2週続けて今日もレッスン通い。引き続きテーマの中心は、ループスイングになってしまう最大の原因であるクラブの上げ方の修正。写真のように右肘を自分の限界まで曲げずに肩と一緒に回転。8時→4時程度のスイング幅でこれを行うのだけれど、依然としてできない。

肩を回して腕を伸ばしてテイクバック

写真撮影したときのように、上げるだけなら真似事みたいには出来るのだけど、いざボールを打つためのスイングになった場合、、なんとかして勢いをつけたい意識からか、早々に右肘を曲げてクラブを持ち上げてしまう。ダウンスイングからインパクトでも、クラブの自然落下に任せてヘッドを走らせるべきところを、右腕で必定以上に押してしまう。

最後にコーチから「どうでしょうか?」と言われ、「相当時間がかかりそうです。」としか答えられなかった。こんなに上手くできないドリルというか動きは初めて。それだけ悪いクセが染み付いてるということ。

右腕を曲げるタイミング
「右腕をどこから曲げれば良いのか?」という質問をした。「肩の回転を使って勢い良くクラブを放り投げるように上げて、自然に曲がってしまうところから。」という答え。トップ位置に関しても同様と教わる。これは笑ってしまうほど納得の答え。「ここから!」なんて回答を待っていた自分が可笑しく、難しく考えることなど何もないということ。

膝の高さと向きを変えないでスイング

今日もフルスイングせず終了
先週、今週のレッスンでフルスイングはほとんどなし。でも不思議なことにいつもの練習の何倍もの充実感。この“特訓してるぞー感”がなんとも心地良くて楽しい。もしかして自分の場合、ゴルフが好きなんじゃなくて、何かを教わってるのが楽しいのかもしれない。でも今日のこれが身に付くのはいつのことだろうかと途方感もある(笑)。