インパクト時のグリップの通り道

インパクト時にグリップから体から離れすぎる。これは周囲からよく指摘を受けていた点。掲載の写真はアイアンでのものなので、そこまでひどくはないかもしれない。この症状はドライバーを筆頭に、クラブが長いほどひどくなる。最近、ドライバーでインパクト時のフェースの向きを気にしているので、フェースを合わせて当てにいくようになった。

「いずれ直したい」と思ってはいたものの、今までは、スライスが出ても次の日はドローみたいな感じで、その曲がり幅も大したことなかったので放置していた。それで最近スライスがひどくなってきたので、急に気なるようになり、ここ数日は右肘を絞るというか、右肘をいかに体の近くに通せるか?という意識を持って自宅素振りを繰り返している。

ラウンドでは、例えばアイアンだとアドレスでボールをクラブのトゥ寄りにセットしてちょうど芯を食う。ドライバーの場合は、それでもヒールに当ててしまうので、右足をクローズにして左肩を残したままでインパクトするイメージ。これでやっとボールからクラブヘッドが遠くなるので、スライスの度合いがマシになる。でも急場しのぎにしかなっていない。

ああ、練習の時間とお金が欲しい(笑)。この冬は、自分のゴルフの故郷でもある高田馬場の室内レンジで篭って集中治療かな。