから少し気持ちが変化した。自分のアイアンのセッティングは5番からということもあって、今まで5−6番をロングアイアン、7番をミドルアイアン、8番以降をショートアイアンという感じで接していた。

ネットで調べても呼び方はまちまちみたいだけど、今は5−7番をミドルアイアンと認識して接するようになった。笑われるかもしれないが、例えば5番を構えた時に「さあ、ミドルアイアンで」と考えると、気持ちもかなり和らいで7番アイアンと同じようにスイングできたりする。

そう、自分のキャディバッグには歯を食いしばって打つロングアイアンなど挿さっていないのだった。タイトルから少し脱線してしまったが、飛距離がほんの少しだけ伸びて、6番&8番で打つ距離幅が広くなったという結論が今ある。奇数番手のアイアン練習もしないとなぁ。


2009年07月26日

向原ゴルフセンター

午後からドライバーを試すために屋外レンジへ出かけた。雲ひとつない猛烈な晴天で、外に出た瞬間に一瞬ためらったが…。レンジに着いて打席につくとかなりのアゲインストな風。まあ、精神鍛錬にもなる。

いつも通り短いクラブから順に打つ。8I、6I、5Wをそれぞれ2〜3球ずつ2巡させて、いよいよドライバー。初球こそ力が入ってしまって超低空ライナーを打ってしまい、「あぁ、やっぱりダメなのか」と一瞬思ったが、一旦深呼吸して冷静に打ち始めると、まずまずの弾道が連続した。

しかし気になるのは、その半分以上がスライス球だったこと。

ここで気づいた事が2つ。ひとつは、レディースドライバーを使っていた影響でボール位置が中央過ぎだったこと。もうひとつは、昨日レッスンで教わったボールまでの距離。近くに立って前傾と尻突き出しを実施。まだ窮屈な感はあるけれど、これで俄然弾道が安定するようになった。

ドライバー練習動画(2009/7/26)
ドライバー練習動画

打席が左側で、正面のネット手前にあるフラッグを向いているので、目標方向は向正面中央の柱のやや右側。ボール位置に気づくまでは右左の黒ラインのように、バラバラなボールが出たりプッシュアウトからスライスするボールもあったが、正してからは概ね赤点付近の弾道。

動画の1球目はプッシュアウトに出て少しだけ左に戻り始めたところでネットに当たった。2球目はほぼ理想の弾道だったけど、着地点までを考えるとやや左へ行っちゃたかもしれない。3球目はやや低くめに出て結構左へ曲がりそうな勢いでネットに。左へどんどんランするパターン。

ネットまでは練習ボールを加味して約130Y(実測約103m)。強いアゲインストとはいえ、飛距離はそんなに出ていない感じがする。まあ、まずはちゃんと上がることで良しとして、まずは方向性重視で。

これでやっと最後の砦のドライバーが使えるようになる気配。でも1日だけならこれまでも調子よく打てた時があったので油断禁物。気のせいじゃなければ、これまでにない手応えだと思うのだけれど…。

関連リンク
・向原ゴルフセンター


2009年07月25日

早稲田大学理工学部と青空

外に出ただけで溶けてしまいそうなほどの快晴。レッスンには約2kmを徒歩で通うけれど、着いた時点でもう汗だく。今日の天気で屋外練習する人はさぞかし大変だろうなぁ。写真は、道中にある早稲田大学理工学部の新校舎と戸山公園の間から青空を眺めた図。

今日はニュードライバーを持参し、ドライバー中心のレッスン。思えばドライバーを持参するなんてほとんどなかったので、こんなにみっちりドライバーを習うのは、これだけ通ってるのに今日が初めて。

打ってもすぐ目前のネットに当たるだけなので打ち出ししか追えないけれど、構えた感じ&ボールを打った感じでは、最近愛用のレディスドライバーが少し重くなったと感じる程度で、同じように打てたと思う。

ニュードライバー

しかし“飛ばすクラブ”という意識からか、ループスイングが顔を出してしまうので、テイクバック→切り返しを重点的に修正を加えてもらう。

またアドレスもボールから遠すぎる点、腕を前に出しすぎる点の指摘を受け、自分としては「こんなに接近して大丈夫?」ってくらい近くに立たされて、前傾を強く意識した練習を繰り返した。

トップも今までよりはフラットな位置から、左肩先導でボールを上から叩きつけるイメージを叩き込んだ。以下にそのまとめ。(あくまで自分用の要点であり、万人が共用できるものではないと思う。)

アドレス
・もっとボールの近くに立つ。
・腕は前に出さずグリップは肩から真下あたりに。
・その分腰を引いても良し。

テイクバック
・後方から見た時に肩のラインと平行にクラブを上げる。
・右肘の高さを保って上からボールコンタクト。

ダウンスイング〜インパクト
・左手甲を下に向けて上から下へボールを叩き込む。
・ボールを内に包み込むようにインパクト。

続けてアイアンもチェック。トップの位置を、垂直から頭側に少し傾く程度に。このあたりまでなら意識しなくてもループスイングが出ない。自分的には従来の6割、コーチから見ると8割程度のトップ位置。

アイアンのトップ変更

感触からしてもほとんど飛距離は変わらないと思われるし、仮に飛距離が落ちたとしても今は方向性を重視したい。これだけのことで驚くほどネットの的の中心にズバスバめり込むので、ここに固定したい。

明日、体調が気候が厳しくなければドライバー持って外へ出よう。


2009年07月22日

自分用にレディースドライバーをもう1本買って、部分的にカスタマイズしてみようか?なんて考えたりしていた中で、もっと単純にこのレディスドライバーの元となっている男性用を捜せばいいという結論に。

BIG BERTHA 460
BIG BERTHA 460
BIG BERTHA 460

そしてたどり着いた2007年モデルのビッグバーサ460。幸いにもルール適合。新品がかろうじて存在していたので、ネットで希望のスペックを探して即購入。握ったこともないクラブを購入するのは初めて。金額は1万8千円。イオンスポーツのドライバーは大阪の友人からのプレゼント品なので、考えてみればドライバーを購入するのもこれが初めて。

レディースドライバーと同シリーズなので共通点が多い。北の武器商人さんが指摘してくれたライ角が同じというのが最も大きな着目点だったけれど、目玉のような独特のシャローフェース、シャフトの種類、キックポイント、グリップの種類が同じというのも心強い。

逆に、ロフト角、ヘッドの投影面積、重量(バランス)が結構違うのでそこは少し不安。でも今現在、スペック上で不安点が最も少ないのがこのドライバーということになるのは確か。これで練習することに決定。

ドライバー比較

New Big Bertha
460
Big Bertha
Ladies
長さ44.7544.0
ヘッド体積460440
ロフト角10.013.0
ライ角56.056.0
バランスD1C0
総重量302g277g
トルク5.16.7
シャフト50W40W
キック先調子先調子
ヘッド色ブラックブルー


道具か腕前か?には賛否両論あるだろうけれど、ことドライバーに関しては、道具を替えたらあっさり打てるようになったので、道具(スペック)に頼ってみることにして迷わず購入したが、果たして…。

昨日から不整脈が出たりして通院したほど体調がすぐれないので、すぐにレンジへという感じではないけれど、楽しみにしつつ安静モード。

関連記事
・ドライバー比較


2009年07月20日

江戸川ラインゴルフ場
江戸川ラインゴルフ場Bコースを望む

次のラウンドまで日が開くので、友人と江戸川ラインゴルフ場へ。場所は寅さんでお馴染みの柴又界隈の江戸川河川敷。早朝から出かけたが曇り空で気温もそう上がらず過ごしやすくいい練習にもなった。

約40〜90Yが12ホールあるAコースを3周。祝日で気候も良かったのでほど良く混んでいたが、ほのぼのとしていていい雰囲気。全てがセミラフ状態で、グリーンは芝が薄くてカチカチ。ダイレクトで狙えない状態だけれど、今朝最終日だった全英オープンさながらに楽しめた。

自分はクラブ3本で回ったけれど、キャディバッグごと持参している人や自前のカートでラウンドしている人が多かった。アプローチの練習というよりはショートコースを楽しむというタイプの人が多かったので、そんなにクラブを積んでどう使うんだろうか?とも思ったり…。

ショートコース1コマ

1週目はPWを多めに使ってラウンド。ピッチ&ランや、低いパンチショットでラフを転がしながらグリーンを狙ったりして遊んだ。2周目はAW中心に上げたり転がしたり。3周目はSW1本オンリーで回った。

スコアは、約半分がパー&バーディーでダボが1〜2、あとはボギーという内容。詰まっているので同じシチュエーションから何度も練習というわけにはいかなかったが、平日ならやりたい放題なんだろう。常連客っぽい人が多かったが、こういう練習場が近くにある人が羨ましい。

クラブセット

SWが自分が思っている2割増しくらい飛ばしてしまうのを発見。これが今日発見した課題だった。90Yを2度もクリーンにワンオンしたが、これはちょっとあり得ないので距離表示がおかしいのか?

あと、芝の下が結構硬かったせいか、グリーン周りのアプローチに少し苦労した。パッティングはグリーンの状態が良くないので参考外。

関連リンク
・江戸川ラインゴルフ場


2009年07月19日

青空20090719

ジリジリと暑い日差しの中、冷房の利いたインドアレンジへ。レンジへ来るのは1週間ぶり。その間、先週教わったテイクバックの軌道修正を自宅で何度も復習。今日はボールを前にしてその成果を確認する時。

結果は、見事に…とまではいかないまでもループスイングがかなり解消された。特にアイアンではほとんどループさせなくなった。トップは無駄に高く上げることもなくなって、以前よりもフラットな形に。

ただウッドを持つと少しまだループさせているので、続けて修復のための注意は必要。それとテイクバックの軌道を考えながら&確かめながら上げているのでまだ動きがぎこちない。右肘を折るタイミングもまだ早くてなめらかな軌道まではあと一歩。続けて覚えないといけない。

スイング練習(8I)

切り返しの動きが1つ減ったせいか、今日は少しダウンスイング→インパクトの新しいリズムを探しながらの練習にもなった。フィニッシュをあまりとらず、インパクトで止めるようなイメージ。これは、左(飛球線方向)に突っ込み過ぎず、体の中心でボールを捕らえるのにも良い。

関連リンク
・プッシュアウト修正プレーン


2009年07月18日

連休、しかも全英オープンゴルフ真っ只中で生活が不規則中。夕方から生中継しているゴルフネットワークを見て、夜はテレビ朝日。CMに入るとアプローチ&パッティング練習部屋へ移動。思い当たるシーンに出会った時は短いフニャフニャ棒でスイング練習してみたり。

さて、GDOのゴルフスタイル「ゴルフの話をしよう」で金谷多一郎プロの特集がアップロードされた。新作クラブをレビューする一刀両断とラウンドレポートでしか知らない人だけど、彼の険しい表情が好き。

ゴルフの話をしよう(金谷多一郎)

ゴルフは、小児リュウマチを患った時のリハビリで始めたという。まだジュニアが珍しい時期で注目を浴びたとか。幼い頃からゴルフをしているせいですっかり指の形もゴルフ用。親指脇の力こぶもそのひとつ。

クラブを握るときは、人差し指と親指をきつく締めてグリップする。そのため、この部分の筋肉が自然に大きくなったという。

指の筋肉
親指脇の力こぶ

自分もこの部分に結構な力こぶがある。でもこれはゴルフを始める前から付いていたもの。おかげで、人差し指と親指でクラブを締めることに苦労はしないけれど、一体いつこの筋肉が付いたんだろう(笑)。

野球?ピアノ?ギター?パソコン?いずれも長く続けたものだけど、この中にその原因があったのかな。指の器用さと指の力(握力はない)だけは昔から自信があったけど…。筋肉が付いた原因は不明。

金谷プロの手
金谷多一郎プロの両手

写真は金谷多一郎プロの両手を合わせた時の写真。ゴルフスイングでは、切り返しの瞬間に左手親指に大きな負担をかけることになる。小学校からゴルフをしている金谷プロは、その影響で左手の親指と人差し指の角度が右手よりも大きくなってしまったそうだ。

自分も左手の方が親指がよく開く。でもこれは右手親指を複雑脱臼骨折したから、右手親指がほとんど動かないだけ(笑)。手術後のリハビリをちゃんと行わなかったせいもあって不自由さが残ってしまった。

ゴルフを始める時コーチに「右手親指がほとんど動かない」という相談をしたが、その時は「あまり気にしないで良い」と言われた。その後のレッスンで結構痛い瞬間もあって少し苦労するか?と思った時期もあった。

だけど、これがかえってリハビリになったのか、以前よりも稼動域が随分広くなった。力がかかる動きがあっても今はもう痛くはならない。また、ゴルフ開始から半年くらいは手のあちこちにマメを作ったものだけど今はほとんどない。左手の薬指、小指の根元に少しある程度。

最初から比べると、かなり楽に握るようになってきたんだろう。



2009年07月14日

一時は「アプローチイップスか?」と思ったほど怖かったアプローチショット。しかし、ここ3ラウンドは怖いほど上手くいっている。グリーン周りだけでなく、50Y未満の微妙な距離が以前のように楽しくなった。

思えば、4月の六甲ではフルショット出来ない距離に近づくのがとても怖かった。アプローチのチョロなんてのもあった。しかし、あれがあったから再び自宅練習を毎日行うようになった。

マット

こういう時期を経験した収穫は、アプローチをより簡単にしたいためにSW、AWだけじゃなくてPW〜7Iまで引っ張り出して練習するようになったこと。以前まではほぼAW1本で行っていたけれど、こういう機会があって「本当に簡単なのは何か?」を初めて真剣に考えられた。

「1本のクラブでやるのが簡単だと思うか、クラブを換えるのが簡単だと思うか、それは人それぞれ。」と、友人に教わってからずっと自分はどっちか?って考えていた。ひとまず今は後者に落ち着く。

もうひとつは、コースの芝に近いと思えるライを自宅に発見したこと。それはベッドのマットレスとシーツの間に敷くベッドパッド。中身はポリエステルでも良いけれど表面はパイル地で綿が良い。出来れば長年使い古してある程度ペッタンコになったもの。これをカーペットの上に敷いた感じがとても良い。でも自分だけの思い込みかもしれない(笑)。

以前のように平日に何回も練習に行かなくなったのも、今は自宅練習の方が楽しいから。フルショットの練習も大切だけど、そっちはしばらくレッスン+その予習復習だけで、徐々に前進すればも良いかなぁ〜て感じ。振り幅の小さいショットでもこうして毎日やっていると、不思議と久しぶりにレンジへ行っても久しぶりという感じがしない。




2009年07月13日

ドライバー比較(ヘッド)
左側がレディスドライバー

上手く打てるレディスドライバーと、ほとんどスイングにならない自分のドライバーを並べて比較してみた。「ヘッドが大きいのが苦手」と思っていたけれど、こうして並べると構えた時の差は全くない。むしろアドレスから見たヘッド面積はレディスドライバーの方が大きい。

ドライバー比較(フェース)

長さも1インチしか違わないので、どうやら自分で考えていた「見た目の先入観」が原因ではなさそうな気がしてきた。

2本のスペック比較
EONSPORTS
GIGA XF460
Callaway
Big Bertha
長さ45.044.0
ヘッド体積460440
ロフト角10.513.0
ライ角60.056.0
バランスD1.5C0
総重量296g277g
トルク4.26.7

これらを踏まえて自宅で2本を交互に軽く8時→4時で振ってみた。感じたことはシャフトフレックス(RとL)の違いはもちろん、総重量を含めたバランス、グリップの太さ、あとロフト角の効果が大きいか。

思えば3Wでティーショットしている時も、ティーアップは指1本強で少し高めにセットするわりに、他人様のドライバーより低く出るボールを打つので、ボールが上がる打ち方じゃないんだろう。でもロフト角は買い換えないと変更が効かないのでどうしようもない。

グリップの太さ、バランスは変更が効くので今度試してみようかな。でもD0→D1.5にしたバランスを元に戻したりできるんだろうか。



2009年07月12日

なんかそろそろドライバーが打てるようになってるんじゃないか?という衝動に駆られて屋外レンジへ。本来は昨日教わったテイクバックの形をインドアレンジで集中的に作るのが先決なのだけれど…。

向原ゴルフセンター
向原ゴルフセンター

持参クラブはDR、5W、6I、8Iの4本。8Iから順に1〜2球ずつ、自分のルーティーンをとりながら丁寧に打つ。引っ掛け&フック気味が多かったため、素振りでスイングを整えて2順目で今度は各2〜3球ずつ。

床がタイルカーペットなので、その升目を45度になぞるようゆっくりテイクバックして昨日のドリルの再現。本当にゆっくりで、トップでは一旦止めるような感じだけど、飛距離、方向、弾道ともにまずまず。

そして練習はドライバーへ。北の武器商人さんに言われたように、レディスドライバーの最初の頃をイメージしようとするが、素振りしているうちに全く解らなくなってしまった(笑)。結果は案の定で全くだめ。

ドライバー練習

その後も、素振りを交えながらドライバーの練習は続けたが、30球ほど打ってそれなりのボールが出たのは3〜4球。手応え悪くチーピン気味に出たり、手応えが良いとかなりのプッシュアウトという始末。

ヘッド体積もクラブの長さもそんなに違わないのになぁ。

撮影したムービーを見ても、ドライバーになるとスイングが全く別人のようになる。前傾が立ち、ハンマー投げのように手が伸び、体の開きも凄く早くなる。よく見ると、素振りの時点ですでに出来ていない。帰宅してから奥さんにムービーのスイングを笑われてしまった(笑)。

まだしばらくはレディスドライバーに頼ることになりそう。


2009年07月11日

長いクラブになるほどプッシュアウトが多い。クラブをアップライトに高く上げて、トップでフラット気味に戻してからダウンスイングに入るループスイングが原因。要は、インサイドから下ろし過ぎる。

スイングプレーン確認器具

今日のレッスンで行ったドリルは、打席後方に鏡を置いて自分で見られるようにして、アドレス時のシャフト角度に合わせて棒を立て、それにクラブヘッドをなぞってテイクバックするというもの。

いろいろ試してきたけれど、どうやらこれが一番修正に役立ちそう。ここ最近は、ずっとテイクバッグに悩みながらクラブを振っていたので、このプレーンを覚えたら頭の中もスッキリしそう。

テイクバックのスイングプレーン練習

そして、やっと格好悪いテイクバックから開放されそうな予感。このラインを気にしながらゆっくり上げると、腕だけで上げがちのテイクバックもいい感じになる。ただ、この棒を見ないで上げるとまだまだダメ。

ダウンスイングでも、「クラブをもっと外から下ろすイメージで」と言われて下ろすと丁度いい感じ。でも慣れないのでなんか頼りない感じ。

テイクバックは、自分のスイングフォームの中でも最も格好悪く、そして嫌いだった部分。でも練習中のムービーを見てみたらなんかいい感じでトップまでスムーズに見える。これはなんとしても身に付けたい。しかしずっと後方を向きながら練習していたので首が痛い(笑)。


2009年07月09日

笠間カントリークラブ(2009/7/9)

今日は半年前のリベンジを果たすべく、会社の会長とラウンド。場所は自分の希望で笠間カントリークラブにしてもらった。道中はずっと雨模様だったが、開始前に上がり地面も想像以上に乾いていた。帰宅後にニュースでは不快指数が80%だったとか。とにかく蒸した。

本日のスコア
46(17)+44(16)=90(33)

OUT→IN/White Tee/6,548Y
曇時々晴/23.8℃→29.9℃

笠間カントリークラブのスコア(2009/7/9)

ここは、“距離があってバンカーが多く効いている”が特徴。それ以外にも打ち上げ、打ち下ろし、ドッグレッグなど特徴的なホールもあるが概ねフラットなので距離とバンカー攻略に専念できる好きなタイプ。

先週の87、昨年秋の90は、「もうこれ以上無理」と思えるような目一杯のスコアだったけれど、今日の90はとても悔しい数字。その理由は不注意によるイージーミスを3打もやってしまったから。

笠間カントリークラブ(2009/7/9)

3つのイージーミス

8番PAR5。3打目をバンカーに入れたが、狙いごろの得意なシチュエーション。これが災ったか、素振りもワッグルもスタンスの埋め込みもせず、簡単にシャンクさせ向い側の深いバンカーへ。

9番PAR4。ティーショットをチョロするミスもあって、グリーン手前までに3打かかった。PWで寄せごろの距離なのに、間違ってAWをカートから持ってきてしまい、それを悩みながら&ルーティーン不足の気持ち悪いまま打ってシャンク。右のバンカーにゴロで入れてしまう。

18番PAR5。ティーショットを大きくスライスさせ、右の土手下に打ち込んでしまい4オン。横長グリーンの左やや下10mと長かったが、ここも素振りのルーティーンを怠り4mもショート。

トラブル続きのバーディー

唯一のバーディーは14番PAR5。ティーショットは正面210Y地点のバンカー。ややつま先上がりで7Wを握るもプッシュアウト&テンプラ気味で右のかなり高い土手上に。そして残り150Yを土手上からピンハイ右6mにナイスオン。ほぼ真っ直ぐのラインを沈めてバーディー。

実は、土手の上からのショットは他人から見たほどトラブルな位置ではなく、なにしろ位置が高すぎて目先の3つのバンカーのプレッシャーを感じずに済んだので、ある意味ベスポジだった(笑)。

今日のレディースドライバー
笠間カントリークラブ(2009/7/9)

今日もショート以外の全14ホールで使用。前ラウンドと比較すると精度に欠けた。そろそろ効力が薄れてきたか…。前半はやや引っ掛け、後半はプッシュアウトしたり、他のクラブでは最近ほとんどないスライスも2発あった。飛距離は200〜最大240Y程度もあった(会長のショットナビで計測)が、平均すると210Y程度といったところ。大曲こそ2発で済んだものの、今日はセミラフに外れることがほとんど。

今日もプッシュアウトが
笠間カントリークラブ(2009/7/9)

今日はプッシュアウトした時の角度が大きくて怖い時があった。特に4つのショートホールとロングでのフェアウェイウッド。OB目前というショットもいくつかあった。アプローチが良かったのでなんとかなったが。

アプローチとパッティング

距離があるコースなので、残り150〜170Yという場面が多く5、6番アイアンの練習になった。アプローチする回数も多く、2度のイージーミス以外は、PW、AW、SWを使い分けて概ね良好。パッティングの距離感やラインの出し方も今日は珍しく良かった。ラウンド前の練習に少し意味合いを持たせて具体的な練習をした成果だと思う。

笠間カントリークラブ(2009/7/9)

ちなみに3ラウンド連続で100を切ったのは初めて。リベンジ相手の会長があっさり83で回ったのでまたもや撃沈となったけれど、あまりに差がついたので負けた悔しさはなかったが、今年中には…。

余談で、最初のハーフを2時間(3B)と早く回れたが、前の組のキャディから「前の組から早過ぎると言われたのでゆっくり来て下さい」と言われた。こんなこと初めて。前の組とは、自分達から数えて2つ前の組のことだけれど、こんなこともあるんだなぁ。


2009年07月07日

練習の球痕(2009/7/7)

最近練習でのシャンクが少しずつ増えている。でもコースや屋外のレンジでシャンクすることはまずない。おそらく練習場でのスイングがコースで出来ていない、というケースに該当するのだろうけど…。

ループスイングで、クラブがインから下り過ぎる点、ダウンスイングで右膝(時に右肩も)が出てしまう点はまだ直っていない。これでクラブヘッドが開いて下りるとシャンクとなる。とコーチに指摘されている。あと、つま先に体重をかけ過ぎている点も言われている。

コースでは練習場ほどスムーズにリズム良くスイングしていないだろうから、きっとそれが怪我の功名となっているだけ。あと、コースでは緊張で時々トップが浅くなってしまう。そして真っ直ぐ飛ぶ(笑)。

練習(2009/7/7)

普段は満遍なく10〜20度プッシュアウトして、その半分くらいドローで戻ってくるというボールが多い。今のところ、トップさえ小さくすれば多少解消されることが解っている。しばらくはコンパクトスイングで練習を続けることにしよう。でもこれで緊張したスイングになってしまったら、さらにトップが浅くなってしまうんだろうか…(笑)。


2009年07月04日

キイロイトリのヘッドカバー

入院明けの友人のリハビリラウンドとして、今回は気楽な河川敷コースを選択。場所は利根川沿いのアジア取手カントリー倶楽部。昨年はじめて100を切ったコースなので、今日も狙って参上。

練習場がないので、早朝から開いているグリーンアリーナ取手に立ち寄って、100球程度じっくり練習。アプローチ多めとはいえ、ラウンド前としては少し打ち過ぎで疲れてしまった(笑)。練習場のご主人の「好スコア出してきて下さい!」と見送る言葉が嬉しかった。

本日のスコア
44(19)+43(17)=87(36)

WEST→OUT/White Tee/5,868Y
曇/20℃→26℃

アジア取手カントリー倶楽部のスコア(2009/7/4)

今日の主役は、キイロイトリを被った奥さんのドライバー。このカバーは恥ずかしかったけど、「一緒に持ってけ」と言われて同伴。あと、ほぼ毎夜欠かさず行ったアプローチ練習。もう怖さは解消されたかも。

WEST COURSE
アジア取手カントリー倶楽部(西コース)

距離は短いが、クリーク、ブッシュ、行く手を遮る木などの障害物が多くてトリッキーで面倒なコース。ティーグラウンドの目前に木が3本立っていきなりスタイミー(ドライバー禁止)という理不尽なホールもあり、短いのに思ったほどのスコアが出ない、ドライバーを振り回せないなどの理由からか、ここで最も嫌われるのがウエストコース。

最初のロングは、グリーン周りに到達するまでのウッドにミスが多くダボスタート。でもレディスドライバーが気持ちよく飛び、ウェッジのフィーリングも良かったのでいいスコアで回れそうな予感はあった。

OUT COURSE
アジア取手カントリー倶楽部(アウトコース)

暑くなってきたので短パンに着替え。アウトコースは広くてほぼ平坦。プレッシャーも少ないので何も考えず回れる(笑)。

こちらもダボスタート。ドライバーを先端に当てて頼りないフックボールが左ラフに。残り200Y、つま先下がりを5Iでパンチショット。残り40YをSWで左6mに乗せたが、打ち切れず読み切れずの3パット。

アジア取手カントリー倶楽部(2009/7/4)
アジア取手カントリー倶楽部(2009/7/4)

ドライバー
スタートホールがともにダボでもなんとかなったのは、距離的にサービスホールが多く、ドライバーがそこそこ良かったからだろう。借り物なので釈然としない自分もいるが、武器になったのは確か。飛距離は200〜230Yといったところ。今日は3Wの出番が一度もなかった。

フェアウェイウッド
スタートホールこそ苦労したけれど、最近は安心して振れるクラブになってきた。フェアウェイから最大距離を稼ぐのは5W。まだ3Wを地面から打てないのでそろそろ使えるようになっていきたい。

アイアン
5〜7Iは、最近微妙にダフることが多い(ティーショット時以外)。力が入っている証拠だろう。ここがしっくり来ないともっと難しいコースへ出たときに苦労するし、楽しくならないので今後の最大課題。

ウェッジ
今日は100Y未満が上出来だった。特に苦手なはずの20〜60Yが上手く乗ったグリーンが高麗で小さいので全てSWを使ったけれど、最近自宅でバウンスの使い方を気にし始め、これが功を奏した。あと、素振りでイメージを作ったらすぐ打つ。これを実践したのも良かった。

パッティング
アプローチ同様に固まらないですぐ打つよう努めたが、小さいグリーンのわりに36回も打ったので相変わらず下手。久しぶりの高麗で苦労した面もあるけれど、練習量が少ないのを反省材料にしよう。

アジア取手カントリー倶楽部(2009/7/4)

河川敷の平坦コース。簡単ではあるけれど、ひとまずは初の80台。昨年は、ここで100を切って自信をつけた。今年は90が切れたのでこれを弾みにしたい。出来ればそのうち自分のドライバーで(笑)。そして距離と名のあるコースでこういうゴルフができるようにしたい。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事