インサイドから下ろし過ぎないように

今日も引き続き、インサイドから下ろし過ぎるスイングプレーンを矯正するため、写真のゴム状の棒を置いてスイング。実際は、もっとボールを手前側に置いて続けたが、まだ何度か棒を打ってしまう。

この青い棒を意識しすぎると、右肩が前に出てアウトサイドイン軌道になってしまうこともあるので要注意。続けているうちに、右足の前にクラブヘッドを落とすくらいの感覚で打つのが良いことに気づく。またその方がスイングプレーンも大きく使えて感触も良い。

次に、インパクト直後にクラブを止めるドリルを課せられる。正面から見て4時くらいの位置で。8時くらいの位置から緩めはじめれば止まるのだけれどインパクトまで緩めてはいけないと言われるとかなり難しい。

インパクト直後に止めるドリル

そこで身体の回転を使いすぎる点を指摘され、右肩の回転を我慢するように言われ、やっと4時あたりで止められるようになった。肩の回転はクラブヘッドが走りきって首に巻きついたあたりからで良いと言う。

インパクト直後にクラブを止める、右肩を我慢するの2点ドリルで、クラブヘッドが走る感覚が徐々に解り始め、左足体重ながら頭が残るというスイングの形も合わせて理解できたかもしれない。