2010年08月

2010年08月29日

ドライバー練習動画

ラウンド翌日の練習。今回のラウンドではパッティング数がとにかくひどかったが、それ以外では序盤のティーショットの方向性がドライバーに限らずひどかった。準備運動不足や意識不足でよく上半身・下半身とクラブが一緒に回転してしまう。自分の場合の方向性とは、曲り幅ではなくて打ち出し方向。この病気が全くでない時もあれば、時々顔を出すこともある。今回に限っては序盤から連続して出てしまった。

ちょっとくらいならともかく、時計にして10時の方向や2時の方向に打ち出してしまうことがある。10時に打ってしまう場合の癖を修正しようとし過ぎた場合に次は、2時の方向に打ってしまうことが多い。

今日は、次からのラウンドで新旧どっちのドライバーを使うか?を試行錯誤しながらいつも以上にドライバーを打った。でもバッグに入りきらなかったので持参したドライバーは新しいのだけ。随分方向性は良くなってきたが、やっぱりまだ安心感というのが伴わない。やっぱりこれはコースで“成功”の実績を作っていかないとだめなんだろう。

でも次回のラウンドは元ホームコースとはいえ、トリッキーで狭いレイアウトのホールが多いコース。しかもドライバーを使えないホールもいくつかあるという中途半端さ。実に悩ましい。再度練習と思って使うか。

他のショットは概ね悪くない。どれだけ脱力して打てるかをキーポイントにしながら気持ちよくスイングできた。次回は、新ドライバーに加えて、あのパッティングの悪夢を振り払えるといいんだけれど、これまたタイミングの悪いことに次のコースはグリーンが難しい…。

まあ次回も数字を追うのは諦めて、次のステージが見えてくるようなショットが1つでも多く打てて、また逆に今後の練習課題が見えてくるようなラウンドになれば良しとしよう。10月初旬には大阪で戦った友人との再対決ラウンドがあるので、それに向けていろいろ試そう。


2010年08月28日

CIMG2432

苦手意識の強い玉造ゴルフ倶楽部・捻木コースはこれが3度目。1度目は100を叩いて、リベンジで挑んだ2度目は90ジャストで回れたけれど12ホールに絡む多くの池と、大きなベントグリーンに幾重にも重なる険しいアンジュレーションに苦戦させられるコース。

グリーンがかなり荒れていると聞いていたので、時間をかけてじっくり練習したかったが、早朝枠は分かっていたが現地に着いてなんと1組目だと判明。しかもカートにバッグを積み込んで早々に「行くよ!」と言われて大焦り。そしてそのまま真っ暗でほとんど何も見えないティーグラウンドに到着してしまい、グリーンの練習は諦めることに。

本日のスコア
54(24)+48(21)=102(45)

OUT→IN/White Tee/6,294Y
晴れ/25℃→30℃/セルフ

玉造ゴルフ倶楽部捻木コースのスコア

不安的中。雑草とボールマークが無数に点在して伸びきったグリーンにも驚いたけれど、自分でもびっくりのパット数。タッチも終盤近くまで全く合わなかったが、「ラインを読んで意味があるのか?」と自分でも随分適当にストロークしてしまったのは反省点。いくらなんてももうちょっとなんとかならなかったのか?と自分に問いたい(笑)。

ドライバー2本持参
新ドライバーは、もう少し打てるようになってからと思ってた癖に、直前になって衝動に駆られ3Wを抜いて2本持参。その浮気心が災いになったのか、薄暗い中で急かされて始まったせいなのか、これまでのメインドライバーが序盤から大荒れ。3番・4番の池ポチャに続いて、5番からは2連続OB。こんなのいつ以来の荒れようだろう。

続くパー3を挟んで、「もう今日は練習だ」と半ば投げやり気味に、それ以降は最終ホールまで全て新ドライバーでプレーした。結果は、悪くもなかったが特に良くもなかったという微妙なもの。距離だけならこっちの方がキャリーだけでも10〜15Yは余計に飛んでくれる。でも、これまでの安心感はなく、ティーグラウンドでまだかなり神経を使う。

最終ホールのティーショット

もっとひどい結果が出ると思っていただけに、案外ちゃんと打てるもんだなぁと不思議な気持ちになった。上の動画は最終ホールでのティーショットの模様。ラフから撮ったので手前の草が少し邪魔。

CIMG2430
CIMG2436
CIMG2427

ショット全般
アイアンがよくなってきた。ダフリ癖が付いていたので、ターフが取れたりすると内心「あちゃ!」と思ってしまうのだが、今回深く入って地面を掘ったのは全てボールの先のターフだった。アイアンに関しては久しぶりの好感触がいくつもあって、今日はこれだけが楽しかった。

フェアウェイウッド、UTは可でも不可でもなく、なかなか芯は喰ってくれないけれど、そう距離のロスもなく前に出てくれた。よくアイアンが良いとウッドがダメと言うが、その一歩直前のような気がする…。

ショートゲーム
今日はここが全くだめ。パッティングは距離もラインもデタラメで、最後まで何をしているのか分からないまま。ただでさえここのグリーン周りは神経を使うのに、見た目に負け、雑草とボールマークで跳ね、前回まで楽しかったグリーン上のプレーに楽しさを感じられなかった。

今年はどこのコースも天候のせいで芝の管理が大変だと聞いているのでしょうがないけれど、クラブハウスから近いグリーン(例えば18番)はとても綺麗だったので、もうちょっとなんとかならないのかなぁ〜なんて思った。それにしても45パットは多すぎるか…。


2010年08月25日

前回のラウンドでは、特にグリーン上でのプレーが結果・イメージともに本当に楽しかった。いつもと何が違ったのだろう?と探してた。もちろん毎日の自宅練習の成果であることも確かだろうけど、スタート前に同組のtomiさんから貰ったボールマーカーが気になる存在。

ボールマーカー(コイン)

自分は大雑把な性格ながら、時折ジンクスやゲン担ぎを気にすることがあったりする。実はかねてからボールマーカーは、帽子につけるマグネット式ではなくポケットから出す姿の方が格好良いと思っていた。しかもできれば西洋のコインだったりするともっと格好良いかな〜と。

そして今回たまたま中国のコインをもらって、早速使わないのも失礼だな〜なんて考えて早速使用。1ホール目はボギーオン。パーパットを控えておもむろにポケットからコインを取り出してマーク。自分のその仕草に少し酔ったりして(笑)。その3mほどのパットが気持ちよく入ったもんだから俄然気分が盛り上がって次のホールへ。

ところが2番ホールのグリーン上で、ポケットを探ってもなかなか見当たらない。あれ?と思ってキャップにもマグネット式のマーカーがあるからそれを使おうと、キャップのツバに手を伸ばすとなんと普段使っているルコックのマーカーの上にピタリとくっ付いていたのでビックリ。

さっそくtomiさんに「これ磁石に反応するよ!」なんて報告しながら、ポケットから取り出すのをやめて、それ以来ずっとキャップに付けて最後まで使った。土台ではなくて、ルコックのマーカーに磁石が付いているため単体ではここに付かないが、マーカーが頭に2個あっても別にいい。

しばらくはこれをラッキーアイテムとして重宝させることになりそう。


2010年08月22日

新しい(中古だけど)ドライバーを持って和光の練習場へ。30分ほど他のクラブで練習したあと満を持して握った。結果は、以前よりも随分マシな弾道になったなぁと感心した反面、コースで使えるようになるにはまだまだ時間がかかりそう。連続して打っているうちに、このクラブに合わせて工夫し始めている自分に気づき、慌てて動画撮影をセット。どんどん力が入って悪い癖が出まくっていることに気づき早々に終了。

当然今使っているドライバーとの比較になるが、ちゃんと当たった時の弾道で比較すると、今のドライバーが赤い部分に緩い弧を描いて当たるのに対して、新しいドライバーだと青い部分に強く当たる感じ。ちなみにネットまでの距離は約130Y弱。ただし、比較すると新しいドライバーはまだ相当に確率が悪い。右に記した×印の位置に低く引っ掛けてしまう弾道や、開いて当てて右に大きく曲がる弾道が出て怖い。

ドライバーショットの弾道

これまでにない豪快な当たり…20%
トラブルになったであろうショット…40%
150Y未満のカスあたり…40%


確率で表すとこんな感じ。今のクラブよりロフトがないので、縦スピンがかかっていないのは分かるが、右へ左への再度スピンがひどい。まだまだクラブが変わるだけでスイングまで変わってしまう。

ドライバーの醍醐味
よくドライバーの飛距離申告で、平均飛距離を言わずに「芯喰えば○○○Y」って人が多いが、その気持ちが始めて解かってきた。これが悪魔の罠なんだろうなぁ。OBをいくつ出してもドライバーを握り続ける友人の気持ちも初めて体験できたかも。でも自分が行っているのは少ない打数でカップインさせるゲームの練習であることを忘れちゃだめ。

他のクラブの練習
外で練習するのは3週間ぶりということもあって、最初は悪い癖が全部出ちゃった感じ。前には飛ぶが、なんか情けないボールばかり。さらに途中からドライバー練習を挟んだもんだから、今日の練習は何歩か退化してしまった気がした。練習の後半は、8番アイアンとSWに絞ってスリークォータースイングで建て直し。でも右肩が下がりすぎる。

30〜60Yの練習

今日は2カゴ(120球)で終えるつもりだったが、SWでの50Y前後も多めに練習したかったので、最後にあと60球出して練習。パッティング同様にゆっくりゆったりを素振りをして、ボールの前に立ってもそのテンポを再現するという練習を続けた。こんな短い距離でも右肩がかなり落ちてアッパースイングっぽくなってしまう。道は険しい。


2010年08月21日

GOLF5の工房

今日は寝坊して練習に行くタイミングを逃したので、午後からGOLF5に出かけて先日買ったドライバーのグリップ交換。待っている間、例によってまた何本かのドライバーを試打。中でもやはりオノフのドライバーが合ってるようで、これが最も真っ直ぐ飛んで距離もでる。見た目や特性の差もあるが、大きく違うのはシャフトが中調子だという点。

ドライバーのグリップ
ドライバーグリップ交換

さて、今日は店が暇だったせいかすぐに呼ばれたので、試打は約5分ほどで終了。グリップ交換前にこの試打ブースで打って計測値を見てみれば良かった。また今度持って来よう。

今使ってるドライバーは、グリップとシャフトが赤でヘッドが青。それに比べるといかにも地味だったので、グリップをイオミックの赤にした。しかしこのクラブはシャフトが地味過ぎる。ヘッドはしょうがないとして、ドライバーのシャフトはやっぱり派手でないと楽しくないなぁ。

2010年08月19日

そろそろ標準的なロフト角があるドライバーの練習を再開しようと、先週新橋の中古店を何件か回ってドライバー物色。自分の場合、精神的なものが大きいせいか、市場の大半のドライバーは見た目と構えた時の感じでほぼ打てる気がしない。そんな中でもなんとか探したいと思って消去法のような感じで最後に残ったのがこのERCIII。

練習用と言いながらも、本当はこれがすぐにも本番で使えると良いのだけれど、過去の実績からしてもその確率は低い。しかし最近は、ショップでの試打でロフト角10度のドライバーがそこそこ打てるようになってきたので、そろそろ練習再開の頃じゃないかなぁと考えた。

キャロウェイERCドライバー(ヘッド)
キャロウェイERCドライバー(フェース)
BASSARA F53x5ct

購入した練習用ドライバーの仕様
ヘッド:Callaway GOLF E・R・CIII CF
シャフト:BASSARA F53 FLEX-R
グリップ:Golf Pride DD2
クラブ重量:309g
バランス:D2
ヘッド体積:450cc
ロフト角:10.5°
ライ角:58°
シャフト長:45.5inch
キックポイント:中調子


使用中ドライバーの仕様
ヘッド:Callaway GOLF Big Bertha 2008(Ladies MODEL)
シャフト:Motore Speeder VC5.0 FLEX-R
グリップ:Lamkin CROSSLINE COLOR
クラブ重量:305g
バランス:D1
ヘッド体積:440cc
ロフト角:13°
ライ角:56°
シャフト長:44.75inch
キックポイント:先中調子

現在のドライバーの記事

今使ってるのは、ドライバーがどうしても上手に振れなかった自分への苦肉の策、かつ画期的な選択だったわけで、ドライバーという名前はついているが、でかいスプーン(3W)のようなもの。「いずれドライバーを持ち替えればあと20Yは飛ばせる。」という“伸び代(のびしろ)”を常に想像していたが、いよいよ秋シーズン、あるいは来シーズンに備えて練習を再開してみたい。とは言っても現在はアイアン特訓中だし、週末の初打ちの結果が例によって悲惨ならばまたしばらくお蔵入りも。

比較的打てそうなロフト角11.5ってことも考えたけど、そんな小刻みにステップアップしてもしょうがないと思い10.5度を選択。どうせなら歴然たる差が望めそうなスペックということで、シャフトも少しだけ長いものを選んだ。これで練習を続けて、良さそうならコースにも2本持参するようにして徐々に慣れるのが理想。「これで大丈夫」という自信がついてきたらリシャフトなどのチューンナップも考えたい。

しばらくは他にやりたいこともあるので、ぼちぼちって感じかな。



2010年08月15日

ダフリ矯正ドリル

アイアンがいい感じになりつつあるので、今日も畳みかけるべくレッスン通い。しかしいくら空調の効いたインドアレンジとはいえ猛暑日のレッスンはきつい。レッスンは、必ずドリルの反復があるし、体のどこかにきつい矯正が加わるので自主的な練習よりもきつくなるのが常。

ダフリ矯正ドリル
ダフリ矯正ドリル
ダフリ矯正ドリル

さて今日受けたレッスンは、打席にゴムの三角棒を写真のようにセッティング。ボールの手前を高くしてまずはダフリの防止。そして足元まで伸びたゴムを右足外側で踏んでスェーの矯正。

練習方法は、右足の外側をこの三角棒に乗せるようにアドレス。テイクバック時に、このゴムに乗っからないようにして、なおかつ右足内側に重心を置いてテイクバック。また、ダウンスイングからインパクトでは、このゴムをキックすることなく左足で体重を受けとけてボールをヒット。

このドリルで改めて自分の打法は回転運動ではなくて、右から左へ押す運動だったんだと痛感。テイクバック時の“腕を使わず肩を上手に回転させる”ということに苦労しているが、このドリルで右足の内側を軸にテイクバックすると、“回転”という概念が掴みやすいと感じた。スウェー矯正というよりは、むしろ“回転運動を覚えるドリル”かな。

これを覚えるにはあとは練習量しかない。でも間違って続けてしまうと今度はリバースピボットになってしまうのが心配(苦笑)。



2010年08月14日

ショートスイング
練習スイング正面


今日は空調の効いたインドアレンジへ。普段の週末はレッスン生優先なので混んでいるが、お盆でレッスンも休みだからガラ空き状態。持参したクラブは7W、6I、8I、SWの4本。今日は計130球打った。

今日やりたかったのはウェッジのショートスイング。これがどうも苦手でどうしても右腕でパンチを入れてしまう。コースでそんなに大失敗することもないんだけれど、もっと安心して上手に楽に打ちたい。

そこで、最近パッティング練習で取り入れて成果も出た“テンポ作り”をウェッジのショートスイングでも実践してみることにした。そのテンポも極力ゆっくりゆったりと。何も遅いのが良いスイングで速いのが悪いスイングというわけではないが、ゆったり動く方が各パーツの注意点も気にして確認しながら動けることになるのでとても良い。

これから打つテンポで素振りを数回行って、ボール位置にアドレスしてその素振り通りのテンポをそのまま再現してショットする練習。実はこれが案外難しく、実際にボールを打つとなると悪い癖が顔を出す。自分の場合は不用意に打つと必ず強くインパクトしてしまうので、何度も何度も続けないとなかなか実行できない。でもパッティングもこの練習で克服してきたので、この反復練習には信頼感がある。

これ以上ゆっくりは振れないと自分が考えるスピード。そしてそれも一定に行って癖づける。コースにでると、どんな人でもかならず練習場以上の余計な力が加わってしまうから、“決して力を入れない”“50%あるいはそれ以下の力加減”での練習は大変有意義だと思う。

今日は6番・8番アイアンでも、左足にしっかり重心を置いて、体の正面で打てたボールが多かった。実はアイアンは最近2〜3球続けて良い感触を得られることが全くなかったが、今日は久しぶりにあった。7Wは相変わらずボールが一定の場所でヒットできない。クラブがちょっと長くなるだけえ、このテンポを意識した練習はすごく難しい。


2010年08月12日

今回の同伴者たち

初めての方とラウンドすると、毎度何かと参考になることが多い。それぞれのレベルでの努力と工夫が垣間見えて感心する。適当にゴルフしている人からはそういったものが見えないけれど、それはそれで反面教師となってくれるので、そこからも学ぶことは多い。

相手のプレーが参考になるという意味では、グリーン上で先に打った同伴者のボールの勢いや曲り方などが真っ先に考えられるが、それ以外にも同伴者のプレーを観察したり、「自分だったらこうする」などとショット前にマネージメントしてみるのは大変有意義。

そして、先日のラウンドで初めて一緒に回った3人からも学ぶことが多かった。同伴者のことを記すブログではないけれど、今回に限って気づいたことや学んだことなどの発見を記事にしてみよう。

カツオ君
最近はハンデが2ケタになったって言ってたかな。経験や技だけでなく体格やパワーも自分とは全く異なるプレーヤー。以前は競技ゴルフにも出場していた経歴の持ち主。これまで見てきた身長のあるプレーヤーと全く違って、カツオ君はかなり前傾してハンドダウンしてアドレスする。アイアンショットの見た目ではヒールでヒットしてるイメージ。

カツオ君のティーショット
カツオ君ショット

自分のようにボールの手前を掘るなんてミスは全くない。最も期待して注目したのはグリーン周りからのアプローチ。ピッチ&ランではスピンで止めて距離感を出すという打ち方を何度か披露。20Y前後であんなにヘッドスピードを出してヒットするなんて真似できない。ダフったりトップしてしまうような恐怖感は全くないんだろうなぁ。ボールの先の地面をバシッと叩くようなクラブの入れ方が格好良かった。

あと、ショートアイアンでの弾道が時々こちらが考えてる以上に低く出ていたけれど、あれはハーフトップじゃなくてわざとなんだろうか?今度聞いてみよう。ドライバーでも平均して50Y、大きいと80Yくらいの飛距離を差を見せつけられた。パワーがあるだけにミスの度合いも大きいが、あれが整ってきたら到底勝てそうにない。自分も飛距離が欲しい。

tomiさん
以前tomiさんに「アプローチは、ボールを投げるようにイメージすれば距離感なんて簡単」と言われたことがある。今回は本当にその通りのアプローチを見せてくれた。50Y前後の距離をふわりと上げてピンそばに付ける。自分がコースで全くできないショットなので余計に驚いた。

tomiさんとキャディさん

本人いわく「俺は上げる打ち方しか出来ないから」らしいけれど、自分などからしたらそっちの方が難しいと思う。フェアウェイからのショットなんかでも「パスッ!」とバウンスの気持ち良い音が出ていた。いずれのショットも、テンポとリズムが凄くいい。しかし何故かティーショットだけはテンポが速い…(笑)。パッティングストロークでは、ストロークスピードに細心の注意を払っているが、今度ショートスイングでもやってみよう。

そして、20年来使ってるというtomiさんのアイアン&ウェッジはソールがすでに錆び番手の刻印が分からなくなるほどの年季入り。そろそろ新しいウェッジが欲しいと考えていたけれど、考え直そう。

PENON
チッパーを利用してのランニングアプローチに、中尺パターを使ったサイドサドルスタイルのパッティング。ラウンド前は「なんだそれ?」なんて思っていたが、いざ拝見してみるとその合理的さに感心。

ショット後のPENON

チッパーでのアプローチは障害物がなければ50Yでも転がしてやろうという感じ。サイドサドルスタイルのパッティングは初めてみたけれど、打つ方向に対して体を正面に向けて、体の横でパッティングするから、まるで右手でボールを転がすような感じ。これだと利き手である右手の感覚がそのまま使えて、慣れてくるとボールを見ずに目標を見ながらストロークするので距離感も方向性も良くなるというもの。

しかしこんなパッティングスタイルがあったとは驚き。tomiさんもそうだけど2人とも自分の持っている感覚を大事にしてるんだなぁ。自分はパッティングもアプローチも極めて機械的。歩測して振り幅で行うので、いかに毎回同じテンポで加速したり減速したりしないかがポイント。

前半最終ホールで、自分の短いパターを使って右手1本で体をカップに対して正面を向いて、何球か打ってみたけれど凄く打ちやすかった。しかも目測だけで距離感や方向を合わせられた。突然このスタイルにしようとは思わないけれど、こういう練習もありかなと思った。

それぞれ大変勉強になった。すぐ自分のものになるなんてことはないけれど、この先において役立つことが多い1日だった。


2010年08月09日

瀬田ゴルフコース・北コース

毎年恒例、帰省の際の仲間コンペ。第4回目の今回は、滋賀県大津市にある瀬田ゴルフコース・北コースが舞台。井上誠一設計でトーナメントにも使われたコース。スタートしたら18Hを終えるまでクラブハウスに戻らないゴーイング・アウト&カミング・インのコースは初体験。

比較的広く見えるコースながら、距離が長くてタフな設計。打ち上げも打ち下ろしもあって、ティーショットが悪いとセカンドで苦労するという典型的なパターン。北コースは必ずキャディ付きになるのだが、広いのにキャディさんがいないと大変だろうなぁ。どこがOBとかじゃなく、「○○を狙って下さい」と言われるがままにティーオフしてた1日だった。

本日のスコア
44(14)+47(18)=91(34)

OUT→IN/Orange Tee/6,510Y/キャディ付
雲の多い晴れ/28℃→30℃

瀬田ゴルフコース北コースのスコア

コンペの結果はグロス、ネットともに8人中2位。到底かなわないという相手が2人いたので「今年も優勝を!」なんて思わなかったけど、そのうちの1人(同組)を負かせたのはこの上ない喜び!普段であれば、こんなスコアで勝てるような相手じゃないんだけど、前半だけで早々に自滅されました(笑)。でも後半は怒涛の追い上げで41はさすが。

毎年帰省の際には、地元の友人に良いコースを選んでもらうんだけれども2年続けて数字的には満足。今日はまずティーショットがまずまずだったのと、グリーンを楽しんでプレーできたのが良かった。道中もたつく場面も多々あったものの、同伴の3人が前から一緒にプレーしたかった初同伴の3人だったので終始楽しく、それぞれのプレーからもいくつか勉強させてもらったりして、プレー上の収穫も多かった。

瀬田ゴルフコース・北コース
瀬田ゴルフコース・北コース
瀬田ゴルフコース・北コース
瀬田ゴルフコース・北コース

勝ちたい・良いプレーを見せたい
今回は、このブログにも時々コメントをくれるカツオ君、tomiさんに「勝ちたい!」そして、同じくPENONに「良いプレーを見せたい!」という気持ちが強かった。前日の飲み会でカツオ君に勝負を挑んで、「ハンデいくつにします?スクラッチ勝負はありでしょう。」みたいなことを軽く言われてしまったので、内心は密かにメラメラ燃えていた。結果的に相手の自滅で数字上では勝ったものの、後半41のゴルフを見ていると「ああ、こりゃ普通なら全く歯が立たないわ」と唸ってしまった。

ショット全般
カートにコースイラストがなく、キャディさんに言われるがままに打つしかなかった。でもそれが逆に功を奏したと思う。狭い打ち上げで先が見えないってホールもあったけど、思い切って振るしかなかった。相変わらずフェアウェイをキープしてからの美味しいショットで力んでダフってしまうというパターンが多く、特にウッドが今回はほぼミスショット。

「ダフってもヘッドが滑って当たるように」と言い聞かせて、そのように振っているので、チョロみたいなことにはならないけれど不甲斐ない。アイアンの方は最近ではマシな部類。グリーンを狙えない場面やパー5では苦手な距離や嫌な場所からのショットが残らないように努めた。

ショートゲーム
最も嬉しかったのは、奥のバンカーに入れてパーが取れた17番。受けグリーンの奥からうまく打てたバンカーショットが下りきらずに、4歩ほどの下りスライスラインを残して止まってしまったが、パッティングをビビらず上手にフォローが出せてカップイン。これは嬉しかった。

瀬田ゴルフコース・北コース
ティーショット(UT)

写真は唯一のバーディーが取れた6番ショート。快心のUTは、ピンの左手前7歩半の位置で、ややフックめに出て最後はスライスする感じの上りライン。これが綺麗に入って、みんなの方に向いてはしゃぐのは遠慮して誰もいない池の方に向って満面の笑みとガッツポーズ(笑)。

総評と反省
同伴者が上げたりスピンさせたり転がしたりと、自分が出来ない&考えないようなアプローチと攻め方をたくさん見せてくれた。特にtomiさんの50Y前後のアプローチの柔らかさと精度、カツオ君の強烈にスピンの効いたピッチ&ランは羨ましかった。PENONは、チッパーを使って転がし専門。しかしこれはバカにできない収穫があった。今さらチッパーを使おうとは思わないけれど、「こんな距離を?」みたいなこともあった。

アニカ・ソレンスタムに挑戦

7番ホールにはこんな看板も。思わず娘の“杏仁花”を思い出してナイスショットを打たせてもらった。当然届かなかったし、フェアウェイからのセカンドショットも大ミスをしてしまったが、和んだ瞬間だった。同伴の各プレーヤーさんのことは明日の記事で記すことにする。


2010年08月06日

練習風景

暑い夏はやっぱり室内レンジ。帰省前の駆け込み練習で、会社帰りにクラブも持たず立ち寄った。貸しクラブがたくさんあるので、スチールシャフトの7番アイアン、カーボンの8番アイアン、ドライバー、SWを適当に見繕って打席へ。冷房の効いた部屋とはいえ、動くとやはり暑い。

自分の場合、手首をあまり使わないのでいわゆるオーバースイングにはならないが、必要以上の力や部位を使ったオーバーパワー、体重移動を勘違いしたスエーなどのオーバーワークになってしまう。

憧れるのは、前傾を保ってアドレスした空間からはみ出さず、上手な捻転を使った無駄のないスイング。これにはほど遠い。今日はレッスンではないので、8歳のジュニアをレッスンしていた先生と雑談を交えながら軽く1カゴ(たぶん150球くらい入ってる)の汗を流した。

その8歳のレッスン生は、レッスンを始めてもう5年になるという。来週大会があるらしく最後の仕上げ中だった様子。スイングはまだ未完成ながら肩を上手に回転させて、体全体を使って何の迷いも躊躇もなくスイングしている。こんなところにも思いがけない見本があるもんだ。

8歳のレッスン生と一緒に
とても楽しそうに見えたので、室内レンジの横幅を目一杯使ったロングパットの練習、アプローチの練習に混ぜてもらった。子供の場合、最初は距離感が合わず苦労するが、すぐにコツをつかんで15mくらいを寄せ始める。でもまたすぐ飽きて、適当な打ち方になってしまう(笑)。

集中力を維持させるのが難しいとか。試合に出ても、ショートパットを適当に打って、行ったり来たりの繰り返しになってしまうそうだ。この大切さを知りはじめると、次はミスショットが怖くなるんだろうなぁ。


2010年08月02日

使わなかったクラブたち

先週末のラウンドで全く使わなかったクラブが5本もあった。毎回というわけではないが、今回は3W、5W、7W、5I、8Iの計5本。結果論だけどクラブは9本で足りたということになる。

この中で、8番アイアンは今回たまたま使う場面がなかっただけ。5Wも普段はよく使うが、今回はパー5のティーショットが全てラフだったので使う場面がなかっただけ。3Wもティーショット用で時々使う。今回はティーショットの狙い目が狭かった17番で使うかどうか迷った結果、ドライバーで中途半端なスイングになりチョロしてしまった。

そして最近、滅多に使わないというかほとんど練習用と化しているのが7W、5Iの2本。練習には良く持参する2本だけど、コースで使った記憶が最近ない。使用する距離の場面がないというよりは、練習でも上手く打てなず、自信もないのであまり使わなくなってしまった。

毎度、ラウンドの支度をする時に抜こうか持って行こうか迷って、結局抜いたことはないのだけど、全く使わないのにバッグに入ってるというのも正確上嫌な感じ。本当はこの2本を抜いて、UTを1本増やして合計13本がベストセッティングとなるのかもしれない。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事