アイアン

先月末に「手前から攻めるべく打ったのに届くことが増えた」と記事にしたが、今回もそれを信じてクラブ選択をした。例えば7番アイアンだと以前は135〜140Yとしていたが今回は140〜145Yという具合。

幸いにも今回は芯を喰うショットが多かったので、概ね考え通りの結果が得られた。だけど終わってよく考えてみると、エッジまでの距離表示なのにそこからピンまでの距離を計算せずに、表示杭のままクラブ選択してしまっていたホールがいくつかあった。それでもグリーン中央付近に届いていたことを考えると更に飛ぶようになっているということになる。

やっと人並みというか標準的な飛距離になってきたかな。今回はグリーンエッジまでの距離表示だったので、臆することなく「届く」と信じて振ることが出来た。しかし、グリーンセンターまでの距離表示の時に同じように出来るかはまだ不安。自分を信じれば良いだけのことだけど。

今回のラウンドでは、6番アイアン160〜165Yというところまでしっかり自信が持てるようになった。残る問題は5番アイアン。「これはミドルアイアンだ」と言い聞かせて打つようにしているのだけど、今回は2度使用して2度ともイマイチのショットになった。番手なりの飛距離もなく方向性も悪かった。

トップを浅くするイメージ(実際は浅くなってないかも)にしてからアイアンが良くなってきた。インパクト後の右手の押し込みも板に付いてきたように思う。おそらく5番アイアンを持った時は、飛ばさないとという意識からオーバースイングになってそれらが出来ていないんだろう。

方向性に関しても、やはりやや右に出てしまうもののそう大きくは外れなかった。今のスイング幅なら徐々に安定させられると思う。そろそろ大詰めの仕事に入り個人的には引越も控えているので、しばらくまたラウンドも休憩になるけれど一段落したらまたみっちり整えよう。

関連記事
・アイアンの飛距離