ゴルフマニア手帳|初心者からの上達記録

手を出したからには本気でやる!40代から始め、初心者時代からの上達過程を記録中のブログ。練習方法、クラブ、レッスンのことなど。

2011年11月の記事一覧

またゴルフ場に忘れ物をした。今回は目土入れのボトル。ゴルフ場の目土袋と同じ場所に掛けてあったので、乗用カートに載っていても誰も気づかなかったんだろう。盲点でございました(笑)。 ところでラウンド記事でも記したように、先日のゴルフ場は、楽天GORAでの評価

思えば最近ショートスイングの基本練習をサボってた。悪いラウンドが2回も続いてやっと思い出すところがダメだ。クラブを振り上げずリズムとタイミングだけで振ってると方向性も打感も良くて気持ちいい。 ここ最近振り過ぎていた。前回のラウンドから修正でいろんなこと

栃木県足利市のつつじヶ丘カントリー倶楽部へ行ってきた。今まで不便だったが新しい高速が出来て便利になったとこのこと。楽天GORAの評価がやけに高いコースだが、これは食事・設備・接客サービスに対してのもの。気分は良かったけどゴルフするのにあまり関係ない。

入ったか入らなかったか。乗ったかどうか。結果ではなく最初に決めたことを迷いなく出来たかどうか?を大切にしている。−先日のラウンドでシングルハンデの友人から聞かされた、なるほどの言葉。 せっかくの練習の流れを止めないように、ラウンドでもその流れの中にある

練習場の打席はアーチ状になっている。直線物を組み合わせて作ってあるので入る打席によって向きが異なる。今日入った打席は練習場のほぼ中央。タイルカーペットと打席の向きが少し歪んでる。 自分にはこれがどうしてもタイルカーペットが正しくて、打席の向きが右を向い

思えばもう3年以上も使用ボールを変えていない。始めた当初はたまたま貰ったボールがニューイングだったので使っていた。とても打感が柔らくて安くて易しく感じた。ある日、V10をたまたま使ってみたら同じように柔らかかったので、それ以来今日まで使い続けている。 先

今日は娘と奥さんが午後からお出かけで、久しぶりに太陽が高い時間に練習場へ。しかしこのくらいの時間になると体がよく動く。今日は天候が良かったせいもあるが、今度から早朝練習時ももっと体操しよう。 先週の練習から、“右膝が前に出ないように”という動きを加えた

荒天だったけど徒歩で練習へ。いつもは自転車で10分もかからないが雨の中を歩くと20分ちょっとかかった。時間が少しでもずれるとすぐ満員になるので焦ったが天候のせいで空いていた。 動画は新調ウェッジの球の上がり具合を確認する感じで約60Y先のグリーンを狙っ

またしばらくサボってしまった。久しぶりにマットを敷いてやってみると少し右方向に打ち出してしまう傾向が出た。そしてアドレスをチェックしてみるとクローズスタンス癖があることを発見。ほとんど左足体重で構えるので右足の位置と向きがいい加減になったのだろう。 早

ウェッジのセッティングを変えたばかりだが、北の武器商人さんのおかげでソールが削られたSWというものを初体験。SWでのアプローチは難しいと考えていたけれど、ソール形状によっては芝からでも凄く打ちやすくなることを実感。自分なりの好みも生まれてきた。 AKIRA T

朝陽が眩しい早朝練習。ショットが悪かったラウンド直後だが、それは置いといて取り組み中の内容の再確認。V字を使ったボールを捕まえるためのハンドファーストと、捕まえるが引っ掛けたりしないための右腰の押し込み。腕ばかりが先行するとインパクトが薄くなるので難し

茨城県土浦市のホワイトバーチカントリークラブで久しぶりの平日ゴルフを楽しんだ。小難しいピートダイ設計で、これまで2度挑戦しても90が切れなかったが、3度目に正直でやっと2つだけ潜れて80台。と、ここまでは良いのだが、その内容はちょっと困ったものだった。

空いた時間を使って自宅で素振り。本物のクラブで行うか、もしくはそれより長いものの方が効果は上がるだろうが、スペースの都合上でそれが出来ないので短い素振り用の棒で長さをイメージして行っている。 腕を左右にぶらぶら往復させると、とても動きが自然。膝を真っ直

早朝練習。引き続きオープンスタンス+V字スイング+ハンドファーストのままリストターンを行わないテーマの復習。開始早々、前方の打席の方に問題を感じたので素振りとストレッチを終えて休憩。こういった事は時々あるが、余計なことは考えずマーペースを貫くため。 い

早朝練習。レッスンで行ったドリルの復習。スタンスをオープンにして右足寄りにボールをセット。フォローまでハンドファーストを意識。右肘を右脇に付けたままインパクト以降は腰のターンでボールを捕まえてヘッドを返さずにそこで終了。ライン出しの練習をしてるような格

今回のラウンドで初めて持参した新アイテム2点。ひとつはツアー中継でもよく見かける目土ボトル。置き場に困るので、カラビナやホルダーが付いたアウトドア用のボトルで間に合わせようとしたが、容量や口の大きさを考えると良いのがなかったので結局ゴルフ用のものを入手。

↑このページのトップヘ