ゴルフマニア手帳

手を出したからには本気でやる!40代から始め、初心者時代からの上達過程を記録中のブログ。練習方法、クラブ、レッスンのことなど。

2009年08月の記事一覧

男性が女性用クラブを使っちゃいけないというルールはない。ボールが上がりやすいロフト角、短いシャフト、軽くて軟らかい振り心地。これらの要素で、ドライバーが苦手で打てない私の悩みを解決しれくれた。

来月引っ越す新居まで寸法取りに出かけたついでにレンジへ。引っ越す前からほぼメインに使っていた練習場だけど、来月からは完全にここがメインの練習場になる。レッスンは変わらず今までのところ。自分にとってインドア練習は基本だからこでも欠かさず続ける。 今日

自分のドライバーに青いフィルムシートを貼ってみた。理由は、自分にとって振りやすいと感じるレディスドライバーのヘッドが青いので、同じ色にしてみたらどうだろう?という単純発想から。 笑われるかもしれないけれど本人は真剣。ドライヤーを使って曲線にも綺麗に

来年から角溝クラブの製造に規制が設けられる。いきなり来年の1月1日からというルールだけど、これは製造者に向けられたルールであって一般ゴルファーについては2024年まで使用可とのこと。 JGAの説明には「角溝」という言葉は出てこないが、フェース面の溝

先月末に「手前から攻めるべく打ったのに届くことが増えた」と記事にしたが、今回もそれを信じてクラブ選択をした。例えば7番アイアンだと以前は135〜140Yとしていたが今回は140〜145Yという具合。 幸いにも今回は芯を喰うショットが多かったので、概

帰省に合わせて滋賀ゴルフクラブでラウンド。昨年の関西オープンで石川遼がプロ初優勝を果たしたコース。帰省時の恒例ラウンドには今回も地元大阪の友人をはじめ、名古屋、三重からも集まってもらって12人3組となった。今年はチーム制で団体賞もあるので気合充分に。

来月に引越を計画していて、その準備とお盆前という仕事の段取りも手伝ってここしばらくは多忙だった。よって、ゴルフの練習も7月30日を最後全く出来ず、自宅でのアプローチ練習のみ。 とはいえお盆の帰省時にラウンド入っているので、少し早いがすでに昨日キャディバ

5〜6月に遭った軽いアプローチイップス以来、ほぼ毎日続けている自宅でのアプローチ練習。こんな小さなストロークでも日によって良し悪しが生まれる。その幅や波を減らすための試行錯誤も尽きない。 先月行ったショートコースでも上手く振れないアプローチミスが何

グリップをオーバーラッピングに変更する以前はずっとフェードだったので未だに右側から対角線に向いて立つことが多い。その日のプッシュアウトの度合いにもよるけれど、写真のようなシチュエーションの場合は赤い部分をターゲットに、プッシュアウトからストレートボー

インサイドから入りすぎるダウンスイング。これが原因でプッシュアウトが出てしまうのだけれど、これのもうひとつの弊害はすくい打ち。先週のレッスンで指摘を受けた。アイアンの場合はトップを浅くすることでこれが防げるが、フェアウェイウッドの場合はさらに上から叩

↑このページのトップヘ