高島平で練習

新潟の友人にスライス対策のアドバイスをもらって早速実践。スライス打ちでも別にいいのだけど、ドライバーに関しては時々尋常じゃないほど曲がってしまうので、なんとかしたいと思っていたところ。

急に直るとは思わないし、必ず右に曲がって左には絶対に行かないというゴルフも楽なんだけど、もうちょっと捕まった球で飛距離も欲しい。

そのアドバイスは、左肩を入れてしっかり捻転し、左肩をその場に残したままのイメージでインパクトするというシンプルなもの。

アドレスで右肘を少し体側に曲げて右肩が出ないように、そして斜め後方を向いたままインパクトを迎えるという意識も最近注意していて、後は時間をかけて右肘をもっと体の近くに通せるようになればと思っていたところだった。でも今回のアドバイスは、すごく簡単そうですぐに実践できそうだったので、即効性も期待しつつ試してみた。

左肩に意識を集めてとにかく反復打ち。テイクバックの捻転も、インパクトの肩のラインも全て左肩だけに意識を集中。なるほど、スライスはかなり抑えられるし、時々ドロー回転も出てきた。でもちょっと楽をしようとすると左へ一直線というボールも…。球は捕まって気持ちいい。

スライス一辺倒だったのが、どちらにも行くようになった。上達過程としてはこれでバッチリという感触だけど、来週のゴルフはどっち向いて打ったらいいんだろう。まあ、そのアドバイザーとのゴルフだから相手に責任とってもらえばいいか(笑)。たまには前後半でOB2個ずつと最初から決めて思い切って振ってみるのもいいかもしれない。