東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)
東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)

千葉県香取郡にある東庄ゴルフ倶楽部をラウンド。早朝予報では雨時々曇。ゴルフ場への道中もずっと雨が降っていて、初めての雨天ラウンドを覚悟したが、到着と同時にピタリとやんでどんどん回復。結果的に一滴も雨の降らない予想外に暑い一日となった。

本日のスコア
51(19)+52(19)=103(38) +54(19)

アウト→イン(→イン)・ホワイトティー・6,439Y

東庄ゴルフ倶楽部のスコア(2008/08/31)
※当日の実際のヤード表示に修正済み。

今日はオーバーラッピンググリップに変えてからの初ラウンド。大袈裟な表現ではあるが自分としては実際にインドアレンジでしか試していないので、自分の打つ球に興味津々だった。結果は、スライスがほとんどなくなり、注意しないとフックボールが出る感じ。大怪我するほどのフックボールは出なかったが。

前半は、ボールと自分との距離がしっくり来ずしばらくアドレス時に違和感を持ちながらラウンドすることになった。そして傾斜よりもマウンドがポイントとなっていたグリーンに悩まされた。スタート3ホールがトリプル、ダボ、トリプルでどうなることかと思ったが、それぞれ途中でなんとか修正&学習が効いてそんなに大叩きせずに済んだ。

東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)

前半の極め付けは8番ホールのチップインパー。ウェッジを使ったチップインは初めて。グリーン奥のセミラフから腿高くらいの砲台グリーン。グリーンエッジまで約3〜4メートル、エッジからピンまで約7〜8メートルの下りのフックライン。AWで考えてた場所よりやや右目にボールが落ちたが結果オーライとなった。

後半は「後悔先に立たず」という結末。パーオンが3回でいずれもパーを取れたが、いずれもバーディーが取れたかも知れないと思えるパット距離だった。それが尾を引いたのかパーの次ホールはいずれも大叩き。雑誌に「パットがラウンドのリズムを作る」とあったけれど、後半の自分に言いたいのは「勝って兜の緒を締めよ」ということわざ。パーを取って浮かれている場合じゃないということだと思う。

東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)東庄ゴルフ倶楽部(2008/08/31)

2時半に18ホールを終えて天気も良く、追加ラウンドが2,500円もいう事で再びOUTを回ることになったが、学習能力がまったくないスコアに。実際かなり疲れていて途中まではだらけまくり。体にムチ打っただけの追加ラウンドにしてしまった。次から無茶するのはよそう(笑)。

★今日のミス

つま先あがりのキツイ勾配の土手からUTを握ってしまいクラブの先にカス当たり。10ヤード右前方へOBを打ってしまった。つま先あがりは最も苦手とするライなのに…。そして相変わらずティーショットのチョロ率が高すぎる。100ヤードにも満たないティーショットが18ホールで5回。ティーアップ時の意識修正が必要だと思った。

★今日のまぐれ

欧米のツアーでよく見るロースピンをよく遊びで練習するのだけれど、2段グリーンを駆け上がってピンそばでピタッと止まらないかな?と思って打ってみたらその通りになった(笑)。たぶん今後数十回やってもこうは行かない。あと25メートル上りフックラインのロングパットを「3パット覚悟」で寄せるパットをしたら10センチ真横まで行った。こんな距離感は練習した覚えがないので大まぐれ(笑)。

いずれのまぐれも偽ポテンシャルとして記憶に刻まれ「自信」として残るだろうけど、「出来る」と勘違いして要らぬところで誤った冒険をしてしまわないようにせねば(笑)。