サミットゴルフクラブ

日本プロシニア選手権が開催されたトーナメント直後良コンディション。ここ数日内と比較するととても温かく快晴!後半途中までの地上はほぼ無風状態(上空はそれなりに)のゴルフ日和。以前に来た時はまだ平均スコアが100以上の時だったが良い印象があったので再訪問。

日本プロゴルフシニア選手権が開催された

プロトーナメント2週間後のコースの様子


グリーンは砂まきされていたが、スティンプメータで9フィート出ており同場基準で試合用のやや速めだとか。巨大で様々なこぶや段差があるのでショートゲームにはかなり気をつかってとても楽しめた。

芝の状態は全般的にまだまだ良好。ラフはあまり奥深く行かなければ短く刈られていて元気さもなかったので難しくはなかった。場所によっては芝目がキツかったりフカフカだったりで苦労する場面もあった。

グリーン絡みの池やバンカー周りは、芝が短く刈られていて届かないと全部転がり落ちちゃうよ状態。このへんはトーナメント仕様のまんま。

グリーンが状態良かった

今日のスコア41(16)+43(17)=84(33)
IN→OUT/White Tee(レギュラー)/6,340Y/快晴/13℃→19℃/途中からやや風/セルフ/リモコン式乗用カート/ハーフ休憩約55分/長袖+ニットベスト着用も途中でベスト不要で半袖でも良かった

サミットゴルフクラブのスコアカード(2014年10月24日)

マズイ面も多々ありながらなんとかまとまった


今年から採用されたJGAのスロープレイティングから、87以下が目標だったのでまずは合格。個人目標としては3アンダーということで。

アイアンが1度も芯を喰わなかったり、アプローチでチャックリして20cmしか進まなかったり、ドライバーが168Yしか飛ばなかったり、いろいろあったけど、そこがしがないハンデ13ってことなんだろう。

おろしたて2本のクラブの活躍


今日使い始めの2本が早速活躍してくれた。カスタムオーダーの三浦技研サンドウェッジとロイコレ(中古)+ATTASの4番ウッド。

本日筆おろしの新しい武器たち

テスト走行の意味もあったので、この2本はあえていろんな場面で使ってみた。アプローチで1度チャックリしてショックだったが(笑)、総じて満足の結果。新しいクラブは、クラブ特性を感じながら慎重に考えて使うので特に結果が良い。ずっとこうであるよう努めないと。

SWはバンカーで2度使用。約10Yを1.5m、約20Yを2mまで寄ったがパットが決め切れずスコアカードに表すことができなかった。

PAR5で3つパーセーブできたのは4Wのおかげ。UTでも良かった場面もあったけど結果が欲しかったので良かった。ティーショットでも2度使ってみたが200Yオーバーは行くので今後の用途も広がる。

サミットゴルフクラブ3番ホール
サミットゴルフクラブ4番ホール

グリーンの攻め方にはかなり神経を使った


大きな1グリーンは様々な形状を持っているので、グリーンの攻め方ひとつでスコアが大きく変わると考えながらプレーした。

そのわりにアイアンが切れずにいろんなことが起こってしまったが、幸い方向性は良く曲がったり違う方向には出なかったのでまとまった。

乗る場所によっては「ラインがない」なんこともあるわけで、外す場所にも神経を使う。こういうゴルフは楽しい。また来たい。

サミットゴルフクラブ12番ホール
サミットゴルフクラブ18番ホール

サミットゴルフクラブの印象


ティーインググラウンドから見渡す景色は概ね広い。ただ、グリーンをストレスなく狙うためには狙いどころが限定される。グリーンが大きいのでカップ位置をチェックして攻めることが必要。

適度なアップダウンのある丘陵林間コースで、フェアウェイバンカー、ガードバンカー、池がさりげなく利いているので、自覚なく叩いてしまうということもあるんじゃないだろうか。