ヤマハインプレスX D202

コースで試打以上の好結果が得られたD202ドライバー。2012年モデルなので中古での購入。スライスによって飛距離をロスしてしまう私のようなゴルファーでも安心してぶっ叩ける頼もしいクラブ。入手2日後の実戦投入で好結果が出たが、その後の練習打ちも含めた評価をまとめた。

ヤマハインプレスX D202のヘッドを上から見たところ

クラブスペックロフト角:9.5度
ヘッド体積:450cm3
長さ:45.75インチ
シャフト:MBX-512D/S/57g
総重量:299g
バランス:D1


まずは構えた感じ


前回フックフェースに見えるという指摘があったので、今回は普通に地面に置いて操作せずに撮影。もう少しハンドファーストに構えてソールすると開いてるようにも感じる。体積450cm3でシャロー系ヘッドなので、スライスが怖くて上からしっかり叩けない私にも安心感がある。

ヤマハインプレスX D202の構えた感じ

他のクラブではスライスが怖くて「上から叩く」という表現のスイングが出来ないが、本当にスライスしないので思う存分ぶっ叩ける。

これは他のクラブにも相乗効果が出るように思える。いわゆる「ドライバーが良い日はアイアンが悪い(またはその逆)」というようなことがなくなるような気さえする。まだそこまでの立証はできないけれど・・・。

とにかく球をつかまえやすい


ヤマハインプレスX D202のヘッド

私のヘッドスピードは39〜41m/s程度。計測ではもっと出ることもあるが見栄も張ってもしょうがないのでやめておく(笑)。ヘッドのヒール側にあるウエイト効果なのか、ヘッドが勝手に返って走る感触がある。

Dシリーズは歴代をとおして極端なほどに重心距離が短いらしく、ヘッド重量もかなり軽い。そしてこのヒール側のウエイト。私のような非力なスイングでもヘッドを返しやすく捕まった球が打てるのはそのせいか。

とにかくどこに当たってもどう振ってもスライスしない。いや、厳密に言うとスライスはある。でもコースで事故になるような大ファールはなかなか打てない。「スライサーでもドローが打てる」がキャッチコピーだけど、私の場合はこのクラブを持ってしても、ドローは滅多に出ない(笑)。

ヘッドに埋め込まれたウエイト

実戦投入の結果


中古ショップの試会で20球ほど打っただけで買ったので、直後に実戦投入では楽しみ半分心配半分だった。でもこの心配はスタート前の練習で1〜2球打っただけで完全に払拭。期待感だけでスタートできた。

その日のラウンドレポートドライバーショットだけは過去最高の出来!−紫カントリークラブ(すみれコース)ラウンド記

ラウンドでは14回の使用でフェアウェイを外したのは、フェードせずに真っ直ぐ飛んでしまった1回のみ。またこのうち1回は、先端でヒットしてやや右に飛んでドローで戻ってきた。これが唯一のミスかもしれない。

飛距離はGPS機器の計測で215〜230Y。これまでのドライバーのキャリーが190〜200Y(GOLF5で計測)だったことを考えると、10〜15Yくらいは前に飛ばせるようになったのかもしれない。飛距離が伸びたと言えるかもしれないが、それよりも曲がらなくなったという方が良いかもしれない。

芯を喰った時の打音が強烈にかっこいい


打音は普通と言えば普通かもしれないけど、「上級者のようなかっこいい音が出る」というのが個人的な感想。なので練習場でミスした時は、周囲から見たら「なんちゃって打音」のように見えるかもしれない(笑)。

YouTuneへ

私の場合、表示ロフト10度のクラブで上がり過ぎの傾向があったため、今回は9.5度をチョイス。上がることよりも直進性を選んだ。望みどおりの中弾道となったが、この弾道と打音のおかげで周囲からは「かなり飛ぶようになった!」と評されている。見た目以上にそう感じさせるらしい。

弾き系だけどボールのつぶれ感もある打感


打感は基本的には弾き系だと思う。でもボールのつぶれ感も混合したような感触。またいわゆる柔らかいという感じの良さではなくむしろ真逆。インパクトの瞬間はボールの重さというか手応えを感じる。

一瞬当たり負けしそうなんだけどそこからヘッドが走ってくれるので、反射的にボールを押し込んでいける錯覚のようなものを感じる。気づいたらちゃんとフィニッシュ位置にクラブが収まっているという不思議なクラブ。

シャフトは純正のMBX-512D


シャフトは純正の中元調子

キックポイントは中&元調子となっているけど、不思議とそう感じないシャフト。硬度Sでも先端がかなりしなって走っているように感じる。最初に打つ前は「先調子の方が安心感あるんだけどな〜」と思っていたが、カタログのスペックと実際の感触はかなり異なった。

ここまでくると、他のカスタムヘッド装着のものも打ちたくなる。そのうち慣れてきたらスペック違いも探してみようと思う。

最後に個人的使用感のまとめ


全てのスライサーに有効かどうかまでは責任が持てないが、少なくとも私のスライスは今のところなくなった。かと言ってカタログ表示どおりのドローになるかと言うと、なりそうでならない(笑)。

これは私が中央〜ヒールヒッターであるからだと思う。クラブヘッドそのままで45インチかそれ以下のシャフト長に変更すれば、ドローヒッターへの変身もあるかもしれないが、今のところその考えはない。

最後に、ここまで絶賛すると「お助けクラブ」のように見えてしまうが、初心者が使えるほどまでは易しくないかもしれない。

D202の長所のまとめ・球をつかまえやすい。
・大きなスライスがなくなる。
・上手そうな音が出る。
・方向性重視の当てに行くスイングでもヘッドが走る。
・インパクト時の衝撃でフォローが出しやすくなる。

続けて短所を挙げようと思ったが、主観だと思い浮かばない。スライサー限定クラブだと思うので、右に左にミスする人を助けてくれるクラブではないと思う。使い続けるうちにまた感想を加筆したいと思う。

関連記事試打して即買い−ヤマハ インプレス X D202 ドライバー



【中古品】【10.5度】ヤマハ ドライバー インプレス X D202 ドライバー 2012 MBX-512D 1W

中古価格
¥17,820から
(2014/5/2 18:05時点)



【中古品】【9.5度】ヤマハ ドライバー インプレス X D202 ドライバー 2012 MBX-512D 1W

中古価格
¥17,820から
(2014/5/2 18:05時点)