ゴルフクラシック

ゲスト出演させてもらった「プレ男レッスン〜室屋修一メソッド」がサクッとまとめられてゴルフクラシック7月号に掲載されました。

番組撮影時に同時取材された内容なので、掲載内容もほぼ同じ流れですが、TV放映とはまた違う編集で、ある意味TVよりもよくまとまってました(笑)。


やさしいクラブでゴルフをエンジョイ!


ゴルフクラシック2017年7月号

実は番組の都合上、特定のクラブを勧めるということが出来ないので、「やさしいスペックにしてもっと楽しくゴルフを上手くなろう!」という流れになりました。

実際に、よほどシビアな競技に出ているプレーヤーでない限り、例えば女性用のクラブセットでプレーしても、そう大きくスコアが変わらないことを知っているはずです。

むしろスコアアップしちゃう人も多いかも!

初心者が上級者スペックでプレーするのは無理がありますが、この逆はむしろ良い傾向になることが多いようで、やさしいスペックの癖を敏感に感じ取ろうと慎重になることも良い結果につながるようです。

一番の要因としては、「しなる」ということが挙げられます。ただ、捻じれるという現象も発生してしまうので、一概には良くならないこともあります。

とまあ、こういう感じで番組中レッスンは進むことになりました。


やさしい!を実現するために本当に必要なこととは!?


室屋修一メソッド

番組で室屋コーチは、語呂の都合もあってレベルアップのためのクラブスペックを「軽い!柔らかい!短い!」という順で紹介しています。

実際は、短い!柔らかい!軽い!の順が正解。

実際、短いクラブの方がやさしいことは百も承知。でも今あるクラブを単に短くするだけでは、同時に硬くなってしまうので、「やさしさ」がここで逃げてしまいます。

そこで、柔らかさが必要になるわけですが、柔らかくなるとそのしなりによって、今度は必要以上の重量を感じてしまいます。ここが大事なポイントでもあります。

私が使っているクラブは全てこの仕掛けがあるわけですが、例えば手に持つとかなり軽いと感じますが、実際に振ると一般的なクラブとあまり変わらないどころか、むしろシャフトの性能が遺憾なく発揮されていることが感じられる仕様です。

短くするから柔らかく軽くする必要があるという流れです。

既存のシャフトを短く切ることでもある程度の体感はできそうですが、なかなか思うようなポテンシャルは発揮されません。そういう用途に作られていないから当然です。

(関連記事)
“待望の短尺ドライバー専用シャフトが発売〜即日リシャフト”
(2017年4月27日投稿)


室屋メソッドは何を教えようとしているのか?


ゴルフクラシックでプレ男レッスンまとめ記事

番組上では、「やさしいクラブでゴルフを楽しもう!」ですが、番組の性質上それ以上踏み込めなかったので、「だから何をしろというのだ?」みたいな内容です(笑)。

番組批判みたいになってしまいましたが、今使っているクラブが「ヘビースペック過ぎて鈍感になっていないか?」という提唱や入口になれば、とコーチは語っていました。

来月からゴルフネットワークでまた再放送が始まるので、是非そのあたりを気にしながら視聴してほしいと思います。

ゴルフクラシックの掲載内容も、そういった観点から読むと「短尺セッティングにおけるクラブの使い方」と言う風に読めるのかもしれません。

短尺ドライバーの関連記事をもっと見る>>

ショートピッチレングスアイアンの関連記事を見る>>