本番につながる練習場での準備

知人たちからは、「練習より本番の方が良いね。」と言われるが、自分では「練習も本番もほとんど同じ。」と思っている。でも周りには、「練習は良いけどコースで失敗する。」と言う人が圧倒的に多い。先日の記事にも記したことだけど、ちょっとこれを考えてみた。

実は自分自身でも「コースの方が上手く打てる。」とちょっとだけ思っている。でもこれは自分の優劣の基準が、「練習場では厳しく、コースではかなり甘い。」という設定が大きいんだと思う。コースでは、目の覚めるようなナイスショットを期待して打つようなことはほとんどなく、ショット前には「あのへんくらいに行けばいいだろう。」程度の気分。また、結果論だけど、そう思えた日ほどゴルフの内容が良い。

練習では、目標に対して何度も同じクラブで練習できる。でもこれで打てたナイスショットを勘定に入れてしまうと、実際のコースで凹む結果になってしまう。自信という心の箱には入れるべきだけど、コースで再現できるレベルか?となるとおのずと厳しく考えられると思う。

だからメンタルやコース慣れを除いて考えると、見る人から見たらどんな人でもほとんど普段の練習どおりの結果しか出ていないと自分は思っている。プレッシャーや目標意識もなく、マットから連続して打った何球目かのナイスショットを過信しても、後で自分が損するだけ。

コースで凹まないため、正しい身の丈を知るための判断基準を知れば自分に合った練習方法も見えてくると思うし、本番とリンクする練習方法を自然に取り入れるようになってくるもんだと思う。

1球ごとにクラブを換える、3球ごとに換える、自分のルーティーンを決めて丁寧に行うなどの練習方法は効果的。また、本番同様に考えながら緊張感を持って打って存分にミスすればいい。これをやると、ゴルフ場にやってきたような錯覚と緊張感があって練習も楽しめる。

最近は本番同様にウキウキできる環境が欲しくて、なるべく朝イチで練習場に向かうことが多くなった。特にこの時期の7時前後は、空気も朝の雰囲気が漂っているし、寝ている家族を起こさないようにそっと出かける様子も、本番の日に似ているから楽しい(笑)。