この土日は久しぶり天気も問題なく、2日続けて練習できた。火曜日に記事にした“腕は内からヘッドは外から”を試す予定だったが、練習開始早々にしてこの意識だけではダメなことが解った。

これだけだと、フェースを開いて擦るような練習にしかならない。それで番組中、“左腕を返しながら”という説明があったのを思い出した。

左腕を返していくイメージ

まずはショートスイングでこの意識を試し、すごく捕まりと感触が良いのを確認。ただし上半身の開きが早いと、練習場の左角へまっしぐらに飛んでしまうので、しっかり捻転して上半身を遅らせるというか我慢するのが条件。でもこれで先行動作が出来上がるので一石二鳥。

捕まえようとして右腕に意識がある時は、野球のアンダースローの感じが良いと思ったこともあったが、逆にダフリも増えた。自分も場合は左腕を早めに返しながらインパクトを迎えるという意識が良いかも。

捕まらない時期が長く、被せ気味にグリップする癖があるため、普通に打つと今はドローボール。これを少し開き気味に構えると必ずスライスしていたボールも、この2日はちょういいフェードが打てた。

これはウェッジにも良い傾向が出て、距離のコントロールやボールの高低差の出し方がすごくいい感じになってきた。だたし、ウェッジに関してはクラブの入射角とボールに入る位置がまだまだまばら。

テークバックを低く長く出す意識で改善されるが、どうも調子の良い球が連続するとヒョイと腕でクラブを上げてしまう。これはラウンドでもすぐにこうしてしまう。しばらくはこれらの反復練習になりそう。