ドライバー比較(ヘッド)
左側がレディスドライバー

上手く打てるレディスドライバーと、ほとんどスイングにならない自分のドライバーを並べて比較してみた。「ヘッドが大きいのが苦手」と思っていたけれど、こうして並べると構えた時の差は全くない。むしろアドレスから見たヘッド面積はレディスドライバーの方が大きい。

ドライバー比較(フェース)

長さも1インチしか違わないので、どうやら自分で考えていた「見た目の先入観」が原因ではなさそうな気がしてきた。

2本のスペック比較
EONSPORTS
GIGA XF460
Callaway
Big Bertha
長さ45.044.0
ヘッド体積460440
ロフト角10.513.0
ライ角60.056.0
バランスD1.5C0
総重量296g277g
トルク4.26.7

これらを踏まえて自宅で2本を交互に軽く8時→4時で振ってみた。感じたことはシャフトフレックス(RとL)の違いはもちろん、総重量を含めたバランス、グリップの太さ、あとロフト角の効果が大きいか。

思えば3Wでティーショットしている時も、ティーアップは指1本強で少し高めにセットするわりに、他人様のドライバーより低く出るボールを打つので、ボールが上がる打ち方じゃないんだろう。でもロフト角は買い換えないと変更が効かないのでどうしようもない。

グリップの太さ、バランスは変更が効くので今度試してみようかな。でもD0→D1.5にしたバランスを元に戻したりできるんだろうか。