ドリル展開中


早朝練習。レッスンで行ったドリルの復習。スタンスをオープンにして右足寄りにボールをセット。フォローまでハンドファーストを意識。右肘を右脇に付けたままインパクト以降は腰のターンでボールを捕まえてヘッドを返さずにそこで終了。ライン出しの練習をしてるような格好。

クラブは体の左側で振っているが、右側ででタイミングを取って調整しているというようなイメージがちょうど合う。

形への意識が強いと、知らずに力みが入ってしまうので要注意。気持ち良くリズミカルにこなすのがポイント。こうして入射角が安定してくると手応えも捕まりも良く、またボールもよく上がってくれる。

今日の練習で追加で注意したのは、このドリルのもうひとつのポイントである“へそ”の向き。へそは下に向けたままターンさせる。左腰を突き出して右側が下がってしまわないようにするための意識で、これよにって正しい腰のターンが身について、インパクトも厚くなってくる。

実際にはずっと下を向けておくことは無理なので、左右が伸び上がらないための意識。この反復練習によって特にウェッジの距離感、次にドライバーの捕まり具合に手応えが感じられてきた。