ファイアーエクスプレス

ファイアーエクスプレスシリーズのRB、プロトタイプ改めTP-V、MAX(マックス)WBQのシャフト3タイプをまとめて試打。ついでにドライバー以外にもフェアウェイウッド用のFWとType-Dも打った。飛距離自慢のシャフトは果たしてヘッドスピード40m/s前後の私にも有効なのか。

試打用ヘッドドライバーヘッド:P-tune(ピーチューン)
スペック:PG414/ロフト角11度(リアル)/体積450cc

試打人データ試人:わたし(身長165cm/体重60kg/50歳/ゴルフ歴7年)
ヘッドスピード:39〜41(m/s)/平均飛距離:約215〜220Y
タイプ:非力なのに当てに行ってしまうスライサー

試打用ドライバーヘッドはP-tune・PG414


P-tune(PG414)ドライバーヘッド

こだわりがあるくせして地クラブ(地シャフト)オンチなので、このヘッドもファイアーエクスプレスというシャフトも初めて知った(笑)。

ソールはシンプルでカラーコントラストも良く、派手なソールが多い中でこれはカッコいいと思った。シャローフェースなので、同じタイプを使ってる自分には扱いやすかった。地クラブの中では易しい方とのこと。

このヘッドにファイアーエクスプレスシリーズの3タイプを順次セットして試打開始。場所は会員制室内レンジのinGOLF KITAIKEで、GOLZONのシミュレーターで計測。レンジボールでティーアップは45mm。

Fire Express RB(アールビー)


FE RB

まずは5Sを試打。公式サイトでは「驚異の飛びと方向性も安定、素直なしなりで振り心地が良い」と至れり尽せりの説明書き。

素振りの時点では結構ヘビーな感触だったので、そのつもりで打ったら振り遅れて右にプッシュアウト。ただ、タイミングを掴むと実に柔らかく感じられて、キャッチコピーのように気持ちの良い振り心地を感じられた。凄くソフトでクセのないしなりで、振るというよりシャフトまかせでいける。

ただ、驚異の飛距離は出なかった。しなるタイミングを覚えて、このシャフトに合ったリズムと動き方をマスターすれば、シリーズ中で最もラクが出来るシャフトだと思った。その後で飛距離も伸びるのかもしれない。

次に5Rを試したが、当たり前ながら5Sよりもさらにラクな感じでタイミングを合わせる必要があった。飛距離は5Sと大して変わらず。いずれもタイミングやリズムで振る人には向いてそう。良質なゴムのような感触。

Fire Express MAX WBQ(マックス WBQ)


ire Express MAX WBQ

ゴールドシャフトのマックスは55Sを試打。こちらは「つかまり過ぎを抑えて飛距離アップと直進性を高める」がウリのシャフト。

こちらはしっかり振れて、キャッチコピーどおりの直進性。スライサーなので「つかまり過ぎない」という感覚は分からなかったが、私でも大きくスライスすることはなかったので、つかまるような気がした。

しっかり振れるせいか、方向性のコントロールを行いやすい。思い切ってビシッと叩ける感じ。実際、自分に最も合ってるんだろう。

飛距離は、叩きやすかった分だけRB以上に出たが、慣れたマイクラブと同じくらい。初振りで同じだけ飛ぶってことは、コイツはそんなに慣れないでもすぐに使えるシャフトなのかもしれないと思った。

ゆったりとした切り返しができて、インパクトで叩きに行ける。そんなタイプの人に合ってるかもしれない。切り返しで力んでしまうと、ただの硬い棒でしかなくなるので要注意。どのシャフトでもそうか・・・(笑)。

Fire Express TP-V(旧称:プロトタイプ)


Fire Express TP-V

コイツは50g台のスペックがないので65SRを試打。もともとプロトタイプと称していただけあってハードヒッター向けである。330g近くあったと思うので私にはかなりのオーバースペックということになる。

・・・が、不思議なことにコレが最も結果が良かった。

たしかに握った瞬間「重っ!」と感じて、素振りをしても全くしなるような感触が得られなかった。・・・ならば自分がしなるしかない。←このスイングイメージが功を奏したのか、とてもいい感じでスイングできた。

特にオープンスタンスのフェード狙いで、クラブを逃がすようにインパクトしてやると伸び(直進性)のある強いフェードを連発した。

P-tuneドライバー

さすがにコイツを何発も打つのは疲れる。しかもいわゆる調子の悪い時はどうなんだろう?という不安感は残った。

正直な意見としては、「練習用クラブとして惚れた」という感じ。このスペックだと、自分が正しく動かないとクラブヘッドが走ってくれない。柔らかくて緩いクラブもある種の練習には良いが、こういったオーバースペックが役に立つこともあるのだと気づかされた瞬間だった。

振れる時点ですでにオーバースペックではないのかもしれないが(笑)。

フェアウェイウッド用シャフトも試打(オマケ)


P-tune(PGFW-V2)

実は今日試した中で最も興味を持ったのがこの5番のヘッド。見た目がめちゃくちゃカッコいい。P-tunePGFW-V2で18.5度とのこと。

まずは、Fire Express FW Type-D(65S)で試す。実は最近練習のやり過ぎでゴルフ肘1歩手前。長いクラブをしばらく打ってなかったせいもあって地面のボールを打つのが怖くて全くうまく打てず仕舞い。

飛距離はキャリーで180Y程度。試打させてくれた工房やメーカーには悪いが恐ろしく飛ばなかった・・・。これは打ち手が悪い。

FWシャフト

次に、Fire Express FW(75S)を試打。打てないクセしてなんでスペックが上がるんだ?(笑)。しかしここで驚異のポテンシャルを披露。

キャリー200Yちょいのナイスショットを連発。打感も弾道も最高。あれ?調子上がってきたかな?と思って、さっきのType-Dに持ち直すと、やはりこちらは全然飛ばなかった。Type-Dの方が飛距離重視タイプなのに。

P-tuneの5番ウッド構えたところ

実は重いクラブの方が良いのかもしれないという結論にするしかなくなったが、フェアウェイウッドに関してはロイコレ純正シャフトの54Rで、特に問題もなく気持ちよく使えているので、摩訶不思議。

百聞は一見にしかず。固定観念にとらわれず片っ端から試してみるべし。

北池袋で嫌になるほど試打できますチップゴルフ
〒170-0011 東京都豊島区池袋本町2-7-5
ドンキホーテ北池袋店2F(inGOLF内)
TEL.03-6907-0166
シミュレーター打席・無料駐車場(ドンキホーテ)完備

※2014年8月1日〜25日までモニターキャンペーン中!試打してアンケートに答えるだけで、もれなくエリートグリップを1本装着サービス中!

アンケート

試しに行けない人は通販でながめる(高いっ!)


【Fire Express RB装着ドライバー】RomaRo Ray(ロマロ)455LX TYPE-R【特注カスタム】

価格:97,200円



【Fire Express MAX WBQ装着ドライバー】BALDO(バルド) 8C CRAFT DRIVER TA001【パーツ特注カスタムクラブ】

価格:124,200円



Fire Express TP-V装着ドライバー】BALDO(バルド) 8C CRAFT DRIVER TA001【パーツ特注カスタムクラブ】

価格:124,200円