ゴルフ歴4年の推移

9月でゴルフ歴4年になった。ゴルフ歴は?と聞かれて「3年」と答えていた頃はよく初心者扱いしてくれて気分も楽だっが、4年・5年となると少し印象が違ってくる。もう「始めたばかりです。」という言い訳は効かないので同じ土俵で自覚を持って取り組む時期に入ってきた。

3年目まではどの項目も勢い良く伸びた。これは当たり前。そしてこの先は一体どこが伸びるんだろう?どこを伸ばせばいいんだろう?と思っていたがショットの精度も上がってミスが減った1年だったと思う。

3年目までの振り返りは昨年の記事参照 >>

−パーを狙えるゴルフ−
最近になってやっとボギーが当たり前でパーが取れないと残念と思うようになってきた。この春くらいまでは、「よしボギー!」と納得してると諸先輩方によく注意された。やっとその感覚にやっと染まってきた。

帰宅後、奥さんへのスコア報告も、100切れれば「良かったね!」と言ってくれていたのが、最近は90以上を報告すると「あらま!」なんて返るようになってのは嬉しくも辛くもある(笑)。そろそろパーが結構取れるゴルファーになったという自覚を持たないと伸びないかも。

−ゴルフ上達に大切なこと−
3年を振り返った時と同じ内容になるが、ゴルフに大切だと考えているのは、あらゆる面のマネジメント。状況判断とショットイメージ、いわゆるコースマネジメント。そして自分へのマネジメントとなる心の部分。これをコースで発揮できるための日頃の準備。コースと練習場をいかにリンクさせられるか?というのを実感した1年でもあった。

−次の1年はどうなるか?−
平均スコアが縮んでくると、ショートゲームの大切さが身に染みる。と言うかここしか縮められそうにない。特にこの部分はあらゆる状況が待ち構えている所なので、その対応力を向上させたい。

他の部分も少しでも上達するよう努力したいが、急にドライバーが飛ぶようになったり、ショット精度が上がってパーオンが劇的に増えるということは考えづらい。やはり最後はパッティングと感じる今日この頃。

パーオン率30%を維持した上で、絶対に30パットしないなんてゴルファーになりたいなぁ。そして次にサンドセーブ率。ちなみに最近10回を計算するとたったの10%だった。苦手意識はないが、出すだけ乗せるだけから脱皮してせめて30%くらいに出来ないものか。