2009年12月

2009年12月31日

もう100は叩かないと心に誓いながら年初は4連続で3ケタを叩き、あげくには125というビッグスコア。正直なところゴルフをやめたくなった時期でもあったけれど、無事に全19ラウンドを終了できた。

念頭に掲げた目標
“90切り”は達成できたが、“年間平均スコア90前半”の目標には達しなかった。年初の3月に125も叩けば無理はない。ただ、下半期の平均スコアには満足。概ね目標を達成できたのではないかと思う。両方とも当時は「途方もない目標」と考えていただけに良い一年だった。

2009年の記録
ラウンド数:19
年間平均スコア:96
平均パット数:36
フェアウェイキープ率:41%
パーオン率:15%
ボギーオン率:48%

ドライバーとの出会い
6月、笠間カントリークラブの最終ホールで奥さんから借りて打ってみたレディースドライバー。この時は本当に驚いた。自分が打ったと思えないような高弾道で240Y地点へ。この日以来、自分のゴルフが全く変わった。ドライバーが打てるようになれば当然他のショットも楽になり、スコアもまとまる。その連鎖で一気に90切りまで達成できた。そして更なる進歩のために今月リシャフト。来年の躍進に繋げたい。

バウンスを使ったショット
SW、AWをやや開いてバウンスを使うショット。レッスンによってこの意味が夏頃にやっと理解できて、50Y未満のショット&アプローチがかなり楽になった。好不調はあれど、バンカーショットも楽しくなった。

リラックス出来るようになった
それまでは月何度かのゴルフは、自分にとって一大イベント。いつも数日前からドキドキし、ゴルフ場でも序盤などは地に足が付かないことが多かった。ティーショットとアプローチが楽になったおかげで、どんなシチュエーションでもリラックスしてスイングに臨めるようになった。

前年以上に、様々な試行錯誤、発見、収穫の多い1年だった。そろそろ周囲からは“当たり前のように90は切らないと”と言われている。秋頃はそういうスコアにも慣れない自分がいたが、90前後で回るラウンドにもようやく慣れてきた。更に上で安定させるには何が必要かも解かっているつもりなので、来年もまた進歩のある1年にしたい。


玉造ゴルフ倶楽部捻木コース

大晦日にゴルフ。意外にも道路は混んでおらず、自宅からゴルフ場へは往復ともに約1時間でスイスイ行けた。そして、今年の下半期で唯一3ケタを叩いた玉造ゴルフ倶楽部・捻木コースが最終戦の舞台。今回はリシャフトしたドライバーのデビューであり、、日々練習を重ねたショートパットの成果も楽しみなラウンドだった。

本日のスコア
48(19)+42(17)=90(36)

OUT→IN/White Tee/6,350Y
晴れ一時くもり/午後強風/4℃→8℃

玉造ゴルフ倶楽部捻木コースのスコア

玉造ゴルフ倶楽部捻木コース

前半はドライバーが思うように当たらず苦戦したが、後半は今年最終戦にあって自己ベストハーフを記録できた。また、前回から10打縮まったので数字的には合格としたい。今日はミスショットも多く出たが不思議と慌てることがなく、終始リラックスしながら冷静にプレーできた。

ガードバンカーには1度も捕まらず、OBもなし。スタイミーな位置からのトラブルショットが4度あったが、いずれも落ち着いて処理出来たり、ファインショットが打てたのが今日は大きかったと思う。

玉造ゴルフ倶楽部捻木コース

リシャフトドライバー初陣
練習でも凄くいい感触でだったので、かなりの期待を持って望んだけれど、最初の3ホールはスイングがぎくしゃくしていて、チョロ寸前の低弾道ボールばかり出て少し凹み気味。その後は、徐々に練習したスイングリズムを思い出して様になってきた。飛距離は概ね200〜220Y。弾道はフェードが多くてまだまだ捕まりが悪いといった感じ。

課題のショートパット
練習の甲斐あって、ショートパットをショートするという格好悪いパッティングをすることは全くなくなった。10歩以内のパッティングは全てカップをオーバーさせて打てた。そのせいで「入るとかも」と思わせてくれるパットが格段に増えて「こんなに楽しいものか」と思えたのは収穫。

ただ2m以内のパッティングの“怖さ”は健在で、3度も短いのを外してしまった。しかしビビッてショートしてしまうよりは進歩していると感じるので今日のところは“ヨシ”として自分を褒めたいと思う。

玉造ゴルフ倶楽部捻木コース

その他のショット
最近の傾向通りフェアウェイウッドはよく当たる。前回からはユーティリティも良く当たるようになってきたが、今日も残り175Yのバンカーショットをはじめ活躍してくれた。逆に最近、アイアンでビビってしまうことが多かったけれどここにきてやや上昇傾向。まだライが悪いのに無理してしまうことがあるが、ショートアイアンとウェッジ楽しく打てた。

収穫が多かった
初めて使ったリシャフトドライバーは、もっと練習と慣れが必要だと感じたけれど、後半は今後が楽しみなショットも多かった。パッティングも大きく進歩したと思う。数字はそれほどでもないが、3パットはいずれも20歩前後の距離からのものだったのでしょうがないと思っている。5m以内のパットで「入れ!」と思えるパッティングが増えたのは大収穫。

今日は午後から風が強くなり、時折かなりの強風に。思い切って2番手上げてみったり、風を考えたセット方向を試したりの連続。風がどれだけボールに影響を与えるか?という良い勉強になった。

今年、全19戦がこれで終了。年間平均スコアは96。ドライバーを使い始めた下半期7月以降の平均は92という数字を残せた。最終戦は収穫もいくつかあり、来年に向けて良いステップアップラウンドとなった。


2009年12月30日

ドライバー練習動画(2009/12/30)

ドライバーをリシャフトしてから、以前よりしっかり振ってもボールが暴れないもんだからすっかり力む癖が付いてしまった気がする。先日の練習ではその弊害か、他のクラブに悪影響を与えてしまっていた。

今日は「飛ばしてやろう」という気持ちを捨てて、とにかく気持ちよく自分のリズムでスイング。シーズンオフ中は、このリズムから効率の良い自分のフルスイングを探して行こうと思う。今日はドライバーを続けて打ってからショートアイアン、再びドライバーを打って次はフェアウェイウッドという具合に、ドライバーを挟んでの交互練習を繰り返してみた。

従来の自分の練習では、“ドライバーを練習する”という習慣がほとんどなかったので、最近は凄く新鮮な気持ち。これまでも「ドライバーを打てるようになりたい」という練習はしてきたけれど、完全に14本の中の1本として練習に加えるようになったのはリシャフト後から。

明日は、今年の下半期で唯一100を叩いてしまった難関、玉造ゴルフ倶楽部捻木コースでの今年最終戦。タイミング的にはリシャフトしたドライバーと、練習を重ねているパッティングで成果を出して是非リベンジしたいところだけど、そう思うには少しやっかい過ぎるコース。13ホールの池絡み、あのやっかいなグリーンをどうして攻略してやろうか。


2009年12月28日

トーキョージャンボで練習

知人と一緒にトーキョージャンボゴルフセンターで練習。さすがに年末とあってかなり空いていた。そして距離のある練習場なので、自分の練習としては珍しくドライバー中心。約150球を打ち込んだ。

奥のネットには250Yの表示。実測距離は約200Y。最初は真っ直ぐ出て左側へフックしていくボールと、スライス球が交互に出ていたが、力が抜けてきてからは、ドロー回転の真っ直ぐな弾道が打てるようになってきた。やっぱりフィッティングまでして選んだシャフトなんだから、以前より硬くなったからといって打ち方を変えては意味がない。

今日打ったドライバーの平均飛距離はその奥のネットに数バウンドして当たるという感じのボールが多かった。5球に1球くらいはネットにぎりぎり届くというボールもあった。まだまだ精度は低いけれど、この練習場でここまでのボールを打てたのは初めて。いい感じ。

ただ、アイアンの具合がすこぶる悪い。理由が分かっていたのであまり球数は打たなかったけれど、スイングリズムが悪くてシャンクしたりトップしたりのオンパレード。最後は素振りを沢山繰り返して、やっと連続して及第点のボールが出せるようになってきた。年末に最終ラウンドを控えているが、ドライバーが楽しみな反面。アイアンが厳しいかも。


2009年12月27日

ドライバーヘッドの鉛

昨日のレッスン前にフジクラ・ゴルフクラブ相談室に預けてあったリシャフトドライバーを取りに行った。シャフトは、フィッティングですっかりその感触に惚れてしまったモトーレ・スピーダー。どのヘッドに装着しようかと悩んだが、結局今の安心感をどこかに残しておきたいということから、思い切ってレディースドライバーをリシャフトすることに決めた。

フジクラのフィッターさんは一瞬躊躇されたが、私のカルテを取り出して親身に相談に乗ってくれた。「出来るだけフィッティングで一番良かった試打クラブに近い状態」「可能ならシャフトは45インチ未満」という無理難題を申し出て、向こうからは「バランスが出ないのでヘッドに鉛を貼る」「計測上の判断で希望のRではなくR2に使うかもしれない」「あとはカルテを元にお任せ」という条件が整って今日それが完成。

ドライバーリシャフト全景
ドライバーリシャフト

オリジナルドライバー完成
自動ドアが開くと同時に自分の顔を見て担当のフィッターさんが「やりましたよ!レディースヘッドで!」と妙な達成感を滲み出しながら笑顔で迎えてくれた。ここは普段からこういう雰囲気なんだろうか(笑)。

打席が空いていたので「打ってみますか?」と早速試し打ち。すぐ試せるとは思っていなかったのでちょっとびっくり。ヘッドスピード、ボール初速、打ち出し角度、打感、安心感ともに申し分なし。さすがにスピン量は3000〜3300と少し多めだけどロフトがあるからしょうがない。

帰宅後、いざ練習場へ
そして自宅に戻ってから練習場へ直行。逸る気持ちを抑えながらアイアンから練習に入り、いよいよドライバー。初っ端からミスショットが出ると凹んでしまいそうだったので、レディースドライバーの時のようにかなり加減したスイングから。高価なリシャフトなので贔屓目もあるかもしれないが、ちょっと有り得ないほどの感触とボールの勢いに感動。

たった1球打っただけですぐ休憩(笑)。これが続くとも思えなかったので休憩しながらそのワクワク感にしばし浸りたかった。案の定、その後このクラブの問題点が浮上。加減した手抜きスイングが功を奏していたレディースシャフト時代と比べ、こいつはしっかり振れる代わりにナイスショットが1〜2発続くと、思わず次は力んでしまうという手順。

ドライバー練習(前半)

怖いほどのヘッドが走る感触
捕まり具合とその感触はリシャフト前の比じゃなくなった。ただ時々切り返しの一瞬に「硬い!」と感じてしまう時があり、そういう時はミスショットを出してしまう。これは正しくは「感じてしまう」のではなく、切り返しですでにミスを犯しているというだけかもしれない。

また、プッシュアウトや引っ掛けなどのミスショット時も、以前より強い勢いでミス方向へ出る怖さ。プッシュアウトはそのまま曲がらないので怖さは少ないけれど、引っ掛けたボールの勢いが凄い。そのうち慣れてきたら右を向いてアドレスする事も出てくるのかなぁ?と感じる。

軟鉄のような感触?
ドライバーのリシャフトは初体験なので、良いシャフトは他もすべてそうなのかもしれないが、なんか軟鉄クラブのような感触。ボールが実際当たるのはヘッドだからこういう感想はおかしいかもしれないが…。

ドライバー練習(後半)

スイング動画
動画は、練習開始直後のゆっくりスイングと、そこそこ力を入れてスイングした後半のもの。今日は他のクラブも含めてやや左方向にボールが出てしまうことが多く、少し張り切りすぎだったかもしれない。動画に収めたボールも勢いは増したと感じるがまだ安定度に欠ける。

モトーレ・スピーダーシャフト

今回のスペック変更内容
Callaway BB→Fujikura Motore Speeder V5.0
長さ:44.0→45.0inch
バランス:B9.5→C9.5
シャフト重量:43→56g
クラブ総重量:280→305g
調子:先→先中調子
フレックス:L→R
トルク:6.7→5.5
振動数:210→240cpm
※シャフト重量はカタログの数値。


2009年12月26日

レッスン場で調整練習

今日はレッスン日だけど、友人2人を体験レッスンに誘ったため自分は見学&自主トレということで、レッスンは受けずに練習だけ行った。前回のレッスンからトップを大きく高く戻したので、今の大きなテーマは下半身と上半身が同時に回ってしまわないようにすること。

コンパクトトップを元の振り上げたトップを戻すとなると、自分としてはプッシュアウトを連想してしまって、どうしても左へ打とうと急いだ捻転になってしまう。練習はこのイメージとの戦い。前回のレッスンでのフェースを返すドリルのおかげで、右へ行くイメージもかなり払拭された。

今日は、上半身を遅らせたスイングが時々凄くいい感じで行えた。自宅での素振りも効果があったと思う。トップからの切り返しで腰が入るタイミングを作ったことも良かった理由のひとつになっていると思う。

自分のようにループスイングに悩む人の多くは、この心地良いクラブ軌道によってリズムを作ってしまっている、とどこかで見た。そのタイミングの取り方が最近は別の場所、すなわち腰を切る動作に代わりつつあるので、このまま習得していけばこの悪癖は消せるかもしれない。

追記
ふと、これまでよりがに股構えて、テークバックで股関節にしっかりどっしり体重をかけるという形にしてみたが、これも気持ち良かった。


2009年12月23日

トップゴルフガーデンにて

SWを使うショットの中で自分が今一番悩んでいる30〜40Yの練習に時間を費やした。結構時間を使ったが、まだ自己採点50点以下。どうもふんわりと打てない。普通に打てば上がるのに、ドライバーと一緒でかなりハンドファーストにインパクトしてしまっているようだ。

他のショットでも今日はとにかく「どれだけゆったりスイングできるか」をテーマに脱力ショットを徹底。そして体の正面でインパクトインパクトできるようにその格好にも気をつけて。あと脱力とはいっても、浅くゆるいスイングになっては意味がないので、しっかり大きくバックスイングして。

ドライバー、ウッドに関しては好感触。アイアンは加減が難しく、加減するとダフらせてしまうので、そのあたりを特に注意して1時間半、約200球強をみっちり練習できた。半分以上は60Y未満の練習だったので疲れ加減もほど良い感じで終了。でも季節に応じて少し下降線気味かな。

今日は、先日コーチに言われた通り、コンパクトトップならぬ「単なる浅いトップ」になっていることを痛感。ミスを怖がらずしっかりクラブを上げて気持ちよくボールを飛ばすようにならないとだめだなぁ。


2009年12月20日

フジクラ・ゴルフクラブ相談室
江東区木場のフジクラ本社横にあるフジクラ・ゴルフクラブ相談室まで出かけた。目的はドライバーのシャフトフィッティング。レディースドライバーに巡りあうまでドライバーが打てなかった自分が、シャフト屋さんによってどう分析〜アドバイスされるのかとても興味があった。

簡単な問診表みたいなのを記入し、まずは今の状況、悩み、どうしたいか?などの会話から。その後、自分のクラブでのスイングを計測し、続けて適正に沿って差し出される試打クラブで次々打つという手順。数値や結果だけでなく、自分のフィーリングも大切されて心地良かった。

フィッティングは予約制で、担当が付いて1人約30〜40分みっちり診てくれ、帰りに後方&正面から撮影したスイング映像のDVDまで貰えて無料。おまけに、大してセールスされるわけでもない。なんだか「もっと売り込んでくれないかなぁ」ってこっちが思ったほど(笑)。

フジクラ・ゴルフクラブ相談室
フジクラ・ゴルフクラブ相談室

適正シャフトまでの道のり
最初は先調子の“ZCOM TW64”のRを渡されて計測。これまで打ったことのある中では扱いやすかったが、まあ普通に打ちづらい男性用のドライバーという感触。続いて“RONBAX X”を打った。綺麗なシャフトで前から気になっていたが話にならず2球で終了(笑)。

そして“Motore Speeder”の登場。このシャフトで劇的に数値が変わって、なにより安心感と感触が最高だった。段階を経て仕様違いを試していくうちにしっくり来たのがVC5.0のRシャフト。打つまでもなく素振りの段階で「これが一番いいかも」と感じ、案の定ナイスショット連発。

とにかくヘッドの走りが気持ちよくて、ずっと振っていたい気分。打った後でスペックをRと聞いて意外。R2も試させて貰ったが結構違う。なんと言ったら良いかピッタリの言葉が見つからないけれど、しっかりしているのに凄くしなりを感じ、「打感に遊びがない」とでも言うような感触。

Motore Speeder
フジクラ・ゴルフクラブ相談室にて

リシャフトするか否か
今使っているキャロウェイ(レディース)のヘッドにこれを挿したらどうなるか訊ねると「少し硬めに仕上がる」とのことだった。工賃込みで4.2万なので簡単には決められない。ちなみに試打クラブにはフジクラのオリジナルヘッド“FIT ON 460”が使われていて、公には販売されていないヘッドとのこと。この組み合わせの価格と聞くと、ヘッドだけでが3.5万なので合計7.8万円。う〜ん、とても買えないなぁ…。

計測数値
いろんな数値が計測で出たが、最も分かりやすいところでヘッドスピードとボール初速の場合、マイクラブで40−58、試打クラブで41−61と少し差が出た。微妙な差だけどスピン量も1000ほど差があるので違いは歴然。グニャっとしなるのではなく、ブォンと安定したしなり。

BB
Motore Speeder
係の人からのコメント
よく練習されていてSシャフトでも充分振れるスイング。ハンドファーストにインパクトし、フェースが立ってヒットしてしまっているためボールが上がらないのが惜しい。以前の不安を一掃してくれた今のレディースクラブの存在が大きいので、これをリシャフトするのには勇気がいる。同じタイプの中古ヘッドを手に入れてそれにこのシャフトを挿してはどうか?

その13度のドライバーで「上がりすぎる」くらいのボールが打てるようになるように練習を続けて、段階的に一般的なロフト角のヘッドを考えれても良いと思う。個人的には男性用のクラブを振って欲しいが、一時的でもスコアが悪化したり、低い弾道になるのは楽しくないでしょう。


おっしゃる通り。よく当たる占い師のような方でした。
しかし、リシャフトって高い…。


関連リンク
フジクラ・ゴルフクラブ相談室


2009年12月19日

トップオブスイング

プッシュアウトの応急措置としてトップをコンパクトにしていたが、同時に捻転も粗末になってただの“浅いトップ”になっていた。そこで「もっと右肘を高く上げて引いても良い」というコーチの指令が飛ぶ。合わせて「左脇腹をもっと伸ばして張るくらい捻る」というアドバイス。これはやってみてなるほどと思えるもので、肩を回せと言われるよりもいい感じ。

たしかに最新ミドルアイアン以上のクラブで飛距離が出ていないことがあった。季節のせいということで考えていたけれど、こうして再び振り上げるようなトップにしてみると、ボールの勢いの違いが歴然。

フェースを返すドリル

クラブを返すドリル
勢いは増したもののボールの捕まりは悪く、フォローでのフェースの惰性が暴れ気味。そこでSWを持ち出して“左脇から左肘を離さずにフォローを出すドリル”を課させる。次にミドルアイアンに変えてフルスイングしてみるとフェースを返しやすくなって、ボールが捕まるようになった。

このドリルは短いクラブで反復しながら感覚を得るのが良いらしい。少し捕まりが良くないと感じたら、今度からこのドリルを使おう。

しばらくトップをコンパクトにしていたせいで、いきなり「右肘を上げて後方に引いても良い」と言われても、それが怖くてやめたのでいささか怖さもあったけれど、このドリルを用いてフェースをしっかり返すことで、少し怖さも軽減されるから不思議。不安がなくなったり、怖さがなくなることがゴルフが進歩させるのに一番大切なことが今年になって少しずつ分かってきたので、これもそのひとつの足がかりになればいいな。



2009年12月16日

自宅でショートパット練習の動画

自分のゴルフをもっと進歩させるために今最も必要だと思うこと。それはショートパットをもっと楽に考えられるようになること。先日のレッスンから毎日欠かさず少しずつ自宅でショートパットの練習をしているが、これが結構な効果をもたらしている実感が沸いてきた。

アドレス後、目線だけカップに向ける。

これだけの方法で、ショートパットにストレスを感じなくなった。これは先日のショートコースでの練習で少し立証済み。本コースで試せたわけではないのでまだ確信とまではいっていない。向けるのはあくまで目線だけで顔や肩までカップを向いてしまうとだめ。いわゆる横目で見るわけなのであまり長い距離でやると眼つきが怪しくなる(笑)。

上の動画は約2m弱の距離。編集してあるので百発百中だったわけではないけれど、命中率よりもストレスなく強く打てるようになったことが嬉しい。むしろストレスどころか今はこれが楽しい。

そしてたとえ外したとしても1mくらいであれば、またその距離のパットを楽しめる。そう思えるようになったことも収穫。以前は自宅練習ですら恐々打っていたと思うし、今ほど真っ直ぐカップに打てなかった。

しかしまだ修正が必要で、休みなく反復しているとどんどん体が開いてしまうし、強くなってきたりもする。これはあくまでコツであって技術ではないが、この楽な感じは早くコースで試してみたい。すぐに結果がでなくとも当分はいい雰囲気でショートゲームを楽しめる気がする。

振り返ればティーショットもそうだった。ドライバーを替えた以降はティーグラウンドでのストレスがほとんどなくなった。以前はチョロやゴロなどの心配が結構あってすごくストレスを抱えて立っていた。どんなにミスっても少なくとも150Yは前に飛ぶようになったというレベルの低さながら、あのストレス感がなくなったのはすごく大きかった。

自分のゴルフもほぼシーズンオフ。年末年始で1〜2ラウンドするかもしれないが、気候的にも無理のあるゴルフになりそうなので、そのへんは来春に向けての練習と考えて、部分的にでも効果を出したい。


関連記事
ショートパットのレッスン


2009年12月13日

LEGACY AERO WOMEN'S DRIVER

ショートコースの帰り道、ゴルフ5板橋本町店に寄った。特に目的はなかったけれど、友人とヘッドスピードの話題になったので、試打でもしてみようということになり立ち寄った。自宅から3kmの位置にゴルフ5があったのも最近まで知らなかった。まあ、近くも遠くもないのだけど。

自分は特に試したいクラブもなかったが、いざ到着すると友人が億劫がったこともあり、先に試打することに。試すとすればこれしかないってことで、店員さんにお願いしたのがレガシーエアロドライバー。もちろんレディース。キャロウェイはウィメンズと呼ぶみたいだけど。

何度か「レディースで良い?」ということを確認されながら(笑)、スペック違いの2本を持って試打室へ。自分が使っているタイプと近いスペックのロフト角12.5度から試したが、計測上は半インチ長くてバランスも少し重い11.5度の方が理想的なボールがでると確認できた。

ヘッドスピードは40.5〜42.5程度で平均は41.5くらい。ボールは少し高弾道でドロー。方向性は右にでたり左へ出たり不安定。そこで店員さんに「思い切ってオープンに構えてみて下さい。」と言われて試してみると、真っ直ぐのドローボールがコンスタントに計測される。キャリーで200〜210Y、予測ランを含めて230Yといったところ。まあ多少良い計測結果が出ているとして、予想の範囲内かな。

ここで店員さんが「是非、男性用のも試してみて欲しい。」と言うので試してみたが、低い弾道で180Yがせいぜいという、これまた想定通りの痛い計測結果(笑)。ヘッドスピードも出ていない。

店員さんは「女性用でいい感じだったので、男性用なら250Yは飛ぶのでは?と思ってお薦めしたんですけど…」と苦笑い。

分析してもらったが、おそらく先調子の柔らかいシャフトが、ボールを高く上げてくれるのでしょうという結論。レディースクラブは簡単にボールが上がるようなスペックにしてあるので、その恩恵を受けているってことだろう。「ボールが上がらない」「上げるのにひと苦労」という自分の欠点を補ってくれているのは、間違いなくこういうシャフトなんだと実感。

試打したクラブのスペック
Callaway LEGACY AERO Women's Driver
ヘッド体積:460cm3
クラブ長さ:44.5
ロフト角:11.5
ライ角:58.0
バランス:C5
クラブ重量:274g
シャフト重量:41g
シャフトトルク:7.6
シャフト調子:先調子

自分のクラブのスペック
Callaway Golf BIG BERTHA Women's Driver
ヘッド体積:440cm3
クラブ長さ:44.0インチ
ロフト角:13.0
ライ角:56.0
バランス:C0
クラブ重量:277g
シャフト重量:43g
トルク:6.7
シャフト調子:先調子


江戸川ラインゴルフ場

今日は江戸川河川敷にあるショートコース、江戸川ラインゴルフ場まで出かけた。3千円回り放題でAコース12ホールを計3周した。今日はこれまでほど試したいというテーマはなかったのだけれど、行ってみるとそれなりの収穫と現在の欠点もみつかったりした。

得意距離と難しい距離
ウェッジのフルショットがようやく作れてきた。グリップ位置、フェースの開き具合、振り幅がやっと固まってきたからだと思う。以前のようにSWで100Y近く飛んでしまうこともなくなった。

今はAWなら80〜95Y、SWなら60〜70Yが最も打ちやすい距離。逆に難があったのは20〜40Yを上げて止めたい時。手ばかり急いで激しくカットし、低くて寸足らずでサイドスピンが強烈にかかった球になってしまうことが多かった。今度レッスンでチェックしてもらおう。

ショートパットに進歩の兆し
昨日のレッスンで教わった“目線はカップ、ボールは見ない”という方法が効果絶大だった。緩んで距離を合わせてしまうおっかないパッティングは影を潜め、見違えるようにストロークできるようになった。例え外しても怖いと思わなくなった気がするので楽に打てる。さてこれが実際のラウンドでも同じようにできるかどうかだけど…。

コーチは「この方法は、ロングパットでもスパットを見つけて、それをカップ代わりに考えれば有効」と言っていたが、カップを目線に入れるのに無理がある距離(2m以上)では、いざ打つ時に距離感が意識からなくなってしまうのでちょっと無理があると思った。慣れかな。


2009年12月12日

最近のラウンドでの傾向をコーチと雑談。普段はショットについての話になることが多いけれど、今日はショートパットのことを相談。そして、ショートパットのレッスンというかコツを教わることになった。

パッティングを教わるのは春のコーチとのラウンド時以来。このレッスン場でパッティングを教わるのは初めてじゃないかな?一応、狭いけれどここにはパッティング練習ルームなるものがあるのでそこへ移動。

アドレスからストローク時の目線
ショートパットなら、真っ直ぐ構えてもカップを視野に入れることができるので、むしろボールは見ないでカップを見て打つ。頭と体はもちろんスクエアで、目線だけをカップに向ける。そこで下敷きのようなものでコーチがボールを隠された。そしてカップを横目で見ながらストローク。

最初はボールが見えないので少し不安だったけれど、続けているうちにボールが見えなくても平気で打てるようになってくる。不思議と方向性も強さも結構いい。でも本当はもっと強くても良いと言われた(笑)。そのうちボールを隠さなくても自分で同じような状態を作れるようになる。

ショートパット

ハンドアップに構えてみる
引っ掛けや押し出しが出やすいハンドダウンな構えから、ハンドアップにして構えることを薦められ練習。今までよりもパターのソールをヒールアップさせるような感覚。ボールとの距離も今までよりかなり近くなって少し気持ち悪さもありながら、方向性が良くなった気がした。

続いてパターの握り方もアドバイスを受ける。例えば左手。他のクラブと同じく小指と薬指でしっかり握っていたけれど、親指のラインというか生命線に沿って握る。確かにこの方がハンドアップに構えやすい。

実はパッティングは度々打ち方を変えて試行錯誤していたので、こうしてアドバイスしてもらうとしっくりくる。ショットを違ってパッティングは極端にイジられても素直に変更できてしまうから不思議。いかに今までテキトーにやってきたかということかもしれないが…(笑)。

パッティングのレッスンは約20分で終了。あとは自宅で覚えよう。自宅練習のネタが出来て嬉しい。レッスンというとショットがメインになってしまうけれど、思えばアプローチも教わってから格段に上達したのでパッティングももっと早く相談するべきだった。目指せ30切り!

ヘッドスピード計測
隅っこの打席にヘッドスピード計測器をセットしてコーチがなにやら試していたので自分も計測してもらった。今日はドライバーは持参していなかったので、レッスン場にあるキャスコのSRシャフト挿入のメンズクラブとLシャフトのレディースクラブでそれぞれ計測。

SR…40.5〜41.5m/s
L…42.5〜43.5m/s

何度やっても結果は明白。まあ計るまでもなく、SRの方はイマイチなショットばかりで、Lだとかなの好感触。コーチも「やっぱりレディースの方がいいんだなぁ」と苦笑い。柔らかさよりもシャフト重量がいいのかもしれないとのことで、今度行くフジクラのフィッティングでは、軽くてしっかりめのシャフトも試してみれば?と言われた。

ちなみにコーチのヘッドスピードは、SRで54、Lでも50超えてた。自分の使ってるレディースクラブを試しに打ってもらった時も300Y近く飛ばしてるくらいだから当然だけど、シャフト折れちゃいそう(笑)。

レッスン中

最後に、最近ウッドで左方向に真っ直ぐ打ってしまう点を矯正すべく、椅子に座った状態でしばらくショット練習。体の正面でボールを捕らえるドリルとのこと。今日はパッティングとヘッドスピードで頭がいっぱいになったので、このドリルはすぐに忘れてしまいそう…(笑)。


2009年12月10日

今年一番の収穫は、なんと言っても前にちゃんと飛ぶドライバーと出会えたということ。それが驚くことに女性用クラブである事実。じっくりブログを読み返せば他にもあったと思うけれどこれは大きかった。上半期の相変わらず100を行ったり来たりしていたゴルフが一変した。

だた未だもって何が良いのかよく解らない。柔らかさ、長さ、重さ、バランス、ヘッド体積と形状、シャフトとグリップの細さなど全てが男性用と極端に違う。本当はもう少ししっかり振れるものが良いとか、飛距離がもう少し欲しいという希望がある。だからせめてどこか自分に合っているのかが解かれば、クラブ選びの段階からもっと楽しくなるんだけど…。

ということで、近日中に木場にあるフジクラゴルフクラブ相談室へ訪問して使用クラブの測定と分析、適正シャフトの選定、いわゆるフィッティングをしてもらいに行く予定。今日早速、電話でその流れや簡単な相談と予約の空き状況を聞いたところ。意外にも結構空いてる様子。

フィッティングの先にはリシャフトという選択肢もあるが、今のところそのフィッティングを試してみたいという好奇心だけ。一応価格も聞いたがフィッティングは無料で、ランバックスにリシャフトしたとすると工賃、グリップ交換込みで総額4万円とのこと。クラブが買える値段(笑)。

ちなみに使用ドライバーのスペックは…。

レディスドライバー
Callaway Golf BIG BERTHA Women's Driver

ヘッド体積:440cm3
ヘッド構造:6-4チタンヘッド
シャフト名:BB SERIES(40w:L)
シャフト重量:43g
トルク:6.7
調子:先調子
クラブ長さ:44.0インチ
ロフト角度:13.0
ライ角度:56.0
バランス:C0
クラブ重さ:277g


電話で簡単な相談を含めて聞いたところ、40g程度の女性用として使用できるタイプのものから試せるみたいなので、気も楽に。半年ぶりくらいに買ったゴルフ雑誌にも頼もしいことが書かれていた。

(週刊ゴルフダイジェストより)
ドライバーが苦手な人は、長さを44.5インチ程度に短くし、クラブ全体の重量を重くすると、振り遅れにくく、ミート率が上がって飛距離が伸びる場合が多い。クラブが短いぶん、シャフトは柔らかめ、ロフト多めを選ぶのがポイント。しっかり系のシャフトとの相性が良い。


雑誌に都合の良い記事を見つけて盛り上がるのはあまり好きじゃないし、一部該当しない部分もあるけれど、“ミート率を上げる”という部分に興味を持った。今年は冒頭にあるように、“打てるドライバー”を見つけたので、今度は自分に“合ったドライバー”を見つけたいなぁ。


関連リンク
フジクラゴルフクラブ相談室


2009年12月05日

アジア取手カントリー倶楽部(2009/12/5)

茨城県取手市の利根川沿いにあるアジア取手カントリー倶楽部にてラウンド。安くて近くてしっかりしているので年に何度か定期的に訪れるようにしている。場所柄、気温や風などの天候がダイレクトに反映されることと、厳しいライが手伝って気分だけはリンクス。

フェアウェイに打ってもセミラフやベアグラウンドに近い状態があるので良い練習になる。ウエストコースはブッシュやハザードが多く、距離が短いけどトリッキー。アウト&インコースは広めでストレート。各ホール高麗グリーンが2つずつ。久しぶりに来るとかなり小さくみえる。

本日のスコア
44(18)+48(19)=92(37)

WEST→OUT/Regular Tee/高麗グリーン/5,889Y
曇りのち一時雨/弱風/6.5℃→13℃

アジア取手カントリー倶楽部のスコア

昼前くらいに一時的に陽射しがあったものの、雲が低くて薄暗く空気が冷たく1日だった。ラウンド後半には雨も降り出してきた。練習場もないので前後半ともにスタート直後はなかなか身体が回らず苦戦。

ここに来る時は、普段やらないようなことを試したりする。その結果でミスになることも多いけど、その後の自信に繋がることも多い。今日もそういうショットがいくつか試せて有意義なラウンドが出来た。

アジア取手カントリー倶楽部(2009/12/5)

アジア取手カントリー倶楽部(2009/12/5)

左へのミスが多かったドライバー
先日ほどの飛距離はなかったが、ドライバーは今日もまずまず。ミスショットのほとんどは真っ直ぐ出て左側にドローしていくもので、時々こすり気味のボールもあったけれど、スライスするほどじゃなかった。スライスとプッシュアウトを怖がってティーグラウンドの右寄りに立ってやや左側を向きセットしているが、レッスンと練習の成果が出てきているようなので、そろそろドロー狙いのセットに変えても良いかもしれない。

80Y未満ショットの感触
ウェッジを使ったショットは、オープンスタンス&柔らかいスイングに努めた。3度ほど少し足りないショットになってしまったが、少し左狙いにセットしてフェード回転を意識し、しっかり上がって止まるボールを自信を持ってスイングできるようになってきた。他のコースでもこれが出来るかはまだ疑問だけど、少し「できる」と思えるようになってきた。

アジア取手カントリー倶楽部(2009/12/5)

噛み合わないアプローチとパッティング
アプローチで2〜3m以内に付けてそこから2パット。前回の速いグリーンではよく入ってくれた距離だけど、高麗なのにタッチを合わせてしまって切れたり、ショートしてしまう最悪なストロークも何度か。もはや他人の目にも名物になってきてしまった“寄せワン”ならぬ“寄せツー”。

もっと寄せれば良いのだけど、そこまで技術を極めるよりパッティングをなんとかした方が早い。パッティングの方は技術よりも精神的なものが大きいと思うので、そこを補うような対策をしないとなぁ。今日の小さいグリーンであれば30に限りなく近いパット数であがりたかった。


2009年12月01日

高根カントリー倶楽部

埼玉県比企郡にある高根カントリー倶楽部へ行ってきた。会社の会長お薦めのコースらしく、土日は高価でちょっと行けないところ。ネットの評価も高く、特にグリーンの整備が良くて気持ち良かった。意外にアップダウンがあり、2打目以降を打ち上げるホールがほとんど。比較的小さめのグリーンはベントと高麗の2グリーンで今日はベント使用。

本日のスコア
44(15)+44(15)=88(30)

西→南/Blue Tee/ベントグリーン/6,449Y
晴れ/ほぼ無風/8℃→13℃

高根カントリー倶楽部のスコア

スタートホールで前の組に青から打っている人がいたので、無線で使用ティーを聞くと「青からでも白からでも良いが、青で回る場合は遅くならないように…。」とのことだった。そして今回は青ティーを選択。

途中の数ホールで黒(フルバック)と同じ位置だったりして、すごく奥深いところから打たねばならず少しシビレた瞬間もあった。とは言え特別に長いわけではなく、距離よりも打ち上げが厳しかった。他の組を見ると白から回っている人が多かったが、ネットの書き込みが「短い」と「しっかり距離がある」で二分している理由がこれで分かった。

高根カントリー倶楽部
高根カントリー倶楽部

距離が長いのが功を奏した
今日はパーオンなし。でも今日はウッドとUTの当たりが良く、アイアンの当たりが薄い傾向にあったので、かえって距離が長くてパーオンが出来ないことが良かったのかもしれない。グリーンも小さく、パーオンを外した後のアプローチが結構寄ってくれたのでパットも少なく済んだ。

アプローチ&パッティングは全て手前から
2打目3打目のグリーンを狙いが横に外れるというケースが少なく、ほぼ距離が届かずというパターンが多かった。そのため、アプローチはほぼ手前から、パッティングも手前からが多かった。このせいか、あまりストレスのない感じでショートゲームが遂行できた。

高根カントリー倶楽部
高根カントリー倶楽部

良かったポイント
それなりにプレッシャーのあるティーショットもあったが、狙いどころが概ね広かったのと、ドライバーが良かったので思い切って振れた。これまであまり出番のなかったUTを使う場面が多く、ミスもあったけれど170〜175Yのナイスショットが続いてやっと“使えるクラブ”だと思えるようになった。今後の大きな自信になると思う。SWを使った30〜50Yの距離や恐々試したロブショットが上手くいって、自分でも驚くほどの好ショットが多かった。今回はこれらのショットに助けられた。

課題と反省点
残り80〜120Yの「絶対乗せたい距離」でことごとく失敗。またフェアウェイからのミスも多かった。ここという所でミスをし、連続して合格ショットを打てない点は相変わらずの反省材料。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事