ザ・インペリアルカントリークラブ

猛暑を避けた早朝ゴルフだったが、気温はそこそこも厚い雲に覆われて陽射しがなかったので快適プレーとなった。久しぶりの休日ゴルフで仕事の心配もしなくて良いせいか、めでたくベストスコア更新!

今日のスコア
37(16)+38(16)=75(32)


西→中/White Tee(レギュラー)/6,581Y/曇り/24〜27℃/弱風/早朝スループレー/セルフ/陽射しなく気温も上がらず快適

ザ・インペリアルカントリークラブのスコア(2016年8月11日)

ザ・インペリアルカントリークラブ

最近の練習内容具合から、その兆候もなくはなかったが、終始出来過ぎのベストスコア更新となった。前後半とも30台が出たのも初めて。

ここ最近酷暑続きだったが、終始曇り空で陽射しもなく天候に恵まれ、休日のゴルフというのも久しぶりで、これらが大きな要因かも。

日頃のプレー環境は平日の早めスタート。ゴルフ帰宅後、通常と同じ仕事量をこなさないといけない身分なので、それがないのは大きい!



よく飛んで曲がらないドライバーショットでスコアメイクがラクだった前半


ここ最近の練習で、出球方向の管理能力がついた自覚があったので楽しみではあったけれど、思った以上にうまくいってくれた。

フェアウェイキープホールの平均飛距離は概ね230〜240Y前後。そこからはショートアイアンになるので、攻め方が定めやすかった。

深くて元気なラフに苦戦もしたが、アプローチも自分のスピン量を信じてよく突っ込めたので、イージーセーブを続けられた。

グリーンの状態がまだら模様でボコボコしていたせいもあって、パッティングは総じて強めにヒットしてしまった。

ザ・インペリアルカントリークラブ



後半はドライバーがほぼ右に出て戻ってこずフェアウェイキープゼロ!


左ひざを痛めてから毎度後半が怖い。後半のスタートホールでは、隣コースのフェアウェイ中央まで逝ってしまった。

林超えとなる中、木が低いところを見つけてインテンショナル気味のスライスボールでグリーン手前まで持っていけたのは嬉しかった。

後半もスコアメイクできた要因は、ラフからの対処法。ナイスショットを狙うのではなく、ミスを想定するというか大きなミスにならない手段を選んで功を奏した。例えばピンを無視して花道狙いのような。

15番。フェアウェイバンカーからガードバンカーという順路。アゴが高く左足がバンカー外で膝立ちという場面。何度も素振りをしてタップインにまで寄せられた。うまく打てたが半分まぐれのような(笑)。

ザ・インペリアルカントリークラブ



こうもうまく行くと数少ないミスが目立ったり欲も出てきたりするが・・・


こういうゴルフが続けられれば本物だけど、そうはなかなか行かないのがゴルフ。後半のドライバーを含め、反省材料をしっかり復習せねば。

また、少々ミスっても対処法をしっかりジャッヂして実行できればなんとかなるという自信もついた。これらもさらに詰めていきたい。

グリーンがまだら模様のデコボコ状態で、総じてパッティングが強めに入ってしまった。2度の3パットはそれが数字に出たもの。

今日は、珍しくバーディーパットを多く打てた日で、5m内にパーオンという場面も多かったので、欲をいうとあといくつか欲しかったが、そういった欲が強めにヒットしてしまう要因にもなっているんだろう。