テークバックからトップ

空いた時間を使って自宅で素振り。本物のクラブで行うか、もしくはそれより長いものの方が効果は上がるだろうが、スペースの都合上でそれが出来ないので短い素振り用の棒で長さをイメージして行っている。

腕を左右にぶらぶら往復させると、とても動きが自然。膝を真っ直ぐ向けたままでこれと連続で行うと股関節と脇腹の柔軟体操にもなる。

さてテークバック。クラブは極力自分で振り上げないで、肩が回り切ったところで惰性によって右肘を地面と垂直方向に上げる。

右肩に上げて左肩に戻すというV字コックを覚えるまでは、クラブを高く上げたくてこれがなかなか出来なかったが、コックによって上がるのでその欲求が抑えられて以前より上手にできるようになった。

トップでのグリップ位置は、右肩とボールを結んだ延長線上はそれより上側を目標に動くようにしている。これは、最近ボールを捕まえるための自己流改造によってスイングがフラットになってきたから。

自分のスイングは、右肘でクラブを上げてから回る。また三角形維持を気にして右肘を絞り過ぎ、上がってから右肘を外側に開く。この素振りはこれを矯正するような運動。ボールがあるとまだ未完成。でもこれを始めてからスイングへの考えが楽になってきた。

このタイミングでレッスンを再開したせいか、気分はすでにオフシーズンで来春へ向けてのトレーニングをしているような感覚。今年はあと3ラウンドあるけれど、すでに目標は達成しているので、出来れば90叩かない範囲で来年に繋げられるような内容を遂行していく。