湘南シーサイドカントリー倶楽部

取引先の広告代理店のコンペに2回目の参加。前年度は優勝という名誉と豪華賞品を戴いた思い出に残るコンペ。場所は昨年と同じ神奈川県茅ヶ崎市にある湘南シーサイドカントリー倶楽部で、湘南海岸に面しつつ大きな相模川の河口にあるので、今日も風が強かった。

コンペの結果は47人中で4位。2万円相当の賞品とグリーンジャンボ宝くじを10枚もらった。グロスでは9位。昨年よりも全体的にレベルが落ちたとも思ったが、いくらスポーツ新聞社を中心にマスコミ関連の方々が集まるとはいえ、社用コンペだからこんな感じかな。

今日のスコア
48(16)+46(15)=94(31)

OUT→IN/White Tee/5,954Y
晴れ時々曇り/弱風〜時々強風/6℃→10℃
歩行プレー/キャディ付き/ハーフ休憩約40分

湘南シーサイドカントリー倶楽部のスコアカード

茅ヶ崎駅前発、朝一番のクラブバスに客は自分1人。他に乗っていたのは従業員(たぶんキャディさんたち)だけ。ここは練習場がないので徒歩10分かけて海岸沿いのゴルフ練習場まで出向いた。同経営なのでラウンドの人は入場料無料。1球10円で100球打った。

前回優勝者ということであちこちでチヤホヤされ、開会式でも紹介されたりするのでとても気持ちの良い1日だった。昨年は初参加でそわそわしてたけど、今年は偉そうにドッシリ(笑)。スタートはアウトの最終組だったが、できれば全員が見る1組目でも良かった。

最初に今日の状態を記しておくと、月曜から寝違えで首が思うように動かなくて焦っていた。でも首は徐々に良化し、コンペ当日には肩と背中の重みと張りだけ。しかし終わってみれば重いクラブが全くダメだったので影響があったのか?という感想。土曜日に法事で静岡まで出向いて娘を1日中おんぶしてた影響があったのか?歳だなぁ〜。

湘南シーサイドカントリー倶楽部

ラウンド前半の様子
そんなことがあって今日は欲を制御して“決して振るべからず”と心に決めてスタートした。ドライバーは表を見てのとおりで、自分のゴルフ歴において史上最高の上出来。飛距離も方向性も満足。

前半は木に阻まれたプレッシャーが強烈なホールが2つある。昨年の同ホールでは3WやUTを使ったが、今日はドライバーでコントロールショットを試してこれが予想以上にはまる気持ちの良さだった。

でもせっかくのティーショットが全て無駄になるようなショートアイアンとウェッジのデキの悪さに愕然。絶好の場所からシャンク気味にかなり右にミスしてみたり、ダフって10mしか進まないこともあった。

さすがにグリーン周りまでくれば、それなりにまとめられた。グリーン周りの枯れ芝のラフが結構深くて苦戦もしたが、今はパッティングへの安心感が大きく、また楽しいのでなんとか50打たずに済んだ。

湘南シーサイドカントリー倶楽部

ラウンド後半の様子
前半がそんな感じでも、今日とにかく心地良い1日だったので気合いを入れ直して後半スタートホールへ。ところがドライバーが前半ほど捕まらなくなってしまった。風が強くなってきたこともあって、打ち急いだり体が開いたりで、左へ強烈に引っ掛ける怖いボールも。

スタート2ホールでは、アイアンでダフって5mも飛ばないようなショットを連発してしまった。苦笑しながらホールアウト。ちょっと心配になったのは世間で時々伺う「クラブの振り方(上げ方)が解らなくなってきた。」という状態に陥るのかなぁ〜?という雰囲気を感じてしまったこと。

同伴者の方から「どうしました?」とタイミング良く聞かれたので、「ここで考えても仕方ないので、今日はたくさんミスして勉強します(笑)。」とケジメをつけられたのが良かった。すぐ次のホールでパー。その後も悪いショットをなんとか工面しながら3連続パーで持ち直す。

そして最終ホール。ティーショットは大きく左にミスショットも、セカンドをインテンショナルに残り70Yまで運べた。ここまで来たら最後も!と思った瞬間にショットがまたもやシャンク気味に右バンカー手前。そこから寄せきれず、入れに行った結果の3パットでダボ。3打目以降はまさに欲が生んだミスショットの連続だったと思う。反省。

今日の総評
スコアは思うようにいかなかったが、今日は天気も気分も良く、特に前半のドライバーと、全般のグリーン上でやるべきことがほぼ出来たのでその点では満足できた1日だった。

しかし練習では申し分なかったはずのショートアイアンが全滅。ここはグリーン狙いの景観がとてもシビアなので、昨年のようにドライバーがいまひとつでもアイアンが良くないとしんどい。背中と肩が硬かったことがどれだけ影響したかは解らないが、一旦忘れよう(笑)。

ウェッジも同じく。練習でも登場する悪いところばかりが出た。こちらはもっと練習で精度を上げないといけない。