向原ゴルフセンター1階打席

今週も土日で連日早朝練習へ。この週から練習場のオープン時間が6時から6時半に変更になった。それに合わせるかのように急に人の数が少なくなった。開店時間に合わせて来るという熱心な早朝組も、やはり寒くなると億劫になるらしい。気合いが中途半端だなぁ〜。

先週のワンポイントレッスンから、明らかにいい感じでボールを捕えられることが増えた。意識としては、ヘッドを走らせて最加速ポイントがインパクト直後になるようにクラブヘッドを誘導するというもの。

仮面の忍者・赤影のイメージ
「背中の鞘から刀を抜くようにクラブを下ろす」これは同世代のコーチから教わった言葉。自分の中ではこれから連想するのは忍者。別にガンダムでもいいんだけど、自分の場合はとりわけ赤影(笑)。

仮面の忍者赤影

例えはさておき、いわゆる「クラブを立てて下ろす」のと一緒。でも自分の場合はやっぱり「鞘から〜」の方が物体を意識できていいし、幼少期にプラスチックの刀を背中に結んで遊んでいたので、その頃を懐かしめて楽しい気分になれる。実際にそんなに綺麗に刀が抜けるか?は別としてとても、大変イメージしやすいのでこれを採用中。

イメージ実施中のポイント
あくまで鞘からはフワッと抜く。徐々に加速していく中で、右足の前にヘッドがくるあたりからフェースの向きと入射方向を気にする。自分の場合は少し手前(イン)側から入れるイメージでやっと捕まる。加えてハンドファーストで捕えられるようにクラブを誘導するような感覚。

体の正面を追い越して行くクラブヘッドを追うように、自分の上半身もそちらへ向けてターンして追いかけていく。いわゆる「ヘッドを感じる」と表現されるものと一緒なのかもしれない。今はこれらの基本をメインに憶えている最中だが、クラブがいい具合に入るようになってきた。

今のスイング練習手順
(1)9時→3時でぶらぶら反復素振してヘッドを感じる。
(2)肩(上半身)を回しきってからクラブを上げる(右肘を曲げる)。
(3)背中の鞘からフワッと刀を抜くようなイメージで切り返す。
(4)右足前あたりからフェース方向が合うよう誘導。
(5)インサイドからハンドファーストにボールコンクトを誘導。
(6)クラブヘッドに追い越されてから追いかける。

ポイントが多いので、ミスするたびに「あ、あれを忘れた」の繰り返しで時間があっと言う間に過ぎる。春までにはたっぷり時間があるのでそこまでに「楽しみ」と思えるような確率に仕上げていきたい。年内あと1ラウンドあるがどうせゴルフ場は凍っているので何も求めない。

テーマイメージは「楽に打つ」。客観的に見て「楽に振ってる」「どこにも力が入ってない」と思えるよなものにしたい。