ゴルフマニア手帳|初心者からの上達記録

手を出したからには本気でやる!40代から始め、初心者時代からの上達過程を記録中のゴルフブログ。シングルプレーヤー目指して奮闘中!練習方法、クラブ、レッスン、ラウンド記録など。

2010年02月の記事一覧

コーチに進められてからほぼ毎日続けているストレッチがある。それは股関節と肩関節のストレッチ。股関節の方はもう始めて1年くらいになるが肩関節の方はまだ3ヶ月くらい。もともと前屈がマイナス30センチくらいの体の硬さだし、若い頃の不摂生でかなりの猫背。もう40

昨年後半のスコアの進歩は、ドライバーが打てるようになったのが最大の理由。それで他のショットにも余裕が生まれた。そして地味ながら大切だと感じたのがプレショットルーティーン。 春先までは、ルーティーンのひとつと考えている素振りをアドレスからそのまま靴1足分

最近、ドライバーの練習量がめっきり増えた。そのことによってゴルフが雑になってしまわないようにと、ウェッジ&ショートアイアンの練習量も増やして、それ相応の効果は上がってきたと実感がある。でも、その中間のクラブに盲点が生まれていると今日感じてしまった。 ミ

先週の練習記事で「スイングリズムが大切」ということを記した。いつどんな時でも力まず同じスイングリズムを再現させたい。ナイスショット連発というようなレベルではなく、前にも飛ばないような大きなミスを減らしたいというのが自分の目標。スコアアップの鍵はここにあ

『今田竜二×石川遼〜世界を掴む〜』 ゴルフネットワークで先日放送された番組。今田竜二と石川遼の2人が9Hをラウンドするという企画。舞台は太平洋クラブ御殿場コースで、ラウンドレポートが青木功というこれ以上ない豪華なセッティング。 これから打つショットの説

自分のゴルフ歴も大してないけれど、これまでに初心者プレーヤーと一緒にプレーする機会が何度かあった。そして、その全員に共通していたのが「アプローチが全く出来ない」という点。アプローチというよりもフルショット以外というか、そういう練習を全くしていないパター

フルショット(特にドライバー)で最近注意しているのは、トップオブスイングでの右腕が作る形と角度。脇の下の角度はできるだけ90度に、肘の内側の角度は90度より小さくならないように、の2点。 自分の場合、スイング軌道のせいでプッシュアウトが出る。以前よりは

今週も打ち放題で440球を練習。昼前に自宅を出たが、練習場へ着いた途端に突風、強風で大荒れ模様。天井のネットも結構低いところまで下がってしまった。今日もフェード打ちの練習をやりたかったが、風の向きが左からの強いアゲインストだったのできつかった。 空は青

ゴルフネットワークで放送しているめざせシングルプレーヤーは、大変ためになる番組。なんでも放送開始から10年を超える長寿番組だそうだ。毎回違うプレーヤーがホームコースを3ホールラウンド。エスコート役の質問に答えながら、自分なりの練習方法、トレーニング方法

フェード打ちの練習を初めてから、ボールが落ちる位置や止まる位置をより細かく気にするようになった。当然これまでも適当に打っていたわけではないけれど、今と比べるとかなり漠然と打っていた。 どのクラブを握っても、それが届く距離なら狙いたい。しかし、グリーンの

土曜日の練習で、知人が懸賞で当たったマックテックの最新ドライバーを打たせてもらった。大きく分けると2種類あるNV−Fシリーズ。打ったのはレッドの方。こちらは、ヒッタータイプとされている。 装着シャフトはモトーレで48gという軽さ。「重量ヘッドと軽量モトー

↑このページのトップヘ