藤田寛之のアイアンスイング

写真は藤田寛之プロのアイアンショット。そんなに気にして見ているプロではないけれど、ゴルフ雑誌で彼の後方からのトップオブザスイングを見て理想だと思った。ツアー中のシャッタータイミングはインパクト以降というのがスチール撮影のマナーなのでこういう写真は珍しい(撮影用にスイングしたのかもしれないが)。

一番着目したのは左手甲のライン。内にも外にも横にも折れずにスクエア状態が保たれている。左手甲が外と親指側に折れてトップの時点でオープンになることが多く、よく指摘を受けるし注意している箇所。

ここまで膝を折るスイングはちょっと真似出来ないけれど、腕を上げる角度、肩の回転、腰の位置などは大変参考になる写真だと思う。