塩崎亜美プロのスイング動画

2週間前にゴルフ番組で見た塩崎亜美プロのスイング。これを観てから凄く良いイメージが沢山沸いてきた。今までは、アドレスと腰の回転はAプロ、トップ&ダウンスイングはSプロ、力感はKプロの各部分をお手本としていたけれど、しばらくは塩崎プロ1人で良さそう。

ただしかし同プロは、ショートスイングが良くない。上手下手の問題ではなくて、フルスイングにはある切り返しの“間”が全く感じられない。だからお手本イメージとさせて頂くのはフルスイングのみ。

どっしり構えた力強いアドレスもそうだけれど、「これだぁ〜」と強く感じたのはアドレスから決して腕を上げないでテークバックと、トップの瞬間にはすでに下半身先行切り返しに入っているタイミングが見えやすい。しかも切り返し直後にはすでにグリップは腰の高さに戻っている。

自分以外には解り難い表現だと思うけれど、ちょうど土星の輪のようなイメージに見えた。球体部分が腰で輪の部分がグリップの通り道。グリップは腰の周りで回すだけ。あとは慣性で上がっていくので、それを腕の力で邪魔しないようにヘッドを感じることが大事。