2013年09月

2013年09月21日

紫あやめ36イースト (4)

風邪をひいてしまい不参加も考えたが、幸い発熱がなかったので出かけることにした。症状は、体がだるく疲れ気味で節々が痛い感じ。セキと鼻水は薬で止まるので、なんとか最後まで完走できた。

ただ、今回は電車利用。よく使う時間はかかるが乗り換え1回の経路をやめて、最短で到着する乗り換え4回の経路を利用。考え方次第だけどこれで適度に緊張感を得られて良かった?かもしれない。

本日のスコア
42(14)+42(14)=84(28)

EAST(IN→OUT)/Blue Tee(バック)/6,442Y(あやめグリーン)
晴れ/22〜29℃/弱風
セルフ/リモコン式カート/昼休憩約60分

紫あやめ36EASTのスコアカード2013年9月21日

気分は上々、あとは体力
出てくるくらいだから、それほど辛かったわけではない。ただ、やはり体力が心配だったので極力カートに乗るよう努めた。あとは、他人にうつせないので話す時はあまり人に近づかないように・・・(笑)。

この日、自分が選択したマネジメントが面白かった。体調が万全ではないので、シンプルなゴルフに徹した。それは面倒な場所に行くかもしれない「頑張るショット」をしないということ。まあ、風邪ひいてると気分的にもチャレンジ精神が全く萎えているので、あくまで結果論。

残念なことに、体調が万全だとこうは行かないし、ここまでズボラにゴルフできない(笑)。要は無理をしたり考えたりする気力がなかった。

8つのパーが全て寄せワン
前後半4つずつのパーがいずれもアプローチからのもの。自分にとってこのパターンはよくあることだけど、パーオンした2回がいずれも3パットでボギーという面白いスコアカードになった(笑)。久しぶりにパット数が30を切ったが、こんだけ乗らなければそうもなるだろう。

よく思うんだけど、これがもしパット数を争う競技だったら、何打かかっても花道(エプロン)にボールを置いて、そこからやれば30パットを超えることなんてそうないと思う。また逆に、プロの平均パット算出方法のようにパーオン時だけのパット数でやれば自分の場合はそれが2.5パットくらいになるので、まだまだ鍛錬が足りないという分析になる。

せめてフェアウェイからショートアイアンで狙える時は、パット数2前後で収まるような技術くらいは持っておきたいなぁ。まあ、それが出来ればはんでももうちょっと縮まるんだろうけど、なかなか壁は厚い。

紫あやめ36イースト (1)
紫あやめ36イースト (2)
紫あやめ36イースト (3)

ドライバーのシャフトを換えて
ドライバーをSシャフトに換えて何か変わるか?と思ったが、今日の時点で大きく変わったと感じる結果はなかった(笑)。一番違ったのは少し硬くなった打感だけど、これはすぐにも慣れるかな。

一瞬、ボールの勢いが増したようにも見えたが、GPSで飛距離測定してみるとそんなことはなかった(笑)。これには「あれれ?」と思ったけどなかなか芯を喰わなかったことを考えるとこんなもんだろう。まだ最良のタイミングを試行錯誤中の段階かな。今後に期待しましょ。

5年ぶりくらいにボール変更
飛距離(直進性)を助けてほしくて長い間ずっとV10を使っていた。今回は思うところあってスリクソンZ−STARを使った。自分のゴルフを考えた時に、これは主にショートゲームのフィーリングを大事にすべきと考えたから。たまたま自宅練習用にいろんなボールがあるので、これをウェッジでポコポコ触りながら、最終的にこれに決めて全ホール使用。

感触としてはすごい好感触があったというわけじゃないが、スコアカードの結果としてはテキ面に表れた。ひとつ言えるのは、先入観だけでアプローチが突っ込みやすくなったので、これは気分的に良かった。

パーオンがほぼなかったので、アイアンでグリーン面を捉えた時の感じは全く分からず(笑)。分かったのは、10〜30Y程度のキャリーボールを低めに出した時の止まり方。これは明らかに違うように感じた。でもこれもボール銘柄の先入観から、しっかり打ち込めた結果だけかも。

ということで今回はまずまず上出来
目の覚めるような快心のショットはナシ。アプローチも2発は少し噛んでチョロっぽいのを打った。イージーショートパットも2つ外した。ドライバーは林の中に2発も打ち込んだり、30Yしか飛ばないチョロもした。

普段どおりのミスの数なので、タラレバはないけれど、風邪でだるかったおかげで、頭の中がシンプルだったのが良かったかな。


2013年09月18日

自転車で練習場に通う

練習場まで約2km、レッスン場まで約4kmは主に自転車で通う。それ以前は奥さん用のアシスト(電動)自転車を使っていたが、通勤が近くなったので春に購入。こういうタイプの方が速くて楽なのを知る。

で、問題はクラブの持ち運びだった。購入時に自転車で荷台装着の相談もしたけど、「格好悪いからやめて」と言われた(笑)。それでクラブケースを方から担ぐことになるんだけど、どうもしっくりこない。

一時落ち着いたのは、ジュニア用。近くの練習場へは普通のクラブケースの中にドライバーを含めた3〜4本を持参して、レッスンにはアイアンしか持っていかないことが多いので、それで妥協していた。ジュニア用は2段階の長さ調整出来るので、UTくらいまで入った。

担ぎ方はいずれもヘッド側を下にする方法。これで一応安定する。だいたいクラブ入れて肩ひもも付いてるクセして、重くなる方が上っておかしくないか?それに肩ひもの位置も納得いかないものが多い。

それで先週出会ったのがこの筒状のクラブケース。たすき掛けに背中に回しての座りがちょうど良かった。これで道中のストレスもかなり軽減された。アイアンだけの時はヘッドカバーの位置調整で小さくなる。

まだベストというわけではないけれど、ベストに近いベター。選んだ理由は形じゃなくて、肩ひもの位置というか掛けた時のバランス。できるだけ体からはみ出ないように担ぎたいので、背中側でどう安定するか。

自転車に乗って担ぎやすいクラブケース作ってくれないかな。リュック式に両肩に掛けられて、お尻よりあまり下にならないもの。まあ、そんな需要はほとんどないから無理か。もしくは自作か。


2013年09月14日

タイトリストVG3ドライバー

レッスンコーチの薦めもあって、ドライバーのシャッフとを硬く(重く)してみようと、同じドライバーのSシャフトをゴルフパートナーに依頼。他店から取り寄せてもらってグリップ交換も済ませていざ練習場へ。

今日は午前から打ち合わせが入っていたが、その取引先の社長と一緒に高島平の練習場へGO!ここ最近のぎこちない感覚が一掃され、この日はなんだか全番手を気持ちよく打てた日だった。

同じドライバーのシャフト硬度違い
グリップも同じで見た目上は全く同じ。5gも違わないのにワッグルするとシャフトの真ん中から先が少し重く感じる。直感的な表現では、「振り回されないようにしっかり構えないと」という感覚。

振ってみた感想はほとんど変わらないものの、ヘッド軌道が安定するような感覚。ただ、Rの時ほど「適当に軽く振ってもそれなりに」という寛容さが少しだけ少なくなったかもしれない。それと、しっかり振った時のミス幅が減る気がした。これは今後の検証も必要。

タイトリストVG3純正50Sシャフト

ドライバーを打つときに、自分には2種類の打ち方がある。簡単に表現するとしっかり打つ場時と合わせるだけの場合。後者は、3W、5Wでもいいんじゃないか?と思えるようなシチュエーションや自信がない場合に用いる。Sシャフトはこの前者が良くなり、後者はこれから模索するという感じだろうか。日が替わればまた違う結果もでるだろう。

生意気にも凄く気にする打感も変わった。球をグシャリを捕まえる大好きな感触はちょっと薄れた。ほんの少しだけど、ポコンと飛び行くような感じになった。これは私固有の感覚表現なので大したことじゃない。

いずれにしても、46インチでそんなヘビースペックじゃないので、これでも通常よりは随分ソフトなんだろう。自分が普通に打てるんだから。

タイトリストのMBアイアンも試す
ご一緒した取引先の社長のクラブ。ゴルフの楽しみ方を教えた私のせいかのか、とにかくクラブ(格好)にこだわる方。まあ、「最初は格好が大だからこだわって楽しもう」として、キャディバッグやウェアまで細かくアドバイスしたので仕方ない(笑)。最初はPINGのアイアンだったのに、先週買ったというタイトリストのMBアイアンには驚いた。

タイトリストMB712試打

シャフトはDGのS200。当然私にはかなりのオーバースペックなので最初っから「振ろう」という意識は全くなく、少し上げて落とすだけ。まず8番を試したら全く問題なく、しかもよく上がって止まる。

そして写真の5番アイアン。かなり集中してスイングしたら、たまたま凄くいい球が出た。マットからだが、感触は言うまでもなく快感。でもかなりの重労働感(笑)。格好良いとは思うけどしんど過ぎる。

ついでに、同じくS200の挿さった19度のUTも試す。これもスリークォーターの意識でかなりうまく打てた。これまた感触や音が最高。でもさっきのアイアン以上に無理があるので、これもナイだろう(笑)。

この経験でウェッジに関しては、再びDGでもいいのかな?なんてことも考えた。今度はウェッジも沢山打たせてもらおう。





2013年09月12日

レッスン場風景

レッスン場での私の打席風景。スイングプレーン矯正用の棒が2本斜めに立っていて、左下には野球のバットまで置いてある(笑)。

効率良いスイングを身に付けるのが目的で、それにまつわる留意点が沢山あって自主練習のネタにも事欠かない。そのため練習場では充実するけどコースでは苦労する日々。練習するということが好きじゃない人にはきっと耐えられない、ありえないパターンなのかも。

練習しないでコースに挑む人を否定しないけど、ミスショットした時に残念がるの矛盾。これはどうか?と思う。しかし私もボーリング、卓球、ダーツで遊んでいてミスすると悔しがる。だからそれもいいんだ(笑)。

買わないで「外れた」と残念がる宝くじのような気もするけど。

Simpe Master On Plane

以前、かずくんさんに質問された黄色い方の棒は、商品化されている練習器具で、「Simple Master On Plane」と書いてあります。検索はカタカナで「シンプルマスターオンプレーン」で沢山でます。NHKの「藤田寛之・シングルへの道」テキスト131ページにも掲載されてます。

効能は、ダウンスイングでクラブがアウトサイドからきたり、手元が浮いてクラブが寝てしまったりなど、オンプレーンに振れていない人のためのスイング軌道矯正器具。谷将貴ツアープロコーチ監修。だそう。

長いオレンジの方のやつは、私が通うスクールで20年前に作られたものだそうで、数年前にパクられたと言ってました。自分としてはこの長いのと短いのを並べてセットして初めて効果的だと思いました。


2013年09月06日

ワンウェイゴルフクラブ (1)

以前はホワイトバーチカントリークラブという名前だったこのコース。距離はないけれどピート・ダイ設計で少しやっかい。その名の通りワンウェイ方式で全プレーヤーが1番からスタートし、途中で戻ることなく18番までスルーでプレーできる嬉しいコース。

気温は上がらず快適な1日だった。約1年半ぶり4回目の訪問で、名前が変わってからは初めて。過去の挑戦で90切ったのは1度だけ。でも全ホール頭にあるので、さすがに90は打たないはずだった・・・。

本日のスコア
45(17)+45(16)=90(33)

OUT→IN/Blue Tee(レギュラー)/6,047Y
曇り時々晴れ/23〜25℃/弱風
自走式乗用カート/早朝スループレー

ワンウェイゴルフクラブのスコアカード

イメージは良いのに実行できない
お盆休みあたりから急激に打てなくなっていたので、「今のこの状況でどうやってスコアメイクするか?」が今回のテーマ。それがピート・ダイ設計コースとは頭が重かったが、難コースである千葉CCをプレーした後だけに根拠のない自信がなぜかどこかにあったりして(笑)。

打つ前の気持ちや素振りなどのイメージは良いのに、それが全く実行できないで進んでいく。それが出来るのはグリーン周りのみ。まあ、それだけでもゴルフはなんとかなるもんだけど・・・。

撃沈したホール
ここは苦手意識の強くて攻め方が限られてしまうホールが多くある。最も嫌なのは8番のPAR3。グリーンも大きな池も左手前から右奥に長く伸びていてスライサーが距離を誤ると大怪我する。しかも180〜200Y前後の距離を強いアゲインストに向かって打たないといけない。

届くかもしれないクラブを選択して奥のバンカーへ。下りグリーンの先に池があるシチュエーションで3回も打った。ちなみに過去1度もグリーンに乗ったことはない。アプローチが良い場所だったこともない。

ワンウェイゴルフクラブ (3)

写真では高低差や斜面の度合いが分かりにくいが、ティーグラウンドに立った段階でもの凄く「ダメ感」が襲う(笑)。「花道からフェードで、あわよくば転がって乗ってくれないかな?」と考えたショットだったが、グリーン上は意外に風がなくて届いてしまったのかもしれない。

やはりここは謙虚に左手前の花道(エプロン)部分に置いて寄せてパーかダメでもボギーで済ませないといけなかった。となると、「届かないクラブ」を選択するってことなんだろうか。次はそれでやってみよう。

18番はトリプルボギー。左ドッグレッグのPAR5で、フェアウェイ左側とグリーン左手前に大きな池。これを逃げながらなのでとても長い。加えて限りなく平坦なので今日みたいに前に打てない日はなかなかグリーンまでたどり着かない(笑)。まず林に入れて出すだけになり、後はダフったりトップしながらバンカーに入れて、そこから1パットだった。

苦手意識の12番、13番は克服できた
後半に続く12番〜13番も苦手意識の強いホール。12番は強い打ち下ろしで、左側から大きな池がせり出す。セカンドは遥かに見上げる山頂グリーン。手前中央にえげつないバンカー。バンカーからパーを取れたこともあるが、ここも慎重な攻め方が必要なホール。

今回はティーショットのミスで長い距離が残ったため、無理できなかったのが良かったと思う。大叩きに至らずパー外しのボギー。

13番は、縦長で強烈な受けグリーン。左側に食い込んでる縦長のバンカーに入れてしまうとアウト!ということで、ここはグリーンエッジまでのクラブを選択して、乗らなくてもいい感じで軽く方向性を出した。

結果、転がりながら手前側に乗る。歩測で15歩のきつい上りをタップインに近いところまで寄せられた。3パット覚悟で、ファーストパットはアプローチの気分でストロークできたのが功を奏した。

ワンウェイゴルフクラブ (5)ワンウェイゴルフクラブ (4)

私のショットはどうなるのか
前後の練習でもボールを真っすぐ飛ばすのにかなり苦戦している今日この頃。「上達している最中の結果」と割り切っているけれど、「ショットなんてどこに飛んでもなんとでもなる」という心の中の貯金がそろそろ尽きてきそうな予感(笑)。まあ、なんとでもなるか。

自分の場合は、非力なのでそんなに曲がらないが、左へ真っすぐ&右へ真っすぐという打ちだし方向が極めていい加減な状態。レッスンでスイング改造中なので時間をかけてモノにしていくしかない。

ここからパーが取れた

↑オマケ画像。ここからパーが取れた。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事