2011年06月

2011年06月30日

ホワイトバーチカントリークラブ

週末に予定していたラウンドは天候が怪しいので中止にした。これで怪我が理由なのも含めて3回連続で中止になった。そういえば以前、雨天時のラウンド中止に関して知り合いからこう言われたことがある。

「雨で中止?ゴルフは自然との戦いだよ?」

競技やコンペでもなく、同伴者もラウンド日もコースもすべて好きに選んでゴルフしているのだから、天気も選んでいいだろう?天気を選ぶのは嫌いな人を誘わない、都合の悪い日にゴルフしないのと一緒。

ゴルフ場側からすると、とんでもないワガママななんだろうか。でももし毎週ゴルフ出来るような身分だったら、自分も「自然との戦い」なんて嘘ぶいて雨のラウンドも進んでやるのかもしれない(笑)。

しかしそもそもなぜゴルフだけが“自然との戦い”なんだろう。人造の場所でプレーするのは野球もサッカーも同じなのに。例えば同じ場所に隣接してゴルフ場と野球場(サッカー場でもいい)があっても、やっぱりゴルフだけが“自然との戦い”ってことになるんだろうか?

天候に関わらず試合が行われる点や、あるがままプレーするということに関してはゴルフだけがそうではない。やっぱりコースのある場所がいわゆる田舎だったり、自然っぽく造ってるからなんだろう。

個人競技だから、「ゴルフコースとの戦い」ということはある。またゴルフ発祥の基点からそういう言葉があるんだろう。

しかし図らずも冬のオフシーズンに近いブランクができた。梅雨だけど繁忙期でもあるからこの時期のプレー日選びは難しい。一体次はいつコースへ行けるのだろう?まさに自然との戦いになっている。


2011年06月28日

新しい2本のフェアウェイウッドを加えたクラブセッティング表。比較のために以前のクラブも並べて載せた。数値的な流れに気を配りつつ、現況を優先して結果的にこう並んだというセッティング。

DRCallawayE・R・C--CF10.544.75D1.5
FWROY. COLLE.BBD's 304T#315.042.75D1.2
EON SPORTSGIGA XF-#315.043.00D1.5
ROY. COLLE.BBD's 304T#518.041.75D1.2
EON SPORTSGIGA XF-#520.042.00D1.5
UTEON SPORTSGIGA N.BOY21.040.00D1.5
EON SPORTSGIGA N.BOY23.039.50D1.5
IRMIZUNOMX-25#527.037.75D0.8
MIZUNOMX-25#630.037.25D0.8
MIZUNOMX-25#734.036.75D1.0
MIZUNOMX-25#838.036.25D1.0
MIZUNOMX-25#942.035.75D1.0
MIZUNOMX-25PW46.035.25D1.5
WFOURTEENMT-28 J.SPEC51.535.25D2.5
FOURTEENMT-28 J.SPEC58.035.00D3.0
PTPINGREDWOOD D663.031.50


この1年で道具にかけたお金
もちろん予算面の妥協は普通にある。仲間内ではクラブを買わない方の部類に入るものの、この1年で中古ドライバーの購入→リシャフト→グリップ交換。中古UT1本追加→バランス調整&グリップ交換。中古フェアウェイウッド2本購入→グリップ交換。

リシャフト、ウッド購入時に優待券やギフト券が使えたのが大きい。それを差し引いて、約3万円ちょっとが財布から消えた計算になる。

理想を考えるときりがない
次に変更したくなるとすればどこだろう。消耗部分で考えれば最優先はアイアンのグリップ交換。次はウェッジのシャフトを普通のDGにしてみたい(今はDGのハイローンチ)とも思う。クラブだとUTだろうか。ロイコレのUTを場所と日を替えて何度か試してみたい。

少し前に11.5度くらいのドライバーが欲しい時期もあったが、打ち方次第で充分に上がるようになったので収まった。ドライバーの中ではキャロウェイのRAZR HAWKに興味があるが、実物を見るとヘッドがでか過ぎて萎える。MP53も見た目や試打の感触がたまらなく良いけれど今のアイアンと品番の格好良さが変わるだけのような感じ。

最近はゴルフショップへ通う時も、娘と一緒(抱っこして)の時がほとんどなので試打遊びする機会がなくなった。数ヶ月前、娘を背負って試打室に入って8時→4時スイングでボール遊びしたことがあるが、周囲のお客さんの目が冷たくてすぐにやめた(笑)。

だって「杏仁花(あにか)」なんだから、それくらいいいだろう。


2011年06月25日

フェアウェイウッド(BBD's 304T)練習動画

今日は近所の練習場の早朝サービス時間を利用。クラブを6本持って出かけ、先週に続いて、ダウンスイングでは右肘、インパクトでは左膝にテーマを置いた練習内容。怪我は日常生活では完治したが、しばらく休んだツケが体にあるので、今日も加減して120球。

右肘の向きと通り道
先週から行っている楽に振るためのテーマ。イメージ点は、トップで作った右肘の角度をできるだけ維持してインパクトするというもの。

右肘を体の正面から外さないで、なるべく体の近く(右脇腹)を通るようにしながらその向きを注意すると、上半身の開きにも効果がある。どちらかと言うと、右肘のあるところに上半身を向けているという感じ。

自分の場合は右肘に意識を置くと手首のコックもセットで我慢が利くようなので、力を入れなくていい効率の良さを実感できる。「効率良く飛距離を伸ばす」のではなく、「もっと楽に振りたい」というのが目的。ただ右サイドばかり気にすると、右肩や右腰が下がってしまうので注意。

左膝を緩めてフォロー
そこで左足下がりで打つような意識で、左膝を突っ張らず柔らかく緩めてインパクトするように打つ。伸び上がる癖があるので、意識はむしろ深く曲げて打つようなイメージ。これでやっと伸びずに済む。

これは左脇腹をかばいたいという一心で、休んでる間に考えたことだけれど、インパクトを安定するのに凄く良い。

ダウンスイングでは、右サイドが落ちてしまいそうなテーマを課しながらインパクトからフォローでは、それを補う作業を入れる。なんか矛盾した動きを同時にしようとしてるなぁ〜と感じながら・・・。

徐々に身体も動いてきた
先週より体も動いて振れるようになってきた。新しいフェアウェイウッドだが今日は3Wは持参せずに5Wだけにした。下はその動画。中央の柱よりやや右が正面となるが、1球目は吹け上がったスライス、2球目が理想の弾道、3球目はトップしてスライス。と、こんな傾向。

PW(105Y)練習動画

「ドライバーが短く見える」の効果は今週も持続。やっぱりフェアウェイウッドを代えた効果なんだろうか。凄く簡単に振れるようになった。だからといってナイスショットが増えたわけではないけれど。


2011年06月23日

復興支援チャリティコンペ

4月にプレーしたアゼリアヒルズカントリークラブから、コンペの結果表と賞品が届いた。ネット72.2(ハンデ10.8)、グロス83でいずれもベスト20に入った。挨拶文に500名以上が参加となってるけど、BB賞が485位ってことは、失格が15名以上いたってことなのか?

コンペとは言っても、プレー前にチャリティ参加費払って、競技用のスコアカード(1人用で横長のやつ)をもらって、プレー終了後にアテストして提出するだけ。友人と一緒に普段通りプレーしただけなので、何のプレッシャーもないし、コンペなんて意識もないから気楽。

それでも大勢の参加者の中で上位5%に入れたのは嬉しい結果。賞品が食事券なのはガッカリ。せめてプレー優待券にして欲しかった。また訪問するにしても食事付きのプランを予約するだろうし…。

こうして結果表を見ると、全員が載ってるわけじゃないが、90前後のスコアの人が凄く多いんだぁ〜と感心。100叩きは全体の20%くらいしかいない。まぁ、わりと簡単なコースだし参加費払ってスコアカード出すくらいだから、それなりに自信がある人が参加してるからなのかな。


2011年06月21日

BBD's 304T 初打ち

先々週末に中古で買ったニュークラブ。怪我のため1週間もお預けになってしまったが、先日やっと初打ち。リハビリ練習で打ったものなので後日印象が変わるかもしれないが一応記事にする。

打ってみた率直な感想
鳥かごで2度試打したものの、距離あるレンジでは初打ち。まずは5Wから試した。最初は予想外に低いボールが出たが、振り慣れてくるとともに強い高弾道が続く。結果だけでこれまでと比較するとそう大差ないかなぁ〜?しかし左へのミスが消滅したのは嬉しい。芯を喰った時の強くて高い弾道には打った本人もちょっとびっくり。

次に3W。こちらは俄然良くなった。今までは練習場のマットですら地面からはまともに打てなかった。でもこれは充分に打てる。3Wに関しては試打もなかったのでまさに初打ち。自信と経験値を増やすためにも次のラウンドは全部これでティーショットでも面白い。

率直なところとしては、このクラブにしたことによる結果的な大きな新車効果はすぐにはないかもしれない。ただ構えやすさと左へ決して行かない安心感は絶大。「クラブを代えてナイスショットが増えた」なんて都合の良いことはないにしても、今後の楽しみが増えた。

BBD's 304T 初打ち

UTの延長で使えるフェアウェイウッド
小型ヘッドのわりにヘッドを感じやすい。今までウッドは「払い打つ」感覚で振っていたけれど、これは待望の「打ち込む」感覚で打たせてくれるクラブ。いや、そのように打たないとダメなクラブだろう。そして現在使用中のアイアンやUTと同じイメージで振れるのはいい。

逆に、以前のイメージで打つとトップするミスが出たり、当たっても弾道が低くて弱い。しかし意外にもミスにも寛容だと感じた。噂から難しいクラブとの印象があったけれど、思ったほどではなさそう。

BBD's 304T 初打ち

打感と打音とその感触
これは試打した時のイメージそのまま。自分のセッティングには、軟鉄のアイアンと削り出しのパターがあるが、イメージ的にはこのウッドもその仲間に入るんじゃないだろうか。全てに共通するのは、ミスヒットするととても手応えが悪いという点。当然ちゃんと捕らえると抜群の褒美がある。なんとなく飛んで行くというクラブではない。

アイアンもパターも慣れるのに随分時間が掛かったが、今では大のお気に入り。これらのクラブに育ててもらった感すらある。このウッドもそういう役目を担ってくれるのか・・・これを期待してみよう。

打音は好みが分かれるところ。悪く言うと乾いて鈍い音と表現する人もいるかもしれない。「バシッ」って感じ。好きな人はこのソリッド感が癖になるんだろう。ちなみにヘッドスピードがある人が打つと、最高にいい音がする。自分が打った時はちょっと微妙かも(笑)。

芯を喰った時は、ボールを通り抜けていくかのような感触。これは今まで感じたことがないもの。これを打感が良いというのかどうかは分からないけれど、とても不思議な手応えである。

BBD's 304T 初打ち

初打ち、感想のまとめ
初打ちは、久しぶりの練習で加減しながら打つことになったので、正直なところまだよく掴めていない。でもどっちかと言えばやはり難しい方に分類されるクラブなのかもしれないなぁ〜と思った。

ただ、「フェアウェイウッドだけ打ち方のイメージが違う」というゴルフは近々にも卒業できそう。そして面白い効果がひとつ。ドライバーが笑っちゃうほど短く感じるようになった。これはこの3W・5Wのヘッドが小さくてシャフト色、グリップ色も同じだから錯覚が起きているのか?逆に短く見えるが故に飛ばなさそうに感じるというデメリットも。

こちらの効果は今後、吉と出るのか凶と出るのか・・・。


2011年06月19日

赤いゴルフクラブが並ぶ

左腹斜筋故障明け。中15日で約半月振りのボール打ち。3年半前のあの悪夢を繰り返したくないという一心で、フルショットは封印。ちょうど練習場のスタンプが今日の受付で貯まったらしく120球無料カードを受け取った。凄い誘惑だったけれど、今日はその無料分のみ練習。

休養中も自宅でシャドースイングをしていた。練習再開の時に試したいと考えて行ったのが右肘の通り道の矯正。右肘を地面に向けたままのバックスイングは以前から心掛けているが、ダウンスイングでも同様にそして右脇腹内側に絞り込む。これをボールを前にしても違和感なくできるようにするために、体をかばいながら繰り返していた。

右肘に注意したダウンスイング

今日はハーフスイングで体を慣らした後、スリークォーターでこの動きを何度も繰り返した。肘の通り道、向きよりも久しぶりのボール打ちで体がきつかったが、ショートアイアンで繰り返しているうちに、徐々にいい感じになってきた。今日はまだフィニッシュまでは振らない。

この動きでは、ダウンスイングでまず右肘を右脇まで落とす作業に意識が働くので上半身が開かないという効果もでた。一瞬いつもより右側に打ってしまいそうな感じがするが実際はそんなことなく強く捕まる。

左膝に注意したインパクト

あと、全てのスイングにおいて少しアッパー打法癖がある。これで脇腹を痛めたようなものなので、再発させないスイングということで左膝を緩めたまま(曲げたまま)でインパクトからフォローまでを実行。これが故障箇所への優しいスイングになり、インパクトの安定にも繋がる。

久しぶりのわりには打席に入ってもそういう感じがせず、思わず振りそうになってしまう。でも今日はリハビリ。どんな球が出ても気にしないという決めごともあったけれど、ハーフスイングとスリークォーターだけで気持ちよく済ませので、そんな決めごとは不要だった。

しばらく練習しないで自宅でじっくり考えたり、動きをチェックする時間を持つのも悪くないもんだ。完治してもこの謙虚さを保ちたい。

BBD'S 304T の初レンジ打ち
もちろん新入りの3W、5Wも何球か試した。鳥かごでしか試打したことがなかったので初めて弾道を見ることになった。実はこの2本だけは我慢できずに合計10球ほどフルショットしてみた。詳細は別記事にまとめるが、実に振りやすくてボールが強い!乾いた打音もいい。

確かにいわゆるオートマチッククラブではなく、マニュアル的なクラブという雰囲気をヒシヒシと感じた。アイアン、UTと同じ感覚で使えるウッドを探して辿り着いたが、打ち込みやすくアイアンに近い感覚。


2011年06月15日

自分のドライバーショット
友人のドライバーショット

目標にしている新潟の友人が競技ゴルフに復活する。昨晩、スタンス向きの相談をしている時に聞いた。来月開催の県アマ予選に出場するのだそうだ。月例や有志の例会など、普段から競技ゴルフに慣れている彼でも県アマ独特の冷ややかな緊張感は苦手らしいが、それでも挑戦する意味は自らの腕試しとさらなるレベルアップのためだという。

自分が年頭に掲げた目標は「スコアよりレベルアップ」。本来の理想としては、今年は100前後のスコアを続けながらも、このテーマを終えた暁には大爆発する、という流れが上達記録的には理想だった(笑)。しかし皮肉?なことに今のところ好スコアが続いている。

正直なところ、自分のための記録でありながらもブログは公開されているため、「いいところを見せたい」という気持ちが働く。これが上達に関してかなり余計な部分だった。「ここから自分を解放する」、「目標は次のラウンドや目先の数字ではなくもっと将来にある」というのが目標の本来の趣旨。これが自分を「楽」な気持ちにしてくれて、それで好スコアが続いているという作用が今のところ起きているんだろう。

前述の友人とは、全くレベルの違う身の置き方。こちらは「楽」なところに自分を置いてレベルアップを図り、彼は厳しい所に自分を置いてそれを図ろうとしている。ハンデが10近くも違うので、比べること自体がおこがましいのだけれど、これまで3回一緒にプレーして1回しか負けていないということもあって「もうすぐ!」なんて思う部分もあった。でも相手はさらに先のレベルでレベルアップを目論んでいるのだ。

彼との会話で、自分が今やっているのは「レベルアップ」ではなく「レベルアップ前の準備段階」に過ぎないと感じた。でもそれも大事。

自分を楽な所に置く。これは日頃から大切にしている心のマネジメントにはとても有効で、今の自分は「100切り」「90切り」のレベルでのマネジメントを使っている。これは時々80台を出してくれて、ベストスコアという単発の記録ならそれ以上がある日もあるだろう。でも、いつまでもこのままで良いとは思っていないので、ある時期がきたら自分を厳しい場所に置き直してみたいと思う。今はそれまでの過渡期。


2011年06月14日

3日夜の練習で発症。以前の経験から腰痛への進展が怖かった。幅広の腰痛ベルトを高めの位置に固定して冷湿布。3〜4日経過くらいで痛みは消えた。前回はここで無理をして腰を激しく痛めたので、週末の練習は見送った。発症1週間は固定ベルトと冷湿布で過ごし、風呂も湯船には浸からず娘を抱っこする時も極力注意して過ごした。

今週頭から腰痛ベルトも冷湿布も外した。今回は医者の指示を徹底的に守るつもりだが、「さて、次はどうすれば良いだろう」と考える。何もせずに安静にしていれば良いのだろうけど(笑)、新しいクラブも買ったし今週末には練習場へ行きたい。そろそろ体も動かし始めないと、の思いから「もう運動してもいい理由」を求めてかずくんさんに相談。

もしかしたら医者とは違う見解があって、条件付で体動かしても良いなんて言われるかなぁ〜と僅かな可能性を求めて相談したものの、そんな都合良い答えが出るはずもなく安静続行(笑)。「次は血行を良くしろ」とのことなので昨晩は湯船に浸かってリラックス。

実は昨晩、便秘気味だったのも解消されて腰も軽くなった。そして風呂上りにストレッチとまではいかないけれど、固めてかばっていた患部を少し伸ばしたり捻ったりの運動を行ってみた。久しぶりに動かす部分なので錆付いた感じの違和感はあったけれどいい感じ。今朝は体調も久しぶりに良かった。でもこれは便秘解消が理由かな。


2011年06月11日

3月のコンペ優勝でもらったギフトカードを利用して、フェアウェイウッドの入れ換えを決めた。1月に帰省の折、友人のタイトリスト909F2の3Wを打たせてもらって「こんなに打ち易いウッドがあるのか」と感動して以来いろんなフェアウェイウッドを試打してきた。

自分のウッドは今となっては大顔。昨今の小顔のウッドは、どれを試打しても3Wがやけに簡単だった。そこにコンペの賞品が舞い込んできたので物色していたがどれも決め手に欠ける中、これに出会う。

ロイヤルコレクション BBD'S 304T
ロイヤルコレクション BBD'S 304T

ROYAL COLLECTION BBD'S 304T Fairway Wood
3W 15度 42.75inch 322g 148cm3 D1.0 中調子
5W 18度 41.75inch 329g 137cm3 D1.0 中調子
グリップ IOMIC Sticky1.8
シャフト BBD's FW(GRAPHITE DESIGN)

決め手はこのクラブの特徴すべて。小顔(小頭というべきか)ウッドによくあるペラペラ感がなくドッシリ!初対面でこの形状に惚れて、地面に座らせた時の構えやすさと美しさがたまらなく気に入った。必至で試打できるところを探して2度ほど打って予算を決めて中古探し。そしてこの度ギフトカード所有権のある奥さんに許可をもらって取り寄せた。

鳥かごでの試打した時の感触は、まず今のクラブよりもしっかり触れるのと打感が全くぼやけずに素晴らしく心地良い。打音も最高。5Wはもちろん3Wも明らかに自分のよりもかなり易しく感じた。でもこれが中〜上級者用だと先週知って少し心配になった部分も・・・(笑)。

ロイヤルコレクション BBD'S 304T

そして最近ウッドで強烈なフックが時々出ていたのだけれど、このクラブはそこも解決させてくれる。旧クラブはフェースの向きが1度フック。こいつはメーカーサイトでは「ややオープン」の表記でストレート。

真っ直ぐ構えられると評判のこのクラブだけど、実際は自然にソールさせるとほんの少しフックに座る。これを嫌がる人もいるだろうけど、自分は今までのクラブでスクエアに構え直すというルーティーンを持っているのでちょうど良く、この具合も気に入った理由のひとつ。

イオミックのグリップに交換
グラファイトデザインBBDSシャフト

おまけ的な要素だけど、純正シャフトが赤いことも決め手のひとつになった。早速取り寄せてもらったショップでグリップ交換。シャフト同様に赤いのにしたが今回はイオミックを試してみる。グリップ交換は、ソールさせた時のフックではなく、スクエアに入れてもらった。

レギュラーティーから回る分には、飛距離のない自分ですらマネジメント的にもフェアウェイウッドの出番はあまりないのが現実。試打を繰り返していることも記事にせず、買い換えを今日まで引っ張って迷っていた理由はここにあるが、気に入ったものはしょうがない。

左脇腹の故障中なのでしばらく打てないのが恨めしい。


2011年06月10日

お世話になったフェアウェイウッド

明日(もしかしたら明後日)新入りのフェアウェイウッドをショップに取りに行くので、今まで世話になったクラブを寝室に運び想い出に浸る。最初に揃えたクラブなので思い入れも深い。

7Wは2008年秋に加えてその後UT21度と入れ替えたので付き合いは浅いけれど、3Wはドライバーが打てなかった時代のゴルフを多いに支えてくれた自分の中の名器。5Wは半泣き状態で必至に練習してやっと打てるようになって苦労をともにしてきた思い出深いクラブ。

道具に関してはトイストーリー的な感情を持っているので、今晩は思い出に浸って会話しながら寝るつもり。そして明日新入りが来ることも打ち明けて、仕事を上手く引き継ぎしてもらわないといけない。

野球だと新しいグローブはまだ硬いので慣らし期間があって、最初は練習だけで使って試合ではベンチウォーマー。先輩グローブの活躍をベンチで見ながら育って行くという過程があるけれど、ゴルフではそういうわけににもしかないので、クラブ同士が会話する時間を多く作らなければいけない。ということで、しばらくは同じ場所に置いておく。

コンパクトなヘッドカバー

ポストに新入り用のヘッドカバーが届いていた。通販で処分価格で打っていたアバダッドのフェアウェイウッド用。綺麗なカラーとヘッド部分のスリムさ、首部分があまり長くないのが気に入って注文した。馴染みのないブランドだけど、とても使い勝手が良さそう。色も好みの暖色系。

思えば戴き物クラブで始めた初心者時代のものを除くと、2008年秋にUTを買い換えた以外は、ほとんどクラブを買い換えていない。だからこんなにセンチメンタルになってるんだろうなぁ。


2011年06月06日

先週金曜日の練習で、事前のストレッチも疎かに長いクラブを多めに練習したせいで左脇腹痛(左腹斜筋挫傷)が発生。軽症だが、以前無理をして激しい腰痛に発展した経緯があるので安静中。

1歳の娘と遊ばないといけないので完全安静は無理だけど、前回の記事を振り返ると直るまでに約10日ほどかかっている。ここしばらくはあまり患部に負担をかけないように安静することにする。

前回は、ゴルフを始めてまだ3ヶ月くらいの頃で、症状を軽視して大きなレンジに練習に行って、その晩に起きられないほどの腰痛に見舞われた。「人生初のぎっくり腰か?」と思ったが、あれだけひどかった腰痛は翌朝にはすっかり直って、元の脇腹痛だけに戻っていた。

あの腰痛はなんだったんだろう?という疑問は未だに謎で、医者に相談しても「腹斜筋と腰」の関係の説明を受けただけで、なんで1日だけそんなにひどかったのかは謎のまま終わった(笑)。

あの激痛は2度と味わいたくないと、それ以来練習前にはしつこいくらいストレッチするようにしていた。特に脇腹を伸ばす運動は念入りに行う癖が付いていたのに、暖かかったこともあって先週に限って疎かにしてしまった。知り合いと一緒の練習だったこともあって、流れでいつもより早めにドライバーを握ったのも原因だと思う。反省・・・。


2011年06月03日

久しぶりの夜間練習。良い意味でも悪い意味でもスイングが安定してきてミスショットの原因が絞れてきた。今後の練習課題のためにも今日は動画を多めに撮った。まず直すべきは、目標飛距離の半分にも満たないような大きなミス。原因はスイングリズムの不安定さにある。

腕とか肩とか下半身をどうするとかのスイングパーツも大切だが、最近の練習ではリズム・テンポ・力感を重要視するようになった。これはパッティング気をつけている点だったが、次のアプローチ練習でもこれらの要素を考えるようになり、いよいよ大きなショットでもそれらを考える余裕が出てきたというか、その大切さがやっと解ってきた。

中でも自分が大切にしたいのはスイングリズムと力感。これらが狂うと途端にミスショットがでる。しばらくは、これらを安定させるための練習に終始したいと強く感じた。テンポ(速さ)は、日替わりっぽい部分があるので速くても遅くてもどっちでもいいと考えている。

8番アイアンスイング動画

練習場が節電モードで動画が暗いが、アイアンショットで多いミスは手元が詰まるダフリ。動画の3打目がその様子。練習場では少しフックして2〜3割減くらいの飛距離で済んでいるが、これが芝の上だと何ヤードも進まない醜いショットとなる。始動からリズムが悪く、スイングが進行するに連れてどんどん違和感が増し、インパクト前後で慌てる。これは地面から打つフェアウェイウッド、UTでも時々やるミス。

いわゆる「打つ前から気持ち悪かった」等と言われるもので、実際は打つ前ではなく始動直後からのリズム感にあると思う。もしくは、始動前からスイングリズムは始まっているということも考えられる。

以前なら「捻転が浅かった」「切り返しが速かった」となるところだが、なんで急にそんなことになるのかは、自分のリズム未完成だからだと考えるようになった。「間」や「タイミング」という言葉でも良い。

ドライバーショットスイング動画

続いてドライバーショット。撮影中は大きなスライスが出なかった代わりに最後はとんでもない左への天ぷらを打った。このミスは滅多にでないけれど時々やる。ティーが高すぎたこともあり、右肩が下がってフェースが思いっきり被ってありえない方向へ。これもリズムが悪かった。

たまたま大曲りはなかった。1・3球目はドロー回転。2球目はコースでも多い持ち球のフェード回転。最後は綺麗なドローを打ってやろうってことでこの始末。シャンク同様、これが出るとしばらく怖くなる・・・。

基本スイング練習

次の動画は、練習はじめと最後によくやる調整スイングで、当たりが悪い日やテーマの実践などはほぼこれくらいのリズムと力感で、これを基本スイングとして行う。コースでもピンチの時はこれに尽きる。

ピンチの局面を挽回したい時にマン振りして墓穴を掘っていた過去を反省するかのような、現在の自分の挽回ショットでもある。


2011年06月02日

バンカーショット練習動画

練習する機会がないため、苦手意識を持ったり難しく考えてしまうバンカーショット。上級者が揃って言うのは、何も特別なことをする必要はなく、しかもボールを直接打たないことや、結果的にも多くも望まないと考えれば本来はとても簡単なショットである。ということ。

この言葉に勇気付けられたのと、バンカー練習場があるレンジを見つけたこともあって時々練習するようになった。練習するようになれば具体的な勉強もするようになり、もともと苦手意識はなかったが、これに加えてとてもバンカーショット自体がとても楽しく思えてきた。

クラブフェースは開かず寝かせる
クラブフェースは開くのではなく、目標方向に対して寝かせる。寝かせたことによってクラブが傾いた分、ボールが左カカト前になるよう自分がそのグリップ位置まで回りこんでアドレスする。アドレスしてからクラブをクルッと回して開いてしまうと、スイングイメージがおかしくなってしまうので自分はやらない。クラブは開くのではなく寝かせる。

バンカーショットのアドレス
ソールから着地しやすいような構えであることが大切。最近ウィークグリップからフックグリップに替えたこともあり、このイメージがとても持ち易くなった。フェース面と右の手のひらが向く方向がほぼ同じになっていることもイメージを出すようにいい作用をしている気がする。

インパクトまでは左膝を固定
自分が安定した高さの球を打てるようになったのは、インパクトまで頑なに左膝を動かさないという意識を持ってから。終始左足体重で、足場を作る際も左足だけはしっかり固定する。自分の場合のミスショットはもれなく上げようとしてしまうための動きが入ったトップなので、左膝を固定すれば少なくとも大きなミスだけは防ぐことができる。よくTV中継で映る人で例えれば石川遼、藤田寛之の両プロが良いお手本。

グリップエンドは常にヘソを指す
これは最近先輩に習って良かった点。インパクト以降で、思い切って腰から上半身を飛球線方向に回転させる。その時グリップエンドは常にヘソを指した状態を保ってヘッドは走らせない。上半身の回転と同調させることによって手打ちにならずすくい打ちのミスを防げる。

この意識では、フォローでクラブを低い位置に長く保てるため、ソールから着地させられれば砂にも深く入らずに気持ちよく砂が爆発してソールが滑る感じを体感できる。フェース面を返さないようにする左肘を抜いたりして調整しても良い。これは丸山茂樹プロがお手本。

バンカーショットの心得
まず上手く打とうとしないことだと思う。バンカーショットではボールを直接打たないためアバウトな感覚が大切。アベレージが90以上であればダフるのは得意なはずなので、ボールの手前何センチなんて考えないで“いつも通り”にダフって打てば良い。これは倉本プロの本で教わったいじわるな笑える話だけど、実際にそうだと思った。

バンカーショットの勘違い
「フェースを開く」「手前をダフる」「アウト→イン軌道でカット」いずれもバンカーショットに必要とされる言葉。でも自分にとってこれらは勘違いの原因だった。開かないで寝かせて傾ける。それに準じて回り込む分スタンスがオープンになる。肩のラインは目標方向のままでスタンスに沿って振りぬけば自然に目標に対してアウト→インになる。

バンカーショットのまとめ
バンカーショットを苦手とするパターンは、自分の経験や観察も含めて主に次の3つが多いと思う。オープンスタンスにして、さらにカット軌道にしてしまうパターン。リーディングエッジから深く砂に入れ込んでしまうパターン。最後にインパクトで緩んでしまうパターン。

練習環境がないために特殊なものとして考えがちなバンカーショットだけど、実は練習して勉強すれば自分に有益な情報の取捨選択も誤らないし気づくことも多い。そして実は簡単なショットだと発見する。

簡単だと言いながら注意点が多いが(笑)、今自分が最も意識して注意しないと出来ないのは左膝の固定。次にフォローからフィニッシュにかけてのクラブの在り方。それ以外は特に意識しないでも出来るようになってきたし、これはバンカーショット以外でも役立つことばかり。他のショット同様、練習量を増やして考えるようになるのがまず第一歩。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事