アプローチ自宅練習

アプローチショットのフォロースルーで手首を返してクラブフェースが立ってしまう。この癖の修正練習を自宅で行うことにした。絨毯の上をサッと擦りながらフォロースルーで返さないように。

ここであることに気づいた。アプローチはやや身体を開いて打つように教わっているが、理由のひとつである「振り抜きが良くなる」という意味が今になってやっと理解できた。以前はスタンスを開かずにアプローチしていたし、最近は開くようになったけど理由も解らず開いていた。

今回のこのフォローで手首を返し過ぎない、という反復練習をしていて初めて「開いた方がフォローが出しやすい」と理解できた。しかし、ゴルフの疑問ってのはいつどこで解決するか分からないもんだ。聞いてすぐ理解できることもあれば、ある練習でふと発見することも。

今日は約2mちょい先に新しく買ったアプローチネットを置いて、SW1本でボールの高さを順に変えながら打つ練習も行った。1番上の穴はロブショット用なのだけれど、さすがにここまで高いと自宅で狙うのは怖いので下3段を順に狙って練習。的が近いのでまずまず。