2011年11月

2011年11月30日

またゴルフ場に忘れ物をした。今回は目土入れのボトル。ゴルフ場の目土袋と同じ場所に掛けてあったので、乗用カートに載っていても誰も気づかなかったんだろう。盲点でございました(笑)。

ところでラウンド記事でも記したように、先日のゴルフ場は、楽天GORAでの評価が異常に高い。これは主に接客サービスが評価されたものだと自分でも実感した。嫌がる人もいるんじゃないか?と思えるほどの徹底ぶりで年間50ラウンド以上の同伴者も感心していた。

そして今日、その忘れ物の目土入れボトルが届いた。こういったゴルフ場なので“試しに”いちいち細かいことは言わず、届け先の住所と送る方法だけ指示をした。そして届いた荷物は、とてもそのゴルフ場らしい気遣いまで入っていた。それはボトルの中身にあった。

目土ボトル

俺は甲子園球児か…。土までは要らないよ…(笑)。


2011年11月27日

ラウンド翌日

思えば最近ショートスイングの基本練習をサボってた。悪いラウンドが2回も続いてやっと思い出すところがダメだ。クラブを振り上げずリズムとタイミングだけで振ってると方向性も打感も良くて気持ちいい。

ここ最近振り過ぎていた。前回のラウンドから修正でいろんなことを取り入れながら良化に進んでるように思えたが間違いだった。振りすぎが原因だった。こうなってしまった心当たりも思い出した。

原因はオーバースイング。もともと他人のスリークォーターくらいしか振らないので誰もオーバースイングだと見ないだろうけど、動画チェックすると無駄な動きがやたら多い。スイング軌道も逸脱していた。

思いがけない良い時期があると、調子にのって余計なことをしてしまうんだなぁ〜とつくづく思う。こういった部分も含めて、実力はまだまだ大して上がっていないんだなぁ〜と思う。心に強く刻まないと。


2011年11月26日

つつじヶ丘カントリー倶楽部

栃木県足利市のつつじヶ丘カントリー倶楽部へ行ってきた。今まで不便だったが新しい高速が出来て便利になったとこのこと。楽天GORAの評価がやけに高いコースだが、これは食事・設備・接客サービスに対してのもの。気分は良かったけどゴルフするのにあまり関係ない。

本日のスコア
52(23)+49(18)=101(41)

OUT→IN/White Tee/6,164Y
快晴/微風/3℃→13℃
セルフ/乗用カート/ハーフ休憩60分

つつじヶ丘カントリー倶楽部のスコア

久しぶりに3ケタのスコア。内容としては前回のゴルフから“運”を取り除いたようなゴルフ。相変わらずショットがちぐはぐで悪く、今日はその上グリーン上でもスコアメイクじゃなくて遊んでるような1日。

つつじヶ丘カントリー倶楽部
つつじヶ丘カントリー倶楽部
つつじヶ丘カントリー倶楽部

“決めたことをやり抜く”というのが裏目に出た。特にグリーン上。振り返えればの感想になるが「全部入れてやろう」みたいになった。狙い方向にボールのラインを合わせるというのも中止してみたが、これも完全に裏目に出た。スパットを見つけて方向を決めるのだが、ラインに対して真っ直ぐ構えてる自信が全く持てなかった。

グリーンは傾斜がきつくて難しかった。砂撒きしてあったのと朝露で特に午前中はひどい結果。同伴者たちも総じてパット数が多かったが自分が一番下手だった。残り距離と同じだけ反対側にオーバーしたのが何回あっただろう。ショートパットも強すぎたり…。

また、どこかが悪くてもそれをカバーする何かがあるもんだが、今日はそれがなかった。強いて言うなら新しいSWだったのでグリーン周りからはこれを多用してコースでの使い方が分かってきた。グリーン上はこれまでのやり方に戻すことにしよう。ちょっと懲りた。

奇しくも前回、前々回に100叩きした時と同伴者が一緒。実は当たりが悪い時に苦手なパターンがあって、それにやられてしまう。まだまだ他人に左右される弱いゴルフしかできないということだ。


2011年11月24日

カップの中のゴルフボール

入ったか入らなかったか。乗ったかどうか。結果ではなく最初に決めたことを迷いなく出来たかどうか?を大切にしている。−先日のラウンドでシングルハンデの友人から聞かされた、なるほどの言葉。

せっかくの練習の流れを止めないように、ラウンドでもその流れの中にあるように務めているつもりだが、アドレスに入ってから決め事を変更してしまうことがある。ショットでもあるが特にグリーン上では、打ち切れなかったり予定よりラインを大きく膨らませてしまったりする。

ラウンド後にしっかり反省して次に繋げるためにも、決めたことをやり抜いて結果を受け止めるということが自分に足りないと感じた。この徹底が抜かりない状況判断を生み、メンタルの訓練にもなると思う。

今週末のラウンドではこれを徹底して行ってみよう。

2011年11月23日

打席の向いている方向

練習場の打席はアーチ状になっている。直線物を組み合わせて作ってあるので入る打席によって向きが異なる。今日入った打席は練習場のほぼ中央。タイルカーペットと打席の向きが少し歪んでる。

自分にはこれがどうしてもタイルカーペットが正しくて、打席の向きが右を向いているように見えた。でも何度検証してみても、正面のネットの中央を向いてるのは打席の方だった。目標に対して左に向く傾向があるかもしれないとは思っていたが、それを断定させる発見だった。

どの打席に入る時も、この打席はどこを向いているか?をまず見定めて練習を開始するが、それを見誤ってることがあったかも。

これが真っ直ぐ?という違和感
違和感と闘いながら打席の向きを信じて構える。これだけのことで随分と擦り球が減った。左に真っ直ぐ飛んだり、右に大きく曲げる理由はこれだけのことだったのだろうか?と思えるような結果が出た。

もちろんプッシュアウトもスライスも健在だが、正しい方向に構えているのだからもっと捕まえても良い安心感があって、今日は2球続けてミスショットを打たないで済んだ。こんなに気持ちよく振れて良いボールが多く打てたのは随分久しぶりのような気がする。

股関節を入れたアドレス

股関節を入れてスムーズに
もうひとつ今日は収穫があった。膝の高さを気にする修正を行っていると棒立ちのようになってしまう。そこで、なんかないか?と考え、股関節をしっかり入れ込むことで、足が棒でもどっしり感が得られた。お尻を突き出す感じで腹筋を締めて、上体を股関節にしっかり乗せる。

これで前傾がしっかりして上半身の回転がスムーズになった。腰を張ると呼吸も楽になったような気がする。腕、グリップ、肩の脱力感も同時に得られた感じがしたが、作用の仕組みは解からない。とにかくスムーズになったというのが第一の感想。気持ちよくて何度も素振りした。

自分はひどい猫背だが、レッスンで直されたことは一度もない。ただし腰周り(背筋)は伸ばすように言われる。アドレスで胸を張る必要はないからだろう。ただしトップとフィニッシュの流れでは肩甲骨を近づけて背中を伸ばす動きが必要。逆にダウンスイングでは背中に曲線を持たせるから猫背になる。走り幅跳びに似たような動きなんだなぁ。


2011年11月22日

思えばもう3年以上も使用ボールを変えていない。始めた当初はたまたま貰ったボールがニューイングだったので使っていた。とても打感が柔らくて安くて易しく感じた。ある日、V10をたまたま使ってみたら同じように柔らかかったので、それ以来今日まで使い続けている。

3種類のボール
先日のラウンドでは思うところあって、写真の3種類のボールを順番に使ってみた。左からV10、X-jD、X01-MILDの順。

打ち比べて新しいメインボールを決めようと思っていたけれど、結果は普段使っていないボールが目の前にあるだけで不安になり、V10以外の時はミスショットばかり。純粋な打ち比べは出来なかった。

TOURSTAGE X-jD
V10に代わる直進性を期待したけれど、打感が硬くておまけにクラブの先端に当てたもんだから、嫌な感触だけが残った(笑)。合計2ホールで使ったが、ドライバーは2回ともカス当たりで手がシビレる。宣伝では飛ぶボールなのでいつかまた挑戦して芯に当てたい。

TOURSTAGE X01 MILD
噂に違わぬ嘘のような柔らかさ。パッティングの時にちょっと軽くて頼りない感じがしたが、これはアリだと思った。ただ、ドライバーでえげつなく曲がった。これはこの日の打ち手の問題だけど、あの記憶を抱えたまま次も使うのは怖い。でも柔らかくて気持ちは良かった。

ということで解かったのは、自分にとってボールを代えるのは他の道具を変える以上に勇気が要ることだと解かった。それだけ。


2011年11月20日

ボールを行方を見守る


今日は娘と奥さんが午後からお出かけで、久しぶりに太陽が高い時間に練習場へ。しかしこのくらいの時間になると体がよく動く。今日は天候が良かったせいもあるが、今度から早朝練習時ももっと体操しよう。

先週の練習から、“右膝が前に出ないように”という動きを加えた。でも左膝も突っ張らないようにしたい。なんて模索しているうちに、両膝を伸ばして突っ張ったようなアドレスになってきた。でもこれが悪くない。

そこで膝の動かしようがないほどスタンスを大きく広げてみた。これが見事にボールが真っ直ぐ出て、ボールの高さも安定。次に両足を完全に揃えて打ってみたらこれも同じ効果。やはり両膝の高さは大切。というか不安定なショットを邪魔しているのは両膝の動きだとよく解かった。

でも実際にはこの格好では打てないし飛ばない。右膝は前に曲げられないように、左膝は突っ張らないようなサポーターがあれば(笑)。

そう言えば東北福祉大学の松山英樹君のスイングは、両膝が終始突っ張ったように見える。実際は突っ張っておらずちゃんとある程度緩めていると思うが、イメージ的にはあんな感じで打てると安定しそう。

今日は当たりの良い日だったので、ハンドファーストで捕まえる実践もまずまず遂行できて少し前進。両膝の実験も有意義で今後のヒントになりそうな感触。睡眠時間がしっかり取れたからかな。


2011年11月19日

SWで60Yショット

荒天だったけど徒歩で練習へ。いつもは自転車で10分もかからないが雨の中を歩くと20分ちょっとかかった。時間が少しでもずれるとすぐ満員になるので焦ったが天候のせいで空いていた。

動画は新調ウェッジの球の上がり具合を確認する感じで約60Y先のグリーンを狙ったスリークォーターショット。普段ラウンドではこんなに上げることはまずないが、ウエッジが新しいのでこういうのも楽しい。

普段から半分以上ウェッジの練習になってしまうが、ウェッジを新調したばかりなので、いつも以上にアプローチ多く打って時間が過ぎる。ドリルを行いながらも、短いクラブから打ってドライバーまで打つという流れが多いが、最後の20球くらいで慌ててウッド〜ドライバーを握るということが多いので、いつまで経っても長いクラブが上手くならない(笑)。

しかし擦らないためのドリルをしているのに、ドリルでも擦ってしまうようになってきた。器用にもドリルを都合の良い自分流に変えてしまっているような感じ。パッティングもそうだけど、日課だった自宅での素振りが最近減って、どんどん当たりを悪くしている。

毎年こんなことの繰り返し。夏までは一生懸命やるが、春〜夏のラウンドでいい結果がでるととたんに日課をやめてしまう。週1回しかボールを打たないので、日課の素振りをサボるとろくなことがない。


2011年11月17日

パッティング自宅練習


またしばらくサボってしまった。久しぶりにマットを敷いてやってみると少し右方向に打ち出してしまう傾向が出た。そしてアドレスをチェックしてみるとクローズスタンス癖があることを発見。ほとんど左足体重で構えるので右足の位置と向きがいい加減になったのだろう。

早速修正に乗り出す。実際はオープンスタンスや傾いて構えるプロもいるので、自分が打ちやすい構えで良いと思う。自分の場合はボールが右方向に出る傾向を発見したので、とりあえず真っ直ぐ立つ練習。

自分が自宅で行う練習は、パッティング用マットの片方を丸めてそこにめがけてぶつけるように転がすもの。1.5mを集中的に行い、10mくらいの振り幅まで行う。大きな振り幅の時も50cm、1m先の中央のライン上を必ずボールが通るようにする。もちろんリズム&テンポ厳守。

時々クロスハンドでも練習するが、何球か練習した後に通常グリップに戻すと実に真っ直ぐ打てることが分かった。何が作用しているのかは分からないけれど、しばらくこの練習をやってみよう。

本番でもショートパットで時々クロスハンドを使うが、握り方は今まで適当だった。なんだか今日やっとしっくりくる握り方が決まった。面白そうなら次のラウンドで多用してみようかと思っている。


ウェッジのセッティングを変えたばかりだが、北の武器商人さんのおかげでソールが削られたSWというものを初体験。SWでのアプローチは難しいと考えていたけれど、ソール形状によっては芝からでも凄く打ちやすくなることを実感。自分なりの好みも生まれてきた。

AKIRA TOUR WEDGE
AKIRA TOUR WEDGE
AKIRA TourWedge(銅下+PVD仕上げ)
56-12度 NSPRO950GH(S)
35.00inch/D1/448g


そこでたどり着いたのがアキラプロダクツのツアーウェッジ。こだわったポイントはソール形状、ノーメッキの黒系仕上げであること。あと自分はどうもダイナミックゴールドの打感がダメなので合計3点。

これをなんと取引先の社長からひとまず無償で戴けた。かなりのクラブ道楽家で、「自宅練習できるスペースを作ったからおいで!」とのことで邪魔した際に発見。半ば無理やり戴くことになった(笑)。ただ練習で数回しか打ってないという言葉どおり新品同様の綺麗さ。取引先だけに借りはあまり作れないので後日相応のお礼をする予定。

早速打たせてもらった感想は、打感がとにかく柔らか。そしてバウンスが結構あるのにその形状から大変抜けが良い。バンカーでも芝でもそれぞれの役目を果たしてくれそうな予感。まだ練習用のマットではこれ以上ない感触を得られた。早く芝とバンカーでも試してみたい。

サンドウェッジ比較

写真左がゴルフエフォートのカスタムウェッジで、ここ最近のお気に入りだったがソールが削られすぎていて抜けまくる。56度のPWみたいな感じのSWなのだがバンカーでのオートマチック性が全くないので自力で砂を切っていく技量が必要。自分には無理だった。でもこれによって黒系のノーメッキが好きになり、アプローチが楽しくなった。

写真右がボーケイ・スピンミルドで、北の武器商人さん仕様でソールが削られたもの。こっちのソール形状が理想。シャフトは、ボーケイがDGでエフォートがNS950だったが、この比較でも自分はNS950の方が好みであることを再確認できた。この2本の経験は大きかった。

ちょうど2週間前、両方の良さを足して2で割ったクラブがないかと考えて近所の工房にカスタムウェッジ製作の相談をしていた。そして先週末にアキラのツアーウェッジをネットで見つけて、アキラプロダクツに電話して取扱店や試せる所がないか利いていた矢先だった。


2011年11月12日

朝陽の当たる練習場

朝陽が眩しい早朝練習。ショットが悪かったラウンド直後だが、それは置いといて取り組み中の内容の再確認。V字を使ったボールを捕まえるためのハンドファーストと、捕まえるが引っ掛けたりしないための右腰の押し込み。腕ばかりが先行するとインパクトが薄くなるので難しい。

先日のラウンドほどは悪くなくてほっとしたが、逆にやはり何が悪かったんだろう?と考えてしまう。先週の練習でボール位置をフェースのトゥー寄りから中央に戻したが、シャンクを怖がらずにこれは今日も貫いた。そこで自分とボールとの距離をいろいろ試してみた。

解かったのはボールを遠くしてもダウンスイングで右膝を前方に折ってしまうスイングなので、ヒール側でヒットしやすいということ。上半身が正しく回転しないこと。そこでアドレスで両膝を折り過ぎないようにした。股間接にしっかり状態を入れて、両膝は折るというより緩める感覚。

右足を伸ばしてフォロー

ダウンスイングからフォローにかけても、左足に体重を乗せていくが右膝を遊ばせずに左膝同様に高さを維持。イメージ的には膝を折らずに終始伸ばしたままフィニッシュまで向かうという感覚。最初は下半身を突っ張らせながらスイングしているような感覚だったが安定してきた。

ドライバーに関しても、この右膝の使い方の方が右肘から先を走らせる感覚で勢いよく振りやすいという発見もあった。

当たりがいい感じになってきたところでドリル再開。ちなみに今日の練習からSWをボーケイに換えてみた。ここ最近はエフォートのを使っていたがバウンス部分の削りが多く、バンカーが難しいため。2本とも北の武器商人さんから頂いたもの。クラブのストックがあるって幸せ。


2011年11月09日

ホワイトバーチカントリークラブ

茨城県土浦市のホワイトバーチカントリークラブで久しぶりの平日ゴルフを楽しんだ。小難しいピートダイ設計で、これまで2度挑戦しても90が切れなかったが、3度目に正直でやっと2つだけ潜れて80台。と、ここまでは良いのだが、その内容はちょっと困ったものだった。

本日のスコア
45(15)+43(16)=88(31)

OUT→IN/Blue Tee/6,047Y
快晴/弱風/12℃→16℃
セルフ/乗用カート/スループレー

ホワイトバーチカントリークラブのスコア
ホワイトバーチカントリークラブ
ホワイトバーチカントリークラブ

日々の素振りで左手首を痛めてラウンド前日に通院。スイングの動きでは痛まないが引き戸を引く等の力の入れ方で痛む。当日もスタート前に50球ほど打ったが、打っているうちに忘れてしまったほど。早めに着いたのでアプローチ&バンカー練習もみっちりできた。

果てしなく曲がるドライバー
最近は単なるスライサーだが、今日は過去最高に曲がった。左の林方向に打ち出して右のラフに入るという具合。間違っても左には曲がらないので思い切って左に向けたからスコアになった。

当然飛距離も大幅にロス。時々GPSで計ってみたが、今日の平均飛距離は180Yもなかったんじゃないだろうか。手応えと弾道から「これは飛んだだろう」と思ったものを計ってみても195Yだった。

全てのクラブで飛距離減
ドライバーだけじゃなく今日は全てのクラブで飛距離減。自分が把握している飛距離よりも総じて15%飛んでいない。会心の当たりだった5Wを計っても165Yだったり、150Y強のPAR3を6番アイアンで手応え抜群だったのにグリーンはおろかエッジに10Yも届かなかったり。

終始首を捻りながらのラウンドとなったが、終盤になっても意地というかデータ取りのために普段どおりの番手選択で貫いた。スコアメイクのマネジメントとしては不合格だけど、「また足りないだろうな」と思いながら標的を選んだのでバンカーにも入ったが花道も多かった。

ホワイトバーチカントリークラブ
ホワイトバーチカントリークラブ

追加ラウンドでシャンク連発
今日はスループレーの後30分休憩(食事)して9ホール回るというプランだったが、その追加ハーフが凄かった。2ホール目のPAR5で、池を右に見た3打目が3打連続でシャンクの池ポチャ。グリーン脇から10Y弱のアプローチも再度3打連続のシャンクで合計14打。

その後は今日の原因を探るように様々なショットを試みたが、疲れきった体では探れるはずもなく終了。スコアを数えていたら60近く打ったんじゃないだろうか。23歩もあるパットが入ったりもしたが(笑)。

久しぶりに凹んで帰宅
しかし今日のショット内容にはまいった。追加ハーフでダメ押し。でもその最後のハーフで解かったこともあった。しばらくこんなショットが続くのだろうか。これも上達の過程だとして受け入れるしかない。

週末の練習では、この原因探しに時間を使わずレッスンで課されたドリルを続けて、翌週にレッスンで診てもらおう。深みにはまる事例を多く見ているので、安易な自己診断やその場しのぎの修復は怖い。


2011年11月06日

テークバックからトップ

空いた時間を使って自宅で素振り。本物のクラブで行うか、もしくはそれより長いものの方が効果は上がるだろうが、スペースの都合上でそれが出来ないので短い素振り用の棒で長さをイメージして行っている。

腕を左右にぶらぶら往復させると、とても動きが自然。膝を真っ直ぐ向けたままでこれと連続で行うと股関節と脇腹の柔軟体操にもなる。

さてテークバック。クラブは極力自分で振り上げないで、肩が回り切ったところで惰性によって右肘を地面と垂直方向に上げる。

右肩に上げて左肩に戻すというV字コックを覚えるまでは、クラブを高く上げたくてこれがなかなか出来なかったが、コックによって上がるのでその欲求が抑えられて以前より上手にできるようになった。

トップでのグリップ位置は、右肩とボールを結んだ延長線上はそれより上側を目標に動くようにしている。これは、最近ボールを捕まえるための自己流改造によってスイングがフラットになってきたから。

自分のスイングは、右肘でクラブを上げてから回る。また三角形維持を気にして右肘を絞り過ぎ、上がってから右肘を外側に開く。この素振りはこれを矯正するような運動。ボールがあるとまだ未完成。でもこれを始めてからスイングへの考えが楽になってきた。

このタイミングでレッスンを再開したせいか、気分はすでにオフシーズンで来春へ向けてのトレーニングをしているような感覚。今年はあと3ラウンドあるけれど、すでに目標は達成しているので、出来れば90叩かない範囲で来年に繋げられるような内容を遂行していく。


2011年11月05日

早朝の逆光

早朝練習。引き続きオープンスタンス+V字スイング+ハンドファーストのままリストターンを行わないテーマの復習。開始早々、前方の打席の方に問題を感じたので素振りとストレッチを終えて休憩。こういった事は時々あるが、余計なことは考えずマーペースを貫くため。

いつからかは忘れたが、クラブフェースの先っぽにボールをセットしてアドレスするのが習慣になって長い歳月が経つ。そして前回の練習で気づいたことがある。それはGWとSWの比較的新しいクラブの打痕。ボールセットしたままの位置(トゥー寄り)に集中していることに気づく。

初夏くらいまでは芯を感じられたスイングが徐々に影を潜め、夏を境に芯がぼやけるようになった。それでもそんなに悪くなかったので「なんか先っぽで打ってしまうことが多いなぁ」程度にしか考えなかった。

そこでフェースの中心にボールをセットするようにした。まあこれが普通のセットだから、普通に戻したということ。こうして普通に構えるのは何年ぶりだろう。たったこれだけのことで芯が戻ってきた。

ウェッジの打痕

練習やラウンドを終える度にクラブの手入れをする癖に、なんでもっと早く考えなかったんだろう。習慣というのは恐ろしい。無理やりボールを捕まえに行ってたのがアホらしいほどの打感。それに普通に構えられることの素晴らしさにしばらく単純な感動を覚えた(笑)。

特にウェッジで「ボールがフェースに乗る」という感触、またはそれに近い感覚を初めて経験したかもしれない。ただ、シャンクが怖いという感覚はまだ拭えないので、しばらくはこの2つの感覚の葛藤になるかな。


2011年11月03日

ドリル展開中


早朝練習。レッスンで行ったドリルの復習。スタンスをオープンにして右足寄りにボールをセット。フォローまでハンドファーストを意識。右肘を右脇に付けたままインパクト以降は腰のターンでボールを捕まえてヘッドを返さずにそこで終了。ライン出しの練習をしてるような格好。

クラブは体の左側で振っているが、右側ででタイミングを取って調整しているというようなイメージがちょうど合う。

形への意識が強いと、知らずに力みが入ってしまうので要注意。気持ち良くリズミカルにこなすのがポイント。こうして入射角が安定してくると手応えも捕まりも良く、またボールもよく上がってくれる。

今日の練習で追加で注意したのは、このドリルのもうひとつのポイントである“へそ”の向き。へそは下に向けたままターンさせる。左腰を突き出して右側が下がってしまわないようにするための意識で、これよにって正しい腰のターンが身について、インパクトも厚くなってくる。

実際にはずっと下を向けておくことは無理なので、左右が伸び上がらないための意識。この反復練習によって特にウェッジの距離感、次にドライバーの捕まり具合に手応えが感じられてきた。


2011年11月02日

今回のラウンドで初めて持参した新アイテム2点。ひとつはツアー中継でもよく見かける目土ボトル。置き場に困るので、カラビナやホルダーが付いたアウトドア用のボトルで間に合わせようとしたが、容量や口の大きさを考えると良いのがなかったので結局ゴルフ用のものを入手。

富岡CC(20111028) (4)

キャディバッグや乗用カートのどこかに引っ掛けられるように、強度あるプラスチック製で大き目のカラビナを取っ手に通してある。よくカートに積んである目土バッグ+スコップよりも簡単にスマートに使える。

別になくても良いものをわざわざ使う理由は2点。クラブと一緒にこれを持ってボール位置まで行くことで、しっかり打ち込む意識が持てるというおまじない的役目と、ゴルフ場の方へのアピール(笑)。

もうひとつは取引先からサンプルとしてもらったICレコーダー。いわゆる音を録音する機械。最近は携帯やスマートフォン、iPodなどにも同様の機能があるので廃れたジャンルだが、声の収録にかけては安価で大変ハイスペック。少し前から練習時のメモ代わりとして使っていた。

ICレコーダー

ピンマイク+音声認識起動を使えば、スイッチを入れたままでプレー中に喋っていれば勝手に録音されるなぁ〜とも思ったが、ピンマイク挿してブツブツ言いながらプレーするのも怪しいので却下。

結局今回は試しに毎ホール、ホールアウト後にそのホールでのポイントをメモ代わりに録音してみた。1ホールあたりに要したその録音時間は約20〜30秒。これならプレーにも支障ないし、同伴者にも迷惑かけることはないだろう。時々機械に向かってブツブツ言ってるのは怪しいけれど、これくらいは勘弁してもらおう(笑)。

ラウンドの詳細メモを残すというのは初めての試みで、これまでは記憶だけで記事を書いてきた。だいたい覚えてはいるものの、こうして自分で録音したメモを聞くと、細かいことまで思い出して有意義。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事