浦和ゴルフ倶楽部

河川敷にあるのに河川敷コースらしくない林間コース、浦和ゴルフ倶楽部でのラウンドレポート。全体的な景観は狭めでコンパクトな印象。芝の状態はやっぱり河川敷と思わせる部分はあるけれどなかなかの佇まい。

今日のスコア
45(16)+45(16)=90(32)


OUT→IN/Blue Tee(バック)/6,267Y(高麗グリーン)/快晴/10〜19℃/中〜強風/セルフ/自走式乗用カート/半袖+ニットベスト

浦和ゴルフ倶楽部のスコア(2016年4月15日)
※スコアカード画像のホールごとの距離は、グリーン選択ができなかったのでベントグリーン時のもの。実際はこんなに長くない。

浦和ゴルフ倶楽部

出発地の池袋から高速使わずに40分くらいで行けるのは超ラク。練習場はないけど、素振りできる土手があるので困りはしなかった。

クラブハウスは河川敷外にあって、スタート時は河川敷の土手を上り下りして向かう。乗用カートが沢山並んでるんだけど、ここは浸水することとかないんだろうか。余計なお世話だけどちょっと心配。

コースの印象は、狭めの林間コース風。ティーグラウンドの状態はあまり良くなく、フェアウェイもラフも総じて芝が薄くて硬め。特にラフは土が見え隠れする状態で、プレー自体が難しく感じた。

距離の短いホールは、フェアウェイ中央に木を配置してあったり、グリーン周りのバンカーが多く配置されていて、なかなか戦略的。

この日はあいにくの高麗グリーンだったけど、メインもサブグリーンもそれぞれにガードバンカーが利いていた。

フェアウェイやラフの芝は薄いのに、グリーン周りは比較的フカフカしてるという不思議なコース状態。グリーン周りも花道は薄い。



急かされるようなペースに戸惑った前半


浦和ゴルフ倶楽部

今日は初めてご一緒するメンバーが2人。練習場で仲良くなったんだけどそのうちの1人でここのメンバーの女性が、何かに急かされてるかのようなプレーの早さ(悪い意味で)。これに巻き込まれて戸惑った。

本人に突っ込んで笑えるほどの仲なんだけど、ちょっとビックリ。前半終了後、指摘して少しマシになったけどセッカチ過ぎ(笑)。

まあそれはさておき、今日は進むにつれて強くなった強風と薄い芝に終始苦戦した結果となった。ホール間をセパレートする木より高く打つともうどうなるか分からない結果を突きつけられながらのプレー。

センターまで140Yのグリーンを8番アイアンでキャリーオーバーとか、芯喰った7番アイアンが100Y地点に落ちるなどなど。


縦にも左右にも悩まされた結果に四苦八苦!


芝の薄いライを怖がってトップしたことも何度があったけど、こういう低いボールの方がなぜか安心できて結果も良かったりした(笑)。



後半は持病の左膝痛が出たせいで奮起ならず


浦和ゴルフ倶楽部

持病というほどじゃないかもだけど、時々出る左膝が踏ん張れないという症状。学生時に陸上で傷めた古キズ。歳と共に発症機会も増えた。

この症状が出て、後半は少しスタンス幅を狭くする意識を持ったつもりだったけれど、やっぱり強風のせいで広がっていたのか、左膝がカックンするスイング連発で情けない状態に・・・。

前半もバラけてたけど、後半は飛距離のないカス当たりのようなティーショットが続く。PAR4がPAR5状態に。

インコースは、サービスホールがいくつかあると聞いてたから、なんとかしたかったんだけどなぁ。ちょっとキツイ後半だった。



高麗グリーンのライン読みにも苦戦する


浦和ゴルフ倶楽部

先週の高麗グリーンは素直でやりやすかった。今回も練習グリーンではそんなイメージがあったんだけど、コースグリーンは違った。


高麗グリーンならではの難しさ!


それでも距離感は合わせられたので、3パットしたりはなかった。でも来週は速いグリーンのコースで距離もあるのでなんとなく不安。

パッティングに関しては、自分の感性と調整力を信じてショートしないように頑張るしかないか。

膝の状態も含めて、なるべく大事にいこう。