アジア取手カントリー倶楽部(青空1)

アジア取手カントリー倶楽部(茨城県)をラウンドしてきた。いわゆるまっ平らな河川敷コースながら本格的なラウンドが楽しめ、回り放題で楽しめるリーズナブルなコース。細かいことを言うと実際は河川敷の外側にあるので「河川敷タイプ」とでも呼ぶのかな(笑)。

晴天に恵まれたが予想通りのかなりの強風。グリーンの旗が終日パタパタと音を立てて竿がしなる状態(笑)。時間がすすむにつれ弱まってはきたけれど、ある意味この風を経験すればちょっとくらいの風は気にしなくなるかも(^ω^)

ってことでスコア表↓

アジア取手カントリー倶楽部(スコア)

1.5ラウンドプレーして、51、58、53の満足な結果(^ω^)

課題として特訓に明け暮れていたスプーンとアプローチにそれぞれ成果が見られた。ティーショットはスプーンを多用し、チョロ4回、OB2回以外はまずまずのところへ。うまく当たれば200〜230ヤードってところだけど、ティーショットがうまく行くとその後がこんなに楽だとは(^ω^)

あと、アプローチとパットを大好きになったおかげで、2オン、3オンを外してもアプローチが楽しく打て、またアプローチが寄らなくても長いパットが打てると思うと気持ちが高ぶる不思議な1日だった。

アジア取手カントリー倶楽部(ティーグランド)アジア取手カントリー倶楽部(カート)

特に嬉しかったのは、パー5でパーが取れたこと。187ヤードのショートホールであわや1オン(グリーンにダイレクトに落ちグリーン奥に2メートルこぼれた)のナイスショットが打てたこと。+4打以上を2回しか打たなかったこと。

逆に課題点は、フェアウェイでのミスショットが全てボールと自分の距離の取り方が間違ってたのが原因だったこと。AW、PWを使ったランニングアプローチの距離感。アイアンで真っ直ぐ打ち出してややドローという球筋が多く、ほとんど左側に5〜15ヤード外していたこと。

アジア取手カントリー倶楽部(夕焼け)

ということで、日没ギリギリまで楽しんだ1日でした。

アジア取手カントリー倶楽部