ラウンドから中1日。暑さを避けて朝6時半に練習場に着くも、開始直後からすでに厳しい陽射しが照りつける。そしてお尻の左側が筋肉痛で気持ち悪い。心当たりはあるのでそれがコースで実践できていた証しだろうか?ちょっと不明。さてラウンド直後の練習はスイング調整。

ラウンド後に崩れやすいアドレス、グリップ、リズム&テンポを基本に戻すことが目的。これはプロの練習の考えを真似たもので、実際に自分がちゃんとそれと同じ目的を果たせているかは分からない。でもこの真似事を行うことによってリラックスできるから不思議。

テークバックで右手を使わない

まだクラブを上げすぎる
スイング調整しながらも、やはりクラブを必要以上に手で上げすぎていると感じたので、右手をパーにしてショートスイングを続けた。写真は分かりやすいように横からグリップに当てているが、実際にはもっと下から当てて行う。そして途中から握るようにしてボールを打つ。

体を使った左腕だけのテークバックは素直なプレーンを通る。右腕は添えるだけ。これで動画を取ると大変綺麗なバックスイングの完成。でも右腕をちゃんとグリップした途端に綺麗な形は崩れる・・・。

普段から右手の親指をふんわり握ることが癖付いているけれど、最近その仕草に慣れてしまったので、こういう方法を取り入れた。

ボールを捕まえる

クラブをボールのどこに入れるか?
捕まったボールを打つには自分なりにいくつかの注意点があるが、そんな練習を繰り返した最後には「この1点だけで全て賄える」というポイントを探さなければならない。テーマ練習の総まとめみたいなもの。

そしてここにきてやっとまとめることが出来そう。それは、ボールに対してクラブを入れる場所。人によってボールのどこを見て打つかというのがあると思うが、自分の場合の「捕まえる」という目的を達成させるためには写真の位置と方向からクラブを入れる意識がピッタリ。

そしてフェードイメージの時は外側から入れるのではなく、ストレートに入れると自分の場合はそうなる。しばらくこのストレート&手前からの範囲でいろいろ試してみて遊んでみたいと思う。

これは、ドライバーから9番アイアンまでで使える意識。ウェッジからはこの意識だとかなり引っ掛けてしまうので、ストレートに入れた方が良さそうでしかもボールの前方側を見る方が良い結果が出る。