ダウンスイングは腰とグリップエンドの引っ張り合いから
インパクト以降はクラブヘッド先行

今日もレッスン。

腰とグリップエンドが引っ張り合った切り返しから、大きな弧を描いたダウンスイング。自分では引っ張り合ってるつもりでも、なかなか腰を飛球線方向に送れず、左手がただ突っ張っただけのようになる。

続いてインパクト以降はクラブが先行するようにと指摘を受ける。

本当の引っ張り合いになっていないせいか、ダウンスイングの弧も小さく左腕が最短距離でボールを打ちに行く。そしてグリップ(両腕)が先行してフォロースルーまで行ってしまっているようだ。

この反復で、フェアウェイウッドとPWでは幾分感覚がつかめるようになってきたが、ミドルアイアンではなかなかそういかない。当たる当たらないで言うとここ最近は随分良い感じが続いている。この流れで練習を重ねて、これからの暖かくなる時期に臨めるようにしたい。