左股関節を伸ばさないでスイングする。自分の場合はこれが最もミスショットを生む原因になっているので、ここに集中して練習。フルスイングだとまだ心もとないので、8番アイアンでスリークォーターショット。

トップをあまり上げすぎると左股関節を伸ばさず我慢することまで責任が持てないので、そこに集中できる範囲のスイングで我慢。バックスイングは、左腕は低い位置から大きく遠くを意識して出すものの、右脇が開かない程度のところまでのスイングとしてみた。

右脇で気づいたが、アドレスで左脇を締めすぎるあまり、右脇にまで意識が届いていなかった。右肘が外を向いていきなり開いていることに気づいて、両肘とも内側(体側)に向けたアドレスに少し直した。

8番アイアンスイング(1)
8番アイアンスイング(2)
8番アイアンスイング(3)

とにかくリズムを大切に、スムーズに振る。左腕で先導させ、右腕は邪魔せずサポート。インパクト以降はクラブヘッドに引っ張ってもらう。幸い、バランス調整直後なのでヘッドを感じやすい。

8番アイアンでは概ね良い感じで反復できた。でもフェアウェイウッドではうまく出来なかった。素振りでは同じようにできるものの、ボールがあるとスリークォーターショットなのにミス多発。何かが足りなさそう。