ゴルフマニア手帳|初心者からの上達記録

手を出したからには本気でやる!40代から始め、初心者時代からの上達過程を記録中のゴルフブログ。シングルプレーヤー目指して奮闘中!練習方法、クラブ、レッスン、ラウンド記録など。

2009年12月の記事一覧

もう100は叩かないと心に誓いながら年初は4連続で3ケタを叩き、あげくには125というビッグスコア。正直なところゴルフをやめたくなった時期でもあったけれど、無事に全19ラウンドを終了できた。 念頭に掲げた目標 “90切り”は達成できたが、“年間平均スコア

大晦日にゴルフ。意外にも道路は混んでおらず、自宅からゴルフ場へは往復ともに約1時間でスイスイ行けた。そして、今年の下半期で唯一3ケタを叩いた玉造ゴルフ倶楽部・捻木コースが最終戦の舞台。今回はリシャフトしたドライバーのデビューであり、日々練習を重ねたショ

ドライバーをリシャフトしてから、以前よりしっかり振ってもボールが暴れないもんだからすっかり力む癖が付いてしまった気がする。先日の練習ではその弊害か、他のクラブに悪影響を与えてしまっていた。 今日は「飛ばしてやろう」という気持ちを捨てて、とにかく気持ちよ

知人と一緒にトーキョージャンボゴルフセンターで練習。さすがに年末とあってかなり空いていた。そして距離のある練習場なので、自分の練習としては珍しくドライバー中心。約150球を打ち込んだ。 奥のネットには250Yの表示。実測距離は約200Y。最初は真っ直ぐ出

昨日のレッスン前にフジクラ・ゴルフクラブ相談室に預けてあったリシャフトドライバーを取りに行った。シャフトは、フィッティングですっかりその感触に惚れてしまったモトーレ・スピーダー。どのヘッドに装着しようかと悩んだが、結局今の安心感をどこかに残しておきたい

今日はレッスン日だけど、友人2人を体験レッスンに誘ったため自分は見学&自主トレということで、レッスンは受けずに練習だけ行った。前回のレッスンからトップを大きく高く戻したので、今の大きなテーマは下半身と上半身が同時に回ってしまわないようにすること。 コン

SWを使うショットの中で自分が今一番悩んでいる30〜40Yの練習に時間を費やした。結構時間を使ったが、まだ自己採点50点以下。どうもふんわりと打てない。普通に打てば上がるのに、ドライバーと一緒でかなりハンドファーストにインパクトしてしまっているようだ。

江東区木場のフジクラ本社横にあるフジクラ・ゴルフクラブ相談室まで出かけた。目的はドライバーのシャフトフィッティング。レディースドライバーに巡りあうまでドライバーが打てなかった自分が、シャフト屋さんによってどう分析〜アドバイスされるのかとても興味があった。

プッシュアウトの応急措置としてトップをコンパクトにしていたが、同時に捻転も粗末になってただの“浅いトップ”になっていた。そこで「もっと右肘を高く上げて引いても良い」というコーチの指令が飛ぶ。合わせて「左脇腹をもっと伸ばして張るくらい捻る」というアドバイ

自分のゴルフをもっと進歩させるために今最も必要だと思うこと。それはショートパットをもっと楽に考えられるようになること。先日のレッスンから毎日欠かさず少しずつ自宅でショートパットの練習をしているが、これが結構な効果をもたらしている実感が沸いてきた。 アド

今日は江戸川河川敷にあるショートコース、江戸川ラインゴルフ場まで出かけた。3千円回り放題でAコース12ホールを計3周した。今日はこれまでほど試したいというテーマはなかったのだけれど、行ってみるとそれなりの収穫と現在の欠点もみつかったりした。 得意距離と

最近のラウンドでの傾向をコーチと雑談。普段はショットについての話になることが多いけれど、今日はショートパットのことを相談。そして、ショートパットのレッスンというかコツを教わることになった。 パッティングを教わるのは春のコーチとのラウンド時以来。このレッス

今年一番の収穫は、なんと言っても前にちゃんと飛ぶドライバーと出会えたということ。それが驚くことに女性用クラブである事実。じっくりブログを読み返せば他にもあったと思うけれどこれは大きかった。上半期の相変わらず100を行ったり来たりしていたゴルフが一変した。

茨城県取手市の利根川沿いにあるアジア取手カントリー倶楽部にてラウンド。安くて近くてしっかりしているので年に何度か定期的に訪れるようにしている。場所柄、気温や風などの天候がダイレクトに反映されることと、厳しいライが手伝って気分だけはリンクス。 フェアウェ

埼玉県比企郡にある高根カントリー倶楽部へ行ってきた。会社の会長お薦めのコースらしく、土日は高価でちょっと行けないところ。ネットの評価も高く、特にグリーンの整備が良くて気持ち良かった。意外にアップダウンがあり、2打目以降を打ち上げるホールがほとんど。比較

↑このページのトップヘ