トーキョージャンボとキャディバッグ

今日は新しいクラブ2本の飛距離とクラブ毎の飛距離間確認のため、足立区のトーキョージャンボゴルフセンターまで出張練習。ここは24時間営業なので遅めの時間でゆっくり出かけたがさすがに空いていた。ボール単価から2階打席のほぼ中央に入る。

久しぶりに中3日も開いたけれど、短いクラブから2〜3球ずつ打って行った感覚はまずまず。5番アイアンで166Y表示のグリーンあたり。そしてニュークラブの1本であるU23の出番。178Y表示のグリーン中央から奥あたりに気持ち良く飛ぶ感じ。5番アイアンとの距離間が10〜15Yといったところ。アイアンのように気持ちの良いドローは出ず、ストレートもしくは真っ直ぐ出てややドローというボール。

続いてもう1本のニュークラブ7Wを試す。U23から更に5〜15Y飛ぶ感じだけど未熟なせいでバラ付き幅が広い。しかし少しスペックが異なるだけなのに5Wと比較すると格段に打ち易い。あたりまえか(笑)。もちろんまだまだバラ付きも多いけれど大きなミスショットもなく2本とも週末に行く予定の工房で調整を加えればかなり期待出来そう。

インドアレンジ練習が中心の自分にとって、こういう場所での練習はコース同様に力が入ってしまうので、気持ちと体の動きを調整するために本番さながらの素振りとルーティーンが不可欠。なので100球も打たないうちにいつもクタクタになる(笑)。

最後に持参したコースボールを10球ちょい試し打ち。もちろんすべて拾い物。U23で175〜180Y、7Wで185〜190Yといったところだろうか。中でもキャロウェイのウォーバードの感触が良かったなぁ。1球しかなかったけれどアイアンでも試してみたくなったかも。