バックスイングの軌道を直したい

まだ手でクラブを上げる癖が残っている。修正の甲斐あって腰のあたりまでは随分マシになったけれど、そこからヒョイと担ぎ上げてしまう。後方から見ると理想的なものよりもかなり直線的に上がってる感じ。手だけでトップへ持って行ってしまうということは肩の回転も不充分になる。

もうひとつの問題は左写真がトップではなく、直後に右写真の位置まで移動させたものが今のトップで、ここからダウンスイングが始まる点。ダウンスイングの過程で移動したものに見えるが、そうではないのでこの移動がどうにも無駄な動き。これはインサイドからクラブがなかなか下ろせない初心者時代に覚えた8の字スイングの名残りだと思う。

左写真に引いた外側の赤線のように、もっと低く引いて大きな弧を描いて左写真のトップに収めたい。そして無駄な動きなく同じラインから今よりもスムーズにダウンスイング出来るようになりたい。

今日のレッスンではこの点を先生に相談。トップももっとフラットな方が格好良いと思っていたが、後方に鏡を置いて大きな十字型の定規みたいなものを鏡の前に当てて「アップライト(前傾ラインと左腕ラインが垂直以上)なのが理想。」だと教わった。(青線参照)

「要は右手で上げてしまっているからですね。」

今日はこの一言で大きく納得できた。次に左手だけでトップまで持ってくるように言われやってみると、両手時よりもややフラットになりトップも浅くてコンパクト。逆に今度は右手だけトップまでをやってみると、かなりのアップライトになりどこまでも持って行けてしまう。なるほどある意味オーバースイングというわけか。

そんなに振り上げてもも対して飛距離は変わらないし、安定したボールを打ちたいなら右手を殺した無理のないトップで充分。手で上げる癖が解消されればその分肩も回るようになるし、練習による慣れ、柔軟性、筋力が伴ってくれば徐々に深いトップにもなるとのこと。しばらくはやみくもにクラブを振り上げず、コンパクトスイングを心がけよう。