昨秋以来半年振りの元ホームコース、栃木県のハーモニーヒルズゴルフクラブで早朝スループレー。実力診断と頭の体操のために定期的にラウンドすることにしているコース。戦略的レイアウト(トリッキー)と、グリーンの難しさが神経を使って疲れるコース。それがまた楽しい。

最近の練習で擦り球が減ってきた。今回は、まだ半信半疑なその成果の過程を練習場の延長として確認したかった。そしてホールを追うごとにその成果が表れ、左を向かなくても怖くなくなったのは大きな収穫。


本日のスコア
43(21)+40(18)=83(39)

OUT→IN/White Tee/6,179Y
雲の多い晴れ/微風→弱風/9℃→20℃
乗用カート/セルフ/早朝スループレー

ハーモニーヒルズゴルフクラブのスコア

練習場では右に曲がらなくなったものの、いざコースでセット方向を変えるのには勇気を伴った。前回のラウンドでは、従来通り左に向いてセットしてもフェードで戻ってこないボールが多くて怖かった。この持ち球変化のぎくしゃく感を今日のラウンドでなんとか前進させたかった。

ドライバーショット
スタートホールの引っ掛け気味のボールで大丈夫だと確信。ホールを追うごとにスライスしない自信が付き、左を向かずに終始貫けた。チーピン気味のボールが3発。プッシュアウト気味が5発あったが、いずれも大事故にはならなかった。インに入ってからは、230〜240Yを示すフェアウェイの目印を越えるショットが3発もあった。普通に飛ぶ人にとっては特に珍しいことではないかもしれないが、自分はこんなのは初めて。

フェアイェイウッド&UT
フェアウェイウッド&UTは、やはりやや怪しい球筋も出た。練習ではフックもスライスも出ていたクラブ。今日は捕まるけれど左右への曲がり方がおとなしかったので助かった。今日はこれら長いクラブの方向性も良かったがこんな日は珍しい。練習場以上の結果だった。

ハーモニーヒルズゴルフクラブ
ハーモニーヒルズゴルフクラブ
ハーモニーヒルズゴルフクラブ
ハーモニーヒルズゴルフクラブ

アイアンショット
アイアンは試しに全て目標に対してスクエアにセット。どういう球が出るんだろう?なんて他人事のように打った。結果、右には曲がらず真っ直ぐかややドローが多かった。序盤はいくつかトップして低いスライスのミスショットもあった。でもアイアンはフェードの方が使い勝手が良いので悩ましいところ。17番のPAR3では、ピン位置からフェード狙いでうまく打ててまさにそれを実感したホールとなった。

ショートゲーム
フェアウェイの芝は緑色に綺麗に生え揃っていたが、グリーン周りだけは芝がまだ薄い場所が多かった。よって、グリーン周りからのアプローチは冬用のヒールアップのランニングに終始。しかしやはりここのグリーンは難しい。複雑で大きな傾斜と厳しい芝目。アプローチにもパッティングにもそんなに不満はないんだけれど、数字としては残らなかった。

ショットの調子が良くてパーオンが11回。これだけ乗ってしまうと、自分の実力ではパット数をまとめるのは厳しかった。今日も1メートル前後のショートパットはクロスハンドで全て入れた。逆に3〜5メートルのバーディーパット、パーパットはほとんど外した。カップを舐める&かすめるパッティングも多かったので39パットでもあまり悲観はない。

飛距離の把握
最近では今日は気温が上がらなかったので、序盤は冬用の飛距離勘定でクラブ選択したが、さすがにもうすっかり夏用で良いようだ。前半は大きいショットが多かった。また、ダフってちょうど良かったというラッキーなショットも2回。いずれもパーで上がったが微妙な想い。