2012年10月

2012年10月28日

ゴルフ練習場

練習場へは自転車通いなので、持っていくクラブは概ね6本。本当はこんなに持参せずに済ませたいけれど、「あれここれも」となる。多い時は7本もバッグに詰めることになる。不安が多い証拠。

最近あフェアウェイウッドとの相性が良く、3Wですら地面から打てるようになってきた。それとは逆にUTの具合がよろしくない。以前から傾向があったが、とても強いスライスが出る。また、打つたび弾道がバラバラでどれがこのクラブの正しいボールなのか分からない(笑)。

せっかくウッドとUTのクラブメーカーを揃えてるのに、シリーズが異なるせいか同じようなイメージで打てていない。ウッドがRでUTがSRというフレックスの差もあるのかな。同じように打てたらこんなに持ってこないで済むので、なんとかイメーを同じにしたいもんだ。

練習内容はウェッジショット安定のための内容に徹しているが、クラブセッティング的にはウッド系は見直しも考えてみようと思う。


2012年10月21日

ザ・インペリアルカントリークラブ (1)
ザ・インペリアルカントリークラブ (3)

2年ぶり2回目のザ・インペリアルカントリークラブは、やや風が吹いたが快晴のゴルフ日和。前回訪問時は初のハーフ30台と当時のベストスコア81を記録したコース。概ね平坦で見通しが良く、距離もしっかりあってほどよい戦略性が好きな理由だと思う。

今日のスコア
47(18)+41(13)=88(31)

東→西/White Tee/6,503Y
快晴/微風→やや強い風/14℃→24℃
セルフプレー/乗用カート
前半パーカー着用・後半半袖ポロシャツ

ザ・インペリアルカントリークラブのスコア

アプローチシャンクに悩んだ前半
実は前日の練習でアプローチシャンクが多めに出て、少し悩ましい状態だった。おまけにこのコースはドライビングレンジがないのでボールを打たないままスタート。そして案の定しょっぱなから症状がでた。

毎ラウンド1〜2回はやってしまうことなので、すぐさま忘れて本来のゴルフに戻ってきたが、5番ホールでグリーン脇から真横のバンカーに入るシャンクが出る。ここから他のショットにも影響が出だした。3度のダブルボギーはいずれもそれが原因のもの。

各ホールの待ち時間を使って修正を試みてもひどかった。ところが怪我の功名で上がり2ホールのバンカーショットで修正のヒントを得た。どうもコックの動作がおかしい様子。ショートゲームでスコアメイクするのが自分のゴルフなので、この状態はすごく辛かった。

ザ・インペリアルカントリークラブ (2)
ザ・インペリアルカントリークラブ (4)
ザ・インペリアルカントリークラブ (5)

不安がなくなった後半
後半少し詰まり気味だったこともあって、スタートホールのティーグラウンド脇でアプローチのチェック(ルール上はNG)を行った。コックの動作とヘッド軌道の見直しで修正でき、スタートからの2ホールで1パット圏内にアプローチが成功。これで不安な気持ちが収まった。

最近の傾向で、ホールが進むに連れてドライバーショットは乱れてくるのは今回も同じだった。しかし運もあって悪いなりにフェアウェイをキープし続けられた。逆にショットは徐々に良くなり目処がたった。

完全に不安さを払拭できたわけではないけれど、ショートゲームに不安があるのとないのとでは、こうも気持ちが違うのかと実感した。

3Wと5番アイアンの活躍
ここのところ多く練習している3Wと5番アイアン。滅多にコースで使わなかったクラブだけど、練習でいい感じで打てていることもあり今日は積極的に使った。3Wは3回使って快心が1回、まずまずが1回、天ぷらで160Y程度しか飛ばなかったのが1回。5番アイアンは、ティーアップと地面からの各1回使ったが2回とも合格点のショットだった。

これで「コースでまず打たないクラブ」というのがなくなった。これは今後へ向けても大収穫で大きな自信となった。


2012年10月18日

パッティング自宅練習

パッティングマットを使った自宅練習。距離は2m強でいわゆるショートパットと呼ばれるもの。距離感を合わせたい距離の場合は、完全に振り幅を目安にしてストロークするけれど、歩測3歩以内(2mちょい)は、約10センチ強のバックスイングからカツンとやる。

ポイントは左股関節への体重の乗せ方と、乗せた時に股関節が決して外側に割れないように左膝上の内腿筋(正しい部位名じゃない)に緊張感を持たせて踏ん張り粘ること。左に重心を乗せすぎると、股関節が割れて外側に腰が逃げたり開いたいするので要注意。

これくらいの距離がうまく入って、自信を持ててストロークできる時は気分的にもいい感覚になるもの。日頃簡単にできる練習としては素振りと双璧であるくらい大切なものだと思う。

でもこの単調な練習は続けるのが大変。だからこそ価値がありそれが面白く思える。これを万人が面白いと感じてしまうようなら、天邪鬼の自分は逆にやらなくなってしまうので、つまらない方がいい(笑)。


2012年10月15日

2本のサンドウェッジ

ここ数ラウンドはボーケイのウェッジを使用。それまではアキラのツアーウェッジを気に入って使っていた。そもそもなんでボーケイを買ったのかは今となってはよく分からない(笑)。とまあそんな理由から、午前中のある待ち時間を利用して打ち比べに出向いた。

サンドウェッジ比較

写真はほぼ構えた時の角度から撮影したもの。左がボーケイで右がアキラのツアーウエッジ。形すらもボーケイの方が当たり前に感じるようになってきた。最初は違和感あったのに、さすが多くのプレーヤーが使う定番だけあって、慣れるとこっちが自然に感じる。

AKIRA TourWedge(56-12度)
久しぶりに使ってみて再確認したが、やはりバランスがD1だけあってかなり軽い。実はこの軽さが良い場面もあるのだけれど、ボーケイの方はD4もあるので相当違う。さすがにこの差は不安な感じ。

打感は前にも表現したが、実にソリッド感溢れる手応え。こちらの方が操作性が良く、手応えどおりのボールが出る。ゆえに上手に打たないと手応えが悪い。でもほど良い柔らかさが癖になる。

Titlest VOKEY DESIGN SM4 WEDGE(56-11度)
こちらは良くも悪くもオートマチックさを感じる。打感は頼りないと感じる人もいるんじゃないか?と思うほどソフト。アキラが金属剥き出しっぽい感じなら、こちらは仕上げ方がかなり厚塗りな感じ。

人によって感じ方は異なると思うが、自分の場合はボーケイの方が簡単なクラブだと感じる。アキラと比較するとオートマチックで感触が馬鹿っぽい(表現は悪いが)が、それにも慣れつつあるかな。

練習場で見かけた風景

先の打席で芸術品のようなクラブで練習されている老人がいた。あまりに綺麗だったので盗み撮りをさせてもらった。将来こういう趣味のいいゴルファーになりたいもんだ。その頃には数字はもういいだろう。


2012年10月14日

ハンドファースト
PWのインパクト静止画

インパクト時の注意事項。左脇を締めてハンドファーストの形でボール位置を通過するようにクラブヘッドを導く。あくまで「導く」という意識を大切にする。力でその形を作ろうとすると手ばかり先に出て、ボールを右に置いてパンチショットしたようにしかならないので注意。

この土日で意識した練習内容。5〜6番アイアンとウェッジ以外は概ねこのイメージでボールが結構捕まるようになってきた。ただこの力感は完全習得するまでまだまだ時間がかかることになりそう。

5〜6番アイアンは凄く引っ掛けてしまう。ウェッジは一定のスピードというか一定の力感でなかなかスイングできない。高い球、普通の球、低い球と打ち分けたいので、やってることが贅沢過ぎるのかも。

久しぶりに土日2日連続でレンジに出かけていい練習ができた。やはり週1回では単に身体慣らしにしかならないような気がする。まあ自宅素振りにすっかりサボっていたので、仕方ないか・・・。


2012年10月11日

7番アイアン練習動画

リンク先の動画は数日前の夜練習のもの。ラウンド後に見てもらったアドバイスから大きく、そして楽にクラブを振り上げられるようになった。楽にリズム良く振っている感じはあっても右股関節が伸び上がっている。

以前までの経緯としては、この癖を抑えているうちにスイングがコンパクトになり確実性が増した。でもスイングが窮屈になっていた。それを自分なりに大きくしたらまた伸びあがり始めた。

クラブを直線的に上に振り上げてしまう癖があるので、体の後方にクラブを回して直線ではなくて円で振る意識を持たないと・・・。自分を軸としてクラブがその周りを回る。そんな感じでクラブを振りたいものだ。




2012年10月10日

自宅パッティング練習 (2)

先月頭に引っ越して以来サボって疎かになっていた自宅パッティング練習を再開。久しぶりに道具を出したら娘が覚えていてくれてマット敷きやボールのセットを以前同様に手伝ってくれた。

ラウンドのパッティング自体は、ここ最近では良くも悪くもない感じだけどそろそろ貯金がなくなってきそうな気配があった。

久しぶりに2mの距離を連続して打ってみると、左股関節への体重のかけ方やストローク時の腕の送り具合など、細かいいろんなことを疎かにしてしまっていたと再確認することになった。

パッティングに関しては、自分のスタイルというかルールを決めているので、すでに「固まった」と思っていたが、やはり全てはそれを踏まえてのバランスが大切。そして疎かにしてはいけないと痛感。

自宅パッティング練習 (1)

何でもそうだけど、習慣は反復のたまもの。無意識に歩けるのもとてつもない反復をしてきたからこそ。それですら数か月寝たままだと歩くのも大変になる。楽して上達などありえない。

2012年10月08日

ウェッジの方向性

長らくの課題だった40〜60Yのウェッジショットは、インパクト以降で上半身を回転させてボールを運んでいくイメージで、方向性がかなり良くなってきた。やや右に打ち出してしまうことがまだ時々あるけれど、確実に良くなってきている。

ちょっと右に出るから左を向いて構えるということを長くやってきたけれど、他のミスを誘導したり他のショットとのギャップがこれによって減るのは確実で、なにしろやはり考えがシンプルになる。

昨日のラウンドでは、いつも以上にウッドとUTが良かった。とても分厚いインパクトを感じられて気持ちが良かった。これを一過性のものに終わらせたくないので、今日は多めに反復させた。

しかいまだまだ長いのは不安定さがある。今日は3W、UT21度、5番アイアンを多めに練習した。各タイプ別クラブの最も長いクラブたちで最近はこの3本の練習量が以前より多い。

3Wで練習すれば5Wは自動的に楽に感じるし、UTも24度が簡単に思える。アイアンもしかりという理由。このおかげでアイアンはかなりの効果を得られていると思う。ウッドもそうありたい。


2012年10月07日

アゼリアヒルズカントリークラブ (1)

今回はアゼリアヒルズカントリークラブで計6回目の訪問。前夜からの夜通しの雨はスタート時間にはあがる予報だったが、見事に裏切られ前半ハーフは想定外の雨の中でのプレーとなった。

グリーンはエアーレーションと砂捲きでメンテの時期だった。それ以上にかなり荒れていたのが気になった。実は雨の日はゴルフしないことにしているので、こんなに合羽を着続けたのは今回が初めて。

今回のスコア
42(20)+38(16)=80(36)

雨→曇りのち晴れ/弱風/16℃→22℃
セルフプレー/乗用カート

アゼリアヒルズカントリークラブのスコア

前日、テーマと課した各所が見事にハマってパーオン10個はベストの78を出した時と同じ数字。その甲斐あってパット数は3パット5回を含む36回。日頃パーオンしない人が乗ってしまうとこんなものか。グリーンの状態と雨がなかったらとも言ってもらったが、そんな状態だからこその気楽さもあったので、これはなんとも分析できない。

フロント9のまとめ
1時間前にコースについたものの、雨降りだったのでショット練習もパッティング練習も行わず、ひたすら空を眺めながらストレッチ。あいにくの空模様でスタートしたが、かえって謙虚にできたかもしれない。小雨で気温も合羽着用でちょうど良いという過ごしやすさもあった。

スタートホールのドライバーショットは、目標どおりにとてもスムーズにスイングできた。続く6番アイアンもゆったり力まずに振り抜けた。自分の場合は、最初のアイアンショットの感触でその日の手応えを感じることが多く、今回もとても良い気配をこのショットで得られた。

ゆっくり大きくしっかりとトップまでにエネルギーを貯めて、そこから自信をもって振りぬく。ショートススイングとアプローチでは、インパクト以降もしっかり上半身を回転させて、体でボールを運んでいく。今日は最初からこれに徹してまずまず実行できた。

グリーン上で苦労したので叩いた感が多かったが、諦めがつく状態だったのとショットの満足感のせいで後に引きずることもなかった。

アゼリアヒルズカントリークラブ (3)
アゼリアヒルズカントリークラブ (4)
アゼリアヒルズカントリークラブ (5)

バック9のまとめ
昼休憩の間に雨はやんで曇り空に。最後の3ホールでは晴れて暑いほどの好天になった。雨天の前半から水捌けが良く打ちづらくはなかったがバック9はまさにゴルフ日和の下でプレーができた。

バック9ではドライバーの飛距離を計測してみたが、概ね205〜215Y地点にボールがあった。前半も数回測ったが150Yしか進まないミスが1回と、カート道で跳ねて265Y地点という事故も1度あった。

後半は地面からの3Wも使ってみた。問題なく打てたが5Wとそんなに変わらない飛距離。ボールは低く出るので、飛距離ではなく用途を考えれば今後使えるクラブになりそう。

地面から打つウッドとUTに関しては、前半からとても分厚い感触が得られて自信と安心感が増した。ただやはり時々当てに行ってしまい、後半は切り返しのタイミングが早くなる癖も出てミスもあった。

2連続のバーディー
打ち下ろして2打目は打ち上げという6番。2打目地点からグリーン面が見えず手前のバンカーばかりが気になるホールだけど、残り1OOYの打ち上げを9番アイアンでピン左奥8歩にオン。少し下っていたので寄せるようにストロークしたが運よくカップが吸い込んでくれた。

続く距離の長いPAR4。ドライバーは芯を喰ってがそれでも自分の場合は170Yも残る。縦に細長いグリーンのピン位置は手前ながら、アゲていたのでUT21度を使用。うまくフェードしてピン横4歩にオン。これを強く打めに打ってしまったが、ボコッと当たって入ってくれた。

3連続バーディは?と周りに冷やかされたが、ドライバーを派手にミスして万事休す。起死回生の3Wでグリーン左手前約5m。PWで大きめのピッチ&ランがラインに乗った感じで気持ちよくカップへ。しかしそんなに甘くはなくカップを覗いて50cm通過。惜しかった。

アゼリアヒルズカントリークラブ (2)

目標達成で今後が楽しみ
ほんの3日前に設定したテーマ実行のスタートとしてはまずまずのショットができたと思う。まだまだ頭の中で邪魔する部分があって、迷いながらグラブを動かしている瞬間もある。練習を重ねて固めたい。

昨日の練習と今日のラウンドで、スイング中に宮里藍プロのリズムとテンポ、森田理香子プロのトップまでの動きをイメージして打っている自分に気づいた。そうしようと決めたわけではないのに、ショット前の素振りで急に頭に浮かんでいた。この2人をたくさん録画してあるせいなんだろうけど、だからと言ってVTRで深く研究したりするのはよそう。


2012年10月06日

IMAG0794
VIDEO0013_0000028317

一昨日のラウンド後のアドバイスによる抽出ポイントをなぞるべく朝から練習場へ。久しぶりに240球も打った。

ウェッジでインパクト以降に上半身を回転させていく、という動きは本当に方向性を良くしてくれることを再確認。ただ、両腕の一体感も注意してこなせるが、相変わらずスイングテンポが安定しない。リズムとテンポだけは練習場で徹底的に再現できないと、緊張感のあるコースで出来るわけがない部分だと思うので、今後も大きな練習課題。

ミドルアイアン以上のクラブでは、しっかりトップと呼べる位置まで捻転させてから、こちらもリズムとテンポを大切に振り抜く練習。トップでの間の取り方を探しながらの練習となった。3球に1球、いや5球に1球くらいだろうか。今まで以上に気持ちの良いボールが出る。安定性はまだまだだけど将来への確かな手応えを感じられる。

クラブが長くなればばるほど、難しい課題だと感じた。でも平均的に弾道は良くなっているので、この方向性を信じてしばらく進もう。明日のラウンドは、自分を信じて、しっかりそしてゆったり振り抜くという1日にしようと思う。スコアを戻すのはその次でいいくらいの気持ちで。

幸い明日はアゼリアヒルズ。ここでの平均スコアは良いので、もう数字は要らない。たまにはそんなことおかまいなしに、コースでのスイング練習になるようなプレーをしてみようと思う。


2012年10月05日

ゴルフクラブの手入れ (2)
ゴルフクラブの手入れ (1)

使用するものは濡れ雑巾、研磨用のゴム、2ウェイブラシ。特にこのブラシは優れもので、細くて柔らかい毛と太めで硬い毛の2ウェイ。写真には写ってないが硬い方は更に2段に分かれている。

このブラシは100円ショップで買ったのキッチン用品。キャディバッグにぶら下げられるようにしてラウンド時も使っている。手入れには時々オイルやCRC550なども使うが、そこまでやるのは数か月に1度くらい。

今回はコースが厳しかったこともあって、様々なライから酷使したのでいつもより少しだけ入念に磨いた。今回はラウンド間隔が短くて、次のラウンドは早速日曜日にある。準備万端で次は80台に戻りたい。


かずくんさんの練習拠点 (2)
かずくんさんの練習拠点 (1)

ラウンド後、かずくんさんの練習拠点にお邪魔した。アプローチとパッティングの練習を行ったあと、さらにショットレンジへも入った。ここでかずくんさんの師匠でもある例のシングルさんが登場。

大変貴重なアドバイスをいくつも頂いた。それがまた自分が迷っていたり気になっていた点ばかりだったのは驚いた。この数分のレッスンというかアドバイスで完全に吹っ切れた自分がいた。超能力者か?と思えたほど。このタイミングでこういう感じにしてもらえるとは。

上半身を回して両腕に一体感を!
ウェッジのショートスイングをしていたら、もっとインパクト以降で上半身を回してボールを運んだ方が良い(手だけで打たずに)。切り返しをゆっくり行ってボール運ぶように上半身を回す。急いだり切り返しが早かった時に右に打ってしまうようで、そのとおりだった。

しっかり肩を入れたトップからスタート
ミドルアイアンでのスイングも見てもらったが、こちらもトップまで行かないうちに当てに行くので、タイミングが合わなかった時にミスが出るという指摘を受けて、最近の悩みが全て吹っ飛んだ感じがした。

「太ももの裏側と腰上あたりに緊張感を持って」とアドバイスされ、どうしたら良いかを聞いたら、「つま先体重過ぎるからもっと体重を後ろにも乗せてどっしり構えましょう。」ということになり、これも少し前から自分で試していることだったが、「それくらいでいい」と基準をもらえたので吹っ切れた。実際のショットも随分といいボールが出だした。

最後に「右肘が窮屈」と言われ、これもどういうことかを尋ねて、「右脇を締めすぎ」と説明を受けた。トップで上半身がしっかり捻転していれば右脇はもっと自由に空いていていいということで、ここに使う気をフリーにしたらスイングが楽になった。これも自分で試していたことだが、基準作りに悩んでいたので吹っ切れることになった。

「アドレスやテークバックがスタートだと思っている人が多いが、ゴルフのスイングはトップがスタートなんだ。」という名言もあった。「ボールに当てに行くのではなく、“スイング”して欲しい。」ともおっしゃった。

PING芸人さんも、「ボ、ボクもお願いできますかっ?」と、コインを手にボールを買いに走った。肯定的な褒め言葉を多く使う方だったので最初は機嫌良く「そうですよね!」と習っていたが、触られたくない部分にアドバイスがいくと、「ほっとけ!」みたいな顔になっていた(笑)。


2012年10月04日

エーデルワイスゴルフクラブ (3)

今回はエーデルワイスゴルフクラブをプレー。アウトスタート予定だったが空いてるという理由でインからに変更。初めてのコースで事前に頭の中にプランも置いてこなかったのでそのまま快諾。

今回はレギュラー(白)とフルバック(黒)の間にあるチャンプという名のティーインググラウンドからのプレー。ピードダイ社設計のコースで後ろから回って果たしてどうなるのか、と好奇心だけでスタート。

エーデルワイスゴルフクラブのスコア

今回のスコア
53(22)+(51)(14)=104(36)

IN→OUT/Blue Tee/6,519Y
曇り時々晴れ/中風→弱風/20℃→28℃
セルフプレー/乗用カート

結果は昨秋以来の3ケタ。毎年後半こういうことが1度ある。今回は貯金切れの感も否めないが、まずグリーン、その後ここの景観に翻弄されて修正する間もなかったということなのだろう。今回コースを手配してくれたかずくんさんも同じような説明をしてくれた。

貯金切れというのは、ゴルフに費やす時間が減ったこと。毎週の練習でも徐々にスイングにぎこちなさが顔を出す実感があった。この日も進むにつれ、クラブの上げ方や自分自身の挙動がぎくしゃく。考えても仕方ないのでとにかく普段のルーティーン以上に早く打っていた。

同伴のPING芸人さんにも、後半になるにつれ「振り切れていない」という指摘をもらった。ドライバーがあちこちでリカバリーをミス。アプローチとパッティングも半信半疑のまま見切り打ちになっていた。

エーデルワイスゴルフクラブ (1)
エーデルワイスゴルフクラブ (2)
エーデルワイスゴルフクラブ (4)

同伴のPING芸人さんのゴルフ
ブログはもちろん、1度練習をご一緒したり電話でもよく話す友人となったので特に予想外の出来事はなかったが、自分より修羅場を多く経験されている分、エーデルワイスにも屈することなく対応されていた。

この景観を前にしても緩めることなく、目一杯にボールに向かっていく姿勢は見習うべきものがあり、この日はそれが功を奏して素晴らしいスコアでラウンドされた。本人の言葉を借りれば、「選択したショットの成功率が予想以上で運にも助けられた。」という感じだった様子。

突進型のゴルフだとは思うが、「僕でも考えてるんですよ!」という言葉どおり、単に突進するわけではなく、確率・効率の良い選択をしてあとは振り切るだけというゴルフ。ブログほどはジタバタしない(笑)。

エーデルワイスゴルフクラブ (5)
エーデルワイスゴルフクラブ (6)

エーデルワイスゴルフクラブの印象
仕事し過ぎの設計はピートダイなので仕方がない。好き嫌いが多いと思うが、自分は叩いてしまったのでイメージが悪い(笑)。これがそうでもないスコアだと「戦略的で面白い」と言えるんだけど・・・。

ここは叩くと嫌いになり、好スコアだとまた来たいと思う、好き嫌いが分かれるコースだと思う。嫌いになるかハマって通い続けるかがはっきり分かれる、というようなコースのような気がした。自分は今のところ以前のような挑戦欲がないので前者だけど、時が経つとまた味わってみたくなる麻薬のようなコースである気もする。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事