テークバック(UT)
フォロー(SW)

低く上げて低く出す。自宅の素振りが効果を出してきて、少しずつあまり振り上げないでもスイング出来るようになってきた。飛ばそう、上げようとする要らない意識が徐々に取れつつあって楽に振れる。

練習写真は昨日土曜日のもの。テークバックはUTを使って、左腕だけでテークバックする練習をしているところ。右腕は添えるだけ。こうして上げた時のテークバックが一番美しい。また、右腕が使えないと不安なものだが、この不安な気持ちが徐々に消えつつある。

フォローの写真はAWでの50Y練習のもの。パンチが入ると極端に低い擦りボールしか打てないので、大きくゆったりリズムとテンポを守ってクラブを低く振るとロフトがボールを上げてくれる。

ボールを捕まえたい、安定したインパクトを得たい、ボールを上げたいなど全ての要素が腰から腰までの間に詰まっている。そこより先は惰性というか慣性の仕事に出来ればいい。

もともと上背がないのでクラブを高く遠くへ振り上げようとして無駄な動きが多かった。テークバックは腰まで、フォローも腰までの間にグリップがある時間を長くするよう意識してから随分良くなった。