2010年10月

2010年10月31日

和光バーディーゴルフ

先週に続いてがに股アドレスでのスイング練習。自宅のダウンブロー練習の効果からか、今日は満遍なくいい感触で打てる。しかもドッシリと構えているせいで、練習開始の1球目から余計な力も入らない感じ。下半身がしっかりすると、その安心感からか上半身が楽に動く。

こうしてどっしり構えても、テイクバックで右膝が伸びる癖は健在。試しに手打ち覚悟で両膝を固定して打ってみると見事に打球がブレない。体が硬いのは今さらしょうがないにしても、肩と腰を回した時にもう少しでいいから我慢が利くようしたいなぁ。う〜ん、股関節がきしむ…。

ダウンブローが少し板に付いてきたせいか、ダウンスイングで上半身の回転を我慢させても右に体重が残ったり、すくい打ちになりにくくなってきた気がする。相変わらずプッシュアウト時代の記憶が怖いけれど、これを続けると右が怖くなくなるかもしれないと思った。

ドライバーはもうレディースヘッドに戻せなくなってしまった。悪くはないのだけれど、5球に1球くらい激しくスライスして怖い。年内予定はあと3ラウンドくらい。これからの数ラウンドは、ドライバーを含めて沢山の試したいことを全部やってみる予定。幸いにも今年の数字的な目標はすでに達成しているので、あとは内容と将来に繋がるものを得たい。


2010年10月30日

今日は、ラウンド予定が入っていたが雨で中止。練習場へ行っても強風でネットが下りているだろうから練習場通いも断念。ということで、今日は外にも出ないだろうから玄関に練習ネットをセット。子守りしたりTVを観たりしながら、ことあるごとに玄関に行ってひたすらボール打ち。

ソフトフローリングの上に洗面所の薄いマットを敷いて練習。最近は柔らかいマットの上で打つのをやめた。下が硬い方がミスに厳しくて、しかもダフらないように打たないといけないためいい練習になる。

この硬い床の上の薄いマットで練習するようになってから、短い距離のアプローチでもダウンブローを意識できるようになってきた。スピンの効いた低いボールを打つための格好の練習にもなりそう。

アプローチ自宅練習
練習スロー動画(画面暗い)

最近よくやる練習方法は、レッスンのドリルでもあったボールの先数センチのところに紙を敷いてそれごと打つというものだけど、その方法だと散らかってしまうので今日はビニールテープを貼った。そして、これを剥がすつもりでボールを打つ。これがとてもいい練習になる。

アドレス
右つま先前にボールをセット。左足を少し引き、ややオープンに構えて左股関節と膝にしっかり体重を乗せる。肩のラインは目標と平行。自分の場合、スタンスと同じように肩が開くクセがあるので、右肘をやや胴体側に絞る動きをする。クラブフェースはほんの少し開いて、右手を被せてグリップ。要はインパクトの状態でアドレスを作る感じ。

ストローク
左足体重のまま、肩を回して始動。ボールの先に貼ったビニールテープを剥がすことに意識を持って、ダウンブローにしっかりヒットさせる。頭というよりは目線を残しつつ、肩と腰はクラブと同調して動かす。ここが大事で、ヘッドアップしたり腰と肩が止まると必ずミスする。

8時→4時よりも小さい振り幅なのに、ちゃんとヒットした時のなんと心地良いこと。何度もスロー動画を撮ってボールの回転も確認。ボールの高さも含めてまだ上手に打てる確率は30〜40%くらいかな。覚えれば柔らかめに打った時のスピン量との2種類使い分けられるか。

PW、9Iを使ったランニングアプローチも練習に挟みつつ、今日は1日で合計300球近く打ったかも。家にずっと居るのも悪くない。


2010年10月24日

アイアン練習

インパクトにかけて流れてしまう左膝。体重移動の際に外向きにステップしてしまう無駄な癖。これを練習中に撮影動画で見つけて、先日のラウンドで新潟のカツオ君からもらったアドバイスを思い出した。

彼は左足をあらかじめ開いてアドレス。膝も外を向いているからこの方が膝が流れやすく見えるのだけど、逆に踏ん張りが利いてしっかり股関節に体重がかけられるという。自分の場合を検証してみると、両足ともほぼ体と垂直に近く、それでいて踏ん張ろうとするから膝が絞れて、女性によくあるような内股アドレスに見えなくもない…。

よし、がに股にしてみよう。
感動するほど下半身が安定して、しっかりスイング出来た。相変わらずバックスイングでは右足が、インパクト以降では右足が伸びて突っ張り気味にはなるけれど、膝の流れはなくなった。両膝が等間隔に保てている感じもいい。これでステップする必要もなくなって左足ががっちり固定された感覚が心地いい。スイング中もよろよろしなくなった。

そう言えば過去のレッスンで、股関節への体重のかけ方を習ったことがあったけど、いつから今のスタンスに戻っちゃったんだろう。

関連記事
肩より腰の回転から

「いいなぁ、このがに股打ち。」と思いながら動画で確認すると、これが普通のスタンスで今までが真っ直ぐ過ぎただけだった。がに股の方がそれっぽく見える。自分の周囲で言うと北の武器商人さんはドッシリとしたがに股の下半身がいい見本だし、今日のマスターズGCで優勝した横峯さくらプロを改めて見てもかなり強烈ながに股スタンスだ。

でも短いクラブでスタンスを狭くした時のがに股度はどうしたらいいんだろうか?と一瞬悩んだ。最初から左足体重で打てばいいか。



2010年10月23日

高島平で練習

以前いた会社の上司に誘われて高島平の練習場へ。車で連れてもらったのでキャディバッグごと持参。180Y(実測約160Y)の練習場で基本が打ち放題制。バンカー、パッティング練習場(マット)があった。

今日は、力が抜けるまでに50球もかかった。本当に力が抜けて良い球が出るようになったのは100球近く打った頃。まだ経験が浅い頃はこういうことが多かったけれど、最近またこういった傾向に戻ってるのが少し気になる。これもドライバー練習が増えたせいだろうか。これからの練習およびラウンドは、こういう部分とも闘わなければならなさそう。

それなりの腕前の人と一緒に練習するのは楽しくて、緊張感もあって身になる。打席での練習後、元上司が「最近バンカーが出ないんだ」ということで、バンカー練習場に立ち寄った。ドライビングレンジに向けて打つようになっていて、打球が出る方向にネットに大きな穴が開けてあるのでSW以外の大きなクラブでも練習できるようになっていて感心。

高島平のバンカー練習場

でも出ないのはあちらではなく自分の方だった。全く上手に打てずに凄く焦った。かれこれ長くバンカーに苦労した記憶がなかったので、今日のミス連発はショック。いや、ショックではなくていい発見をしたと思うべきなんだろうか。一瞬、どうしたら良いのか考え込んでしまった。

クアトロテック55
元上司が中古購入したドライバーを打たせてもらった。テーラーメイドのバーナーにシャフトがグラファイトデザインのクアトロテック55。グリップもイオミックのソフトなものが装着されていて心地良かった。

クアトロテック55

ザ・ゴルフガーデン高島平
基本が打ち放題。3階建てで1〜2階だとたまに行く練馬高野台のトップゴルフガーデンよりも高い。地面からボールが出てくるオートティーアップ制なので、どんどん矢継ぎ早に打ちたい人にはいい。実測160Yでの180Y表示は飛ばないボールと相殺で良心的表示。足場はゴム底の人口芝で感触は良いけれど、少し減り気味で沈んでる感じがした。

人気の練習場らしく、午後10時近くなるとかなり待ちが多い。今回は朝8過ぎに着いたので1階は満員ながら2階のいい位置を確保。日曜日はもっと混むらしい。でも近かったらいい練習場だと思う。


2010年10月21日

自宅練習

平日は自宅練習用の道具を奥の部屋までなかなか運べないのでサボり気味だった。でも最近は玄関スペースから部屋側に向けて練習用ネットを置き、風呂場横から玄関に設置したネットに向かってボールを打つようにすることで場所を確保。来客がないことを祈って(笑)。

玄関横の押入れ部屋にゴルフの道具が全て置いてあるので、ここだと気軽に設置できて練習時間もすぐに確保できる。最近の練習時間はもっぱら妻の入浴中。やっかい娘も不思議とゴルフ練習の時はおとなしく見学してくれている。今のところは(笑)。

動くもの、転がるもの、音に興味があるので、練習する時はベビーチェアに座らせて見せながらやると笑いながら見ている。ここにママがいるとわがままが発生するので、あくまで2人きりの時だけ有効。

素振り用の棒を振る時は、インパクトの時に「シュッ!」と声を出しながらやって見せると飽きないで大人しい。いずれの練習の場合も娘に教えるかのごとく顔を見て解説しながら、そして時々道具を触らせてあげるのが飽きずに見学してくれるコツ(笑)。

日々の自宅練習は抜群の効果を発揮する。でもサボると途端にダメになったり怖くなったりする。手打ち癖に戻るからだろう。カット打ち気味になっている点も今日発見。クラブの軌道は左脇を締めて体の回転と平行ながら、やや目標方向への意識も出してみると良かった。

最後に床に敷いた芝生状のマットをどけて、フローリング風クロスの床から直接打ってみた。微塵もダフれない恐怖感。ボールコンタクト後に床にトン!とクラブが触れる感じになるようにと続ける。少しでも手前の床を擦ってしまうとフェースの向きが変わってあらぬ方向へ。これはいい練習になるかもしれない。今後も練習に組み込もう。


2010年10月19日

グリーン周り

自分の場合、グリーン周りからの短いアプローチは、ピッチ&ランを基本にしている。でも最近このショットのミート率が妙に良くなってしまってスピンがかかり過ぎる傾向にある。その結果、概ねショートする。

グリーン周りの短い距離の場合、普段はSW、AW、PWの3本とパターを持って乗用カートからボール位置へ向かう。でも前回のラウンドではこれに9番アイアンを急遽初登場させて補ったほど。

以前からランニングアプローチ主流の友人に、「7番アイアンまでの選択肢を持つと便利。」と教わったことがある。でもこんな手順でアイアンを初使用するとは思わなかった。このまま行くとそのうち8番アイアンを使うことになるかもしれないので、最近は秘かに練習している(笑)。

以前までは、地面に刺さってしまうのが怖くて、概ねハーフトップ気味で打っていた。場合によっては、クラブをヒールアップさせてやや被せ気味でクラブの先端寄りで打っていた。ピッチ&ランとランニングの間のような苦肉の策から出た打ち方。これが時間をかけて徐々に自宅練習と同じようにジャストに打てるようになったということだと思う。

短いアプローチに関しては、今では手打ちがなくなって肩を回転させて打つようになった。たま〜にダフるけど地面も怖くなくなった。でも、あわよくば狙いたいと思ったショットでショートするとガッカリする。

“スピンがかかる”、“ボールが上がり過ぎる”というのは、ある意味嬉しい悩みかもしれない。まあしょせん30Y前後までの短い距離での出来事なので、概ねワンピン程度やまあまあの位置には寄ってる。今後それに合わせた距離感にチェンジして行けば良いのだろう。

しかし、ボールを上げるアプローチが苦手なクセに、ピッチ&ランで上がりすぎたり、スピンがかかり過ぎることに悩むとは…。



2010年10月16日

ドライバーテイクバック

リシャフトしたE・R・Cドライバーを持って朝から練習場へ。気が急いて準備運動も短いクラブでの体慣らしもそこそこに早速握る。やはりスイングの感触は抜群で振っているだけで気持ちいい。でも相変わらずヘッドが変わっただけなのに力が入ってスイングを崩してしまう。

レディースヘッドドライバーの方は、ロフト(13度)があるせいか結構どこに当たってもそんなにインパクトの感触が悪くなく、ミスヒットへの許容が広いのに対してこちらはミスヒットすると途端に手応えが悪くなる。今のままならレディスヘッドの方が安全なのは変わらない。

ボールは俄然良く上がるようになった。捕まりも凄く良くなった。ただ、ミスヒットした時の曲がり方、方向性が派手でまだ怖い。これが今日の時点での率直な感想。でもいい感じで“使える”クラブになった。今度の練習の甲斐もあるというもの。先に楽しみが増えた。

ドライバーフォロースルー

脇を締めてハンドファーストを抑える
自分の場合、ハンドファースト過ぎるインパクトがロフトを立たせてしまうのでボールが上がらない。これは、コーチからもフジクラの店長からも指摘される点。もっと右足体重でとかハンドレイトでとかいろいろ言われるが、しっくりくるのは“しっかり脇を締めてインパクトを迎える”イメージを持つ方法。今日もそこに集中していい結果が得られた。でもドライバー以外でこれをやると全く当たらなくなるのが悩ましい。

ボール位置も修正
こっちのドライバーの場合、従来のボール位置だと中央寄りすぎるみたいで、良く言われる左足かかと内側を試しながら模索。そして左わき前が最も良いという結論に。手順は、足を閉じてボールが中央立ち、そこから少しだけ左足を左にずらして、最後に右足をスタンスする。

今日の練習で他の方を見てある発見をした。ドライバー時のボール位置が左足つま先前、あるいはスタンスからはみ出すほど左寄りの人のなんと多いこと。友人にもそういうパターンが多いが、本人にそれを指摘すると「いや、左足かかと内側だ。」と反論されることも多い。不思議。

最後はやっぱり安心感
レディスドライバーを使い始めたきっかけを思い出す。コースで試し奥さんから借りて打ち、目の覚めるようなナイスショットが出た。その記憶だけが強烈に残って、以後ほとんど練習もしないで使っていた。これがいゆる本当に“合う”というクラブなんだろう。そして、コースでのたった1回のナイスショットが与えてくれた安心感・自信も大きいと思う。コースで使いながら練習していくのが良いか、もっと練習してからコースで使い始めるのが良いか悩ましいところだけど、例えしばらく満足な結果が得られなくとも、よっぽどじゃない限りはコースで使っていこうと思う。


2010年10月15日

2本のドライバー
ドライバーヘッド比較

リシャフト品を引き取りにフジクラまで立ち寄った。フジクラでの試し打ちの感触は予想以上に上々。「レディースヘッドよりもやや柔らかく感じるかもしれない」と店長に言われたが、自分ではほぼ同じに感じた。ヘッドそこ違うけれど、このシャフトのダウンスイング時のしなる感触とインパクト時の手応えはが気に入っていて、それはそのまま感じられた。

これは先入観・安心感もあるからだろうし、シャフトの返りが自分に合ってるからインパクトが気持ち良いのだと思う。これで同じシャフトのドライバーが自宅に2本。10ヶ月お世話になった奥さんのドライバーをやっと本人に返せるか。とは言っても育児でゴルフ休養中だけど…。

しかし、フジクラでの計測で以前よりもヘッドスピード・ボール初速が落ちていることが判明。上の写真が昨年暮れのもので、下の写真が先日フィッティングした時のもの。左の数字がヘッドスピード、右の数字がボール初速。そして同じ試打クラブを振った時の平均的数値。

ヘッドスピードとボール初速(2009年12月)
ヘッドスピードとボール初速(2010年10月)

たまに試打しに遊びに行くGOLF5での計測では、常に40〜43くらいあるのでここ最近で落ちたということか。でも計測機が違うから単純比較は出来ないのかな。ちょっとスイングの注意点を気にし過ぎてる傾向があるから躊躇のあるスイングになってしまってるのかも。


2010年10月11日

ドライバー練習動画

練習にはその都度テーマを持って臨むようにしているが、今日は「連休なのに練習してないなぁ」という理由だけで和光の練習場へ。持参クラブはDR、5W、7I、SWの4本。ドライバーはレディスヘッドのメイン。掲載した動画はひと通り打ち終えた直後のドライバーショット。

1球目はやや左に打ち出してややドロー。最近はこれが多い。2球目はトップして真っ直ぐでコースでも時々やってしまう。でもこのパターンはよく転がるので大怪我はない。3〜4球目もやや左に出てドロー。最後の5球目はやや左に出て軽いフェード。これもよく出るボール。

「決してパンチを入れない」というのが練習での大前提なので、大怪我ショットはほとんどないものの、最近はどっちへ曲がるか分からない。コースでも総じてこんな感じだけど、傾向として左に出ることが多い。

よって以前の傾向とは逆に、最近はボール位置を随分と中央寄りにするようになった。左足かかとから1個分ほどでドローを打つためのボール位置でもある。スタンスも真っ直ぐ構えてから最後に右足を外側に少し開いくようにしているので、右を向いて左へ打ってる感じ。

来週レッスンに行って矯正してもらおう。昨日フジクラで見せてもらったインパクト時の連続写真では、フェースが被るでも開くでもなく、自分ながらかなりスクエアにボールを捕らえていた。

そう言えば8月末の玉造捻木コースからこういうボールが増えたんだっけなぁ。買ったばかりの中古ドライバーを練習し始めた直後だった。フジクラの佐藤店長も、自分がこのバサラの挿さったクラブで打つと、「曲がる方向があちこち出て安定しないでしょ?」って言い当ててた。その修正を必至でやってておかしくしちゃったかな(汗)。


2010年10月10日

木場のフジクラ
フジクラ・ゴルフクラブ相談室

木場のフジクラゴルフクラブ相談室に予約を入れて行ってきた。今回訪れた理由は、ドライバー2本の数値比較と、中古購入のERCをリシャフトしたらどうなるか?の相談。ということで前回お世話になった佐藤店長を指名させてもらって、ドライバー2本を持参した。

自分が一番興味があったのは、今メインで使っている13度のレディスヘッドに装着しているMotore Speeder VC.0の試打クラブ。同じシャフトで違うヘッドが付いたドライバーの感触を体感したかった。打感は違うとしても、その振った感触が同じなら…という希望もあって。

結果は、ほぼ同じ感触を得られて振っていて凄く心地良い。シャフトがしなる感触、自分の弱点を補ってくれる戻るタイミングとその感触。今回も同系統の各モデルを試したが、やはりこれが合ってる様子。

Motore Speeder VT(黒)
まず差し出されたのは黒シャフト。素振りした感じでは、表現は悪いがなんかブヨブヨして頼りない感じ。そのイメージのまま打ったせいかどうもタイミングが合わない。「あ〜でもない、こ〜でもない」と思いながら数球打ったところで「全く合わないですね!やめましょう」と店長。このシャフトは少しでも“振ってしまう”とダメな気がした。あと15年、20年してクラブを振れなくなったら、これに世話になるのもいいかもしれない。

Motore Speeder VC.1(青)
次に渡されたのが青シャフト。VC.0に限りなく近い感触というか目を閉じてたら分からないくらい。自分が打つと打ち出し角は低いが、ボール初速はこれが一番。いわゆる“強い球が出る”という感じ。将来、ボールがもっと上がるようになったら、飛距離アップにいいかもしれない。

Motore Speeder VC.0(赤)
やっぱり気持ちの良さはこれが一番。これが自分に合う理由をクラブヘッドがボールコンタクトする瞬間連続写真で説明してもらった。ロフトが立ったままでインパクトを迎えてしまうのが自分のスイング。そしてこのシャフトは、その弱点をあっさり補ってくれる。

上記の理由に加えて、スイングした時の感触が良く安心感があるのであれば、リシャフトするなら今と同じもの(VC.0)でしょうという結論。ヘッドの構造上、キャロウェイのヘッドに挿すと少し硬めに仕上がるので、ここの試打クラブよりも更に近い感じに仕上がるとのこと。

そしてリシャフトを決断。「ロフト以外は全く同じように使いたい」という漠然とした要望を伝え、、グリップも通常のグリップをやや伸ばして細めに装着してもらった前と同じグリップと装着方法で依頼。

最後に店長から「同じ感じで使ってもらえるよう頑張って調整します。とりわけ長さは全く同じが良いと思うのでそうさせて下さい。ヘッド重量の関係でバランスが出ない場合は鉛を貼らせて下さい。」と言われ、その他にも細かい感覚的なことや要望を伝えて、あとはお任せに。

今のレディスヘッドドライバーで充分だと結論を出したばかりだが、ここまで条件が揃れば例えすぐに好結果が出なくても諦めがつくし、その後の練習の甲斐もある。そして少なくとも、迷いながらコマを進めるという不安定な気持ちがこれで消える。完成が楽しみ。


2010年10月08日

パッティング練習

週刊パーゴルフに“内藤雄士監修パッティングシート”というのが付いていたので早速組み立ててここ数日使っている。作りもいたって簡単なので最初は「なんだこんなもの」と思っていたが使ってみて唖然。かなりアウトサイドにテイクバックしている自分を欠陥を発見。

パッティングストロークは、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すのが基本。でも上から吊っているわくライ角があるので、ストローク幅が大きくなるにつれインサイドインになるのが自然。自分は、真っ直ぐをイメージし過ぎるあまり、それが外側に引いてしまう癖を生んでいたようだ。

最近の自宅練習では、ストロークのテンポ(速さ)だけに集中して続けていたけれど、前回は引っ掛けが多かった。あるいは引っ掛けを怖がってフックラインめに押し出してしまうミスも多かった。

せめてこの付録の幅くらいは直線をイメージ。そこから無理なく自然なインサイドインが作られるようにしたい。自分が心がけているストロークスタイルは、パターを上から吊るすように持って左足体重。毎回ゆったりと一定のテンポでストロークできるようにと決めている。

上から吊るして持つ
ショートパットに苦戦している時にコーチから勧められた。より直線をイメージしやすいが、グリップが体から遠くなるのが不安な人には向かないかもしれない。パターはこのアドレスに合わせてシャフトカット。グリップエンドからソールまで測る方法で32インチとなった。

左足体重でストローク
パッティングでも時々ダフる。小さなストローク幅なのに芯を外して打ってしまう。などの理由から、池田雄太プロのストロークを思い出してラウンド中に実践。最初はダフり防止だけの理由だったけど、芯で捕らえやすい方法であることも判明。ヒットする瞬間が心地良い。

ゆったり一定ストローク
これもかなり前のラウンドレッスンで教わったことだけど、ずっと忘れてて少し前に思い出したように始めたこと。自分は強さで合わせるタイプではなく振り幅で合わせるので、一定のストロークが必要。また強さを加えてしまわないためにも、極力ゆっくり振ることが大事。

ゆっくりストロークすること関しては、hinoe_uma66さんのパッティングを最初に見た時に「いいなぁ」と感じ、その後ラウンドレッスンで学び、実際に影響を受けて参考にしたのは宮里藍プロのストロークテンポ。

パーオン率が30%にも満たない現状を考えると、1ラウンドあたりのパッティング数の目標は32以下。パッティング数は36以内でと考えるのもひとつの目安だと思うけれど、それは初歩の段階だったり、パーオン数がもっと多い場合の目標。アプローチも含めて、このあたりが得意と言える、そして見えるような数字が残せるようになりたいなぁ。


関連記事
パターのチューニング


2010年10月05日

左肩痛

先週の金曜日あたりから久しぶりに肩関節に違和感発生。いわゆる四十肩・五十肩と言われる症状。ゴルフを始める前にも時々この症状があり結構長引いたこともあるが、ゴルフ開始後は1回だけ。それも1週間足らずで直ったとちょうど3年前の記事にあった。

ゴルフには全く支障なかったが、ラウンド直後は0歳の娘を抱っこするのもキツかった。しばらく安静にして週末に通院して薬をもらおう。痛みはだいぶ和らいだけれど、動かすとゴリゴリ違和感。首筋や首の下あたりの背骨周辺にも影響してるみたいで肩が凝ったような感じ。

もともと肩凝りしないタイプなんだけど、ここにきて老眼が進行したのか視力が低下気味。それだけでも肩が凝る。ずっと視力だけは良かっただけに、以前見えていた距離の文字が見えないと気持ち悪い。

ゴルフを長く続けたいなら、もっと健康にも気を配らないとなぁ。


2010年10月02日

富岡カントリークラブ

シーズン到来。でも自身約1ヶ月ぶりのラウンド。今回は、夏に初対戦して相手自滅の下に勝利させてもらった新潟の友人との再戦。彼は、シングルプレーヤーで元競技ゴルファー。私ごときに連敗できないと、かなりの気合いで挑んできた。場所は互いの中間に位置する群馬県富岡市の富岡カントリークラブという超バブリーなコース。

白と青の中間の銀(レギュラー)ティーを使用。ティー位置が前寄りが多くて、スコアカードの記載距離よりも結構短かったが、適度なアップダウンとハザードなどが戦略的で面白いコースだった。グリーンは、ここも今夏の猛暑で結構痛みがあったが、フェアウェイは芝がぎっしりでふかふか、バンカーは砂が白くて柔らかくて苦労した。

本日のスコア
46(15)+50(19)=96(34)

OUT→IN/Silver Tee(Regular)/6,386Y
快晴/後半弱風/18℃→24℃

富岡カントリークラブのスコア

新潟の友人との対戦結果は記すまでもなく今回は大敗。スタートから6連続パーを見せつけられて早々にお手上げ。2ボギーの38。後半はやや苦戦していたものの、こちらがそれ以上に叩いてしまった。まあ普通に回れば勝てるわけもない相手なのだけど、もう少しくらいは肉薄したかった。しかし、スタート前の練習に始まり、至るところで大変勉強させてもらった。次はもっと気を引き締めて相手を焦らせたい。

ドライバー
クラブをころころ変えてしまったせいか、以前の安定感がなく危ないショットがいくつもあった。あれこれ考え過ぎの傾向もあるので、もっと頭をシンプルにしてスイングできるようにしたい。以前は、ドライバー自体の練習量は少なく、他のクラブの延長線上という感じだったので。

パー3のティーショット
ヒールや先端でヒットしてしまい距離足らずが多く1オンなし。芯で捕まった時は左に真っ直ぐというボール。上半身と下半身が同時に回転してしまってる証拠。これはドライバーにもあったので重要課題か。

富岡カントリークラブ
富岡カントリークラブ
富岡カントリークラブ
富岡カントリークラブ
ショット全般
久しぶりの本コースで、総じて捕まりが鈍かったがそれでも前半はよくクリーンヒットできた。問題は後半。進むに連れ、下半身に疲れがきてダフリミスが多発。ボギーオンもままならなかった。

ウェッジの問題
以前から苦手とはいえ、今日は80Y以内が特にひどかった。ウェッジでアドレスするだけで、ミスが予想できるほど不安になる始末。練習場より大きく距離ロスするってことは、ちゃんと打ち込めていない証拠。もっと自信を持ってスパッと振りぬけるように、しっかりと目的意識を持って練習しないと…と反省。マットでの練習を過信しないように。

パッティング
12番のパー5では、パーオン4パットのダブルボギー。ショートパットを粗末にし過ぎた。数字は34パットだけど、今日のパッティングは大いに問題あり。ボギーオンすらこんなに少ないのだから、もっと少なくしないとアプローチした意味もない。連日の雨でグリーンが柔らかくてピッチ&ランのランがなかったり、ベアグラウンド部分で予想外のキックがあったりもしたが、そのせいばかりには出来ない反省があった。

総評
1ヶ月ぶりだと自分はこんなものかなぁ〜とも思う反面、イージーミスが多かったので反省材料もぎっしり。ラウンド回数を増やしてコース慣れも欲しいところだけど、それには事情が伴う。今後は練習場と自宅練習の範囲で克服できる部分だけでも修正していきたい。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事