5番アイアンが難しい理由

5番アイアンが苦手という人は多い。中には6番アイアンさえ怪しいという人もいる。でもたった1番手違いの7番は普通に打てるという。その打てる打てないの線引きについて何があるのかを考えてみた。

セットで買ったから全部打てるようになりたい


アイアンはセットで買う。使う使わないに関係なく、誰でも普通にキャディバッグに入っているもの。で、最も難しいのが5番。

5番アイアンはそのセットの中でも最も長く、ロフトも立っているので必然的に一番難しいアイアンということになる。

打てないならバッグから外せばいいんだけど、せっかく持ってるんだから打ちたいし、打てなきゃ!と考えるのはごく普通のこと。



5番アイアンのロフト角を考える


アイアンは何番から入れる?

難しい理由はその長さなのか?ロフト角なのか?と考えた時に、ふとアイアンのロフト角にはそれぞれに大きな差があるのが目に着く。


いわゆる、ストロングロフト。


某ショッピングサイトで、最近の売れてるランキング上位のアイアンで5番アイアンののロフト角を調べてみた。

スリクソン→24度
ゼクシオ→24度
ピン→24度
キャロウェイ→24度


私のアイアンとちょうど1番手違う。これでは4番アイアンに「5」って表示してあるのと同じ。

これがスチールシャフトだとすると、ドライバーのヘッドスピードが相当速い人じゃないと厳しいんじゃないだろうかと思う。



番手表示ではなくロフト角で考えるべき


5番アイアンが難しい理由

一般的にアイアンにはロフト角表示がないものが多い。ユーティリティやウェッジは番手ではなくロフト角で選ぶことが多いのに・・・。

私の場合、フェアウエイウッドは15度あたりから、アイアンは27度あたりから一気に難しくなるような気がしている。

ロフト角が27度未満のアイアンは心して臨まないといけないし、もしセッティングから外す考えがあるとすればロフト角で考えるべき。


番手じゃなくてロフト角で取捨選択する。


私の場合、5番アイアンは世間で言われるほど苦にしないが、24度と言われるとちょっと自信がない。もはやユーティリティのロフト角イメージ。

実際に飛ぶ方が売れるようなので、ショップでは飛ぶ7番を試打して、セットで届いたら5番6番がさあ大変ってところだろうか。



やさしい5番アイアンは存在する


アイアンは何番から入れる?

ミズノ(MP)というと、難しいとイメージする人が多いようだけど、私のアイアン(MP-53)はかなりやさしい。

5番のロフト角は27度。ストロングロフトアイアンと比較すると、6番とか7番とほぼ同等で、しかも7番からポケットキャビティ。

すごくやさしいというわけではないし、アイアンの中ではやはり5番が一番難しいのはどのセットでも同じだけど、比較論として。

時々、ストロングロフトな方から、「5番?上手に打つねー!」などと言われるが、これも番手じゃなくてロフト角で考えれば至極当然の結果のような気がするのだけど・・・。