正しくインパクトする練習

たった数秒のスイングの中で注意すべきことが多過ぎる。ひとつひとつを身に染み込ませるべく練習する時間は楽しいけれど、この中のひとつだけでもなんとか簡単に済ませられないだろうか。

そんな中で編み出したのが、インパクトの瞬間に「パーン!」と声を発しながら打つ方法。自分の場合、手(グリップ)が先に行き過ぎて仕方ない時がある。だけど、ここばかりに集中すると、捻転がおろそかになったり手だけでクラブを上げてしまったりの弊害が起こる。

ところが、右足の内側にグリップが通る瞬間に「パーン」と声を発する実験をしてみたところ、ミスの率が格段に減った。これは「左手の甲でインパクトする」というイメージの補助に大変役立った。インパクトは「声」に任せて、他の部分の練習に集中できるという感じ。

ただこれは、いつも行くスポーツクラブのレンジが空いている(というよりはほとんど自分1人しか練習していない)から出来ることで、他人がいたりコースでどうするかは思案中(笑)。まあ、そんなに大声出すわけじゃないからなんとでもなるか。でも最近いつも1人ぽっちのレンジになっているせいか、練習中の独り言が増えてきた気がする(笑)。