自分用にレディースドライバーをもう1本買って、部分的にカスタマイズしてみようか?なんて考えたりしていた中で、もっと単純にこのレディスドライバーの元となっている男性用を捜せばいいという結論に。

BIG BERTHA 460
BIG BERTHA 460
BIG BERTHA 460

そしてたどり着いた2007年モデルのビッグバーサ460。幸いにもルール適合。新品がかろうじて存在していたので、ネットで希望のスペックを探して即購入。握ったこともないクラブを購入するのは初めて。金額は1万8千円。イオンスポーツのドライバーは大阪の友人からのプレゼント品なので、考えてみればドライバーを購入するのもこれが初めて。

レディースドライバーと同シリーズなので共通点が多い。北の武器商人さんが指摘してくれたライ角が同じというのが最も大きな着目点だったけれど、目玉のような独特のシャローフェース、シャフトの種類、キックポイント、グリップの種類が同じというのも心強い。

逆に、ロフト角、ヘッドの投影面積、重量(バランス)が結構違うのでそこは少し不安。でも今現在、スペック上で不安点が最も少ないのがこのドライバーということになるのは確か。これで練習することに決定。

ドライバー比較

New Big Bertha
460
Big Bertha
Ladies
長さ44.7544.0
ヘッド体積460440
ロフト角10.013.0
ライ角56.056.0
バランスD1C0
総重量302g277g
トルク5.16.7
シャフト50W40W
キック先調子先調子
ヘッド色ブラックブルー


道具か腕前か?には賛否両論あるだろうけれど、ことドライバーに関しては、道具を替えたらあっさり打てるようになったので、道具(スペック)に頼ってみることにして迷わず購入したが、果たして…。

昨日から不整脈が出たりして通院したほど体調がすぐれないので、すぐにレンジへという感じではないけれど、楽しみにしつつ安静モード。

関連記事
・ドライバー比較