毎年シニアのメジャー大会を開催しているサミットゴルフクラブは、大好きなコースのひとつ。ちょうど面白く楽しめる距離、施設やコースがキレイ、ほど良い戦略性であることなどが主な理由。キャディマスター前のおじさんがとても親切です。

今日のスコア
42(19)+39(17)=81(36)


サミットゴルフクラブのスコア(2017年4月21日)

アウト→イン/White Tee(レギュラー)/6,340Y/くもり/13℃→16℃/弱風/セルフ/リモコン式乗用カート/スループレー/薄手の長袖でちょうど良かった

サミットGC16番ホールの橋

昨日から少しまた涼しくなりました。今日も空には終始ぶ厚い雲が。でも時々陽が当たることもあって、長袖だったので腕まくり。最後は少し汗ばみました。

ゴルフ場の様子は、ここ石岡市まで来るとまだ一面緑というわけにはいかず、ラフはまだ黄金色。グリーンはエアレーション痕が少しと砂がゴロゴロ混ざった状態でした。

サミットGC4番ホール


スタートからチーピン&ダックフックが続いて荒れ模様


先日から短尺ドライバー用にと、超フックグリップでぶっ叩くという練習を続けたせいなのか、スタートから5番ホールまで、ドライバーの左へのミスが連続で発生。

途中からグリップを戻して、距離も欲張らない感じに修正することで、いいショットが出たり、怪しいけど我慢してるようなボールで収めることができました。

あきらかなチーピンはスタートホールのみ。それ以降のミスは、途中から揺れながら急激に左へ落ちるような変化球。

なんだこの弾道!?

これは、練習場の計測器にも表れていたスピン量不足が原因なのかなぁと推測。分かりやすくダックフックと表しましたが、実に不思議な弾道でした。

ドライバーの仕様はまだ試作レンタルの段階で未調整。今後、どこまで自分に合うよう調整できるのか工房と相談になりそうです。

スコアがまとまったのは、その次のショットが良かったから。飛距離のロスやライが良くなかったりしたものの、前に打てないような場所ではなかったのが幸いしました。

サミットゴルフクラブ


後半は置きに行く感じの丁寧なドライバーショットで


前の組にすごくゆっくり大きくスイングされる女性がいて、飛距離はないけれど真っ直ぐ飛ぶという、いい見本が見つかりました(笑)。

ゆっくり加速させて、まっすぐクラブを出す!

これで飛距離は出ないものの、ドライバーショットが安定してきました。ショットナビの計測で210〜220Y前後くらいだったけど、曲がるよりマシです。

メンテナンスで砂が巻かれていたグリーンには前半から苦戦続きだったものの、久しぶりの30台(ぎりぎりだけど)で終えることができました。

飛ばそうと力んで打点も乱れ、アッパーになっていたのかもしれません。

振り返ればアイアンも他のクラブもそういう傾向のショットがあったので、もっときちんと上からクラブを入れる意識を持たないとダメですね。

サミットGC


アイアンがやっと使い馴染んできたかな


今日もクラブセッティングは全9本。ドライバー、24度の4番ユーティリティ、アイアンセットは6番からPWで、ウェッジはSWだけ。あとパター。

ドライバーと4Uは短尺仕様の試打クラブ

そんな中で、ショートピッチで組んでもらったアイアンがやっと慣れたというか馴染んできて、実戦での飛距離や飛距離調整にもメドが立ってきました。

三浦技研CB-1008

今日はアイアンを打つのが楽しかった!

長いクラブの方は、まだ短尺用シャフトの発売入荷待ち状態。アイアンと同じように調整を続けながらこんな感じで馴染んでくれば、もっと楽しくなると思います。